BMW2002A ドライブシャフトブーツ交換 CVジョイント組立2022年07月10日 15時30分45秒

ワロスから届いたドライブシャフトブーツ
寸法を記すると 長さ80ミリ 小さい穴内径23mm 大きい穴内径53mm
どこかに国産車の流用できるものないですか

ここに詰め込むCVジョイント用のグリスも モノタロウで4個用意。


ではまず ドライブシャフトブーツのバンドを外します。再使用は・・・できそうだけど、しない。

キャップカバーを開けます。
グリスまみれのCVジョイントがみえましたら古いグリスを拭って
ここの輪止めを外します。

ひっかける穴があると楽なのにな~~

ブーツ側のキャップもドライバでコンコンして外します。

これは再利用するのでなるべく傷めないように


CVジョイントをぐりぐり曲げたりしていたらコロンとボールが落ちてきて、やがてCVジョイントがばらけます。
とにかく 外してください。

ボールとアウターケース 外れました。すでにきれいにぬぐってあります・

シャフトにインナーと輪っかが残るので、やじるしの部分にあてものをしてハンマで叩いて外します。
万力でシャフトを固定してあると 楽でしょう
これがなかなか外れないので、にしやんはインナーをバーナーであぶって熱膨張させてから叩いて抜きました。
くれぐれもパーツを叩いて変形させないように。特に輪っかの方ね・・・
もちろんプーラーを使っても良いのですが 矢印の部分のワッシャが若干斜めになっているため
プーラーの爪がかかっても外れやすいのです。



ようやく CVジョイントの構成パーツ 外れました。
中心のスプラインの入った星型のパーツを抜くのが いちばん大変かな。ちょっとだけ叩いて抜ければいいのに きついんです。だからバーナーであぶった。
結構サイズがキツめに作ってあるんでしょう。ちなみに635CSIでもCVジョイント抜きをやりましたが そちらはもっとかんたんに外れましたよ。



片側は棒だけになったので ここでブーツの交換をします。
もう片方の蓋を開け、中をできるだけきれいにぬぐいます

そこにCVジョイント用のグリスをバるべく空気が少なくなるようつめ、蓋のふちにシール材を塗ります。(これは635CSIのドラシャブーツ交換時に付属品でついてきたものの余り)

シール剤塗ってからそのまま10分放置後に コンコンと打ちこんで こちら側はおしまい。

その反対側に 新しいグリスを詰めて

上からブーツ(中にもグリスを塗ってある)を挿入



モノタロウで買ったバンド 二重まきで締めこむ。締め込みツールがないので ロックはこのように てこの原理で締めていく。

折り曲げて ポンチを1発 打っておく

小径部分も 同じくやって こちら側は終わり。

ブーツにキャップをはめ込み

ここで先に挿入しておく


で、CVジョイントを組む。表裏を間違えないように。

まずインナーのパーツを輪っかに こういう風に入れる。

入ってしまえば、なかでくるくる回転するので表裏をそろえる。
表裏があるので注意する。
輪っかにも表うらがある。



次。アウターケースにインナーを入れて ボールを6個入れます。
最初の5個まではいろいろ動かしてやっていると入っていきます。


最後の6個目を入れるときは 限界までこうやって・・・(片側からボールが落ちそうになるので向こう側の手で押さえています)

ボールが入ったら 微妙に動かしながら水平に戻していく。
ボールがスッと入るところが必ずあります。
いろいろジョイントを上下動や回したりしてみてください。きっと入ります。決して力業で押し込んだり叩いたりして入れないように。

組んだ後は、自在に曲がるか確認します。
この仕組み考えた人、まじ天才と思います。


インナーとアウターケースのこぶの大小がこのようになります。


組んだCVジョイントをシャフトに入れる前、このワッシャも忘れず先に入れる。これも表裏があるので間違えないように

微妙なテーパーがついてる


CVジョイントのスプラインの入ったインナーのみをバーナーであぶって膨張させる。こうしないとスッとシャフトのスプラインにはまらないです。
まぶしたCRC556が焼けて 煙が上がるまでにあぶります。
実際は150度(赤外線温度計ではかった)ぐらいまで熱しました
2~3分もあぶったでしょうか 結構 CRCの煙が出てます



表裏を間違えないように アッチチーのCVジョイントを二重軍手で持って 元の位置と同じ位置に入れる。
熱膨張させたので 拍子抜けするぐらいにすっとスプラインに入った。
もし途中でひっかかって止まってしまっても 27mm程度のソケットかなにかを内側の輪っかにあててハンマで叩けば軽く奥まで入るはず。
これが入れば、もうヤマは超えたようなもの。



アッチチーのCVジョイントが冷えるまで休憩。
冷えたら 輪止めをはめます。
CVジョイントがちゃんと奥まで入っていれば、輪止めもすんなり入ります。

グリスを詰めて、シール剤を塗ったふたを閉じる。このシール材は速攻で固まります。

先にシャフトに通しておいたブーツ内にグリスを詰め、シール材を塗って組付け。
ボルトを穴に通しておけば 位置はずれないでしょう。
キャップのふちをハンマでコンコンしてはめます。

シールされています。これが甘いと中からグリスが出てくるかも?


ドライブシャフト、ブーツとグリス交換 完成です!


あとはデフと後輪ハブに取り付けるだけです。