BMW2002A ボンネット仮付けとキドニーグリルやミラー等の外装品装着2023年02月05日 06時50分05秒

預かっているマルニのボンネットの上塗り塗装がまだ終わっていません。もう少し暖かくなってから塗装することにします。
先に車検も取りたいので 当面、自分のマルニのボンネットに付け替えます。


さっそくボンネットを外しました

ここのヒンジと

ここのボルトナットを外すのみ。

17と13ミリ。古いBMW定番コンビですね。


ヨッコラセッっとボンネットを移動し 預かってるマルニに とりあえず乗せただけ。

位置を調整します

フロントグリル下側のぞしくと ヒンジの穴が見えます。

とりあえずボルトを 左右のヒンジに1本づつ締めこみます これでボンネットが仮固定される

次にここにボルトを通します。



チリをみながら 

ボルトを緩めたり締めたりで 微調整



次に締まり具合の調整
まずはロック部分の掃除。あ、ワイヤーが外れている。

綺麗に掃除して、ワイヤーもかけました。ワイヤーの痛み(ほつれ、断線)は無かったです。
ゴム部品も 交換時期ですね

ここの部分を微調整して ボンネットの閉まり具合の高さを調整します。

こんな感じかな




ボンネットの取り付け後に わすれちゃいけないのがここ。
マルニ独特のウオッシャーノズルです

ノズル先端が ボンネットのグリルにかくれちゃっていると ウオッシャ液がガラスに届きません

このようにグリルの隙間から ウオッシャ液が出るようにしてください

やわらかい真鍮ですので 指で曲げることができます

日ごろの注意点としては この位置にウオッシャノズルがあるのですが

エンジンルームの整備中に ついついここに手置いてしまうことがあるので その際についうっかりウオッシャノズルを曲げてしまう事です。注意してください。この部品は欠品中です。(真鍮製なのでハンダ付で治せますが)



ボンネットのロック操作レバー

ボンネットはとりあえずこれでいいでしょう
今回取り付けたにしやん号のボンネットの塗装色は 若干グレー味がかったアイボリーホワイトなんですが(日産:カラーコード KJ7 アイボリーホワイト(マーブルホワイト))ですが そんなに違和感ないですね

キドニーグリルをつけます


樹脂部分にクラックがあったので 昨年のうちに補修しておいたものです。
針金を通してクラックを寄せて補強し、そこにJBウエルドを流し込む定番の方法
今回はそこに 新しいM6ボルトを仕込んでいます。


