BMW2002A 冷却水ホース取回しの確認2021年05月04日 06時46分16秒

インマニがきれいになったので
新品の冷却水ホースをつけてみます。
ちゃんと全部そろっているかも確認。
結果、1本たりない(新品を買ってない)ことが判明 (後述)。



ウォーターポンプとサーモスタット周辺


インマニの裏側。
冷却水ラインが通っているのは、インマニを温める必要があるからだと思います。


ホースバンドの在庫確認中。 スエーデン製高級ホースバンド、ABAを使う。^^


ホースバンド直径のmemo。 足りないものはmonotaroに注文しておく。



取り回しに問題はないようです。


ウォーターポンプ、サーモスタット周辺も大丈夫。
実際にホースをはめ込んでみないと、具合はわからない。
(サーモスタットは新品に交換。80度で開くふつうのやつ)


唯一、インマニの裏側のここ、ちょい長さが足りない感じだ。
でも問題ないと判断。
バンドで締めるときは下側でみにくいし、注意して取付よう。


唯一足りなかったホース。(再使用もいけないこともないが・・・やっぱりここは新品で)
AT用のラジエター(ATオイルクーラー付き)なので、
それ用のホースをWallothで追加注文するつもり。
ほかにこまごまと注文したいものもあるので。


冷却水の流れをおさらい。
エンジン前側にラジエター。
エンジン後端にヒーターコア。
LLCはまた80度になっていない場合は、ウォーターポンプによってLLCはひたすらエンジン内部を循環する。
サーモスタットが80度で自動に開きだすと、赤色のラインでラジエターアッパー^に流れる経路ができる。
ラジエターで冷やされて青色のラインで出てきて、サーモ→ウォーターポンプ→EG内部を冷却。
これを繰り返していつもLLCは一定に保たれる。


水温を一定に保つことができるのは、
ラジエターの冷却能力やウォーターポンプの性能(ファンベルトの状態も)、ファンブレードの送風力、サーモスタットの正常な開閉、エンジンブロックやヘッド内部の水路がつまっていないことなどが条件。

いちばんやばいのが、ファンベルト切れ。オーバーヒートにつながります。
いつもトランクに予備のファンベルト(10ミリ、長さ880cm程度)と12と13ミリめがねレンチを用意し、万が一ベルトが切れてしまった場合はエンジンを止め、自分で交換するか、できなければ、JAFでレッカーか、あるいは近くのガソリンスタンドまたは整備工場等でベルトをかけてもらえるようにしておきたい。ベルトがない場合は、最悪、ホムセンで売っているモーター動力用ベルトを買ってきて一時しのぎの代用もできる。(家に帰りつくまではもつだろう) そもそも、ファンベルト劣化したまま乗ってるのってのがまずいんですが。



とにかく冷却のかなめはウォーターポンプ。(もちろんWPを駆動するベルトも)
エンジンを冷やす流れを作っている。
エンジンで熱くなったLLCはヒーターバルブがオープンならばコアに流され、その夏を利用して室内を温める。
ヒーターバルブが閉まっていればコアに流れることはなく、水温センサーのついているところも戻っていき、またウォーターポンプでエンジン内部に戻される。
LLCはまだ80度になっていなければサーモスタットが開いていないので、ラジエターに行くことはなく、
再びエンジン内部にウォーターポンプで押し込まれる。


室内ヒーターのしくみ。
エンジン内部で熱くなったLLCは、ヘッド後端部→ヒーターバルブ(オープンならば)→ヒーターコア→インマニへと戻っていく。
冬でも、朝イチのエンジン始動から室内ヒーターが暖かくなってくるのはほんの数分程度。
積極的に熱いLLCをコアに流しているから。
80度を超えてくれば、自動的にサーモスタットが内部ワックスの膨張で開きだし、
ラジエターでLLCを冷やす「冷却経路」ができあがる。

