丸テール ドア内張スクリーン貼りなど2023年12月23日 14時13分10秒

このBMW2002, ドア内張の裏側に 防湿スクリーンが貼ってなかったので追加します。

今年の夏ににしやんのガレージに来る前に、どこかの工場でボディを全塗装されたそうですが。
ドアを塗った後、その後の組付けの手間を面倒なので省いたのであろう。
内張を貼れば どうせわからないだろうからという事か。

そういえば このマルニ、あちこちに 取付忘れや 調整不足が数多く見受けられた。
たとえば
先日 タイヤ交換の際に発見したのだが
フロントバンパーの左側 取付ボルトが つけられていない。

ボンネットロック機構の スプリング取り付けがあまいので 戻りが悪く
ボンネットを締めるときに ちょっと問題がある


ドアの取り付け制度が悪く チリがあっていない (写真は調整した後)

室内ライトのスイッチ押しパーツの付け忘れ (これも後に対処)

などなど、素人のにしやんがみても「?なんで?」
と思うことが 多々あった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて ドアのスクリーン貼り。
これが1枚ないと、内張のほうに水と湿気が上がってくるし、走行中にドアのふちから隙間風が入ってくることになる。


ドアハンドルや取っ手、内張を取り外す


窓の開閉機構がみえるので この際可動部にはグリスアップしておく
また、さびやすい箇所には ラストガードを吹いておく


内張のトリムクリップを受けるための樹脂パーツを 新品に交換していく


ブチルテープを1周 4つのメンテホールを囲むようにして 貼りめぐらす。


厚手のビニールを貼りつける。
ノブや ドアハンドルの軸、ねじが刺さる箇所などは カッターで穴をあけておく

ドア内張の トリムクリップを新品に交換
ドア1枚に 13個必要
古いトリムクリップは ほとんどが経年劣化で硬化し 割れてしまっています。

内張の裏側は厚紙みたいな素材なんですが
ここで透明な木部用塗料などをしみこませるようにして塗っておけばもっといい。
今回は時間がないので しなかった。


ドアハンドルにはめ込む この樹脂製化粧パーツがなかったので
中古品で取付け

メッキ部分に 
このようにひどいサビが出ているから 錆取り研磨作業をする

きれいになりました


新しいトリムクリップと受けで 内張の取り付けもばっちり



もともと銀色だった化粧モールラインが シルバーの塗装? 剥げてしまっている

再塗装するのではなく 厚手アルミテープを貼って仕上げるといい。



オーナーさん サイドミラーが 少しづつ下がってくるというので いったんミラー取り外し
中のスプリング張力を調整するねじを増し締めしておいた。
この車、キャブの問題でアイドリング中にエンジンがかなり振れるので その影響だろうなぁ。


ドアまわりにもうひとつ。
右ドアの ガラスが目一杯上げても はしっこが閉まり切らない問題・・・

ここのレールの位置調整をして ちゃんと締まるように修理した。


そして右ドアにも防錆処理をしたうえで 防水スクリーン貼り

こういった装飾パーツも 錆取りで磨き。

トリムクリップも新品に替え


内張をつけ、右ドアもほぼ完了です

最期に端っこのゴムパーツを入れて完了です。



丸テール センターコンソール組立22023年11月27日 23時59分54秒

センターコンソールの続き。

カーステを下で受けるステー製作

そこに金具を溶接し スポンジ貼り


カーステを奥で受けるストッパーです

このようになる

完成


室内側の配線をまとめ整理

3分割でバラバラになってるセンタートンネルのカーペットも整えて


センターコンソール置き


いったんメーターパネルを外して メーターの細かい配線を接続



カーステ、12Vプラグソケット、ハザードSW、3連メーター、ETC車載器


メーター裏の配線   左から 油圧、油音、電圧


シフトもつけて 完成


空調コントロールレバーのメッキパネルをはめる。
こちらは吹き出し温度の調節(ヒーターバルブの開閉操作レバー)


左側のパネルは 上下吹き出し口の開閉操作レバー


ヒーターボックスはしっかりオーバーホールしたので 操作も軽やかです^^

再メッキ処理した空調パネルには オーナーさんが青とか赤の塗料を塗らないでほしいとのことなので 装飾クロームメッキ処理ののまま。
操作は以下のとおり。


緋妙な位置調整は残っているが ひとまず完成だ。

あとはメータークラスターとハンドル周りを組み、
最後にシートを乗せるだけとなった。



丸テール センターコンソール組立12023年11月26日 13時40分34秒

センターコンソールを組み立てます
まずはばらして現状確認


傷んだパーツを更新します。
ヒーターボックス方出る温風の整流板

MDFで作りなおし

取付。このあと黒に塗装。


オーナさんが用意して持ち込んだ 3連メータパネル。


カーステ用意に穴を拡大して通します


丸穴2つには ハザードSWと 12Vプラグソケットを取付
プラグソケットはACC電源に接続します。


3連メーター(Auto Gauge製品)の固定
角度が難しい
もともと右ハンドル用のメーターパネルでしたが
メーターの取り付け角度を工夫し、なんとか左用にカスタマイズ。
左から、電圧計、油温計、油圧計だ。

まぁ 気にしなければ 
これが右ハンドル用パネルだとは わからないですかね。


薄汚れた合成皮革部分に黒い塗料を擦りこみ。
靴墨の要領です(笑)
これでけっこう見れるレベルにはなります。


シフトブーツの基盤を取付。
これも錆取りをして 黒に塗装してあるという丁寧さ。
これ、シフトブーツにかくれちゃうパーツなんですけどね~。

シフトブーツの薄汚れにも 黒を擦りこみ


シフト回りの取り付け 
ねじ類はすべて 黒色の新しいものに新調です。


基本 組上りました。

メータパネルを仮組して いったん室内においてみます。

本格的に組む前に 各部の位置を確認します。
いちいち面倒ですが こういう手間が重要なのです。

ヒーター吹き出し口の整流板の位置も こんなもんでいいですね。
温風が一転集中ではなく、足元にひろく 広がるでしょう。


ドライバー視線。
メーターの角度も これなら 見にくいこともないかな。
これ以上、角度つけられないし。

3連メーターからクーラーのパネルの端まで
横一直線上に伸びた感じがいいですね。
クーラーの丸い吹き出し口も
アクセントになってるような。


シフト操作をしても カーステには拳が当たりません。
だいたいこれで位置はOK~ ほぼ内装は出来上がったも同然。

もう少し位置を微調整したのち 
本格的に取付し 配線をつなぎます。

丸テール シートベルトの交換2023年11月18日 06時00分21秒

シートベルトを交換してほしい。
これもまたオーナーさんの追加リクエストでした。
イーベイで求めたELR式汎用シートベルトセット。
ELRのオートマチックロッキング機構付き

ELR (Emergency Locking Retractor)
エマージェンシー・ロッキング・リトラクター
体の動きに合わせ、ベルトの長さを自動的に調整するリトラクター機能と、緊急時ベルトを瞬時にロックさせる機能を合わせ持つシートベルト。

///////////////////////////////////////////////////////////



現状、三点式ながら、助手席側はベルトの長さを自動的に調整するリトラクター機能が無いタイプ。
これではシートベルトを締めてもなんかだぶだぶですし 前かがみになったときにベルトが伸びないので
身体がシートに縛りつけられている感じで これがどうも嫌な感じなんです。
このロック方法も 初めての人は面くらいます。


現状のベルトキャッチ。
これは現代のものと変わらないですが、これ、なんかの流用品ですね。
配線が一つ出ていますので。


新しくつけるものは ちと短い・・・これではロックしにくいでしょう。


現状と同等の長さにするためには 13㎝ほど長さを延長する必要あり


そこで3.2mm鉄板をカットして M10ボルトを通す穴あけ


取り付け部分この鉄板を溶接して 13㎝分だけ延長します。


チャチャッと塗装して完成。でも2回塗装してますよ。


溶接部分はシートにかくれてしまうので まず見えないでしょう。
このままで取り付けます。

取付完了


ELR式ベルトも取付
付属のボルトは ねじピッチ等も一緒で そのまま使えました


運転席側


しわの寄った合皮の内張りは
後日 ドアシールの再取り付けの際に また修正します

リトラクター部分。新品だけに 動きもスムーズです^^


シートベルトのアップグレード完了。
これでシートも戻せますね。

丸テール 室内こまごまパーツ交換作業など2023年11月03日 15時59分09秒

室内の壊れてる部品を交換します



角が欠損したミラー。
紫外線の影響なのか、全体に樹脂が脆くなっています。
全体的ににカビのようなものが・・・


やや大きめの中古良品に交換します。
同時代のメルセデススのものですが、ピッタリとはまり、
ミラー面積も2割増しにほどになり大変見やすくなります。
マルニでは定番のモディファイです


