SLK230Compressor(R170)ルーフのロックシリンダ組み戻し2022年09月18日 22時20分41秒

初代SLKのルーフロックシリンダ 戻して組付け。

パネルの組み立て


リアガラスに垂れた作動油の掃除

マニュアルに従って 手動で屋根を戻します。

戻しました。


トランクを開けて 油圧ポンプに作動油ZH-Mを補充する。
注ぎにくいところに補充口があるので、注射器にチューブを取り付けて注入します。
150ccは入ったでしょうか その分漏れてたってことですね




上限いっぱいまでに。
この後ルーフを作動してからまたチェックし、適正な位置まで再補充しました。

注ぎ口のオーリングも新品に。内径10ミリ。

オイル注ぎ口、狭いところにある・・・!

油圧抜きボルトもちゃんと締めます


トランク内のこのカバーをこのように閉めないと 電動ルーフが開閉しないようになっています。
ルーフ収納用のスペースを確保しないといけないってことです。


無事、ルーフ開閉 動作し、油漏れも今のところもありません。よかった
シリンダの中のエア抜きの必要は ありませんでした。


まだ天井の内装材は 取り付けてません。

しばらく乗ってルーフ何度か開閉して 
シリンダから「にじみ漏れ」がないかを 確認してから納車したいためです。


試走に出て 何度か バリオルーフの動作確認



オイル量のチェック。当然ながら オープン時とクローズ時の油面の高さが違う。

ロックシリンダのオイルライン、こう組んでいたのを・・

このようにオイルラインを組み換え

オイルは漏れないのだが、フェルトをシリンダの端にあてがいアルミテープで固定。 

これで天井材を戻します。できるだけ油はふき取りましたが
完ぺきではありません

手動ロックの穴も塞ぎ 完了

後日納車します。



今回油圧シールを交換したのは1番。
4番はやはりオイル漏れ起こりカーショップに依頼してシリンダごと交換済み。
6番はメインポンプ。
よって、あとオイル漏れの可能性があるシリンダーは2,3,5番の3つ。
明日漏れてきても 不思議はありません。
オーナーさんはこのさい全部とっかえたいとのことですので
全部のシールセットを注文しておきました。
それが届けば また近々 入庫することになるでしょう。


ふつうはシリンダごとの交換となりますが
あえて工夫して シールのみを交換して 安くあげています。

これらはそれぞれの油圧シリンダ群ですが ディーラーでは1品8万円はくだらないとか。

オークションでは意外に安く入手できる初代SLKですが やはりバリオルーフからの油漏れがネック。
10万キロ近い個体は まず漏れてくると思います。
でもこれらのシール交換術をもってすれば 他は問題なく 楽しくオープンカーライフが楽しめると思います。

SLK230Compressor(R170)ルーフのロックシリンダの油圧シール挿入2022年09月16日 11時42分05秒

SLKのルーフロックシリンダの修理のつづき。
前回、傷んだシールを取り外したところまでだった。

今回、新しい油圧シールを挿入する。
純正品よりも ぶあつくて 強そうなシールだ
 ID9 OD16 HT4のサイズ。

ポリウレタンでできており、UNSという形状のシール。Uカップともいう。
こういったシリンダ―ロッドのシールに使われている。


挿入にあたっては このようなコーン状の挿入具を使ってはめる。
シールはドライヤで60度に熱したZH-Mオイルにしばしつけておき、温めておく。
シールを少しでも柔らかくするためだ


なかなかきついが、ロッドの先端部を乗り越え 挿入完了。
向きはこれで良い
ちなみに先端部の黒いゴムリングはシールではない。


油圧シリンダに半分ほどZH-Mを満たしてから ロッドを挿入した。
シリンダ内にエアが入るが、ルーフ開閉動作でポンプの方で自動でエア抜きしてくれる。

手で入れていけるが、ここらへんできつくなり 手で押し込むことは無理だった。

もう5,6ミリだけ押し込みたい。がらくた箱から探した適当な径の樹脂リングと工具をあてて

Lクランプですこしだけ おしこむとズポッと入った。よし。
この黒い樹脂リングは、もとは原付バイク修理の際に交換したウェイトローラーの樹脂リング部分だ。なんでも捨てずに とっておくものである。^^


最後に輪止めを入れる


ロッドを最も縮めた状態にし、ロッドのシャフトにキズつけないよう厚紙で養生し、
スナップリングプライヤで広げつつねじって、シャフトを乗り越え、
シリンダにはめ込みました

これらUNSシールとコーン状の挿入具、輪止めはヤフオクで出品されているものを購入した。

SLK ルーフ シリンダー リペアキット

で検索すると 3600円で出てきます。これは大変良いモノです。


これで油圧シールの交換は完了。
手でストロークさせてみたが 作動距離は約40ミリだった。


組み込みの前に、漏れ出た作動油が染みみ込んだルーフの内張の油を できるだけふきとる。
これがけっこう大変だった・・・ペーパーウエスをほとんど1ロール消費した・・・
真夏で酷暑だったら こんなことしてないでコイン洗車場に行き 高圧洗浄機のシャンプーコースで油をぶっ飛ばして炎天下で乾燥させたいところ。


フチの方にも けっこう油が回っている・・・


その染みこんだ作動油で スポンジを貼りつけている両面テープがはがれてしまい、とれてしまった

油のせいでもう どんな両面テープも貼り付かない・・・しょうがないので 糸で縫いつけた
完全に油はとり切れない。
ニオイがしない無香性の作動油であることが救いだ。


取り外しの際に割れた 樹脂ステーの破損部補修

2液性エポキシ接着剤+厚手アルミテープ貼りの補修法


次回は組付け&動作確認編です。


SLK230Compressor(R170)ルーフのロックシリンダ取り外し2022年09月13日 20時53分25秒

入庫して作業にかかります。

トランク右にある メイン油圧ポンプの油圧を抜きます

手動でトランクのロックを外し上にあげます・・・(緊急の方法として 取説に書いてある)
取説には2人でやれと書いてありますが 一人でも可能です

トランクを後ろにやったら 次にルーフのロックを外し、これまた手でもちあげる。
ルーフが おちてこないようロープを使った


内張外し。ここはオイルがしみ込んでいる.... あとでふかねば・・


ルーフのロック機構がみえた

中央にあるロックシリンダ。銀色のアルミの筒だ


ロックシリンダ取り外しました。
油圧ラインは外しません。というか、シリンダにかしめてあり 外せません。


このCリングをはずさねば シャフトは抜けません


外側から2~3ミリのドリルでCリングの位置を狙って穴あけをし
 外側からCリングを押して 浮いたところを ピックツールでひっかけて外します。
(ここに穴あけをしても油圧が漏れることはありません)


シャフト抜きは 手の力で無理やり外したくないので
ささっと作った特殊工具でシリンダシャフトをまっすぐに抜きます


簡単に抜けました。
問題のシールが見えました


ご覧の通り もうアカンです
Uシールが 二つに割れちゃってます
SLKに限らず、油圧シリンダを使った輸入車オープンカーはみんな こうなっちまいます。



シリンダ内をパーツクリーナで清掃 ごみ取り


油圧のオイル ZH-M という


今日はここまでなので 乾かさないように ZH-Mに浸しておきます。


SLK230Compressor(R170)回送中2022年09月12日 19時50分14秒

知人の メルセデスベンツ SLK230コンプレッサー。 96000km走行車。

バルオルーフ(電動オープン機構)の故障とのことで LINEで修理依頼がありました。
金沢の知人宅から富山のにしやんガレージまで 北陸自動車道を回送中です。
電動でオープンになるはずが、油圧シリンダーからの油漏れが起こり
オープンにできなくなるという SLKの定番故障です。
オープン機構だけの故障だから 走る曲がる止まるは 問題ありません。


具体的には
電動で開閉する天井を ロックするための油圧シリンダーからの油漏れで
漏れたオイルが天井からリアウィンドウに少しづつ垂れてきています・・・
運転中に上から油が滴ってくる、ってことは さすがに無いですよ^^


問題の油圧シリンダは ルーフのマル印のあたり、裏側にあります。
ネットには修理事例が 世界中からたくさんアップされているので 修理にトライです。

右手を痛めた2022年07月18日 22時11分48秒

ここんところちょっと右手を使い込みすぎたのか
薬指の根元が腱鞘炎になっちゃった。
病院で診察を受けました。
暫くは整備もお休みしております。

ホンダライフJB5の修理2022年06月20日 21時52分21秒

知人の車 平成20年式 ホンダライフ ディーバ (DBA-JB5)の修理。


症状:エンジンを切ってもエンジンルームから音がしている

確かにエンジンを切っても、バッテリの裏側あたりから 電動チックな異音がしている。
バッテリのマイナスを外すと 音は止まる。
音の出所を良く聞いてみると、バッテリトレイの裏側にあるABSユニットのポンプモーターからだ。モーターが回りっぱなしになっている。


ヤフオク!でやすくABSユニットをゲット。


バッテリトレイ、エアクリボックスを外すと ABSユニットが見える


さっそく交換作業。


そしてブレーキフルードのエア抜き。


今回導入した加圧式ブレーキフルードブリーダー こりゃ楽でいいわ。

ユニバーサルアタッチメントでブレーキフルードリザーバーに加圧する。


これでブレーキにもちゃんと踏みごたえが出た。OK!


作業の間 バッテリに充電しておいた

7月に近くなり 気温も上がってきており
カレージ内も 扇風機なしでは汗だくになるようになってきましたよ~。





R170 SLK230 借りてオイル交換2022年05月07日 05時50分07秒

GWの間 お借りしていた友人のR170 SLK230コンプレッサー  (GF-170449)
生産年は1996-2004年 初代SLKである。
機構的には 初代CクラスW202ベース。
10万キロ手前の中古車。
直4 ガソリン DOHC スーパーチャージャー装備
197馬力 トルク28.6kg・m/4600rpm
車重1.38t 燃費10.15モードで9.8km/L ハイオク仕様60Lタンク
全長4mと、コンパクトなメルセデス
新車時価格税抜き495万円
タイヤサイス F 205/55R16   R 225/50R16

スイッチひとつでオープンになる「バリオルーフ」装備!
屋根はトランクに こういう風に収まる。


オーナーさんとの約束通り 点検とオイル交換をしてあげます

スーパーチャージャーつきの4気筒DOHCエンジン


底板を外します 板には1滴のオイル漏れなし!
10万キロ手前で漏れなしとは 優秀。
底板からにゅっと伸びたダクトはエキマニ直後のエンジンマウントとマフラーあたりを冷やしている。

サブフレームに若干の錆発生あり。

ATとエンジンの継ぎ目からのオイル漏れもなし。
マフラーの腐食もひどくない。
5速ATのオイルパン。ATの具合はオイル漏れもなし、ショックや変な挙動もないが
そろそろATFフィルタとATFは交換してやってもいいかもしれない。

左右タイロッドエンドブーツにシリコンゴムで補修の跡あり。ブーツに亀裂がはいっていたのだろう。
まぁこれで泥水が入らなければOK.車検も通る。脚力でホイールをゆすってみたが がたもなし。OK
だが10万キロだから そろそろタイロッドエンドは交換してもいいころ。


AT後端のコンパニオンプレートはまだ持つと思われる。
コンパニオンプレートのうしろにバイブレーションダンパーみたいなものがついている。

フロントストラット点検。ダブルウイッシュボーン。
ブレーキホースにはまだ柔らかさがありゴムに亀裂もないのでOK.
足回りからの異音もなしで、ボールジョイント類はまだ問題なし。

ステアリングギアボックスにもオイル漏れなし。


おっと このあたりにオイルにじみを発見。オイルパン底部に回っている。垂れてはいないが。
どこから出てきてるんかな~ 
ちょっと見えない。もっと上の、オイルフィルタハウジングやパワステのホースあたりかな?
ひどい漏れ、というわけではないが。



エンジンオイルは5L出ましたね。(オイルフィルタ交換なしで)

ドレンプラグワッシャーも新品に。しっかし 長いドレンボルトだな。


エンジンオイルはモービル1の金缶(Ultimate Performance、全化学合成油)をおごる!0w-40。
何といっても メルセデスからね~ ホムセンで売ってる4Lで2000円もしない安オイルはさすがに入れる気にならない。
オドメータ95520km時、5L交換です。次回は10万キロでフィルターともに交換をお願いします

ヘッドカバーのオイルフィラーの穴からカムシャフトが見える。覗いてみる限りは、綺麗でした。

5L注入。

エンジンを3分かけて、停止。5分休憩しオイルレべルが落ち着くのを待つ。

ディップスティックでオイル量のチェック。
 ちょうどMIN とMAXの中間で いいところに来てました。
オイルフィルタも交換で5.5Lと取説には書いてあったが、まさにそのとおりだろう。

漏れがないか点検し、底板をつけて完了。



試乗する。マイルドでいい感じです。ハンドリングの重さもいい感じ。
エンジンのヘッドからアイドリングでカチカチ言っていたかすかな音が モービル1に替えたら 消えた。
過激な走りをしてくれる車ではない。
メルセデスらしくどっしりした乗り心地で安心感があります。(ライトウェイトでピュンピュン飛ばす感覚ではない)
5速ATは変速ショックもなくスムーズでいいミッションです。
3速あたりに落として市街地を走ると エンジンが3000回転以上に回るので気持ちいい。
欲を言えば、マフラーがR171(2代目SLK)みたいに いい音を奏でてくれればいいのですが。音の味付けが 若干大人しめかなぁ。