BMW2002A エンジンブロック ウォータージャケット洗浄2020年11月29日 17時15分43秒

エンジンブロックにはエンジンオイルの通路と、冷却水の通路があります。
エンジン冷却のため、各シリンダーの周りに水路が張り巡らされているのですが
冷却水管理が良くないと、サビが発生し、ひどいときは、通路に錆が積もってふさいでしまうこともあります。
こうなると冷却にもよくないのです。

この2002Aの冷却水はコーヒー色になってましたからね~~
ということで、ウォータージャケットの洗浄を開始です。



ブラシでごしごししながら、水を中に吹きかけていきます。
左上の穴の中、サビのヘドロがこびりつているのが見えますか。
結構深くまでブラシが入っていきますね。


どろどろ~~~~~~^^; どんどん洗うよ~~~ゴシゴシ、プシュープシュー
バケツには茶色い水が溜まっていきます。半世紀分のアカ!


何度もごしごしして、何度もしつこく水で洗浄します。(手動加圧式の噴霧器を使用)
シリンダーには水を入れないように・・・



これぐらいになったらもう大丈夫です。サビヘドロはほとんど落ちました。


こちらはウォーターポンプのところ。
最後は茶色い水は出てこなくなり、透明な水が出てきてます^^


ウォーターポンプのほうからブロックを覗いたところ。ここからブロックに冷却水が流れていくのですね。


ブロック側の冷却水排出口の穴。
中に赤いものは、もう見えませんね。^^



バケツのなかの沈殿物。サビ!
これを乾燥させて、星の砂みたいにガラス瓶に詰めてオーナーさんにお渡しします。^^
それを見て、2年の車検ごとに冷却水を全とっかえする(ラジエター側だけでなく、エンジンブロック側からも冷却水を排出)ことを忘れないでくださいね。



つぎはフロントカバー周辺、クランクプーリーあたりを外していきます。

BMW2002A ラジエター取り外し2020年10月22日 20時50分36秒

ラジエターを取り外しました。
ほかに程度のいいラジエターをオーナーさんが持参されたので
もうこのラジエターはご引退いただきます。(漏れもないしまだいけとは思いますが)

オートマチック車なので、トンランスミッションからつながるATFのラインがあります。
ATFをラジエターで冷やしています。できればこの油圧ホースも新調したい。


さて抜いた冷却水ですが・・・
コーヒーだった。(笑)

まるでコーヒー!
いや~こんなん初めてみました。
それともこんな色の冷却水、あんのかな??
う~ん、サビでこんな色になってるとしか思えない。
ホースの内側にもびっしり錆がついて居るかもしれない。
そいつは後日チェックするとして。
・・・・・・・・・・・・・・

電動ファンを取り外し。


エンジンの前側はすっからかんに。

仕事から帰宅後、お風呂に入るまでの1時間程度でちゃちゃっとやりました。

BMW1502エンジン腰下OH34ラジエターのドレン加工2018年03月17日 21時55分53秒

この1502のラジエターだが、下部にLLC(ロングライフクーラント)のドレンプラグが無いのだ・・・。
うちの2002には、ちゃんとドレンプラグがあるのに。
ドレンプラグがないと、LLC交換の際にラジエター内のLLC抜きにちょっと困る。
そこで、今回、ドレンプラグを作ることにした。
マルで囲った部分にドレンプラグを新設する。



ラジエターのフネは真鍮製なので、同じく真鍮製のボルトとナットを用意する。
この位置辺りか。

穴あけ。


板金用の半田とフラックス、半田ごてとバーナーを使用し、ナットをつける。

ネジ山部分にハンダがまわってしまったので、タップをたててハンダをさらったあと、
ドレンワッシャをはめてボルトを締める。

これでよし。

漏れ試験。

今のところ水漏れはないが、ラジエターには実際には圧力がかかるので、今後、この部分からLLCがもれてきていないか、にじんできていないか、注意して運転してほしい。

塗装。

ラジエターキャップも交換。
しかし、新のほうは、ツメの折り返し部分がごらんのように古いものよりもはるかに小さく、ラジエターの口に嵌まりにくかった。今後、このキャップをあけたあとに嵌める際は、しっかりはまっていることを確認しなければならないだろう。