ここにはめて 裏側から上下2か所 M6ナットで締めこむだけ

キドニーグリル装着完了


黒樹脂グリルのとりつけ タッピングで 左右それぞれ4か所

タッピングは4パイ×16ミリの新品で。よくこれがさび色になっているマルニがあります。
防錆塗装も弱いので定期交換部品です。

取付完了!後期型マルニのカワイイ顔になりました^^

右ミラーなんですが 
ミラー部分の関節がもう ぐらぐらで ミラーがだらりと下を向いてましたので取り外し


10ミリのボルトで締めこんで関節部分の強さを調整できるようになっているんですが 
ミラー側のねじ山がもう限界なのか どうやってもボルトとかみ合いません。

一方、ドア側の受け部分 周辺がさびていたので ケレン後 錆転換剤(サビキラープロ)を何度も塗る。

よく乾燥させては また塗り


ワロスでセールの時に買ってあった新品ミラーの取り付け

ゴムパッキンも新しいもので 柔らか~い
取付はこの穴のなかにある六角イモネジを締めこむことで固定される。

ミラーはそんなにバカ高いわけでもない。ただし現在 今回取り付けた右側は欠品中。あるうちに確保しといてよかった。

ゴムシールは硬化するので 予備に確保しといたほうがいいだろう



次はジャッキから降ろして 近くの知り合いの整備工場に
車検前の各部事前検査に向かいます。
自賠責加入して 仮ナンバー とってこなきゃ

BMW2002A エアクリーナーボックス取付2023年02月04日 15時00分59秒

初めてなかみを開けたエアクリーナーボックス。

エアフィルター交換です。


これだけ汚れていたら 効果のし甲斐が ありますね


ボックスはうっすらと錆が。のちほど 車検後 塗装します


こちらのエアの取入れフィルターも錆が



ゴムのパーツは新品に ファンとの接触が怖い



少し取り入れ口を後退させる これなら接触の心配もいらない


取り入れ口を固定

こっち側から エアをとり込みます。

エアクリーナーボックスはM5の蝶ねじで固定
ヘッドカバーからのブローバイホースも接続しバンドで締める。


裏側には ブレーキブースターにつながるエアホースの固定


チャコールキャニスタからのゴムホース接続します

ちょうど燃料ポンプの頭のところに、エアクリーナーの「ゴム足」が着地します。

エアクリーナー系、はやく塗装してきれいにしたいですね。

BW2002A ステアリング、ホーン取付2023年02月03日 13時07分48秒

ステアリングです。
左のちいさいのがもともとついて居たもの。右の大きいのがにしやんが昔マルニにつかっていたナルディー

裏側

もともとついてたステアリングのボス。黄銅色のホーンコンタクトリングがボス側にある。

ナルディーのほうのボス 黄銅色の出っぱりが ホーンコンタクトの接触部。


もともとついてた こちらは35パイ

ナルディーは37パイ 握りはちょっと細めかな

ちなみにこれは 現在のにしやんのマルニにつけているBMW純正のステアリングです 
パワステがないから 大径だったのかな。

この径の大きさは ベンツのW124並みだよ?


ステアリングの回転とともに、ウインカーキャンセラーの金属パーツも回る。
ウインカーレバーの白いでっぱりにあたってウインカーが自動でオフになるしくみ。これは実際みてみたらなるほど~という仕組みだ。

今回はステアリング側にキャンセラーのでっぱりがあるので不要。 外しておく


ステアリングコラムのカバー。 4つの部品で構成
上と 下と その下にあるニ―パッド。 そして丸いホーンコンタクトリング。


まず下側から、
キーの穴にはめる


ホーンコンタクリングをはめる


ホーンコンタクトリングに黄色/茶色の配線を接続。
この線のエンジンルーム側にたどり着く先は ホーンリレーだ。

ステアリングコラムカバー つけました。 下側から4本の長いねじで。

これはニーパッドですかね。


でも今はつけない。センターコンソールづくりの時にこのあたり ハンドルも取ってばらすつもりだから。

あと、鍵をひねるときに 拳がパッドに当たってしまうんだよな


ステアリングをシャフトにはめ、ホーンボタンを接続する。
シャフトに22ミリのロックナットをしめこんで、はじめてホーンが鳴る。(アース)


先のナルディ37パイをつけた。 細い握りのこれ 掌にぴたっと吸い付いて 好きなんよ。
当面これで 試運転するつもり


車検用にラッパのマーク描いて 貼ります。 受かったらこんなもん剥がす。

ついでにホーンのチェック。

外して 単体での試験。 OK。ちゃんとホワンと鳴る。1個しか ついてないのね。

ミツバのホーンにでも換装すれば 欧州車っぽい いい音出るんだが

ホーンの配線確認。一般的な4極リレーで2個のホーンを駆動することになっているがこの車は1個。

ホーンリレーの動作も何度もカチカチと動作させて確認。

そのうち日本製に交換するもよし


ちゃんとホーンボタンで鳴ることを確認。


あとはボンネットなんだけど  プラサフ吹いたまでで まだ上塗りしてないんよな。


そーだ、とりあえず うちのマルニのボンネットを移植して付けよう。

BMW2002A ATシフトコンソール仮付け2023年02月02日 12時50分35秒

車検取得のため
ATシフト回りの組付けです。今回は仮の組付けです。


夜間照明の麦球2個。アースを取ります。

矢印の部分にキリカキがあるので少しねじって開いてシフトレバーをくぐらせます


取付は黄色い→2か所のねじ それと 青色の矢印の押さえ金具。


センターコンソールはクーラーユニットを組み込んで今回新たに作りなおすため
いまのところこんな感じで仮組し 車検通します。


シフトゲートに ごみ落下防止のための「ブラシ」は まだ植毛入れ替え 完成していません。^^;
コレね…なんて言ったっけ?そうそう、別名、「熟女のブラシ」(©オーナー様)
ドアのスキマ風防止のやつでも 代用できそうだが・・・
誠意 植毛中!(*´ε`*)



麦球のソケットを差し込む


ちゃんと光りました

ここにシフト位置の表示カバーをはめるだけ


フチの部分の塗装剥げで光が漏れてます。あとで黒塗料を塗ります。
運転席から見ると、麦球2個の位置のせいで R と 2 がやたらと光って見えちゃってますね・・・
にしやんはこういうとこ、妙に気になっちゃうんですよ・・・


