BMW2002A 冷却水ホース取回しの確認2021年05月04日 06時46分16秒

インマニがきれいになったので
新品の冷却水ホースをつけてみます。
ちゃんと全部そろっているかも確認。
結果、1本たりない(新品を買ってない)ことが判明 (後述)。



ウォーターポンプとサーモスタット周辺


インマニの裏側。
冷却水ラインが通っているのは、インマニを温める必要があるからだと思います。


ホースバンドの在庫確認中。 スエーデン製高級ホースバンド、ABAを使う。^^


ホースバンド直径のmemo。 足りないものはmonotaroに注文しておく。



取り回しに問題はないようです。


ウォーターポンプ、サーモスタット周辺も大丈夫。
実際にホースをはめ込んでみないと、具合はわからない。
(サーモスタットは新品に交換。80度で開くふつうのやつ)


唯一、インマニの裏側のここ、ちょい長さが足りない感じだ。
でも問題ないと判断。
バンドで締めるときは下側でみにくいし、注意して取付よう。


唯一足りなかったホース。(再使用もいけないこともないが・・・やっぱりここは新品で)
AT用のラジエター(ATオイルクーラー付き)なので、
それ用のホースをWallothで追加注文するつもり。
ほかにこまごまと注文したいものもあるので。


冷却水の流れをおさらい。
エンジン前側にラジエター。
エンジン後端にヒーターコア。
LLCはまた80度になっていない場合は、ウォーターポンプによってLLCはひたすらエンジン内部を循環する。
サーモスタットが80度で自動に開きだすと、赤色のラインでラジエターアッパー^に流れる経路ができる。
ラジエターで冷やされて青色のラインで出てきて、サーモ→ウォーターポンプ→EG内部を冷却。
これを繰り返していつもLLCは一定に保たれる。


水温を一定に保つことができるのは、
ラジエターの冷却能力やウォーターポンプの性能(ファンベルトの状態も)、ファンブレードの送風力、サーモスタットの正常な開閉、エンジンブロックやヘッド内部の水路がつまっていないことなどが条件。

いちばんやばいのが、ファンベルト切れ。オーバーヒートにつながります。
いつもトランクに予備のファンベルト(10ミリ、長さ880cm程度)と12と13ミリめがねレンチを用意し、万が一ベルトが切れてしまった場合はエンジンを止め、自分で交換するか、できなければ、JAFでレッカーか、あるいは近くのガソリンスタンドまたは整備工場等でベルトをかけてもらえるようにしておきたい。ベルトがない場合は、最悪、ホムセンで売っているモーター動力用ベルトを買ってきて一時しのぎの代用もできる。(家に帰りつくまではもつだろう) そもそも、ファンベルト劣化したまま乗ってるのってのがまずいんですが。



とにかく冷却のかなめはウォーターポンプ。(もちろんWPを駆動するベルトも)
エンジンを冷やす流れを作っている。
エンジンで熱くなったLLCはヒーターバルブがオープンならばコアに流され、その夏を利用して室内を温める。
ヒーターバルブが閉まっていればコアに流れることはなく、水温センサーのついているところも戻っていき、またウォーターポンプでエンジン内部に戻される。
LLCはまだ80度になっていなければサーモスタットが開いていないので、ラジエターに行くことはなく、
再びエンジン内部にウォーターポンプで押し込まれる。


室内ヒーターのしくみ。
エンジン内部で熱くなったLLCは、ヘッド後端部→ヒーターバルブ(オープンならば)→ヒーターコア→インマニへと戻っていく。
冬でも、朝イチのエンジン始動から室内ヒーターが暖かくなってくるのはほんの数分程度。
積極的に熱いLLCをコアに流しているから。
80度を超えてくれば、自動的にサーモスタットが内部ワックスの膨張で開きだし、
ラジエターでLLCを冷やす「冷却経路」ができあがる。

BMW2002A インマニを洗浄2021年05月03日 19時46分56秒

真っ黒けのインマニを洗います。

使い古しのサンエスK洗浄液に漬け置き半日。

この後ブラシでごしごし。
その後、水道水で洗浄。
(写真なし)

エアブローで水気を吹き飛ばし。
だいぶきれいになった!

スミッコの黒い部分をつついてワイヤブラシで汚れ落とし。
地道な作業・・・

裏側なんか、だれも見ないけどね!

こういったところに白い歯垢のようなものがついているのでつついて落としていく。

錆部分もワイヤブラシで落としていく。
このあと薬液で錆転換処理する。
これはインマニの中を通っている冷却水パイプ。
たぶんインマニを温めるもの。

ここまでなればOKだろう。

地道な作業で鬱屈としたから
このあと635CSi で新緑の中を100kmのドライブに出た!