ラジエターを取付完了。


次はキャブの分解清掃と取り付けです。

BMW1502 試乗してこまごま調整2017年09月04日 22時27分00秒

納車前に いくつかの調整を行います。
仕事から帰ってから夜や出勤前の早朝の作業です。



まず
エンジンをかけてヒーターを操作していてわかったことだが、エンジン長い時間かけていると、
操作レバーをCOLDの位置にしていても、若干、暖かい風が出てきてしまうことがわかった。
冬はまだいいが、暖かい季節はこれでは困ってしまう。


これは、ヒーターバルブがしまりきっていないのだろうと思い、
ヒーターバルブの操作レバーの調整を行った。
狭い場所にあるのだが、手探りでのナット締めである。
心の目で見て、ワイヤーの長さを微妙に調整してやる。
調整後、エンジン始動でヒーター操作。
すると、ちゃんとCOLDの位置では暖かい風が出てくることはなくなった。よーし。


次に
クーラーボックスから出る水の排水管だ。
ボックスの左右の隅に エバポに結露した水を集め、二股のゴム管で室外に排出する管である。
助手席側足元にこのようにあるのだが・・・

左側、つまりドライバー側の足元のゴム管は、90度まがるので、このように折れ曲がってツブれてしまっている。
これでは、水が流れていかない。
そこでまげた銅管を用意し、

このようにはめる。
これで水もスムーズに流れていくでしょう。

//////////////
後記
この記事の翌日、改めてこのようなマガリを作った。(ハンダづけ)
結局このように直角にまがるように 付け替えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最後に
左スミの白い箱(ミドリ色のフタ)、ラジエターのサブタンクのゴム配管を新調した。

もともとはこういう古びた配管の取り回しだったが。
エンジンの上を這い回っていて美しくない!管が汚い!

そこで今回、透明なホースを100円で買ってきて交換。

取り回しもエンジンの上はさけて、ここにする。
サブタンクとラジエターの間をつないでいるので、
ブルーのクーラントが見えて なかなかいいではないか。


サブタンクは何か国産車のものを流用し、あとづけしてある。
本来のマルニシリーズではこのようなサブタンクの設定は、ない。
まぁ、クーラントの管理のためにつけてもいいが。(にしやんはつけていない。)
指差しの線まで、クーラントをいれておきましょう。
フタをあけて入れてね。万が一入れすぎても、もうひとつの黒いホースから外に勝手に排出されます。

そして夜の試乗に出る。

海王丸パーク。

1600ccなので、うちのマルニ(2000cc)よりもブンまわしてやらねばならない。
2000ccならば3000回転でおよそ90km以上は出るはずだが、1502は80kmしか出ない。
でもこれで必要にして十分だ。
小排気量だから、燃費はいいだろうね。

しかし 乗ってみると 足まわりもわりとシッカリしていて、高速走行でも安定感がある。
うちのマルニよりもだんぜん、いい。 さすがKONIのショックといったところか?!
キャブも安定しており、低速、中速、高速もOK。
あとは、シートベルトがもうちょっといいものであれば いいなぁ。(どうも締めがキツイし、長さが足りない)
あと、このクルマ、残念ながら 1速発進で白煙を吐く。つまり、エンジンオイルが燃焼室で燃えている・・・オイル上がりしてる・・・早く「腰下」をOHしてやりたいですねぇ。

そして
ステアリングのあそびがやたらと大きかったので、調整した。
オイルフィルタのそばにある、ステアリングギアボックスのロックナットをゆるめ、中心の調整ネジを時計回り方向に締め込んでやることで、スエタリングのあそびを少なくした。
これだけのことで、ハンドルのあそび具合も、いい~感じになった!


気になることがひとつ。
どれだけ走っても、長時間アイドリングしても、水温計の針がやはりこの位置から上に上がっていかない。
十分水温はあがっているのだが・・・?
もう少し上をさしてもいいと思うのだが。
これはメーターの故障を疑うよりも、まず水温センサーの交換をオススメする。
本来の水温よりも、低く示している可能性が高いと思う。(センサーの長年の劣化ね)
実はにしやんのマルニも水温センダーを交換したら、まともに水温の変化をすめすようになった。
(過去記事 「水温センサー交換」は こちら
大して高くない。2000円ぐらいか。
水温センダーもセンサーも一緒です。(笑)


BMW1502 汎用電動ファン、ラジエター取付2017年08月26日 17時27分08秒

amazonから金曜の晩に届いた汎用電動ファン。

配線の色が間違っているそうだ。 普通はブルーがプラスだが。

試験。静かに周り、風も強い。

40年前のファン、お疲れ様です。

コンデンサーにステーで取り付け、ファンと一体型とする。
エア漏れしてないか、もう一度エア圧をかけている。漏れなし。

さっそく取り付け。コンデンサをボディにボルトオン。

薄型のファンだから、だいぶ前に空間ができた。

電動ファンには、4極リレーをかませてバッテリから直接電源をとる。
つまり、コンプレッサの電磁クラッチとは別系統で電源をとっているわけ。
これで配線に負荷がかかり、配線焼けのトラブルもない。
室内でクーラーのスイッチをONすれば、リレーがカチッとONして、電動ファンがコンプレッサーともに回るという仕組み。電動ファンの動通試験して動作を確認済み。

配線をまとめたあと、ホーンを取り付け、グリルをはめる。


キドニーグリルもナット2本で裏側から取り付け。
黒い電動ファンの存在はほとんど目立たなくなった。

いろいろ座り込んで取り付けていたら 半日でグチャグチャになった。


ここらからはラジエターの取り付け。

まず、ファンベルトを確認。
あちゃー ひび割れ。 何年も長い間、交換してないとこうなる。
数年前に業者に頼んでヘッドをOHしたと聞いていたが、ここまではやってくれてなかったのね。

マルにシリーズにはBANDO のRAF2350!
アマゾンで注文済みです。1000円。

赤いエンジンファンを取り付け。

この赤いファンの前のスキマに、ラジエターを滑り込ませて4本のトラスタッピングで固定。
アッパーとロワーホースを取り付けて、あとはクーラントを入れるのみとなった。


あとはコンプレッサーのシャフトシールが到着するのを待つ。
コンプを取り付けないと、コンプ用ファンベルトが張れず、エンジンも回せないのだ。

次回はウインカーのトラブル修理だ。

BMW1502 冷却水ホース洗浄2017年08月24日 22時00分03秒

さてBMW1502の整備も終盤にかかりました。

今週末あたりコンプレッサーのシャフトシールが届くはず。そうすれば、コンプが完成する。

あとは古い電動ファンに変わり 現代の汎用ファンを買い、フロント側からファン、コンデンサ、ラジエター、エンジンファンと順に組み付けていけばいい。


ついでに各ボルトを「まし締め」した。
マルで囲ったエキゾーストマニホールドなど、ほぼみんな、ボルトやナットが「ゆるんで」いたよ・・・。



そんなパーツたちが届く前にやっておきたいことが。

冷却水まわりのメンテ。
サーモスタットをホースごとはずし・・・

ウォーターポンプをはずしますと、ウォータージャケット内の「茶色ワールド」が・・・

奥にはエンジンブロックの中が見えるが、もっとひどくサビサビの塊が出てくるかと思っていたがそうでもなかった。というのは、ラジエターの内部を水道水で洗ったとき、結構サビが出てきたので、これはエンジン内もかなりサビがたまっているのではないか?と思ったからだ。でもまあ、この部分はウォーターポンプで常に冷却水が押し込まれているところでいちばん流速の早いところだから、たまっているはずはないか。

