BMW2002A 燃料パイプ交換2022年05月19日 06時30分38秒

燃料タンクからエンジンルームに向かう燃料パイプ(図の2)を交換しました。

自分がワロスから買ったときは黒色チューブでしたが 今見たら透明チューブになっていました。


これが買ったものです。
古いものは透明系、ですが黄ばんでいます。
年月が経っているので硬化して「ぽっきり」折れそうに思いますが、意外にまだ「しなり」があります。
とはいえ ここから燃料漏れは絶対してほしくないので交換です。


燃料サプライ経路。
ガソリンタンクから出て・・・室内に向かう。

室内からの写真。
右のタイヤハウスの下を通って・・・ (上に見えている青いチューブはエンジンルーム内のチャコールキャニスターに向かうチューブです。ガソリンチューブと並行しています。)



室内の右隅を通ってフロントへ向かう

シートの台座下をくぐります。


フロントに到達

ヒーターボックスの前、バルクヘッドをつたい中央へ(ヒーターボックスの裏)・・・


バルクヘッドのゴム穴を通ってエンジンルームへ。
エンジンルームからはゴムのガソリンホースを接続し、燃料ポンプに接続します。

金属との接触部には必ず緩衝材を。振動でこすれて燃料漏れしないように。

【燃料の流れ サプライ】
燃料タンクから燃料ホース20cm ~ 燃料チューブに接続、室内へ入る ~ 室内右隅を沿ってフロントへ ~ バルクヘッド通過 ~ エンジンルームへ入る ~ 燃料ホース30cmに接続 ~ 燃料フィルター ~ 燃料ホース10cm ~ 燃料ポンプ(シリンダーヘッド横) ~  燃料ホース30cm ~ エンジン負圧による開閉弁(キャブ側とリターン側にホースが分岐) ~  燃料ホース10cm ~ キャブレターへ接続

【燃料の流れ リターン】
バキューム開閉弁 ~ 燃料ホース70cm ~ バッテリートレイ下の金属製燃料パイプへ接続 ~燃料パイプは車体外側下の左側隅を伝いリアへ ~ 左後輪付近で燃料ホース1.5mに接続 ~ トランク内へ入り ~ 燃料タンクへ接続、燃料がタンクに戻る。

※ホースバンドは合計20個程度必要。


旧車は特にガソリンもれがないよう 特に気を使いたいものです。
もちろん今回、全部の燃料ラインはホースバンドも含め新品に交換です。(金属製のリターン側燃料パイプだけは再使用)

真冬の早朝、吹雪の高速道路、長いトンネルの手前で燃料ホースからのガソリンもれによるエンストを起こした・・・原因は経年劣化で硬化した燃料ホース端からの亀裂で燃料漏れしていたのですが(燃圧不足によるエンスト)、長いトンネルに入る前にエンストして良かった!!!吹雪の中、サプライ側のホース端っこの亀裂部を切ってあらためてホースを締め直したらエンジンがかかりましたが、その後のトンネル通過中はもしかしたらまたエンジンが止まるかもと思い生きた心地がしなかった!

もう、古い輸入車は車検ごとに燃料ホースは新品に交換しても良いくらいです。
特に中古で買ったくるまは、すぐに!交換しましょう(笑)
できれば国産品の燃料ホースを!!大野ゴムか、ヨコハマゴムで。

BMW2002A ぺダルボックスのOH2022年05月16日 07時01分54秒

ペダルボックス内部に錆が目立っているので このさい外してきれいにすることに。

このあたりで防錆しておかないと もっとひどいことになるだろう。

ブレーキのスプリングやら ロッドのリンケージを外していきます。

粘着性のシールがあるので こじるように外します。

それぞれのパーツを錆取り、パーカライジングしたあと、POR-15塗り。

ボックスの内外にも塗装。

この四角い点検穴を 防水のためブチルゴムとプラスチック板(クリアファイル)でふさぐ。

スポンジのカバーを張り付けるため、ブチルゴムテープを使う。(ボンドで接着しない)