マスキングテープを貼ってみる

こうすれば 全体が光って見えます。
暖かみのある色で いいじゃ~ん♪
ニュートラルは0の表示。ドライブはAの表示となっています。時代だね~
PRO...プロ?カップヌードルプロ?
このフォントも エンブレム2002に合わせているんでしょうね~



下の部分がら空きにて とりあえず適当な箱をはさみ・・

ハンカチでも巻いとけばカワイクおしゃれに(笑)
サイドブレーキの根元のゴムカバーもとりつけました。
シフトレバーとサイドブレーキのグリップ部分のビニルや新聞は 汚れないための保護です。
この春、オーナーさんに車をお返しするときに 剥がします。

BMW2002A ウインカーとワイパーのレバー装着2023年02月01日 11時35分19秒

ハンドルまわりのウインカー&ワイパーのレバー

ハンダにクラックなどないか
 
接点の活性化液

今後のためにも配線の確認





取付はハンドルポストにプラスねじで


マルニのメーター横に飾ったかぼちゃ(笑) つい道の駅とかで買ってしまう。
まるみがあって ちょうど ここにはまるのよ
オーナーさんには 旬の果物や野菜を飾って 季節を感じていただきたい(笑)

レバーのコネクタの接続。
白コネクタには白を。

黒には黒を。 ハンムラビ法典のとおりに。


バッテリをつないで ウインカー動作を確認。

ウインカーレバーはパッシングもできるかどうかも確認します。

ヨーシ OK!


続いてワイパー取付
替えゴムの長さは37cmでした カットして使うフリーカットサイズを買うといいでしょう。


ワイパーモーターの動作を確認したあと
停止位置をマーキングしてからアームを取付。押し込むだけ



動作もOK。

ウオッシャー液入れ 口が小さいので このような「注ぐ容器」はトランクにいれておいたほうがよさそう。

ん~~  1Lちょいでいっぱいに。

割としょっちゅう つぎ足しが必要かも。


ウオッシャーバッグの角がエキマニと近いのも気になるが、金属のヒートシールドがあるから大丈夫だと思う。
シールドはエキマニ温度の約半分に温度を減じてくれる効果あり。エキマニが200℃ならヒートシールドで100℃。ここは運転しながら様子見しして、必要なら対処しよう

少しづつですが 日差しも感じられてきています。
立春も 近いですからね~

そろそろこのマルニの車検取らなきゃだな

BMW2002A トランクのキーシリンダー交換2023年01月31日 15時00分00秒

この預かっているマルニ、
トランクのキーがもともとなかったので この際 ワロスでセール中だった新品を購入した。
スペアキーもついてくる。


先端の曲がった部分で ロック機構のある1点を押して ロックを解除する仕組み。
キーを回すことで、先端の曲がりが180度回転し、押せなくなるしくみ。(=トランクが開かない)

では取り付け。
まずキーシリンダーをこのように3つにばらす。
キーシリンダ本体、 スリーブ、 ロックリング


古いキーシリンダはもう取り外してあるが 取付方法を見れば 外し方もわかる。

シリンダー取り付け穴の内側は こうなってる


まず 3つの10mmボルトで固定されている ロック機構を外します

シリンダ本体を穴に入れていく。3つのキリカキがあるのでそれに合わせる。

本体が入ったら、スリーブをはめ、ロックリングをねじ込んでいく

ねじ込み中・・・


ねじ込みの最後は 指ではキツイので ドライバの先などでつついて締めこむ。
シリンダが ガタガタしていなければ 完了。


グリスアップした ロック機構を戻して取り付け。

完了です。


おまけに トランクが開かない!なんてときのエマージェンシー用に
トランク開ける開錠ワイヤを設置。矢印の方向に引けば トランクは開く。

ワイヤの先は矢印の方向へ

リアシートの下にワイヤの先が30cmほどでているはずなので 
それをグイと引けば トランクは開きます。


動作を確かめてみます。
トランクのあけしめ 動画は こちら


BMW2002 トランクのロックの仕組み。
ある一点をプッシュするだけでロック解除します。トランクが開かなくなった時の参考に。


絵ではわかりづらいので 動画は こちら
https://youtu.be/T0hO5NhOy-g


BMW2002A ステアリングアーム類の再取付2023年01月30日 11時32分13秒

ATを降ろした際に じゃまだってことで リンクを外してわきによけてあったステアリングアーム類を再取付した。

ATを脱着するときに センターロッドは邪魔になるのだ


こちらはセンターロッドが取り付けられた画像。
ちょうどATベルハウジングの真下に来るんだな・・。


さてその時に外してあったクラウンナット(溝付きナット)類。そして新しく用意した、回り止めの割ピン

ここの部分に 戻して組付けます。


このクラウンナットは割ピンで回り止めをしなければならない。ステアリングアーム類の締め付けによく使われる。規定トルクで穴が貫通する位置にまでナットをしめつける。
そして穴径に合った割ピンを入れて回らないようする。
これで回り止め完了。にしやんはこの上にスーパーラストガード(防錆ワックス)を吹いておく。



