BMW2002A プロペラシャフト取付2022年07月01日 22時10分54秒

プロペラシャフトの取り付け
まず古いセンターベアリングサポートの交換から。
古いほうはもうゴムが硬化して亀裂はいってます


なんとまぁ ベルトが突っ込んでありましたわ。
 

プーラーで抜きました

新しいものを圧入。30ミリソケットでコンコンすれば入っていく。


続いてフレックスディスクの交換

メルセデスではコンパニオンプレートって呼びますよね。そっちのほうがイイぞ。
BMWも負けずにいいネーミングしろや~(笑)

古いほうは亀裂アリです。

新しいほうは2016年製造かな?

先につけておきます。


取付前に ちゃんとはまるか確認してからね。

2本のシャフトを取り外しの時にマーキングした位置(もとの嵌めあい位置)で合体。

つないだ状態で車載し センターベアリングサポートはまだ仮止め。

こっちのタイプのプロペラシャフトです。年式でいくつかあるんだね。

デフに接続。


ATのアウトプットフランジに接続。


ここでセンターベアリングサポートを締めるのだが・・・

2mm分だけフロント側へプリロード(移動)して固定。
マニュアルにそう書いてある。なんでやろ?ゴムに張りを与えるためかな?

最後に24ミリナットを締めます。
このために専用に薄く削った24ミリレンチ。本当はストレート形状のレンチのほうがいい。

便利なチェーンバイスでシャフトをつかんで ハンドトルクで締めた。規定は147Nmです。


最後に 前後のプロペラシャフトの傾きを確認。

センターベアリングよりもデフ側

センターベアリングよりもAT側

前後とも同じ角度でOKでした^^ 直線になっております。
あとは走行してみて 変なバイブレーションが出ないか 確認だな。


こんな作業を 納屋ガレージのツバメの子はじっと見てました


次はデフの油汚れ取りですが ごらんのとおり油と埃でゴテゴテです。><
なんでこうなるか?両側にあるオイルシールからデフオイルじわじわ漏れてるからですね。
とゆ-ことで サイドオイルシール交換です。・・・またこれがめんどい作業ですわ。

デフのこのサイドオイルシール、山下オートパーツさん経由で 見積したら BMW JAPANに残り2個の国内在庫ということ。ドイツのワロスにもあるんですが すぐ欲しかったので注文しました。
内径38×外径54×厚み10mmのオイルシールなんですが
モノタロウとかでネットで同じサイズ探したが、ないんだなこれが。(ドイツのワロスにはあります)
内径38×外径54×厚み6mmしかないんだよな~
薄くても大丈夫だとは思うんだけど 50年に一度の交換なんで やっぱこの車の専用品で。1個4000円ですが。厚み6mmのやつは1個数百円でしたが・・・。

ついでにドライブシャフトのブーツもまだ破けてないけど、ひび割れが見えだしている。
ドライブシャフトの外すことになるので、このさいだから両方で4個、新品に交換しちゃおう!
これがまためんどいんだよね~ おっと・・・暑くなってくると なんでも作業がめんどく感じるいけない癖が・・・

力水飲んで おちつこう

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック