蓄音機の修理12017年10月15日 19時51分28秒

ちょっと仕事の関係で 蓄音機を修理している。

これはもう ばらした状態。(笑)

壊れた蓄音機が2個あるので、ニコイチします。
(ニコイチ = 2個から1個の完成品を作り上げること)
こちらは、部品取りになってもらう蓄音機。

「おわら節」のレコードがついていた。
早く聞きたい。どんな音だろう。
左下のダイヤルは、回転数調節のつまみ。
で、このターンテーブルの下に、レコードが回るしくみがある。

ターンテーブルを裏かえした。こういう機械で回るのだ。
この蓄音機、ゼンマイ巻きをしても、手ごたえがなく、レコードが回らない。
蓄音機の動力源であるゼンマイが巻けないのでは、動くはずがない。



機構をよく観察。
なかなかシンプルだ。


上のプレートをはずしたところ。
なるほど、ゼンマイの「香箱」から歯車で回転を伝えているのだな。

これが、ゼンマイの入った香箱と呼ばれるもの。
蓄音機の動力源である。
2個の香箱で構成されている。

1個の香箱のふたを開ける。
なかにはゼンマイが入っている。長さは数メートルにもなるという。
で、こういうふうにゼンマイの端がシャフトにとめてあるのが正しい。

もう1個のほうをあけると、ゼンマイの端がシャフトから外れていた。
どうりで、ゼンマイが空回りでして 巻けないわけだ。

ゼンマイの端をシャフトに止めるべく作業開始。
まず、ゼンマイがビョーン!と飛び出さないようにシャコ万で固定し、端だけを出す・・・

割れた端は少し切り落として、新たにドリルで穴を開ける。

万力に固定したら、バイスで固定し、ラジオペンチでM4のなべタッピングを止めていく。
ゼンマイには張力があるので、バイスでシャフトにゼンマイの端を固定するのがミソ。
ラジペンでタッピングの頭をつかみ、少しづつねじ込んでいって、ようやっと 固定に成功!


香箱のなかにはグリスをつめて、再度フタをし、完成。
右側のゼンマイが巻かれることで、左側のゼンマイが回りだし、ターンテーブルが周りだす。

とーぜん、蓄音機には、電源コードなんて、な~い。
デンキがなくても、レコードが聴けるのだ。
すべてこの、ゼンマイが動力源である。



これはターンテーブルの回転数をコントロールする機構。
蓄音機は78RPM(1分間に78回転)ぐらいにするらしい。現代のレコードより速いね。
2個のおもりを固定する板バネの1本が折れていたので、部品取りから移植。
これが回転して、いわるゆる「ガバナー」みたいな働きをする。


んで、回転するディスクにフェルトを当てることで、回転数をコントロールする。
ディスクブレーキみたいなもんだ。


組み上げたところ。
ちゃんとゼンマイも巻けますよ!

おおっ、ちゃんとターンテーブルが回りました!

動力のほうは直ったので、
次は音の機構にかかります。

彼岸花2017年09月21日 23時09分24秒

毎年この時期になるとヒバンバナが咲いています。
別名、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)ともいいますね。

山口百恵さんの歌では「まんじゅしゃか」ですが。
https://www.youtube.com/watch?v=nr-yZN7u7Sw

昨年の紅白でも、石川さゆりさん「天城越え」背景映像のイラストは、「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦さんが彼岸花を描いていました。

いつのまにかすすす~と伸びてきて、短期間にばばっと咲きます。
どこに植わってたの?この彼岸花!?と思う人も多いと思います。
それもそのはず、この花の咲く時期以外は、まったく、想像もつかない、緑の葉だけの「ニラみたいな姿」だからです。
知らない~ という方は「冬の彼岸花」で画像検索してみてください。

彼岸花はお墓に植えられているから不吉だとか、血の色だとか、言う人も居ますが、そんなことはありません。
球根に毒があり、里山ではねずみよけにとしてお墓や田の周りに植えられていることも多いのです。

うちのリビングの中心に今年も飾って
お彼岸前には 毎年楽しんでいます。

ここ富山県では、庄川の上流、ここにいっぱい咲いています。
庄川温泉まで ドライブにどうでしょうか。
https://www.mapion.co.jp/f/cocodene/view.html?token=125e86db1b26390ba9ae9532df4fa14c