新しいペダルボックスのカバーを貼る。このカバーはワロスで6000円ぐらいだったと思う。


ふちの部分から水が入って カバーとボックスの間に滞留しないよう ブチルゴムでシールしておいた。



ボディ側のほうは掃除して・・・

塗装。


では取り付け。
防水のため、ブチルゴムを二重まき。

ブレーキのロッドをボックスに通してから、ペダルボックスを取り付け。


アクセルのリンケージアームを取り付け。
のちにキャブレターのスロットルと調整しなければならないので いまは仮締め状態だ。


ペダルボックスの中も組み立てていく


スロットルレバーの横に穴があるので・・・

外側から見て ここね


膜付きグロメットなどで 防水のためふさいでおく。
あいにく膜付きがなかったので、普通穴あきゴムグロメットとパーツ入れに転がっていプラキャップを押し込んでふさいでおきました。この周辺カバーもブチルゴムで防水しておきます。

ペダルボックスの完成!

ブレーキペダルのカバーAT用をワロスから確かに1500円ぐらいで買ったのですが
どこに仕舞ったかわからなくなったので(笑) いまは古いものをつけておきます。
そのうち どこかから出てくるでしょう。

アクセルペダルの奥に見えるでっぱりは ATのキックダウンスイッチかと思うが、特に何の配線もない ただの単体の押し込みスイッチ。どこにもつながっていない。手で押せば、10ミリほどカチンと押し込まれて手を離すと内部に組み込まれたスプリングの力でバチンと戻るというもの。

多分 急な加速が欲しいときなどにアクセルをぐっと踏みこんだときにここにコツンと当たるので、そこからさらにグッとペダルを踏み込んだ時に ATがシフトダウン(キックダウン)するよう、シフトリンケージワイヤの長さを調整しなければいけないんだと思う。



最後に、OH前の写真。

BMW2002A 電動シート化 22022年05月14日 11時25分31秒

BMW E92(3シリーズクーペ)の革電動シートを
BMW2002に載せるべく加工する。




配線類を整理し、シートレール部分を外した。

前後スライド用のモーターがある。
このレールをマルニの車内に持ち込んで取付の加工を行う。



マルニの運転席側。
シートを載せる「台」が溶接されている。

シートが10cmほど高く乗るわけだ。
この台に載せると、新しいシートが10㎝ほど高く取り付けられてしまうのだ。

この「台」をディスクグラインダで切り取った。
切り取った台は 保管しておく。
またオリジナルに戻したいというときのために。
(まぁ座り心地の良い革シートに座ったら、二度とオリジナルに戻したいと思うことはないと思うけど)


フロア地べたにシートレールを置く。左右のサイズの確認。OK.

後ろの部分が3~4cm、フロアが下がっているので このあたりをうまく加工する。


着座位置を確認のため めんどいが 重たいシートを載せてみた。
どーです、このぱりっと張った電動革シート!

オリジナルのくたびれきったシートと比較 (付加したものがいっぱい・・・)



クーペ用シートなので シート肩の部分にあるレバーで
手動で背もたれがこのように手動で前に倒れる仕様

加えて 手動レバーそばにある電動スライドスイッチで前方にスライドさせれば
リアシートに乗り込みやすくなるだろう。


さてさらに 位置調整。
シートはめいっぱいセンター寄りにする。センタートンネルの若干のでっぱりがじゃまだ。
ボディに接触するパーツは シート側の方で 取り外す。

上から見て ちょうどいい具合だ。


運転席に着座すると このようになる・・・との予想図。


予想じゃだめだ。
じっさいに 座って確認。
シート高さは一番低く。前後スライドは中間位置で ペダルへの足の置き具合はちょうどいいぐらい。

あ~ このシート  いい感じだわ~~~


早く完成させて このマルニ、運転した~~い!