こちらはドラッグリンクのクラウンナット。24ミリなので割りピンも太く。

この3か所を止めました。



さて今回 回り止めに「割ピン」が出ましたが こだわりを一つ。


割ピンはいろんなサイズで売られていますから 何種類か用意していますが、
みんなこういった感じで真っ直ぐなも状態で売られています。

それをこのように頭の部分を 曲げるなどして 加工して使っている。


なぜかというと、またこの割ピンを抜かなきゃいけないときに圧倒的にラクだから。
ニッパで頭でぐっとつかんで テコの原理でぐいっと抜ける。

買ってきた割ピンを万力で挟んで曲げるだけ。

こうするとニッパでつかみやすく 抜けやすい。


一方、抜けにくい割ピンの入れ方はこれ。頭がクラウンの溝に入り込んでしまっている。

もちろんこういう風に入れることもできますよ。でもこれは左端を左右に広げて曲げるときにぐりんと回ってしまいやすく、あとで割ピンがガタガタになってしまうことが良くある。(まぁピンが貫通していればナットは回らないんですが・・・)


この頭がもぐりこんだヤツは ほんと抜けにくい!何度も苦労した。
先細りの工具でほじくりだそうとするがこれはなかなか難儀する

例えばこれだ。こういう風にさびてたら最悪。

まげた端をドライバでまっすぐに戻しても まっ直ぐにならないし 最悪、画像のように広がったままでぽきんと折れてしまう。これは最悪。

ツツイて 叩いて 押して 引いて 削って またつついて やっとこさ ニッパで頭がつかめれば 引き抜ける・・・
こんなもん一つのために かなりの時間が かかってしまうのだ。

そういった経験から、後で引き抜きやすいよう こういう形状にしている。


最も、これは別な車だが、割ピンを使わないで 回り止めのついたナイロンナットなんかでしめてしまうこともある。


あともう一つ。
こういったタイロッドエンドなどの「テーパーのついた嵌合」を外すツールでよく使われているのがこのタイプ。
安いのでにしやんもこれを使っていたが・・・これは押しつけ方向が矢印のように直線じゃないのでクラウンナットやなねじ山を微妙に変形させてしまう確率が高い。相当な力で挟みますんで・・・
少しでも変形させると、戻して組み付けるときにナットがすんなり入っていかないようになってしまうのです・・・。


そこで、KTCから出ている専用工具を買った。
これなら直線で押し付けるので ナットなどを変に痛めることもないし、
工具自体ががっちり作ってあるのですぐに嵌合が外れる。値段は先のやつの4倍はしますが買う価値はある。



以上、ステアリングリンク関係のこだわりでした。

BMW2002A 冷間時始動でエンジンかからないとき2023年01月29日 12時50分14秒

このところ冷間時始動のネタが多いですが もう一つ。

BMW2002 キャブレターDIDTAで
冷間時始動でエンジンがなかなか始動しない時は
チョークバラフライが完全にしまっていないことが多いです。
このスキマが多いと 余計な空気を吸ってしまい 濃いめの混合気が送れないのでエンジンがなかなか始動しません。

その様子を動画にしてみました。
動画は
こちら
https://youtu.be/Mh_fYF07cac


完全にチョークバタフライが閉まらない理由は
バタフライの回転軸に引っ掛かりが有ったりすることが多いですが
チョーク機構の部分を開けてみて 問題がないかを点検しなくてはなりません。

BMW2002A 冷間時始動(コールドスタート)の動画2023年01月27日 14時03分54秒

前回の記事(BMW2002A 寒い日はオートチョークの調整)の補足として、
この2002Aの冷間時始動(コールドスタート)の動画をデジカメなどで撮り
パワーデイレクターという動画編集ソフトで作りました。




年間でいっちばん寒い時の暖気運転は どのぐらいの時間 すべきなのか?
趣味の旧車だから 朝の通勤ごときに使う事もないとすれば 何分ほど ドライブの前に暖気すべきか?
当方の着目点を説明しています。
回転数ばかり気にしていてはいけないという事です。