BMW2002A オルタネーター取付2021年05月01日 23時48分41秒

ボッシュの45Aオルタネーターを掃除して赤ベルト部分をペイントしなおして装着。
ベルトもかけてみた

問題なくかかっており、数ミリ前に出したクランクやウォーターポンプのプーリーには問題なく。


実はちょっとオルタがベルトに引っ張られて傾く。(定規を当てているのでナナメっているのがわかるかと思います)これはどのマルニもこうなりがちだ。
エンジンの方にマウントしている画像中央のオルタの取り付けアームの中に入っているゴムブッシュがつぶれてくるとこうなる。今回はそれがむしろ良かった。
取付ブッシュのほうはまだ使えそうだったので今回交換していません。
ややななめでも回るので、よしとする。
このブッシュはまた後でオルタを取り外していつもでも交換できる。
ちと面倒な作業なので今回は省略した。


オルタにアースをつなぐ。


その他、EGマウントやらスターターのブラケット、その他などを装着してみた。

次はデスビを取り付けます。

BMW2002A ベルトライン出しの調整・・・2021年04月30日 19時34分43秒

ウォーターポンプのベルトプーリーをつけてみたら、
クランクプーリーとウォーターポンプのベルトラインが一直線上に合わない…
測ると3ミリほどずれているではないか。

ええ~~~!
なんでだーーー!!!

ウォーターポンプのプーリーの方が前に出ているのか、
それとも
クランクプーリーが後ろに行きすぎなのか。

新旧のクランクプーリーの比較では、ベルトラインは出ている。(黄色)
クランクプーリーには問題ないと判断。

となると、
ウォーターポンプのフランジの取りつけの精度が悪いのだろう・・・
もう少し奥に圧入してあるべき。
輸入パーツだとこういうことが起こります。
ウォーターポンプのフランジ(やじるし部分)はシャフトにかた~く圧入されていて
プレスしてもだめだと判断。(奥に3ミリ入る余裕もない)

さぁどうする?

しょうがないのでクランクプーリーの方を3ミリ前に出すことにした。
厚み3ミり、内径21ミリ、外径35ミリワッシャーの内径をやすりで22ミりに拡大し、
WOODRUF-KEY部分の切り欠きを削り出す。

これをクランクシャフトに先に入れておいてからクランクプーリーを装着すれば・・・。



よし!これでベルトラインが一直線。



んで、次なる問題。
ファンブレードが新しいクランクプーリーにあたってしまう・・・。
このクランクプーリーは3つ目の溝 (ここにクーラーコンプレッサーのベルトをかける予定)
があるから、そこにあたってしまうのだ。

しょうがないので
厚み5ミリの大きめのワッシャーからスペーサーを削ってはめて、
ファンブレードを前方に5ミリ出すとともに、
安全マージンを取ってブレードの端っこをグラインダで少し削ることにした。

・・・もし走行中にファンブレードがクランクプーリーにあたると、割れてしまうばかりか、
ベルトが切れることもありうる。最悪は、ぶっとんだ破片でラジエター破損にもつながり、
冷却水が漏れれば、最悪、エンジンのオーバーヒートだ・・・おおこわ。

ヨシ・・・
これでブレードはクランクプーリーに当たらないだろう。
あとはエンジンかけてから 様子を見て判断する。

もうひとつ問題。
こうなる、5ミリ分前に出たファンブレードがラジエターに接触しないかだ・・・
なんせもともと これぐらいの距離にあって(その間隔10ミリぐらい?)かなり近いですからね~
エンジンが振れることも考慮して・・・これはあたりそうだな~~
ラジエターの位置はこれ以上前に移動できないので
まぁ、当たりそうだったら、ファンブレードの前側をまた削ることにします・・・
だんだんファンブレードがやせ細っていくな・・・

もう一つこれに伴って問題なのは、
オルタネーターのベルトラインも前に3ミリ出さなければならないということだ。
オルねーたー、とウォーターポンプ、クランクプーリーの3つは
一つのベルトで駆動するので、一直線になったベルトラインでなくてはならない。
まぁ一回、オルタネータを装着してみてベルトかけて観察してみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった現場合わせの微調整で 時間がかかってしまうのだ。

BMW2002A エキマニ取付2021年04月30日 05時20分00秒

ヘッドにエキゾーストマニホールドを取り付け。

まずはガスケット。


シルバーに耐熱ペイントしたエキマニ

ナットにはネバーシーズを塗り

遮熱カバーも塗装。

BMW2002A ブロック塗装 スパークプラグ装着2021年04月29日 18時12分20秒

まずは脱脂


いつものPOR15

ブロックと、オイルパン。


ものの40分ほどで指で触ってもべたつかないほどに乾きました。

スパークプラグ新品 BOSCH WR7DC ロシア製

28Nmで締める。

4本装着完了

BMW2002A オイルパン、ウォーターポンプ、クランクプーリー2021年04月18日 18時50分33秒

クランクプーリーを組みます。



オーナーさんが用意してくれた3本がけのプーリーです。(E12とか、518iとかものでしょうか?)
旧クランクプーリーは1本がけなので、クーラーのコンプレッサーは回せません。
が、今回はクーラー取り付けが大事なので、2本以上かけられることが必要です。