出た冷却水はコレ。
なにこの色??さびた水道水か?っていう色・・・。 普通はミドリ色とかだが。。。

ウォーターポンプやサーモスタットもサビで茶色に染まって・・・

ホースの中にいたっては・・・ オエっ!
あくまで想像だが、この冷却水、単なる水道水だったんじゃないか?という疑いをもつ。
そうじゃなかったら、ある一定の時期(それも年単位のかなりの期間)、サビ止め剤の薄い冷却水(あるいは水道水だけ)を入れていたんじゃないかと思う。
そうでないと、内部こうならないでしょ!

・・・たとえばウチの15万キロを走ったベンツC200だが、先日の冷却水交換のときの画像(下の画像)。
サビのかけらもない。
普通、ちゃんとしたサビ止めの入った冷却水を2年に一度交換していれば、(いや、4年に1度でも)
中は決してサビ色にはならんはずで、アルミはアルミ色のはず・・・。

ブレーキフルード、冷却水は2年に一度(車検ごと)のペースで交換しましょう。



よーしこんなきたないホースは テッテー的に洗っちゃる!! ゴーシゴーシ!
こすっては流し、こすっては流し・・・・サビ水が出る出る。


で、ブロック内にもさびのカタマリが た~くさんありそうだなぁと想像したので
水で押し出すことにした。
ヒーターコアに向かうホース2本にホースをつなぎ、水どドドドと流し込む。
(水道蛇口がここから30メートルほど遠いところにあり、水ホースが届かないのでやむなくこの方法)

するとジャ~とウォーターポンプのところから勢いよく出てくる。
これでウォータージャケット内部を水で押し流し洗浄しようという作戦。

手の届く範囲をブラシでゴシゴシ、また水流し。
もうきれいな水しか出てこなくなったので、ウエスでフキフキ。拭いたところのサビ色は取れた。


冷却水通路を洗浄しても、予想に反して コレだけのサビしか出なかった。
もっとゴロゴロなサビが出てくるかおもいきや。
まあ、よかった。なかはそんなでもないみたい。

でも!
このBMW1502,エンジンブロックの冷却水排出用のドレンプラグを抜いても、冷却水が出てこないのよ・・・。本来出てくるはずなのに。
ごらんのとおり、サビなのか、ヘドロのカタマリなのか知らんが、何かで詰まりきっている。
ツツいても崩れない固まりようで・・・。 
ポタ。ポタと冷却水が染み出てくる程度にまで 内部がふさがってしまっている。
作業場所もせまいので・・・・・このままにしとこ。
オーバーヒート気味の傾向もなかったということなので。
いつかエンジンをOHするときまで・・・・ね。


さて組み付け。
ウォーターポンプのガスケットをガスケット紙から切り出して。


液体ガスケットも使用して組み付け。
もちろんすべてのホース内はキレイだよ!
できれば左側にありサーモスタットはこのときに交換したかった。(パーツが買ってない)

オーナーの意向で冷却水はコレを使いたいとのこと。

サビ色冷却水から こんどからカクテルの「ブルーハワイ」みたいな ブルーの冷却水なります。

あ~ サビとりのあとは シャレオツなバーで一杯傾けたいね・・・





夏の水温メーター2014年07月27日 08時55分23秒


夏です・・・海に山に川に・・・
氷見市小境海岸CCZ。人工的に整備されたビーチですが
ここは白砂青松で駐車場やWCもあり、BBQもOK。
テトラのあたりは巣潜りにちょうどよく、いいビーチですね。
近くに縄文時代の洞窟跡も見ることができます。

