白いの2022年11月14日 18時11分46秒

へ~ ヒューガルデンにも ノンアルあるのか~
本場ベルギーじゃなくてこれは韓国ライセンス生産らしいけど。


寒くなってくると出番の多い白ビール。
やっぱヒューガルデンが瓶入りのがええな。

こちらもスリーナインで 懐かしのクレアさん。
劇場版999ではラストで大活躍・・・悲しかったけどね

交響詩「銀河鉄道999」は今でも涙して聴いています。


あずっているマルニのレストアですが
11月になってから急に いろいろバタバタしておりまして
暫くお休みしております。
もうしばらくしたら また着手できるかなというところです。

立山連邦からの日の出2022年11月06日 09時10分13秒

日の出を見に富山湾の海岸まで







剱岳の左からご来光




海面から湯気がたっていました




立山連峰 日の出前2022年04月09日 08時12分12秒

快晴なり 朝5時過ぎ 
桜並木の散歩コースから 東に日の出前の立山連峰を見る。


「立山」という名前の山は無くて、一般的に「立山登山してきた~」といわれるのは雄山。
美女平をバスで登り、室堂バスターミナルから雄山を目指すコースとなる。日帰り可能。
この時期は美女平のい何メートルもの積雪を除雪車で崩していき、GWめざしてバスルートを作り始めるころ。数メートルもの人工的に削った雪の谷をバスで走るので、雪の大谷といわれる。
立山カルデラは見ての通り、とんでもなく巨大な江戸時代のがけ崩れ地。土石流で裾野に大変な被害をもたらした。。今も崩れ続けているので、国の工事で砂防ダムをたくさん作って再び恐ろしい土石流が起こるのを防いでいる。
剱岳は山好きなら一度は登ってみたい名峰。健脚ならば早月尾根ルートで日帰り登山もできる。にしやんは昔何度かそれをやって、15時間かかった。
毛勝三山(けかちさんざん)は毛勝山・釜谷山・猫又山の総称。マニアックな登山ルートである。

こういう方向で「立山連峰を見ている。



日の出直前。
ちょうど朝日岳のあたりから陽が登ってきた。
この位置は、大雪渓で有名な白馬岳のてっぺんが見える位置だ。


こういう方向で立山連峰を見ている。


桜も今秋末がピーク満開ですね!


桜開花寸前2022年04月04日 20時54分59秒


もう桜が開花寸前!

いつもの川べりの散歩コースの桜並木

ちょっとルイちゃんでサイクリングに出かけました

芽吹きの柳が風にそよいでいます。綺麗だなぁ~

畑にはチョウが舞い

ツナギもよく乾き

ツバメも良く鳴いています。

二輪車を購入2022年03月02日 07時34分47秒

二輪車とはいっても、畑で使うやつ。
ノンキー KN-50 という。
https://www.monotaro.com/p/5328/5165/?displayId=5

これに腰かけて、畑で苗の植え付けや間引き、除草などに使う。
しゃがむ必要がなく、簡単移動できるので作業で疲れにくい。
椅子の高さ調節ができ、何といってもいいのは、椅子が回転することだ。

野菜作りが趣味の父親の誕生日プレゼント用に購入。
開梱して廊下で座ってみたが、なかなか剛性があってしっかりした造りだった。
農協のカタログで見ていて欲しかったとのことで、大変喜んでくれた。

マイナス8度!2021年01月21日 21時35分26秒

放射冷却で、車はマイナス8度を示していた!
いたるところ氷だらけ!

雪、キタ~~~~!2020年12月16日 20時22分06秒

12月14日から来ました!雪が~~~


ちょうど忠臣蔵の朝のような~^^

カーステで聞くは

元禄名槍譜 ~俵星玄蕃~(たわらぼしげんば)

槍の名手、ゲンバさんが赤穂藩士の討ち入りの際にちょっとした手助けをするという泣けるお話です。^^
そば屋に身をやつした赤穂浪士とゲンバとの出会いがいいですね~~


んで、
ゆくては松坂町~~~~~ッ(^^♪
サクっ、サクっ・・・サク サク サクサク!
と車は進みます。






廃油ストーブのメンテ、始動!2020年11月28日 21時46分54秒

北風の吹き出した週末・・・
今冬のマルニのレストアに欠かせない廃油ストーブをメンテします。
昨年は動かしてなかったから・・・まずメンテしないと火が入りません。



奥の茶色いタンクが廃油、右の白いタンクが灯油。
どっちもjこの廃油ストーブにつながっています。
廃油はやや粘度が高いので、50㎝ほど上げて高低差をつけることで
ストーブに流れていきやすくしています。




まずは燃焼筒の底を掃除します。
廃油を燃やした後の「硬い燃えカス」がこびりついているのです。
これはときどき掃除する必要があります。
この掃除の手間が、灯油を燃やす場合との大きな違いです。
暖をとる燃料がただな分だけ、手間がかかるということです。




灯油ポンプ機構の掃除。中にフロートが見えます。キャブみたいです。
奥の灰色の丸いものは空気を送る小型ブロワファンです。あと、小さな電磁ポンプがあります。
地震時などで揺れを感知して(オモリが倒れるだけですが)自動で灯油をカットする自動消火装置もあります。
灯油ホースをいったん外し、タンクのバルブを開けて、灯油が出るまでじっと待ちます。
ホース内の空気を追い出すことが大事です。
この程度のメンテで、ちゃんと灯油が出るようになりました。




こちらは廃油の入り口です。
シンプルに、バルブ調節で燃焼筒に画面の右から左に向けて廃油が流れていきます。
昔小学校で使っていたというこの灯油ストーブを改造して、廃油も燃やせるようにハイブリッド型に改造しました。
廃油ストーブを作るやり方はいろいろありますが、その中でも最もお手軽簡単だと思います。




