自分のBMW2002 アッパーマウントの劣化でハンドリングのトラブル2022年05月17日 07時00分00秒

預かってレストア中の2002オートマと並行して
自分の4MTマルニも車検取得に向けて整備している。

前回述べた 完全アウトなショックアブソーバーのことと
ハンドリングのトラブルについて。


まず フロントのショックアブソーバー。

この車をヤフオクで20万で落札した時(2006年)当初からKONIのショックが入っていた。
ショック減衰力を変化させることができるという アジャスタブル機能がついているらしい。

BMW 1502, 1600-2, 1602, 1802, 2002
incl. Ti, Tii and Turbo 66-77
KONI
Sport  Front 86-1519
Sport  Rear 80-1868


しかし、今回取り外してみて、フロント右側のショック、
やじるしの部分から中のオイルが漏れだしてきていた!もう、完全にアウトだ。

立てておいても、どんどん油でてきます。
そういえば、レストア後のしばらくしてから、
ストラットから油が染み出でいたのはこれが原因だったのか。


ということで、フロントショックを交換したいが、
ここはしばらく、預かっているBMW2002Aのほうから外した オリジナルの赤ショックを
検証がてら装着してみようかと思っている。
赤ショックはそれなりに手ごたえはあるものの、
かなり前のものだから あまり期待もできないのだが 油漏れしているショックよりはまともだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、本題はここからだ。
アッパーマウントの劣化とハンドリングの悪化の関係について。

自分のマルニはある時点から ハンドルをきると「何かに引っかかる感じ」があった。
そのうち、かなりハンドリングが重たくなってしまい、まともにハンドルが切れなくなった。
しかしジャッキアップすると、何の問題もなくハンドルがかるく操作できる。
車重がかかると ハンドルは重たくなり、引っ掛かりを感じるのた。
その原因は 劣化したアッパーマウントだった。

これその問題の自分のマルニから外したアッパーマウント。
2006-2008年のレストアで交換したから14年は使っているものだ。
矢印のところを見てほしい。
赤くさびがついているように見え。これは何かとこすれてしまい、鉄粉がさびている跡だ。
3つあるうちの取り付けボルトの頭が 削れてしまっている。

スプリング受けのカサの部分と接触して こすれ合って 削れてしまっている

本来ならお互い 接触してはいけないところだ。
写真では接触していないが、車に取り付けて車重がかかると、マウントのゴムが変形して
接触してしまうんだろう。


ハンドリングが異常に重い原因は、アッパーマウントと、スプリング受けが接触していて摩擦抵抗となっていたためだった。

で、なんでこうなったかというと、アッパーマウントの劣化により 接触が起きたということだった。

この画像を見てほしい。
左が新品のアッパーマウント、右が問題の接触するほどに劣化したマウント。
劣化というのは 具体的に、マウントのゴムが上方向に変形移動してしまったということだ、
その移動量は新品と比較して 6~7ミリもあった。

マウントのゴムがどんどん劣化で変形していって
やがてスプリングうけと接触するまでになり、摩擦抵抗となった。
つまり、アッパーマウントの劣化がすすむと、突き上げがひどくなるなどの乗り心地の悪化だけではなく、最終的に、ステアリング操作にも悪影響を及ぼすということがわかった。


こちらの画像は、アッパーマウントの劣化の具合がよくわかる画像だ。
左が新品、中がレストア中の2002Aから取り外したもの、右がハンドリングトラブルの起こったもの。
右に行くほどに、マウントのゴムが変形していっているのがわかると思う。


アッパーマウントはゴム部分にひびわれがあるかないかでよく劣化具合を判断することが多いが、
実は、ゴム部分の変形量を見ないといけないということだ。
もちろんこちら側の面は見えないので、
この反対側でどのぐらいゴム部分が持ち上がってきているかが判断の目安になると思う。
新品の状態から比較して、6~7ミリ上がったらマウントは終わりだと思う。

また、今回は、完全にアウトとなったショックアブソーバーの影響もあるかと思う。
抜けたショックが本来の仕事をしないので、負担がマウントのゴムにかかってしまい、
ゴムの移動が速くすすんだとも考えられる。


アッパーマウントはゴム部分のリフト量をみておいて バンプラバーと一緒にセットで交換してしまったほうがいい。そのときにショックアブソーバーも点検するようにしたらいいと思う。
※価格は2022.5.17時点

