BMW2002A デスビ取付2021年05月02日 23時34分23秒

デスビをエンジンに取り付けました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では最初から見てみましょう。

まずコンデンサーを新品に交換。ここが悪くてエンジンの調子が悪かった。


ポイントを交換。ギャップは最も開いたところで0.4ミリとします。
ポイントの黒いコード配線はコンデンサの端子につなぎます。ちなみにタコメーターの回転数はここで拾っている。


ローターも新品にします。
下の丸いカバーが劣化してきているので替えたいが、新品がない・・・。


デスビキャップtpシャフトシール(下の部分の黒いゴムの輪っか)を新品に交換。

さて取付。、ヘインズマニュアルを見ると・・・

なるほど。
5番の説明通りに。

デスビを差し込む前

差し込んではぐるまをかみあわせたあと合いマークにぴったりの位置になってこうなるよ、という説明。

実際にやってみよう。
まず、1番シリンダーは圧縮上死点にあること。
デスビのボディに1か所、刻みの入ったマークがあるから、そこから反時計回りに35ミリ分だけローターを移動。デスビの下端のギアにとシャフトシールにたっぷりエンジンオイルをかけて、
右にエキマニをみながら(画像の上側がエンジン前端部です)
デスビハウジングに差しこむと、「こつん」とデスビが中のカムシャフトのギアにあたる。
この状態でローターがちゃんと35ミリ分だけ戻った黄色矢印の位置にあることを確認してから、
デスビの外側(ボディ)をもって(シャフト(ローター)を持たない)しずかに押し込む。
押し込むとカムシャフトの端っこのギアにデスビのシャフトギア(歯車)がかみ合うので、ローターは時計回りに35ミリ分だけ勝手に回る。。そしてローターの先がキリカキマークの位置に来る!おわり。


上のデスビは回転するので、会いマークにあった位置をとりあえずポンチマークしておく。
これを基準に、エンジンをかけたら、デスビを微妙に左右にまわして点火時期をのちほど調整していく。
(回して調整する範囲は10ミリ以下ぐらいです。実際、点火時期の調整でエンジンの調子や回転数はすごく変わります。これは実際に乗りながら調整しなければいけません。これが楽しいんですが(笑) いいところが出たら、再び、なにかでマークしておくことになります。)

ほとんどのものは取り付け終わりました。


あとつけるものはといえば、、こんなもん。
スターター。これはエンジンをボディにのせた後にクランクプーリーのトルク締めをしたあとにとりつける予定。
エキマニ側のエンジンマウント。これはボディ側につけておくのでエンジンにはつけない。
サーモスタットを含む水回りのホース類は、インマニを取りつけと同時に一気にやる。

インマニ・・・こいつも地道に洗わねば・・・
汚れ取りが一番時間がかかってつまんない工程ですね・・・。
ウエットブラスターがあればどんなにらくか・・・(買えないけど)(笑)

BMW2002A オルタネーター取付2021年05月01日 23時48分41秒

ボッシュの45Aオルタネーターを掃除して赤ベルト部分をペイントしなおして装着。
ベルトもかけてみた

問題なくかかっており、数ミリ前に出したクランクやウォーターポンプのプーリーには問題なく。


実はちょっとオルタがベルトに引っ張られて傾く。(定規を当てているのでナナメっているのがわかるかと思います)これはどのマルニもこうなりがちだ。
エンジンの方にマウントしている画像中央のオルタの取り付けアームの中に入っているゴムブッシュがつぶれてくるとこうなる。今回はそれがむしろ良かった。
取付ブッシュのほうはまだ使えそうだったので今回交換していません。
ややななめでも回るので、よしとする。
このブッシュはまた後でオルタを取り外していつもでも交換できる。
ちと面倒な作業なので今回は省略した。


オルタにアースをつなぐ。


その他、EGマウントやらスターターのブラケット、その他などを装着してみた。

次はデスビを取り付けます。

BMW2002A ブロック塗装 スパークプラグ装着2021年04月29日 18時12分20秒

まずは脱脂


いつものPOR15

ブロックと、オイルパン。


ものの40分ほどで指で触ってもべたつかないほどに乾きました。

スパークプラグ新品 BOSCH WR7DC ロシア製

28Nmで締める。

4本装着完了

BMW2002A スパーク失火なし!^^2020年10月15日 21時44分41秒

やった!
スパークプラグの失火、だいぶ改善されました。
というか、失火しなくなりました。

まずはこちらをご覧ください。
動画リンク
https://youtu.be/mosruL-iQD4




スパークテストの様子。
 
くすぶったイリジウムプラグから普通のNGK BP6ES に変更。程度の良い中古^^

左がBP6ES、右がくすぶったイリジウム(キャブの燃調が濃いのかな)


T師匠のアドバイス通り、コンデンサーも交換します。

あいにく新品はなかったので、うちの調子のよいマルニから取り外したコンデンサ(左)を使用。
右は調子の悪い2002Aのもの。


点火コイルに接続されてる配線も、ふるっちいので、カットし、新しいギボシ端子に変更。

何十年ぶりかの端子更新。
そして、動画でご覧のとおりのスパークになりました。
あ~~、緑の配線のある+端子の裸の端子部分(下側の端子)、ここも絶縁体で被覆しとくか切っておいたほうがいいよね~~。。。ボディーアースまで裸状態で1cmの距離。こわいわ~~


ちなみにこの周辺は水濡れ厳禁なので、ゴムカバーをしといたほうがいいと思う。(画像は知人のマルニ)
以前、雪の降る中、E30ですが、ボンネットを開けて路上メンテしていたら、このコイル周辺が水で濡れてバシッ!ショートしたことがあります。(笑) 純正部品にもコイルのゴムカバーの設定があるくらい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局のところ、
・くすぶったプラグを交換
・コンデンサを交換
が、いちばん効果あったようです。
とくに、スパークの安定化にコンデンサが重要な役目を果たしていると思います。
コンデンサがアウトですと、失火しやすくなります。


ともあれ、力強いスパークが安定して飛ぶようになって良かったです!
↓普通のプラグでこのスパーク↓



配線図を確認しときます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回は!
デスビキャップやプラグコードをもとの状態に戻してスパーク試験してみるのと、
あとは
キャブレターのOHキットも届いたので、キャブを組み立ててエンジンにつけて、
エンジンの調子が戻るかどうか!?ですね。

BMW2002A イリジウムプラグの状態2020年10月14日 21時51分47秒

エンジンがふけ上がらず調子の悪いBMW2002Aについていたプラグです。


くすぶってるよねぇ・・・・これでは失火しやすいのではないかな・??
プラグのくすぶりについてNGKのページ
その動画
とんがった先端の電極1点からスパークしているようですね。





BMW2002A 点火プラグのスパークテスト2020年10月14日 21時10分04秒

預かったBMW2002Aについていたイリジウムプラグのスパークテストを行いました。ちなみにプラグのカーボンなど付着物はブラシなどで掃除していません。

動画リンク
https://youtu.be/TYP5cJsd1g8
(このリンクのみ知っている方が見れる限定公開)

スパークの強い弱いはわかりませんが、(何にせよスパークしてればシリンダー内で混合気が爆発すると思いますけど)
ときどき火花が飛ばないときがあるのがわかると思います。
正常なスパークと比較しないと分かりにくいと思いますが、
安定して(連続して)火花が飛んでいないようですね。

エンジンがふけ上がらす不安定なのは、ど~も、
「失火」が原因みたいですね。

ちなみに、新品とはいえプラグコードが原因かもしれないと思い、
・プラグコード&デスビキャップ&ローターを自分のBMW2002のものと交換してテストしましたが
やはりスパークが不安定でした(失火しているときがある)。
動画リンク
https://youtu.be/XMM-Y43x08Y

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーナーさんは、
「突然調子悪くなったんじゃなくて、だんだん調子が悪くなっていったんだよね・・・」
とおっしゃっていました。
T師匠もコメントされているように、カーボンがイリジウムプラグに付着していって徐々に失火するようになっていったのでしょうか・・・

さて次回はもうちょと点火系を突き詰めてみます。
・コードの抵抗値などを図って比較してみます。
・プラグ自体を交換してみます。(イリジウムプラグから普通のプラグに)
・ポイントを新品に交換してみます。
・コイルをうちのと交換してみます。
・最終的にはデスビ自体をうちのと交換してみます。

BMW2000A入庫 デスビチェック キャブ分解清掃2020年10月11日 20時02分19秒

他県オーナーさんのBMW2002Aが先週入庫しました。
ここのところ635CSiで忙しく 着手していなかったのですが
635の区切りがついたということで、作業にかかります。