つまりだ
  こういう楽しみというか、モチベーションがないと レストアは早く進まないのである。


シート後端部は フロアが40ミリほど下がっているので シート取付のために何か加工します。
角パイプの切れ端でもフロアにつければいいでしょう。

レールの前の方は この位置でフロア下からM10ボルトあたりを貫通させて取付かな。

思ったより簡単に済みそうだ。

こうなったら助手席側のほうにも同じくE92noシートをつけたくなったぞ。
あえてキャメルカラーのシートというのも 女性向けでおしゃれでいいかもしれない。

BMW2002A ヒーターボックスOH その8最終 車体に取付2022年05月13日 06時51分34秒

完成したヒーターボックスを車体に取り付けます。

塗装も乾いた。




先に塗装済みのワイパーのアームを入れておく。


真下にセット。

コントロールケーブルを入れて・・・


ボックスを持ち上げ ここのナットをしめる


もう片方はアースポイントを兼ねているので アース線を忘れずに共締め。


コントロールケーブルのとりまわし

配線のとりまわし 可動部に触れないよう

こちらのナットにはアース線は無いが、クーラーのブロワのアースを取る箇所にしても良い。

ヒーターバルブとファンモータ。


はいこちらが レストア前の画像




運転席側からみる。
ワイパーアームとの接触はないか
あとはエンジン側とヒーターコアのホースをつなぐだけ。
それは今後のエンジン最終仕上げの際に行うことにする。


レストア前画像






これでヒーターボックス関連は終わります。はい、消灯






BMW2002A ヒーターボックスOH その7 ヒーターバルブ取付2022年05月12日 13時30分58秒

ヒーターバルブをヒーターボックスに取り付けます。

まずはヒーターコアと接続するホースを取り付け。

ここの角を少し切りかいておく。



ここのゴムパッキンをホースの角が押してしまうので、
パッキンがヒーターボックスの中に落ち込んでしまうのを防ぐためだ。
パッキンにほんの少し隙間が見られたので、ブチルゴムで塞いでいる。



ヒータバルブをヒーターボックスのステーに取り付ける。


ヒーターバルブを全開状態にする。
長いものを突っ込んで開いてることを確認。

ヒーターバルブのアームをコントロールケーブルに差し込む。


この状態でアームを固定する。


バルブの動作を確認。

バルブの全開⇔全閉でアーム角度が約90度の動きだ。
動きもスムーズなのでOK。
ちゃんとバルブの開閉もしている。


最後にさらヒーターボックスを閉じる。

合計6個のねじ。上面がフラットになるように、さら小ねじを選択した。

その上に、ボディ側との防水パッキンとしてエプトシーラー5mm厚を貼る。


これでボディへの取り付け準備OKとなった

コントロールパネルの仕込み照明(LED)のため配線も這わせてある。(緑 紫)


塗装も乾いたので 次回ヒーターボックスをここに戻す。



BMW2002A ヒーターボックスOH その6 ヒーターボックス組立2022年05月11日 20時12分57秒

ヒーターボックスを組立てる

まずはヒーターコアにエプトシーラーを一巻き。スキマうめのためである。

ボックスに収める。スキマが埋まって しっくりと入る。(ヒーターコアがケース内でガタガタしない)


コントロールワイヤを装着。

もう一つの分割ケースにもコ ントロールケーブルを装着。

フラップ機構にコントロールケーブルをつなぐ。

ケースを合体


ここも隙間があってはいけない。エプトシーラーで隙間を埋める。

こちらのフラップにもコントロールケーブルを接続

分割ボックスを3つのクリップで結合。クリップは横からスライドさせてはめる。


ボックスうわぶたにゴムシールをはめる。特殊な形状でワロスから新品を買う。

ちゃんとはまるか確認。うん、ぴったり。


こちらのファンモーター用配線を通すグロメットもはめる。

ファンモータを装着

ファンのはねは防錆のためPOR-15を塗った。

ヒーターバルブの割れたステーだが、破片があったのをいいことに JBウエルドとステン針金で補修した。

ワイパーの芯線を何本か添え木として一緒に固めたので もう割れない。
見た目が悪いが こちら側は見えないのでよし。・・・

ヒーターバルブの取り付け位置確認。

補修したステーに十分強度も出ているので、今回はいつもの金属製補強ステーを作らず、このままこれで行くことにする。


ファンモーターの固定クリップ4個。


あとは、ファンモーターの配線をつなぐ。
プラスとマイナスを確認して・・(間違うとモーターが逆に回ります)

これでOK!

今回はファンモーターとヒーターコア、ヒーターバルブが再利用できたので安く上がりました。

後はヒーターバルブを取り付けるだけ。それはまた別記事で。

ちなみにこれがOH前の状態だよ~ きったね!!!