金沢JazzStreet2017初日2017年09月17日 07時53分25秒

JazzStreet二日目。
T師匠とまた金沢に向かいました。

会場はあちこちにあるので 目的を決めていかないと。
・尾山神社境内ステージを見る。
・新天地ステージでカレーを食べる。
これを目的に金沢入り。
天気は曇り。台風が接近中ということで。


まずは昨夜も訪れた四高記念公園に14時過ぎ到着。
スペインのスパークリングワインのドン・ポティエールとオムそばではらごしらえ。
会場の演奏はCalienteで。
ラリーカールトンのRoom335の演奏などを聞きながら、おなか一杯に。


15時前、あちこちみてみようということで、片町きららの会場に移動。

すでにけっこうなひとだかりが。いすは満席。

ここなら雨がふっても大丈夫な会場。


そこには大きなモニタがあり。

画面の中のどこか。にしやんがしっかり映ってます。(笑)
さあわたしはどこでしょう?

確かチャカ・カーンの曲をやっていた。


次はユカ&Friendsの演奏。
明るくコーヒー・ルンバを歌う赤いドレスのユカさん。会場に華を添えてくれました。
左端のベースの方はかなりのご高齢ながらも、かっこいいじーさんだ!
右のサックスの方もなかなかの腕でした。

ステージの後ろには良さげなカフェーがあり、じつはここが特等席だったのではないか?と思ったり。


16時過ぎ。
別会場へ移動中にみかけたステージ。金沢市役所前に今年から設けられたステージです。
このころから雨が降り出す。


次なる会場に到着。
尾山神社境内の特設ステージ。ここは毎年欠かさずくるところ。
一番前の席ゲットでピアノ:望月慎一郎さんの演奏。
パットメセニーの曲を やっているのをようつべで発見。う^んいいな。



なかなかコレが よかったなぁ~~~


続いてはヴォーカリストのHiro-a-Key(ひろあき)さん。
電子機器のトラブルで使えず、やむなくピアノとヴォーカルのみでチャレンジ。
プリンスの曲もやってくれた。


18時過ぎ、金沢の繁華街の最奥の飲み屋街、「新天地」会場に移動。
この頃になると、雨もひとまずやんできていた。
今年もここの会場で販売されるスパイシーなうまいカレーを毎年食べたくて。(笑)
演奏は金沢大の軽音部でやっていたというTakuThanks!Band。
今日のために全国各地から集まってくれました。
ちょっと静かめな曲ということでTOTOの ジョージィ・ポージィ をやってくれたのがうれしかった。

ということでタップリ半日楽しみ、20時前には金沢を後にしたのでした。

二日目、三日目は 大型で強い台風18号の接近もあり、どうなるか心配されます。



最後に にしやんの好きなジャズ分野のアーティストを。
昔からすきなの なかせるギター!

最近ではめっちゃ人気なグループですが、今年春に来日した
Jazz+エレクトロ+ヒップホップで 最先端JAZZ
最新アルバム「アートサイエンス」から Day to Day はとてもいいのでいつも車の中で聞いてます。

日本人では
NY在住の山中千尋さん(ピアノ、キーボード)
7月発売の「モンク・スタディーズ」 富山に7月来日コンサートされていた。


追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結果、台風18号は金沢には さほど影響もなかったようだ。
黄色いマルで囲ってあるように、通過したのは二日目の深夜であった。、
フェスの二日目は、まだ台風が来る前で雨はあったものの、暴風にはならず なんとかえんそうしていたようだ(見に行ってないのでなんともいえないが)。
そしてフェスの三日目(最終日)は、朝から台風一過で晴れている。
最終日は 晴れの中、大いに盛り上がっていただきたい。
私はちょっと別な用事でいけないけど、前夜祭と初日で十分楽しんだから!

金沢JazzStreet2017前夜祭2017年09月16日 06時49分39秒

毎年楽しみにしている金沢JazzStreet。
クルマ友達のT師匠と一緒に 金沢に向かい 18時~21時開催の前夜祭に行ってきました。

うーん ガラケーで撮影したので画像がよくない・・・
よりよい画像は 一緒に行ったT師匠のブログで 見れます。


この晩は気候もよく風もなしで、天気はバッチシ。
でも強い台風18号がこの9月の3連休に日本上陸する見込みで、
このイベント三日間のうち後半二日はどうも雨っぽい。風も強いかも・・・
まさに “イベントクラッシャー” な、憎たらしい台風です。
そんなこともあってか、みなさん前夜祭からかなりの人出。

金沢JazzStreetの公式HP

パンフレット表紙。

金沢 Jazz Street 2017が来週に迫る!2017年09月08日 22時15分07秒

いよいよこの季節がやってまいりました!!
にしやんが毎年楽しみにしている 金沢でのまちなかJazzの祭典!
金沢市内中心街のあちこちで、ストリートで、公園で、Jazzが無料で楽しめちゃいます!
おいしい店の出店もあ~り!