BMW2002A ステアリングのリンク整備22022年04月11日 04時53分19秒

BMW2002のタイロッドエンドブーツが届きました。
ミヤコ TBC-086
はめてみましたが、ピッタリです!
アウター(車輪側)のボールジョイントにバッチリ、インナー(センターロッド側)にも使えます。
ヤフオクでランクル用のものというものをサイズ調べで買い、4個で送料込み2500円ほどでした。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j1046402075


ボールジョイントを掃除してから、新しいグリスを盛ります。
ホムセンで売ってる普通の安いグリスでいいです。


ブーツの裏側にはグリスを塗らずかぶせます。
入れすぎるとブーツがパンパンになって、はみ出してきてしまうのです。


アームをかぶせながらブーツのつぶれ具合を確認しつつ、ステン針金で縛ります。
上の細いとことは1周、下は2周巻き。捩ってブーツを痛めないように曲げときます。
あまりきつく縛るとブーツが切れますよ。
動かしてみて、ブーツに無理がかかってないか、グリスがはみだしてないか
ハリガネがブーツを痛めないか確認。
ボールジョイントに がたもなし!OK!



今回まるごと交換するインナー側のタイロッドエンドのねじ部分には
スレッドコンパウンド(スレコン)を塗っておきました。
ここは水がかかる部分、タイロッドを回してトーイン/トーアウトを調整するので、固着してほしくない箇所。


完成したタイロッドと、ストラットをつなぐアーム。


さてタイロッドだが、フロント車輪のトーイン/トーアウトを調整するパーツ。
左右のロックナットをゆるめ(片方でもよいが)、ロッドを回すことで、全体の長さを変えることができる。これによって、車輪を内向きにするか外向きにするか調整できる。
左側のタイロッドで説明する。
両端のボールジョイントは固定されているものとしてみてほしい。
黄色の矢印の方向にロッドまわすと、赤い矢印のように、タイロッド全体が長くなり、結果、左車輪は内側を向く。(トーイン方向に動く)
こうなっているのは、インナーとアウターのタイロッドエンドのねじ山の切り方が左右で逆になっているからだ。


左側のタイロッドをセンターロッドに組付けた。

バイスでつかんでロッドが回るか確認し、どうも動きが渋い場合はバーナーでロッドを炙ると膨張して回しやすくなる。いったん外してねじ山の錆やごみを取り除いて掃除しておく。


ちゃんとロッドが軽く回るようになりました
ここはあとで足フロントアクスルを全部組付け、車輪を組付けた後で トーを調整します。
マスキングテープで回してのびる方向をメモッとく。
まぁ、進行方向にロッドを回せば、伸びてトーインになるという事だ。


クラウンナット(溝付ナット、キャッスルナットともいう)には、ちゃんと割ピン(直径2ミリ)で回り止めを。
クラウンナットはM10のピッチ1.0だ。(M10だとP1.0の細メねじはなかなか日本ではみつからない たいていは1.25以上・・・。)


組付け後は、ロッドをつかんでゆすってみて、ガタがないかを確認

これで車体下回りのステアリングのリンクはひとまず終了。

ここまできたらいよいよフロント足回りの組付けです。

BMW2002A ステアリングのリンク整備12022年04月08日 11時26分53秒

ステアリングのリンクをチェックします。
おもにハンドルを切る際の「関節」となるボールジョイントにガタがないか、
また、そのダストカバー(ゴムブーツ)に劣化がないかを調べる。
がたがあったり、ブーツが破れていたら、車検に通りません。





これらはちゃんとワロスで新品も出ます。わりとリーズナブルだと思う。






まずは、センタ―ロッドの両端にあるボールジョイントにガタがないか、手でゆすってみる。
しっかりしていればOK。もし、ガタガタと少しでも振動を感じれば交換。
うん、大丈夫ですね。
マルニはけっこう ここのセンターロッド交換が多いんですよ。
自分のマルニではがたがあり、よく交換しましたね。
だからマルニ乗りの方は、車検前にセンターロッドは予備で1本買っておいて損はないと思いますよ。

ステアリングギアボックスのアームと
センターロッドはクラウンナットで締めこむのですが、割ピンの回り止めを絶対忘れちゃいけません。
だんだん 緩んでくるからね。(なんとこの車には この割ピンがついておらず、クラウンナットがユルユルだったよ!お~こわ!)
このあと、このナットに長期防錆スプレーを吹いておくとよいと思います。


左側の方も。矢印2つに割ピンを!


次に、タイロッドのがたをチェック。
こちらも両端(インナーとアウター)にボールジョイントがあります。
むむ!!インナー側にガタありですね!

外したタイロッドのインナーボールジョイントを外しました。
上下方向にわずかに動きます。ハイ、交換です。

インナーボールジョイントはオーナーさんが用意しといてくれたパーツボックス内に1本ありました。
新旧比較。



新しいタイロッドエンドは まず脱脂して、メタルレディに2時間つけてパーカライジングして防錆処理しときます。ここ、なにもしないでこのままつけて乗ってると、すぐに赤くさびちゃうんですよ。(経験済み)
メタルレディと鉄部が化学反応して 錆に強いリン酸塩被膜を作ります。
これが塗装前の下地処理に最適。

アウターのボールジョイントにはガタこそなかったが、ダストブーツを交換しておくことにした。


ここのボールジョイントに合うダストブーツ(ゴムブーツ)のサイズ。
ランドクルーザー 150系のものを流用。
マルニのタイロッドエンドのボールジョイントをノギスで計測すると上の方が直径14-15ミリぐらい、下のはまるくびれが直径28ミリなので、ゴムブーツはちょと小さめでチョイス。
組付けの際は、ボールジョイントにリチウムグリス(なんでもいい)を1周ほど塗り、ダストブーツ上下は針金で縛る。(車検でもOK)


ミヤコのTBC-086。
これまたマルニ乗りは タイロッドのボールジョイント用に 何個か用意しておけばいいと思う。
現在 注文して 到着を持っているところ。

その間、パーカライジングしといたタイロッドエンドにPOR-15を塗っておきました。


ステアリングの異音解決!2015年07月05日 15時16分40秒

ステアリングをきると異音が発生する現象、直しました!
原因はセンターステアリングロッドの右側ボールジョイントの劣化でした。
外してみたところ、左右それぞれのボールジョイントに問題がありました。
まず、左側にガタあり。

つぎに、問題の右側。
水が浸入したのでしょうか、錆びてしまっており、指のちからではまわりませんでした。
固着しかけたボールジョイントから「ギーギー」という異音が出ていたものと思われます。

このセンターロッドは2010年に交換したものですが、5年でこういう状態になりました。
BMW2002の維持の上で、要注意箇所のトップランクにあがる交換部品であると思いました。

センターロッド1本の値段ですが
Wallothでおよそ1万。ドイツからの送料込みで1万5000円です。
在庫のあるうちに こちらで どうぞ。
送料コミでおよそ100ユーロ。

ということで 先週日曜費にネットで注文し、今週末に届いたセンターロッド。
画像右上にあるのはWallothのメモパッドらしく、おまけで入っておりました。
らくがきにもちょうどいい!



では新品に交換。
教訓を生かし、錆びないように対策。
ボールジョイントのスキマにグリースを打って水が進入しないようにしました。

そしてプラキャップをはめます。グリスが仕事をしてくれることを祈って・・・

車の下にもぐって、センターロッドを取り付けます。

さて試走!
ガタもないし、異音ない!
これが本来のマルニのハンドリングだ!

高岡から能登半島方面へ伸延する能越自動車道を走る!なんと高岡から七尾まで、使用料は無料です。気づいたら七尾までドライブしちゃってました。


ステアリングのブッシュ交換2015年06月28日 12時51分46秒

以前の記事 の続きで、ステアリング系からの異音の修理。
パーツがドイツから届きました。2個必要になります。

ちゃんとサイズが合うかどうかを新旧で比較します。
輸入品パーツはこの確認が大事。
いざはめてみようとしたら、サイズガ若干違うなんてことがときどきありますので。

ブッシュは手で押し込んでも入らないので、長いボルトとナットで圧入します。

両側から圧入完了。
見えているゴムブッシュの面にグリスを塗布。
後に差し込むアームとこすれる部分です。


差し込むアームの軸にもグリスを塗布して差し込みます。

あとは外した部品をとりつけていくだけ。
・アームの上部にクラウンナットと周り止めのピン。
・その後、コントロールアームを取り付け。
・タイロッドエンドを接続し、周り止めのピン。
ブッシュ交換でステアリングをきったときの「ギューギュー」という異音がなくなったかどうか、まだ試乗していないのでなんともいえませんが、のちほどレポートします。