さらなるグレードアップとして、コントロールレバーのパネルに電球を仕込む。
このパネルの裏には電球ソケットを差し込む穴がある。


この穴に裏から光を当てれば 文字が光って見えるようになってるので
ここにLED球でも仕込めば文字が光って見えるだろう。

文字が光るだけではなく できればこういうふうにスリットの枠がかすかに照明で見えたほうがいい。
そうすればレバーのツマミの位置が いまどこにあるか、運転中でも一目でわかるからだ。
さらにKALT とWARMにブルーとレッドを追加し、温度調節レバーであることがすぐわかるようにする。
下の画像では、ファン風量MAX、温度調節は中間、といった具合だ。
ちなみに LUFTER は ドイツ語で FAN の意味。 ZUは SHUT(閉じる)
弱/中/強 の3段階でファンの送風量を変えることができる。

BMW2002A ATシフトゲート植毛2022年05月10日 19時40分30秒

2002オートマチックのシフトゲート

ねじ二つで外せます。




クローム部分はコンパウンドでこすればきれいになりますが・・・・
ブラシ毛がもうぼろぼろで


このスキマ閉じのブラシ毛・・・なんとかしたい

ということで全部カットし、ドリルで穴ほじり

毎晩、ホムセンから買ってきたブラシの毛を こつこつ植毛しております!


1か所の植毛に およそ10分・・・。
にしやん増毛法は時間がかかるのです。
毎晩こつこつ 進めてフサフサに再生しちゃります!

BMW2002A ヒーターボックスOH その52022年05月08日 06時53分33秒

ヒーターボックスとりつけるために、ボディ側の錆取りをしなければなりません

サンド―ペーパーでシコシコ手磨き・・・



ちなみにこの穴は 燃料タンクからやってきた燃料チューブが通るところで、向こう側のエンジンルームに入っていく。ヒーターボックス取付の前に、燃料チューブを入れておかないといけない。


膜厚依存でべたべた厚塗りする


ここらあたりも 一面 錆です。


奥まったところも 刷毛を延長して塗る



塗り終わり

室内フロアに寝転んで 仰向けになって塗っていたので 
顔に塗料が垂れて来ちまった~~












BMW2002A ヒーターボックスOH その4 ヒーターバルブのOH2022年05月06日 07時41分40秒

BMW2002のヒーターバルブのオーバーホールです。




まずどのように動くか観察し記録。
レバーを動かすことでバルブを開閉し、温まった冷却水をヒーターコアに送るバルブの役目。
レバーは室内の空調コントロールの【KALT(COLD)⇔WARM】ツマミとピアノ線でつながっています。