昨年の前夜祭の様子。


今年2017年は9月15日(金)の前夜祭を皮切りに
9月16日(土)~18日(月、祝)の三日間です!


まちかどジャズライブでシャンパン片手にたのしもう!
ぜったい いっくぞ~~!

公式HPは コッチラ

昨年の前夜祭のようすは コチラ

確か昨年はT師匠の924借りてたんですよね~、この頃!

雨ざらしのマルニ2017年07月24日 18時02分00秒

梅雨の末期の豪雨。各地で深刻な被害が出ています。
そういう当地もけっこうな雨量の雨が降り出しています。


にしやんのBMW2002(マルニ)は、昨年9月から車検切れです。
とある「役」についたため、休日にマルニをいじる時間と精神的余裕がなくなったため、
マルニについては継続審査をせず、現在一時抹消中としています。
だからナンバーがない。だけど自動車税もかからない。

まぁ、こんな余裕のない時期は、3万円で落札したメルセデスC200ワゴン(W202)がアシ車として何の不足もなく(むしろそれ以上の快適性!)活躍してくれていますが。



現在兄弟車が修理のためガレージに長期入庫中なので、うちのマルニさんは青空駐車となっています。
この大雨で、ここ2,3週間は雨ざらしに・・・。

この「世の中風呂場」みたいな高い湿度もあいまって、
あちらこちらのサビが進行していることは間違いないですね・・・。

「役」がおわる来年の夏までは このまま一時抹消かな~~と思います。

発電機の整備その22017年05月29日 21時07分04秒

例の調子がイマイチの発電機の整備。
エンジンがかからなかったり、キマグレに発電しなかったり、スローダウンスイッチが利かなかったりと・・・問題がありました。

その後、エンジン始動のコツを体得。
チョーク、スロットル、ともに半開きで、リコイルスターターの引き方のコツを体得。

エンジンがかかってもパイロットランプが点灯したりしなかったりする問題。(発電したりしなかったりする問題)
その症状から配線の接触不良を疑い、内部の配線の接点を 接点復活剤で抜き差し。ぐりぐり。
これで直りました。
(もしかしたらハンダにクラックなんかがあるかもしれないので、また後日整備します)


で、今回の整備のメインは、40kg以上もある重い発電機の移動・運搬用に、空気入りタイヤを取り付けました。
これでラクにころがして移動できます。
16ミリ直径の鋼材を2本溶接して車軸としました。
空気入りのタイヤですから、多少の不整地でも移動可能でしょう。
軽トラの荷台にタイダウンすれば、、動かない、転ばない!
荷台に乗せるスロープも 探したら納屋にありました。さすが農家。
これで 山ン中にでも 広い河原にでも 海岸にでも、漁港での集魚灯夜釣りでもデンキを持っていけます。

さらに100Vのコンプレッサーとサンドブラスターを積めば、どんなガンコなサビサビ大物パーツでも、真夏の庄川の河原でサンドブラスト吹きまくりです。^^ 
乾いた川砂は無尽蔵にあるし、砂を回収する必要もなしと。
まぁ今のところそんなサビサビパーツはないんですが・・・ 
あるとすれば、マルニのドアかホイールかな・・・

発電機の整備2017年05月20日 15時31分13秒

発電機は前から欲しかった。
ヤマハのコレをネットで買おうかな・・・・と先月から悩んでいた。


・・・待てば海路のなんとやら。
今回、とある筋からタダで入手できました。^^


しかし、長らく動かしていないもの。「たぶん動かないよ」とのこと。
こういわれると 俄然 修理したくなる。
ということで、ガレージで分解開始。

幸い、燃料タンクからガソリンは抜いてあったので、サビはなかった。
上部のタンクを外した状態。
モデルは古いが、2.8kVAで余裕の発電量!