シートの具合も良くヒートヒーターもある。
内装はウッドつ使われ いい雰囲気ですね。ホワイトメータ^、クルコン、ABS エアバッグ、ASR装備。
シフトゲートはマニュアルモード装備ならもっと楽しかったのですが。

シートはタイトではなく ゆったり座れます。好みです。
高速道路も問題なくオープンで走行できました
オープンで風の巻き込みはそれなりですが、我慢できない程ではない。
リアのウィンドスクリーン装着で良くなると思う。

さてヤフオク!ではけっこう安く買うことができる初代SLK、R170。
メルセデス品質を保っているし、バルオルーフのトラブルがなければ いい趣味車です。

SLKの油圧式ハードトップ 「バリオルーフ」は、油圧シリンダーで動作し、合計5つある。
その油圧を保つシリンダー内のゴム製シールが耐久性がないらしく、それが切れて油漏れのトラブルがよくある。
その問題の5この油圧シール(オーリングみたいなものですが)さえいいものに交換しちまえば、もう無敵である。この車も いつかうちでメンテすることになるのかもしれない。今からそれがどんなシールなのか、調べを入れておこう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年のGWは 人出が多いですが、田舎道をドライブするには影響なし。
オープン状態で借り出したのですが、
一度もクローズしないで、オープン状態で今週末にオーナーにお返しします。

さすがにEクラスワゴンと比べるとコンパクトだな~~


S211 E320CDI2020年11月10日 22時47分30秒

今日は久々にE320CDIに乗った。
いや~、やっぱいいわこれ。
力強いディーゼルのV6!
どこまでもスム-ズで、7速ATも優秀。
ここのところ運転していた635CSIの比じゃない。(そりゃそうだ18年の差)
どっし~~っと重い車体ながら、もりもり出るトルクで
気持ちい~~!
シートもいい!ステアリングフィールも自然。
高速を出しても運転していて全く不安がない。振動しない。
出しゃばってこない。

やっぱアガリのクルマってーだけあるわ。

ベスパ2015年09月27日 08時27分03秒

いわずと知れた、ベスパ。
もしかしたら 近々にしやんのガレージに新しいお仲間として来るかも知れない。
オーナーさんから押し付けられた(笑)ベスパ関係の書籍で現在予習中・・・
ちなみにカラーは白ですが、また分解しちゃうんだろうな・・・
塗り替えてどんな色にしようか・・・

でも125ccだから、自分はバイクの中型免許なくて乗れないんですよね・・・

分割型ドライブシャフトブーツ2014年03月30日 11時20分40秒

BMW2002の話ではないのですが
初めて分割型ドライブシャフトブーツを使ってみました。
使ったのは親父の載っている軽自動車、H-32V 三菱ミニカ。

この春、ユーザー車検に持ち込むために点検したら、フロントのドライブシャフトブーツがぱっくり裂けていた。
そこで、街のパーツ屋さんで以下を購入。1個5700円(定価)!・・・高い。
(ネットで買えば3700円ぐらいだった・・・)

現代の車はほとんどが前輪駆動車(FF)ですが、駆動しながらハンドルを切るので、フロントの車輪にはこのジョイント保護用ブーツがついています。
後輪駆動車(FR)であるBMWの前輪には、このようなブーツはありません。(後輪のデフ側とリアホイール側にあるのみで、ハンドルに関係ないので比較的長く持つ)

しかしこれ、、分割型なので、ドライブシャフトを抜かなくて良いので、素人さんには簡単。
必要なものがすべて入っています。
ブーツ接着後、専用ホッカイロで8分間以上高温過熱して接着部分を完全に一体化させるもの。
以下、丁寧なマニュアル。

左右、ゆっくりやって1時間半ぐらいでした。バンドもびったりで、かんたん。

あとは、ブーツがどれぐらい持つか? ですね。
いちおう1年1万キロ保障とのことですが、接合の仕方次第だと思います。
マニュアルの5,6番の手順の箇所が大事です。5番でうまく接合できていても、カイロで加熱中に接合が自然にゆるんでしまい、ゆるんだまま硬化してしまう失敗例があります!過熱の際は、ブーツをゆがめないように注意を!