【さきに結論】
→気温が0℃近い厳冬期でこの車の場合、最低でも3分30秒。できれば4~5分の暖気運転がいいだろうという事がわかりました。
この暖気運転の間のガソリン消費量はわからないが、
当方の勘ですが、ジョージア缶1本分ってところでしょうか?カンだけに(笑)



この厳冬期にしかできないことなので 記録として^^
う~さむっ はやく立春してほしい^^;



10分21秒のその動画は こちら です。
タイトル BMW2002A Cold Start at 4DegCelcius
https://youtu.be/0GhvM6tlNhw




BMW2002A 寒い日はオートチョークの調整2023年01月25日 19時28分49秒

10年に一度クラスという 低温寒波の朝!
う~ 寒っ!

いつもよか 廃油 多めに出して!フタも取って!
あったか~~い


こんな日は 気温が低い日でもちゃんとエンジンかかるか テストします。
オートチョークの設定がキモです。
チョークバタフライの開度で調子が変わりますよ。キャブの中に見える黄銅色のものがチョーク機構をつかさどるチョークバタフライです。
「チョーク」とは、エンジンが冷えているときに わざと濃いガソリン混合気を燃焼室に送ることで
寒い時でも始動性を良くするしくみのことです。

「ソレックス2バレルキャブ搭載のBMW2002A エンジンのかけ方」(コールドスタート時)
運転席に乗り込み、アクセルペダルをまず1回、トンと踏みます。
これをすることで、チョークバタフライを全部閉じにしてやります。(ばねの力で勝手に全閉じになります)
ATシフトはPの一番奥まで入ってるか確認します。
アクセルペダルはいっさい踏まないで、キーを刺し、スターター位置までひねる。
エンジン始動する!(はず)
で、この初期状態でタコメーターは2000回転あたりを指す。(ファーストアイドルという。回転数は調整できるが通常は2000に)※ただし寒い時はいきなり2000に行かず1500当たりから次第に上がっていくことも。
この状態でもうオートチョークがきいていることになる。

これでしばらく暖気していれば エンジンは次第にあたたまってくる。(水温計があがってくる)
2000回転だから少々うるさいですが。
まあ、2~3分ぐらいですか。

さぁ出発します。
アクセルをポンと軽く一回踏めば、アイドルはすっと下がります。
が、まだクーラントの水温が低いので 1500あたりぐらいにしか落ちません。
オートチョーク機構は クーラントの水温によって 制御されているのです。

これでATのギアを入れて 出発しましょう!
エンジンがまだ十分あたたまっていないときはゆっくり走ってください。いきなり全開はいけません。

あとは走行のクーラントの水温の上昇に応じて、運転中に段階的に自動でチョークは解除されていきます。
自動でチョークがかかり、自動でチョークが解除される機構だから、「オートチョーク」と呼ばれている。


オートマのマルニの場合、
最終的にシフト位置がAの場合で(信号待ちなどののブレーキング時)、アイドリングは1000回転より下になります。 


例えばシフト位置「P」でタコメーター1100回転でも、ブレーキを踏んでシフト「A」に入れれば500~600回転あたりに落ちます。(ATのトルクコンバーターの負荷がかかりクリープ状態になる)。






エンジンが十分に暖まれば、水温はこのあたりを指していることでしょう。
(サーモスタットは本来82℃のところ、72℃タイプを使用)
もうアクセルを踏み気味にしても大丈夫です^^

コールドスタートは上記のようになりますが
いったんエンジンが暖まってしまえば、オートチョークは効かなくなりますので
エンジン始動の際は アクセルぺダルをちょい踏みにしてキーをひねってもらっても構いません。

つまりクーラントの水温によってオートチョークが制御されますので
出かけた先でエンジンを切って長時間停駐車し、エンジンがまた完全に冷えきってしまえば 自動でオートチョークがきくようになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局 チョークバタフライの開度設定はだいたい6mmとした。
最初にエンジンがかかったときの(ファーストアイドル時の)バタフライ開度です。
アイドリング中に このように6mmの棒を差し込んで測る。
これよりも開度が小さかったり 大きかったりすると 混合気のバランスがくずれ
エンジン始動ののっけから アイドルが不調になりますよ。(実験済み)

まぁ、ふだんはこの部分、エアクリーナーボックスに隠れてて チョークバタフライなんて見えませんが^^;
ただし
運転手には 上記のことはいちおう 知っていてもらいたいことです。