ここで説明

使用したい電気機器の消費電力と起動電力を確認。

注意したいのが、動き始めるときに消費電力よりも大きい起動電力を必要とする製品もあるということ

。機器によっては表示電力の3~4倍もの電力が必要になることもある。

(例)
消費電力(W)×1倍の起動電力(W)が必要な電気製品
ノートパソコン、テレビ(37型)、電気ポットなど

消費電力(W)×1.1~2倍の起動電力(W)が必要な電気製品
電子レンジ、家庭用扇風機、電動丸ノコなど

消費電力(W)×2.1~4倍の起動電力(W)が必要な電気製品
家庭用冷蔵庫、クーラー、水銀灯など


今回、上の画像のように、1050Wの丸ノコを使うのが目的なので、約2倍の2100Wの起動電力が発生するつまり発電機は2100W以上の発電力があるものを選ばなくてはならない。

今回入手したものは2.8kVAの発電機。つまり2800WまでOKなので、余裕である。
昔から変わらぬスタンダード型発電機。
いまでも現場ではこのタイプが重宝する。メン手しやすいし、頑丈だし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて
エアクリーナーのスポンジはさすがに劣化してぼろぼろとくずれてくる状態だったので、
ホームセンタームサシで新しいスポンジを購入。

そしてエンジンオイルを交換。
10W-30の4サイクル用エンジンオイルを250ccL注入。

キャブを外す。

分解、清掃、エアとおし、くみたて。
中はキレイなもんでした。コレは期待できるぞ。

組みなおして、まずスパークテスト。ちゃんと火花は飛んでいる。

あとは、燃焼室にガソリンが行くまで、何度もリコイルスターターを引く。
最初なかなかかからず、う~ん??となりましたが、あきらめず、引く引く引く!
チョークも弄ったり、スロットルを弄って、ようやく、汗だくになったころ、バババ~と始動!!^^
お~~し!!

しばらく暖気が終わった状態で、通電テスト。
おお!
7型丸ノコがパワフルに回る!




でもさすがに古いだけに、エンジン音はそれなりにうるさい。
まぁ、郊外の現場では エンジン音なぞ まったく問題にならないんですけども。

あと、発電機の重量が40kg超で重いですが(2800だけに・・・)
ヒトリでなんとか軽トラに乗せられる重量です。
ぎっくり腰にならんようにしなくては。


こういうタイヤのキャリーカートに搭載すれば
不整地でも運搬できていいだろうに。 (でも、今のところ、一輪車で運搬してます。^^)

そしてあとはこういう軽トラ用のラダー制作か。



ちょっと夏までに やっつけなければならない野外仕事があるので
この発電機の活躍に期待です。

/////////////////////////////////
後記
調子悪い!
どういうことかというと、翌日に再びエンジンをかけてみたが、どうも100ラインまで発電しない。
中身の回路がおかしくなっている様子だ。
エンジンを何度か再起動しているうちに、エンジンがかからなくなってしまった(泣)
リコイルのひもを何度も引いたので汗だく、腕が痛くなってしまった・・・
コレは使えないな・・・

今週末の公開映画「Ghost in the shell」2017年04月04日 22時41分42秒

にしやんは日本を代表するアニメ「攻殻機動隊」ファンですが
4月8日からハリウッド実写版が公開されるとあって
とても楽しみにしています。

「Ghost in the shell」(ハリウッド実写版)
http://ciatr.jp/topics/56181

少佐役をスカーレット・ヨハンソンが演じるということですが
なかなかいいキャスティングと思っています。


アニメではやはり「Ghost in the Shell」がいちおしですが
シリーズのうち、
攻殻機動隊 S.A.C.2nd GIG 「左眼に気をつけろ POKER FACE」が一番印象に残って好きですね。
http://ceron.jp/url/www.nicovideo.jp/watch/sm7467092

ツバメ到来2017年04月01日 07時28分33秒

2017年の4月は土日の週末から始まっています。

朝に桜並木のある近所の川沿いを散歩していたら、スッー と視界を横切るものが。
ツバメです。
まだこないかなと思っていたら、やっぱり渡って来ていますね。

昨年ウチの納屋から巣立ったツバメのうち、何羽か帰ってきてくれるでしょうか。
帰巣の率は6~7割と聞いたこともありますが。
ツバメは暖かい東南アジアに渡って冬をすごし、子育ての時期は春に日本に渡ってくるのですが、頭の中に地図があるんでしょうね。目で記憶した風景をたどって帰ってくるとしたら、まったく凄いことです。

ということでウチの納屋の扉もあけておいてやりました。
そのうちオスが納屋のなかで巣を作るために偵察に入ってくるでしょう。

ファミリーマートにおいてあった三越ギフトカタログの表紙に使われていた浮世絵版画。
ツバメが飛んでいます。5羽いるのがわかりますか?