サンバイザーの固定クリップはワロスから新品出ます。
固定ねじを錆取りし、シルバーで塗装しときました。

綺麗にはまりました。

これで上の方 ばっちり




サイドブレーキの柄にかすかな浮き錆。


ブラックでスプレー塗装。
握り部分の樹脂パーツが無かったのですが、
手もちの中古品を使い、ちゃんとはめました。これで握りも良くなります。




ペダルのラバー
傷みがひどく、ゴムの硬化しており 滑りやすかったので
新しいものに交換します。


運転席側のヒーターボックスのダクトが欠品していたので
内径52ミリのアルミダクトで作成。

配線類はバインド線でまとめました。
納車までもう少しいじることがあるかもしれないのと、このほうがのちのちメンテしやすい。
べとつくテープでぐるぐる巻きにはしません。


あとは、メーター、レバー左右、空調クロームメッキパネル組み込み
助手席側にクーラー配管通しとグローブボックス戻しのあと、クーラー室内機の吊り下げ。
中央、カーステや三連メーターのついたセンターコンソールづくり。
シートベルト交換、ドアのウエザーストリップ取付、窓枠水切取付。


丸テール シートベルト交換2023年10月11日 13時43分42秒



連休中は家を空けていて帰ったら
イーベイで先月注文してたシートベルトのセットが置き配で届いてました。
この汎用シートベルト、左右セットで1万円しなかったです


さっそく確認
不足部品もなく ちゃんとベルトキャッチも しっかりはまります

このフロントシートベルトを
オーナーさんの希望により 交換します


巻き取り部分は だいぶ動きも 渋くなっていました
ベルト差し込みにも錆が浮いてます


右側は 当時のままのシーt-ベルトで
テンショナーもない 2点式ベルト・・・。




現状の キャッチ部分。
ボルト止めする部分が だいぶ後ろにあるので
買った汎用品をそのまま取り付けると 
キャッチ部分がシートのけっこう後ろになるので
運転前シートベルトをしめるときに苦労しそうです 

丸テール BMW2002の室内灯2023年10月06日 08時35分48秒

マルニの室内灯。
あらかじめ断っておきますが
この室内灯、外すときににしやんが壊したのではありません。
最初からこうだったんです!
ぱっかり割れて 樹脂部分がもろくなっています。


配線は 問題ないと思います。
アース(茶)、常時12V(赤/白) 、ドアコンタクトSWからの配線(茶/紫)。


ワロスで買おうと思ったら 在庫なし。


イーベイで出ていたものは155ドル。
送料プラスで¥26000円ほど。


E12/E30用は安いですが サイズが少し大きいため ボディ側に若干加工を要します。
形状も四角形になり 2002のオリジナルとは程遠いものになります。


ポルシェ356用は形状が一緒で フチに銀モールがついてます。

でも配線が2ピンです・・・。
常時点灯か、常時オフの2つの機能しかないようです。
配線を加工することもできますが。


2002用は3ピンで、
①常時点灯
②常時オフ
③ドアコンタクトスイッチと連動しドアを開けたら点灯する
この3つの機能があります。


インテリアライトの配線図。
バッテリ+端子から来た赤線は8番ヒューズの上流に入り、
8番ヒューズ下流からライトスイッチへ赤/白線が走る(常時12Vライン)
ハザードスイッチのコネクタを経由してルーフのインテリアライトへ赤/白線がいく。
インテリアライトからアースへ茶色線
・インテリアライトから ドアコンタクトスイッチへ茶/紫線(ドア開閉を感知)