ボンネットは入庫時にすでに取り外してあります。

オートマチック車です。 ZF社の3HP12というトランスミッションです。



入庫前にオーナーのところで下見検分をしていました。
今回の入庫にあたって 主な依頼事項(故障個所)は
・エンジンがふけ上がらない。とても不安定、やがてエンスト。
(だんだん調子がわるくなってきたそうです)
・エンジンからオイル漏れがある
・クーラーがないのでつけてほしい
・その他こまごま



たしかに、エンジンをかけるとアイドリングは不安定、
アクセルを踏むと「バババ・・・バ!・・・ババ!」という感じでエンジンが振れまくるほど。
キャブのベンチュリ―を覗くと、ガソリンはアクセルに反応して霧化して出ている様子。
取りあえずキャブのミクスチャースクリューを回してみますが改善せず。
タイミングライトで点火時期をチェック。正常のよう。
イリジウムプラグ、点火コイル、プラグコードは新品だそうです。
プラグコードは永井電子のがついています。

デスビキャップ内部の2つの黒焦げ跡が気になり、リークしたかも?と思い
デスビキャップを新品に交換。ローターは新品がなかったのでとりあえず手持ちの中古を装着。

治ることを期待しながらエンジン始動。
それでもエンジンふけ上がらない症状は変わらなかった・・・う~ん・・
これだとおもったんだがなぁ

・・・・・・・・・・・・・・・・しばし休憩

そこで デスビにあるポイントのギャップを調整する。
やや狭かったので、規定の0.4ミリにシックネスゲージを使って調整する。

クランクを回しポイントのヒールがデスビシャフトのカム山頂点にもて行かなければならないのですが
クランクプーリーナットにソケットが届かず、やむなくファンベルトにテンションをかけてクランクを回す。
ヘッドカバーにあるとおり、[「ZUNDFOLGE 1-3-4-2」の順に点火しますので。

ZUNDFOLGE「ずんどふぉるげ」って、点火の順番って意味かな???
(運転席から前を見たときの反時計回りにクランク回す。= マルニを正面から見たとき、時計回りにエンジンが回転する)デスビシャフトは、時計回りに回ります。


再びエンジン始動。
少しは改善したような気もしますが、それでもアクセルを踏んでふけ上がらないのは同じ。
う~む・・・だめか・・・
良い圧縮
良い燃調
良い火花

基本にかえりながらいろいろ考えます。
次回はプラグの状態も見てみなければ。そしてスパークテストもしてみなければ。

・・・・・・・・・・・・・・

目先を変えてキャブを外してます。

キャブ、外れました。
にしやんの2002と同じソレックスのDIDTA32/32です。
うちのと換装してみるというのもテです。

まずは洗浄。外側は真っ黒で埃と油でまみれてます。

分解に入ります。上の部分。オートチョーク機構、フロートにニードルバルブ。

燃料チャンバーとジェット類、ベンチュリ―部分。
右下の茶色い四角いのは加速ポンプのダイアフラムですが、経年劣化でヒビがはいってましたので
交換します。オーバーホールキットを注文しなければ。(テクニカルトート神奈川さん)

穴という穴はCUREクリーナーキャブを吹いて付着した汚れ成分を溶かし、通りを良くします。
キャブを外したら、お風呂に入るつもりが、ついつい分解清掃まで一気にやってしまった。(笑)
ずっとブラシでごしごししていたらクリーナーキャブのにおいにやられたので、ここまでにします。
また次回。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャブを外したあとのエンジン。
ここまでになってると、相当、やりがいあるな~~^^;
全部バラバラにして洗浄したうえで再組付けしたい衝動に駆られます。(笑)
635CSiのエンジンにかかりっきりだったので2002のエンジンを見ると
とてもシンプルだな~と思えます。
隙間が多いので、奥のボルトにも簡単にアクセスできそうで・・・^^


今日はここまで。
毛布をかぶせ お休みなさい。
また次回。




BMW1502の出張整備2019年04月14日 21時04分08秒



走行47,000kmで買った中古のBMWi3はその後通勤にレジャに元気に走ってくれています。




そんなi3に工具を満載して、向かった先は知人のBMW1505が眠るガレージ。




先日走行中にエンストしてしまい、エンジンが かからなくなってしまったとのこと。

久しぶりに見た1502のエンジンルーム。
1年前のオーバーホール以来ですね。

まずは燃料がキャブに来ているかチェック。それはOkだった。
次、キャブをうちのマルニの正常なものと交換して始動してみる。しかし、エンジンかからない!
セルは回るも、初爆がない。
キャブの分解清掃で治るだろうとたかをくくっていたが、予想が外れた。
燃料計でないとして・・・・


次は点火系のチェック。
プラグを外し、スパークテストを行う。
すると、4本とも、プラグに火花が飛ばないではないか。
これは点火系統のトラブルだ!
デスビキャップとローターも新品で、内部もきれいで問題ない。
そこで、オーナーと話し合った結果、昔つけていたポイントに交換してみることに。



するとどうだ、こんどは、ちゃんとスパークテストで火花が飛ぶではないか。
すると、取り付けて間もない新品のポイントが不良ということだ。
実際、エンジンがイッパツでかかった!
これで解決!お金もかからなかった。
当分はこのポイントで走れますね!

問題はなぜこのポイントがだめになったのかだが。アース不良なのか、今後の研究課題としたい。
このガレージには3つも不良になったポイントがある。
不良品と良品と、いろいろテスターなどで測ってポイントの検証をしてみたい。

(不良のポイント「使えない」とメモを残す)



とにかく 治ってよかったです。^^

BMW1502 バッテリーカバー装着2017年09月06日 21時56分35秒

このクルマ、バッテリのプラス端子がむき出しだったので、
イエローハットで買ってきたゴムカバーを装着しました。

「バッテリー交換しました」と業者のシールがバッテリーに貼ってありますが、
そのときにコレぐらいは サービスでしてくれないかなぁ・・・とも思ったり。
カバーは300円ぐらいで安いし。

マルニのプラス端子は、ごらんのように、ボディに近いんですよ。 3cmもない。
バッテリーは固定用ステーで固定されてますが、だんだん緩んでいくはず (ねじは必ずゆるんでいく!)。
そうした状態で、急ブレーキなどで重いバッテリーが前にズズッ!とずれたりしたら・・・プラス端子がボディに接触して一発でショートしますから。
そういった万がいちのことも考えてこういう基本的な処置をしておくべき。

もちろん今回、バッテリ固定のステーのねじもしっかり固定しておきました。
急ブレーキも何度も試したが大丈夫。

また、ちょっとエンジンルームでカチャカチャいじるときに、工具の取り回しなどでショートして「バチッ!」ということもなくなるかと思い。(経験済み)・・・人間って、ミスをするもんですから。
ついでに、+端子へ行く配線類も大小で6本ほどあったが、端子の付け替えで3本にまとめた。
スターターへと行く太いコード(+端子から右側に行っている太いコード)にも、赤いゴムのしるしをつけておきました。このコードは被覆がむけたりしたら大変です。ボディアースなので、(車の鉄の部分が全部マイナス端子と同じ)、どこかのパーツに接触したらショートします!

どっちにしても、工具を手にしてクルマをいじるときは必ず、バッテリのマイナスをはずすクセをつけたほうがいい。
たとえカーステをちょこっとだけ いじるときでも。





ついでに室内あしもと。
にしやんとしては、この古い黒いカバーをはずし、
透明な塩ビシートなどをつかい、配線が見えるようにしておきたい。
キカイダーみたいに。(笑)


こんな感じでまとめ。
クーラーへの電源線はもうちっと太いものにしたほうがいいかな。このラインは、クーラーユニットのファンモーターとコンプの電磁クラッチの両方を稼動するので。

BMW1502ポイント交換するも・・・2017年09月06日 07時49分13秒

デスビキャプをあけると、ローターがある。
これを引っ張りはずして、丸いカバーをとれば、ポイントが見えます。

ここのスキマが大事。

古いものは ポイントの接触面に ちょっとおできみたいなものができていた。
別にこのポイントに問題はなく、このまま乗っていても問題は感じない。

ポイントのスキマ調整にはシックネス・ゲージが必要です。

新しいポイントに交換するも、なぜかエンジンがかからない。
なんどセルを回しても 初爆すらない。
断線してるの?
新しいポイントはにしやんの手持ちで、2002用だから1502には使えないの?
そんなことはないと思うが・・・

まぁとにかく、 ポイントはこれまでついていたものに付け替えた。
一発でエンジンかかった。
スキマ調整のみをしておいた。