この時期 旧車のりとして気になるのが水温メーター。
40度に迫る外気温で、車はオーバーヒートしないか?!
左がいまのところ最も高い表示。   右は走行中の状態。
やはり走ってラジエターに風をあてれば水温は冷えます。
こちらはほとんど渋滞がないので、助かりますが
都会などで渋滞にはまると、エンジン温度とは逆に ヒヤヒヤもんです。


水温センサー交換2014年02月15日 12時29分23秒

水温計がおかしい。
じゅうぶんエンジンが温まっても、水温計の針が画像のとおり。
いつもは、水平位置ぐらいまでは行くのだが。
そういえば、ここのところ、水温計の針がピクピクしていた。
水温センサーの接触不良かと思い何度もカプラを抜き差ししてみたが、一時は改善されるも、効果なし。
水温センサーの不良とあたりを付け、交換することにした。

交換後の画像。
何年か前に1万円でスペアエンジンを買ってあった。
それについていた水温センサーを取り外す。
とりあえずは、これに交換してみた。


↑取り外した水温センサー。
画像のように、端子部分がぐるぐる回る・・・中で何かが外れた?
予備のセンサーはこんなことはない。
水温計が低く表示するのは、これが原因だろうか?


↓交換後の水温計。
交換した後、エンジンをかけて、暫く走る。画像のように、水温計はまともになった。
長時間アイドリングもして「擬似的渋滞」での様子を見たが
厳冬期の今、これ以上は針が上がることはなかった。
夏になると、もう少し上を指すだろう・・・。

古い車はいつ何があってもおかしくないので、常に水温を気にしている。
オーバーヒートしたくないので、いつもメーターの水温計をチェックする癖がついてしまった。
針がレッド・ゾーンに近づくと、アセります。
・・・・・・・・・・・・・

ちなみにいつもパーツを個人輸入するドイツのパーツショップ Wallothnsech では
水温センサーはそんなに高くない。
BMW2002(キャブレター仕様)には、電子的センサーはほとんどなく、この水温センサーぐらい。

オートチョーク機構のあるキャブの場合は、インテークマニホールドに水温センサーと気温センサーがついているだ、ウチの場合、それも殺してあるので不要となっている。
インジェクション車の場合は、いろんなセンサーがあって、こまかくエンジン制御できるからいいのだが
トラブったときに原因特定には知識がないと手間がかかる。特に古いBMWは・・・。

水温センサー、そのうち、他の交換しなければならないパーツとまとめて一緒に購入することにする。


ラジエター装着・冷却水の交換2012年07月07日 21時32分02秒

OHなったラジエターの装着です。
写真は装着終わっています。
アルミの筒みたいなのが、サーモスタット・ハウジング。
冷却水が80度になると徐々に開きだし、下側のラジエターのロワーホースから冷却された水を熱いヘッドやシリンダに送り出します。

冷却水を抜いたついでに水温センサーなどもチェック。

センサーといっても、水温系に信号を送るだけのものなので「センダー」とも呼ばれる。
エンジン制御のためのセンサーではありません。

ホースの口のアルミ部分に白い粉が噴出すので、金ブラシで落としておきます。

装着後、冷却水を約6L注入。
希釈を30%としました。-20度まで凍らない。
量はラジエターのフネに半分ほど入っていれば良い。

エンジンをかけてアイドリング。
充分に温まったら先ほどの水温センダーをゆるめて、管内のエア抜きをしておわり。

しかしヒーターをHOTにしても冷風しか出てこない。
ヒーターコアに空気だまりができたと思い
車体の前だけをジャッキアップして傾けると、ヒータコアに冷却水が入ったのか
HOTとCOLDが調整効くようになりました。
自作のヒーターコアなので、パイプ経路にエアがたまりやすくなっちゃってるのかも。
ここんところ、毎回要注意ですね。

明日また、冷却水の量を確認します。
マニュアルでは7リットル入ると書いてあるが、実際6リットルしか入れてない。