ではばらします。

蓋を開けた。

このようなパーツ構成。
洗浄した後、2つのオーリングを交換する。

レバーやねじなど鉄製の部品はメタルレディ液に2時間漬け置きでパーカライジング処理。


さっそく反応しております。2時間もたてば被膜ができて泡もたたなくなる。

オーリング2種。モリセイ化工で10年前に何個か買って保存してあったが3台目のマルニのレストアでこれで最後だ。

ネットで購入したい方は、 桜シール Oリングドットコム で買うことをお勧めする。
ペイパルが使えるので重宝している。

品番で S-31.5 などと検索を入れれば、出てきます。
できれば熱に強い赤いゴムのやつがいいだろう。

いまは簡単にネットでショートパーツが手に入るのでほんと便利ですよね~。



オーリング、気持ちいいくらいに ぴったりです。
熱に強い固定用オーリングを選択すべし。熱とはいっても、通常冷却水は100度以下ですが・・・

こちらもぴったり。
こちらは回転する部分なので、できれば熱に強く、しかも「運動用」オーリングを選択すべし。


風呂に入りながらキレイに磨いた真鍮パーツ。(笑)
今晩はパソコンの前でくみ上げます。


オーリングにはラバーグリス塗布。
ケースにはめ込みますが、オーリングのつぶれしろがあり、まだこの時点ではぴっちり嵌りません。

このように組む。

蓋のオーリングにも軽くラバーグリス。


蓋を締めこんではじめて 最初の小さなオーリングがぴっちりとはまります。
ちゃんとオーリングの「つぶれしろ」も出ています。

防錆処理済みのレバーを装着。

動きを確認。

全開の状態。MAX HOT. ツマミ位置はWARM ヒーターこあにどんどん熱い冷却水が流れ込む。

閉じた状態。ツマミ位置はKALT(COLD) ヒーターコアに熱い冷却水が全く流れ込まない。

KALTとWARMの中間位置。 レバーの動きでこのように弁が回転してます。

最後に、ホースと接続する継ぎ手部分に 若干の「鋳造バリ」が目立っていたので、
軽くヤスっておきました。

これでヒーターバルブのOHは完了!

ヒーターバルブやファンモータ、空調関係のパーツはまだワロスで新品が出ますが、
どんどん値上がりしています。
ヤフオクなどで安い中古があったら予備にゲットしておいても損はないと思います。
OHは簡単にできますからね!


ヒーターボックスのOH完了も間近なので、そろそろワイパーリンクの防錆塗装にかからねばならない。

BMW2002A ヒーターボックスOH その32022年05月05日 07時29分21秒

ヒーターボックスのOHのつづき。

クラックにはPOR-15塗料がしみ込んでうまく塞いでくれた。

開閉フラップのブッシュは、やや硬化したバキュームホースを使った。
5ミリほどに切ってハサミで割りを入れ、穴に押し込む。
軸は5ミリ、穴が8ミリである。

いい具合です。白いのはシリコングリス。

もしかしたらだんだんゴムブッシュが上にカムアウトしてきて外れるかもしれないと思い、
対策として、針金で押さえておいた。


フラップの気密を上げるために、エプトシーラーを貼ります。


厚み5ミリのエプトシーラーは粘着テープ付きで かんたんに貼り付けができる。
柔軟性があるスポンジで気密性が高く 熱に強いのでこういうところには最適だ。

フロントガラス デフォッガーの開閉フラップ。

フラップが空気の流れをしっかり気密してます。

こちらもフロントガラス デフォッガーの開閉フラップです
ここにも貼ります。

しっかり塞いでます。
エプトシーラーの柔軟性で、操作レバーの手ごたえも、「しっくり」来るでしょう。

こちらは足元ヒーター風のフラップ。

ここにも貼ります

しっかり塞いでます。


以上、空調コントロールのフラップ機構のOHはこれで完了。
じつに機械的で、モーターなどの電気的機構を使っていないのでかんたんに、安くOHできるのが70年代車マルニのいいところですね。当時の機構やしくみを観察するのも、面白い。
(でも、内気循環モードがないとか、エアコンでの除湿ができないなどの不満もありますが・・・。でもいいんです、趣味車なんてそんなもん。実用車と違って、その時代性を愉しめばいいんですよ。少なくともヒーターさえ効けば、クルマは乗れるもんです。
これが80年代以降の車では修理にこうかんたんにはいかない。さらに90年代~2000年代以降の車だと不具合の原因究明や部品交換にもけっこうな知識とお金がかかり、下手をすると専用診断機PCがないと修理出来ないかもしれない。



続いて 電装。
ファンモーターのレジスター配線(赤、黒)を新調する。
ファンの風量を抵抗コイルを介して3段階で変化させている。


レジスタの裏側。
抵抗値も書いてあるんで、いざとなったらこれも作り直すことができるだろう。
2.5オームで風量3分の1。
0.75オームで風量3分の2だ。


配線の色が決まっていて、このようにつなぐ。 指でつまんでいるのはマイナスアース線(BR=茶)で、ボディにつなぐ。
ドイツ語表記で GE=黄色  VI=紫   SW=黒  GN/BR=緑/茶  


続いてやっかいなヒーターバルブの固定ステーの破損修理。

1.2ミリの亜鉛鋼板で補強のステーを作る。

折れた樹脂パーツもJBウエルドなどで補修していく


ステーはこんな感じで。
ここにボルト穴などをあけていくのだが、
まずヒーターコアをヒーターボックスを仕込み、ヒーターバルブをOHした後で
双方の現物位置合わせで穴をあけていった方が間違いないだろう。