ねんのため またクランクを回してタイミングをチェックします。
クランクを2回転 回して、カムシャフトが1回転して同じ位置に戻りました、よし。

エンジンをさかさまにして
オイルパンを組み付けます。最後にオイルポンプ周りを点検。ヨシ。

オイルパンガスケットの4か所に液体ガスケットを塗っておきます。
フロント側はここ。(左右にある)

リア側はこの2か所。ブロックとリアシールハウジングの合わせ目です。
ガスケットのちょうどここに4か所穴が開いていますのでそこに液ガスを適当に盛ります。

乗せてボルト締め。11Nm。 あオイルパンは後で塗装します。

液体ガスケットもいい具合にはみ出ています。

オイルドレンボルト。
穴の先、そぐそこはオイルポンプの吸い口が見えます。
矢印の部分、ドレンパッキンのリングが変な感じでついてますね・・・

適当なオーリングを使ってあったので、こびりつきを掃除。液体ガスケットも使ってあった・・・なんだこりゃあ

綺麗に掃除してやって、新しいパッキンを入れて組みます。

次にウォーターポンプ。新品です。回転はスムーズです。がたもなし。

右側のオイルフィルターハウジングも組み付けて、
前側はこんな感じで終了。
そろそろエンジンブロックとオイルパンの塗装をしたい。





GWあたりはクーラーコンプレッサーのブラケットを制作したいです。


それに、そろそろAT搭載に向け、ATとラジエター間の油圧ホースも制作してもらわねばなりません。
カシメ部分からのオイル漏れしてくるのと、ホースの劣化でヒビが入っているのです・・・
当然新品なんてでないので、油圧ホース屋さんに作ってもらいます。(口金部分は再利用)

BMW2002A シリンダーヘッド合体、エンジン完成。2021年04月10日 18時01分26秒

いよいよシリンダーヘッド搭載です^^
まず、クランクを回して1番ピストン(画面の右端)を上死点にします。
そして、ヘッドガスケットを置きます。

ここと
この部分はフロントカバーとエンジンブロックとのつなぎめなので
オイルが漏れてこないように液体ガスケットを塗ります。


新品のヘッドボルトを10本、入れていきます。指で軽く締めます。


ヘッドボルトの締める順番と手順です。
今日は途中の角度締めまでしかできません。最終の増し締めはエンジンをかけたあとになります。、


まず60Nmで順番通りに締める。

15分たったら、角度締め。ここまで。


ヘッドが乗ったので、タイミングチェーンをカムスプロケットにはめて、取り付けます。
ちゃんとタイミング位置を合わせて・・・

スプロケのボルトのゆるみどめです。

このあとクランクを回転させてタイミングが合っているか確認します。
クランク2回転でカムシャフトが1回転します。
確認ができたら
アッパーカバーをパッキンとともに取り付けます。

ここのすみっこの両側の部分にも液体ガスケットを忘れずに。


そのガスケットとともにヘッドカバー、オイルパンを組んだらエンジン完成!


エンジンの主要部分は完成。
このあとエキマニとインマニをつければエンジンらしくなるでしょう。
ウオーターポンプやクランクプーリ、オルタネータ―、スターター、オイルフィルタハウジング、EGマウント。。。そいして今回はじめて取り付けるコンプレッサーなど、その他の補器類はこれからです。
週末ごとに少しづつしかできないので、EGを車体に搭載できる状態になるのはGWあたりでしょうか。
同時に、ATのほう。油と埃で真っ黒に汚れたATの方も掃除しなくては・・・ATの油圧ホースも制作してもわらねばなりませんし・・・まだまだやること多いです。

BMW2002A チェーンテンショナー2021年04月10日 17時43分33秒

オイルポンプが組上りましたので
フロントカバーとそのパッキンを取り付けます。



エンジンスタンドを回転させてエンジンを上下逆にします。
オイルガイド(白いプラスチック部品)とテンショナレール(左の黒いもの)は
もちろん新品を組み込みましたよ。


タイミングチャーンのテンショナ機構です。
シリコングリスを塗ったテンショナーピストンを挿入したら、次にいばねを入れます。


ピストンの先端がテンショナレールにちゃんとはまっているかを確認して、ばねを押し込んだらプラグを閉めます。
プラグのオーリングは新品にしています。ここからオイル漏れしないように。

ピストンの先端部がテンショナレールを押しています。これによって、チェーンに張りを与えます。

実にシンプルな機械式の構造です。

次はいよいよシリンダーヘッドとエンジンブロックの合体です。

BMW2002A オイルポンプのシム追加2021年04月10日 17時31分06秒

前回の組み立てで オイルポンプチェーンの張りがいまいちゆるかったので
アルミ板をけずって、シムを自作しました。

厚みは0.5ミリ

追加シムの0.5ミリ分、オイルポンプがクランクシャフトから遠くに離れたわけだ。


チェーンの張り具合も当然、ピンとなるわけですが、
張り具合はこのぐらいにとどめておきました。

追加シムがなかった時(下の画像)よりもピンと張ったと思います。

オイル通路の接続部No.オーリングも忘れず入れました。(パイプのツバに隠れて見えませんが)