次の整備箇所は ココかなぁ・・・
サビが発生してるのはわかっていましたが、ツツいてみたらけっこうサビが進行していて、穴が開いていました・・・。
このあたりは切り取って、ボンデ版で作り直し・・・かな。
溶接しなくても、リベットと接着剤でくっつけられそうです。リベットのボコボコが残っても気にならない箇所ですし、特に力がかかる箇所でもないので、気軽な板金作業となるでしょう。

ステアリング系メンテ2015年06月16日 06時59分14秒

マルニは現在、ステアリング系のメンテ中です。

ハンドルをきるに合わせ、「ギッ、ギギィ~~~」と、ゴムと金属がこすれるような音がします。
エンジンルームの下あたりから音がします。
走行中、カーブを曲がっているときなどはこんな音はしません。駐車中の切り返し中などで音がします。
しかも、エンジンがあったまってくると、この音も次第に大きくなってくる感じ。
以前から 何とはなしにあった症状です。
音質としては、何か、金属に押し付けられたゴムが、動きに合わせて鳴っている感じ。
なんか、ブッシュ関係かな~?

ハンドルに合わせてなので、ステアリング系統であることは間違いないと。
ステアリングリンクのどこから音がしているのだろうということで
ジャッキアップして異音元を特定。
ここかな~~?ということで撮影 (パーツを外したあとですが)
ステアリングのリンクアームのゴムブッシュがこすれているのではないかと・・・推測。
タイヤに負荷がかかっていないと、音がしないので ひとり作業ではなかなか原因特定が難しい。

外したアーム。
左側のところに ゴムブッシュが2つあるのですが。ここしか考えられない。
ちょうど、エンジンのエキマニの真下なので、排気熱にさらされ、ブッシュの劣化が早いのかも。
とはいえ、ブッシュはそんなにクチャクチャになっている感じもしなかったが・・・。


これです。

さっそくいつものWalloth&neschにパーツオーダー。
こーゆーショートパーツが今でも出るってことが、マルニを今でも維持できる最大の魅力ですね。
パーツが出る車はとっても維持しやすい。
ついでにやはりキーキー鳴り出したリアブレーキシューも同時注文。
送料込みで141ユーロ。 たいてい5日ほどで届く。
とゆーことで、パーツ到着待ち状態です。

にしても、マルニを今回ジャッキアップして思ったこと。
したまわりが結構サビ来ている!
もうそろそろレストア後2008年から走り始めてそろそろ7年。
塩水がんがんぶちまいている冬の北陸の道路を走ってれば、やっぱりサビルわな~
いまでは主に通勤はスマートなので、雨の日はマルニを動かさないことにしてますが。
こんど レストア7年目の総括全体チェックでも してみようか・・・



ステアリングのがた解消2010年08月17日 20時33分08秒



お盆もすぎいまだ猛暑がつづいていおりますが・・・
マルニも9月に車検を迎えます。
レストアを終えて公道を走り出してもうすぐ2年か〜

次の車検もユーザー車検でいきますが
その前に、ステアリングをきったときに感じるコク!というガタを直さないと
車検の下回り検査で「ステアリングにがたあり」で不合格になること間違いない。

センターロッドは交換して1年経っていないので
まずここが原因とは考えにくく・・

嫁にステアリングを切ってもらって下回りで見て触って聴いて取り外して調べた結果、
がたの原因は、ステアリングギアボックスから突き出ているアーム自体であることがわかりました。


センターロッドを外してアーム自体をゆすると、かすかながたを感じます。
となれば・・・ギアボックスのクリアランスを調整でなおるか?


上面にある調整ねじを時計回しでねじ込んでみて、がたが無くなるところまで・・・
これでアーム類を組んでみると、・・・おお!
あのステアリングのガタツキが無くなった。
最初はアームのボールジョイントの劣化よるがたかなぁと思っていたのが
じつはステアリングギアボックスのクリアランスによる中立付近でのがたなのでした。
試しに近所を走ってみる。
う〜んいいね!これだこれ!