油を出してみます。左が灯油、右が廃油。粘度のちがいが一目瞭然です。
中についてるカスは全部、廃油によるものです。
灯油を燃やしているだけではこんなカスはできません。


着火方法。
まずは灯油を最小目盛で流し、それに種火で着火させ、スタートさせます。(廃油には着火しない)
自動で点火させる着火ヒーターが断線して壊れてるので、点火するときは、火をつけたマッチか、新聞紙をねじったものに火をつけ、燃焼筒の底に落としています。
種火で火のついた灯油はブロワーの送風で徐々に大きくひろがっていきます。この初期段階では煙と、目に刺さるような痛みを伴うにおいがけっこうします。


燃焼が安定したら、廃油バルブを開けて廃油を入れていきます。
廃油がはいって燃焼しだすと、そのぶん、炎が大きくなります。
炎が安定したら、灯油はストップさせ、あとは廃油だけで燃やしていきます。
このころには、煙もにおいもほとんど気にならなくなります。
これぐらいの火力で、1時間あたりに廃エンジンオイルを1L消費って感じでしょうか。
寒い1月で、まぁなんとか、隙間だらけの広い納屋ガレージ内の全体はあたたまりませんが、
輻射熱をからだに感じるようになるので、暖はじゅうぶん取れます。
フリース着こんでつなぎを着て、毛糸の帽子をかぶってレストア作業していると、汗が出るほどです。



ブロアから送風しているので、真っ黒のエンジンオイル廃油が完全燃焼しています。
煙も出ないし、においもほとんどしません。
これで、火力5段階のうちの1、ってところです。
例えば、流入させる灯油のめもりを最大にして火力を最大にすると、ほんと、この穴から30cmは炎が出てしまうぐらいのでかい炎になります。^^; そのときは鉄の燃焼筒自体が熱で赤くなってしまうほど温度が上がります。
そうなるとキケンですから いつもこのぐらいの火力で使っています。
また、ストーブの横にはバケツ一杯の砂と、消化器を用意しています。
いざというときは燃焼筒に砂をぶちこみ、消火させます。(したくない)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
廃油ですが、
ここ2~3年分ためたエンジンオイルがたんまりあるので、この冬は大丈夫かと。
ほかに、廃ATFなども粘度が低くて具合がいいですね~。今回ATのメンテを良くしたから、けっこうたまっています。
期限の切れた植物油は最高です!!
もちろん使い古しの天ぷら油も最高。(燃やした時、かおりがいいです^^ テンカスは茶こしでとっておきましょう)

エンジンオイルは、寒くなると流動性が悪くなりますので、バルブを目いっぱいあけてもなかなか
燃焼筒の中に入っていかないので、火力が思うように上がらないです。
こんなときは、タンクの中にサラサラの油を混ぜて粘度を低くして流れやすくしてやります。
廃油がすべて粘度の高いエンジンオイルの場合は、3割ほど灯油を混ぜてやり、ある程度サラサラにしてやります。
その場合、灯油はファンヒーターに使えるきれいな灯油でなくても、パーツを洗浄した後のまっくろに汚れた灯油を目の細かい茶こしで濾した廃灯油でOkです。汚くなったシンナーでもいいです。

廃油の消費量。
平日は仕事だから毎日レストア作業できないので、土日の週末だけ作業やって、12~3月の4か月。
ひと冬に、およそ200リットル程度燃やすって感じでしょうか。
いつもの調子ですと、廃油のほうが先になくなってしまい、3月ごろは灯油オンリーで動かしています。

・・・・・・・・・・・・・
消火するとき、廃油ストーブのバルブを閉じます。
廃油はすぐ燃え切らないので、しばらく炎は燃え続けています。
すぐ消えないんです。ここが廃油ストーブのウィークポイント。
(もし地震があったときはすぐ消えないのでこわいです。)
廃油で焚くストーブは、「鈍重」なんです。着火も消火も、すぐにはできません。
廃油が燃えてる火が本当に消えてくすぶりもなくなるまでは、だいたい10分はかかるんじゃないでしょうか。
そこで、いつも、もうレストア終了するっていう15分前にはバルブを閉じて消すようにしています。
作業終わってからいろいろ片づけたりしているうちに15分ぐらいはたってしまいますからね。
さらに、ブロワスイッチにオフタイマーをかませてあるので、そのまま30分ぐらいブロワーを吹かせ続けるようにして時間が来たらブロワーがオフになるようにしています。

ということで、とにかく、この冬も、火の用心。
安全に、使いたいです。

タイヤ交換など冬支度2020年11月14日 20時33分38秒

立冬すぎました.
天候のいい休日に、うちの実用車たちは早めに冬用タイヤに交換しちゃいます。
タイヤ交換、にしやんは冬向けには早めに替えて、冬が過ぎても遅めに交換します。

まずはピクシスエポックから。







各部も点検。摺動部にグリス。

タイロッドエンドのブーツのひび割れ。次の車検までに交換します。

ドライブシャフトのブーツは大丈夫。

下回りも点検。

ブレーキホースもまだOK

バッテリはカオスに交換。

エアコンフィルターも交換。

その後、試運転もかねていきつけの蕎麦屋まで行きました。
この時期、菊が飾ってありました。

中古のBMW i3を購入2019年04月01日 21時24分58秒

X5は3月に知人に売り、
代わりに2014年製のBMWi3レンジエクステンダー仕様車を買いました。

急速充電器で充電中





これからEV生活を楽しもうと思います!
(ガレージには2002もまだあるよ)