ルームランプのLED化やモディファイについては 
2002Aで修理した こちらの記事で。

丸テール 空調パネル再メッキ完了2023年10月04日 13時31分16秒

再メッキが完了し帰ってきました。
メッキにもいろいろ種類がありますが もっとも輝き、耐久性も高い
「装飾クロームメッキ」で注文。

裏側



元の状態 左側。御覧のように かなりひどい状態でした
フロントガラス吹き出しと 足元の吹き出しフラップ操作レバー


右側のもとの状態。
温度の調節レバー


外して錆取りと磨き研磨をしましたが輝きは戻らず。


この状態でメッキ屋さんに送りました


メッキ屋さん「バフ掛けによつ最終研磨仕上げ」ののち、
装飾クロームメッキを施したものがこちら


あとはマーク部分に 本来の色を面相筆で塗れば仕上がりです。
上のパネル:左側の〇には青、右の横長三角には
下のパネル:上下を表す△▽には白というのが本来の色です。



まぁ オーナーさんがマークの意味を知ってて操作方法をわかっていれば
このまま色を塗らない状態で使用しても いいかもしれません。

BMW2002A ATのシフトブラシ再び2023年07月16日 13時34分15秒

ATシフトのブラシ、前回の出来が気に食わなかったので
再チャレンジし 製作しなおしました。
完成品がこれ。


ブラシの材質を竹ブラシから トタン塗装用の刷毛に変更。
毛は細く しなやかになりました

5分硬化型エポキシ樹脂でブロックごとに接着して 固めていきます。

こちらはアルミ基材に 貼り付けています。
同パーツがもう出ないので 100%自作できるか試しています

片側 自作品完成。
やや白髪交じりが 雰囲気デスネ(笑)

毛足をはさみで切りそろえて タッピングネジで固定

いい感じです。


エンジン始動用の プッシュスイッチの組み込み。
シフトノブを一番奥のP位置に入れたときに シフトノブに押されて接点ONとなり、
スターターリレーへの回路がクローズになる。あとはキーをひねればスターターが回るしくみ。


材質を変更し、毛足を長くしたことで
ブラシ毛に 曲がり癖が つきにくくなりました。
これで 自分的には 満足いたしました^^

BMW2002A 暑さ対策 その5 シートを涼しく2023年07月09日 00時30分30秒

はい、次なる暑さ対策は 定番、カークールシート2023

直に運転手の体を冷やします。
革シートに合わせ チョイス。デザインは悪くない。

先日もテストランをしていると 背中や腰回りに蒸れてきて不快でした。
これで解放されるかな???


取付は超簡単。
通気性のあるメッシュ地で 座った感じも 悪くありません
昔買ったものみたいに ごわごわパリパリしていなくて
 しっくりとした座り心地で 厚みを感じます。


吸気ファンのこのあたりに、センターコンソールに設置した
クーラーからの風を当てることもできるので
冷えた空気を吸い込ませることもできます。

今回取り付けたこのクーラー、角っこの45度方向の吹きだし口、風向や風量を設定できるので
大変便利ですね。


クールシートの風量は3段階。 
そして今回、マッサージ機能つき!(けっこうブルブル来ます^^)
l腰のあたりに 2個のバイブレーターが 仕込まれています。



小型の吹き出しファンが背中あたりと 腰のあたり 合計9つあり 
風がまんべんなく出てきます。
これで 不快な腰や背中の蒸れからは解放されました。
こういったグッズは 毎年確実に 進化していってますね。
暑い夏にこれを一度体験すると やめられなくなりますね。
前面はクーラーの冷風、座面と背面はこのクールマットと
涼しくドライブしたい。



座面からも 結構出てきますので 涼しいです。
ただし 履いているズボンの素材によると思います。
ジーンズよりも 通気性のいいズボンが より風を感じるでしょう



キー位置 イグニッション・オンで稼動します。(ACC位置では 動きません)
出力は12V 30W です。

シガーソケットさしこみ式ですが、助手席側の3連シガーソケットは
1個あけておきたいので,ここには刺さず
シート下に新規にシガーソケットを1個配置して そこにつなぎました。
電源は、リアガラス熱線用の4番ヒューズから分岐して取りました。
(あれはめったに使わないですからね。)