アーム類を取り外した整備をしたので、トーイン調整をして...
ついでに冷却系統をメンテなどなどして…
盆休み1日かかっちゃいました。







またステアリングのガタぁ?2010年06月27日 18時45分47秒

停止中にステアリングを左右にきるとコク!コク!とガタを手に感じるようになりました。
また〜?
確か前回は2009年10月にセンターロッドを交換して直したのですが
こんどはまた別な箇所か・・・
右側のタイロッドのインナー&アウターのボールジョイントは再利用なので
多分、どちらかでしょう。

車の下にもぐって助手(妻)にハンドルを左右に振ってもらいます。
コク!コク・・・
はっきりした音。
ステアリング・リンクの関節とも言うべきボールジョイントは6カ所ありますが
どこががたついているのか?
判別は素手でジョイントをにぎって確かめます。
手応えで・・・
ガタがなければ、手応えでブレを感じません。
しかし、ガタがあると・・・手応えでそれがわかります。
で・・明らかなガタツキと感じたのは、なんと、前回交換したばかりのセンターロッドの1カ所のボールジョイントでした。
え〜〜 9ヶ月で駄目になっちゃうの?

ちょうどこの箇所はステアリングギアボックスからのアームに接続する箇所。
いちばん負荷がかかるところなのでしょうか・・

次の週末はセンターロッドを外してガタを確認してみます・・・


センターロッド交換2009年10月23日 20時37分19秒


停止状態でステアリングを切ると相変わらずコク!と音が。
小さな音と手ごたえ。
またか〜〜!

レストアのときに全部のリンクのボールジョイントを交換していなかった。
ツケがいまになって来ている。
というか、レストア後のパーツ交換の楽しみをいくつか残しておいたのです。
しかし、ボールジョイントと突然アウトで高速道路で大破した車も知っていますし、ここは早く交換したい。

左のタイロッドエンドのボールジョイント2個は交換済み。
となると、こんどは右側か〜?
下に潜って助手にステアリングをかるく切ってもらい確認。
コクコクと音の鳴るところを目と耳で探す・・・
わずかだがステアリングギアボックスから出るアームに接続されるセンターロッドのボールジョイントにがたがある。
今度はここか〜〜!
センターロッド。大物。
長さ60cmほどの鉄棒の両端にボールジョイントがあるパーツ。左右のフロントタイヤの向きを変えるのに大切なリンクパーツ。

山下オートパーツで注文。16000円。
割りピンを抜きボールジョイントセパレータでかん合を外せば取り外しは簡単。
セパレータのねじを締めこんでいってバッキーンと外れます。整備するには欠かせない特殊工具です。

センターロッド、新しいものと比較すると、ダストブーツの形状材質が変わっていました。
新しいものはスポンジ。古いものは樹脂のカバー。
スポンジはねじを閉めこんでいけばそれなりにダストカバーの役目はすると思うのですが
いまいち心もとないので、古いものの樹脂カバーを外してスポンジにかぶせて使いました。

交換後は当然ながら、がたもなくなり、
路面の状態がよりダイレクトに伝わる感触に。
う〜んこれがマトモなハンドリング!
ハンドルのクイックさはステアリングギアボックスの調整ねじで調整可能ですが
まぁ〜いじらなくてもこんな感じでしょうか。
今のところ不満はないですねぇ。
あるとすれば、中古で買った古びたナルディのステアリングでしょうか?そのうちウッドにでも替えたいな〜

ステアリングに異音が出る2009年09月27日 17時29分17秒

BMW2002の整備
停車の際の切り返しなどでハンドルを切ると、
コク!と関節ががたつくような異音と手応えが出るようになりました。
まただ〜〜

以前、タイロッドエンドのボールジョイントがだめになってガタが出るようになり、交換したことがあるので、今回も似た感じ。
前回だめになったのは左側タイロッドの外側のボールジョイントだった。
ステアリングの関節は8カ所程あるわけで、そのうちのどれかひとつがダメになっても、同じ様な手応えと音でわかります。

車の下に潜り、助手にステアリングを左右に切ってもらいます。停車状態ですから高負荷がかかり、すぐに異音の原因となる関節(ボールジョイント)を特定できました。
左側タイロッドの内側ボールジョイントだ。
ここが、ハンドルを切るたびに関節がずれたようにかすかに動いてコク!と音をたてていました。
この内側のタイロッドエンドだけ交換できるので、またパーツ注文ですね。そのほかにまとめて買いたいパーツもあるし。
近々、またドイツのWalloth&Neschか、アメリカのBavarianAutosportに注文、個人輸入かな。

Walloth&Nesch
オールドBMW中心のパーツ屋さん、ユーロ。
http://www.wallothnesch.com/e/framewelcome.htm

BavarianAutosport
BMW全般のパーツ屋さん、ドル。
http://www.bavauto.com/