BMW2002A デフの汚れ落とし デフオイル抜き ドライブシャフト外し2022年07月02日 17時44分46秒


デフケースの油汚れ 落とします

ぼろっぼろっと 油と砂ぼこりの塊が・・・

おちるおちる

細かいところも 裏側も・・・

綺麗になった!

ここの裏がわも・・・

次、反対側も

どやっ

けっこう おちたわ 50年分の垢。(笑)


中はどうかな? デフのドレンプラグ 上側 緩めます。10mm六角。


ほほう 漏れてはいたが 一応規定量まであったか


上も開いたので 下からデフオイル抜きます。
汚れてはいないが。。。どうだろう いけるかな?抜けた量は1リットルほどかな


まだまだいけますか?昼も夜もパワー全開じゃ この猛暑でバテるだろ・・・
大学生のときにふられた彼女に似てんだよ、奈良チャンは・・
いんや!デフオイルはこのさいカストロールのに交換します。(笑)
デフのドレンプラグのパッキンは エンジンオイルパンのドレンパッキンと同じ内径22ミリ。
M22銅ワッシャ、マルニオーナーは10枚ぐらい持っとこう。


ドライブシャフトのゴムブーツ、細かいひび割れが見えだして、もう交換ですかね~。

後輪に21ミリレンチで回りどめをし・・・

6ミリ六角レンチでドライブシャフトのインナーとアウター キャップボルトをそれぞれ6本ゆるめる。
これを左右だから 合計24本!!  神経使うし!
こ れ が めんどいのよ~~
絶対 ボルト舐めないように 穴の中掃除して かつ、いい工具使ってね!!


KTCの30cmスピンナハンドルと30cm鉄パイプは 永遠の相棒です。
つぎは40cmほどのもうちょっと長めのスピンナハンドルで、しかも1/2のソケットセットそろえればもう無敵だろうな。

ようやく外れたドライブシャフト。
 L/R と In/out のマーキングしてあります。

このM8×55mm半ねじャップボルト再使用はしない。お疲れさんでした!(ボルトだけ捨てる)


ドライブシャフトブーツ交換に必要な工具 モノタロウで注文!
ボルトは強度のあるもので半ねじを24本! SCM435ならいいでしょう。強度12.9は欲しい。

このブーツは私知る限り ワロスでしか買えません!
同じサイズ、国産車流用でも探したんだけど、これがなかなかないのよ・・・。
大径55mm×小計26mm×長さ85mmぐらいのブーツがいいんだけど。大径で55㎜ってのがなかなか特殊形状っぽい。
つーことで ワロスでのリプロ品を素直に買った方がいい。ただし、ブーツバンドやグリスが付属しないのでそれは上記の通り国内でそろえる。

ドライブシャフトのブーツとかバンド、金属の蓋がセットになったリペアキットの設定があったが
既に日本にもドイツにも無いそうです。



さてデフですが、このフランジを抜けばサイドオイルシールが見えるはず。



来週 山下オートパーツからオイルシールが届いてから作業しますね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック