R170 SLK230 借りてオイル交換2022年05月07日 05時50分07秒

GWの間 お借りしていた友人のR170 SLK230コンプレッサー  (GF-170449)
生産年は1996-2004年 初代SLKである。
機構的には 初代CクラスW202ベース。
10万キロ手前の中古車。
直4 ガソリン DOHC スーパーチャージャー装備
197馬力 トルク28.6kg・m/4600rpm
車重1.38t 燃費10.15モードで9.8km/L ハイオク仕様60Lタンク
全長4mと、コンパクトなメルセデス
新車時価格税抜き495万円
タイヤサイス F 205/55R16   R 225/50R16

スイッチひとつでオープンになる「バリオルーフ」装備!
屋根はトランクに こういう風に収まる。


オーナーさんとの約束通り 点検とオイル交換をしてあげます

スーパーチャージャーつきの4気筒DOHCエンジン


底板を外します 板には1滴のオイル漏れなし!
10万キロ手前で漏れなしとは 優秀。
底板からにゅっと伸びたダクトはエキマニ直後のエンジンマウントとマフラーあたりを冷やしている。

サブフレームに若干の錆発生あり。

ATとエンジンの継ぎ目からのオイル漏れもなし。
マフラーの腐食もひどくない。
5速ATのオイルパン。ATの具合はオイル漏れもなし、ショックや変な挙動もないが
そろそろATFフィルタとATFは交換してやってもいいかもしれない。

左右タイロッドエンドブーツにシリコンゴムで補修の跡あり。ブーツに亀裂がはいっていたのだろう。
まぁこれで泥水が入らなければOK.車検も通る。脚力でホイールをゆすってみたが がたもなし。OK
だが10万キロだから そろそろタイロッドエンドは交換してもいいころ。


AT後端のコンパニオンプレートはまだ持つと思われる。
コンパニオンプレートのうしろにバイブレーションダンパーみたいなものがついている。

フロントストラット点検。ダブルウイッシュボーン。
ブレーキホースにはまだ柔らかさがありゴムに亀裂もないのでOK.
足回りからの異音もなしで、ボールジョイント類はまだ問題なし。

ステアリングギアボックスにもオイル漏れなし。


おっと このあたりにオイルにじみを発見。オイルパン底部に回っている。垂れてはいないが。
どこから出てきてるんかな~ 
ちょっと見えない。もっと上の、オイルフィルタハウジングやパワステのホースあたりかな?
ひどい漏れ、というわけではないが。



エンジンオイルは5L出ましたね。(オイルフィルタ交換なしで)

ドレンプラグワッシャーも新品に。しっかし 長いドレンボルトだな。


エンジンオイルはモービル1の金缶(Ultimate Performance、全化学合成油)をおごる!0w-40。
何といっても メルセデスからね~ ホムセンで売ってる4Lで2000円もしない安オイルはさすがに入れる気にならない。
オドメータ95520km時、5L交換です。次回は10万キロでフィルターともに交換をお願いします

ヘッドカバーのオイルフィラーの穴からカムシャフトが見える。覗いてみる限りは、綺麗でした。

5L注入。

エンジンを3分かけて、停止。5分休憩しオイルレべルが落ち着くのを待つ。

ディップスティックでオイル量のチェック。
 ちょうどMIN とMAXの中間で いいところに来てました。
オイルフィルタも交換で5.5Lと取説には書いてあったが、まさにそのとおりだろう。

漏れがないか点検し、底板をつけて完了。



試乗する。マイルドでいい感じです。ハンドリングの重さもいい感じ。
エンジンのヘッドからアイドリングでカチカチ言っていたかすかな音が モービル1に替えたら 消えた。
過激な走りをしてくれる車ではない。
メルセデスらしくどっしりした乗り心地で安心感があります。(ライトウェイトでピュンピュン飛ばす感覚ではない)
5速ATは変速ショックもなくスムーズでいいミッションです。
3速あたりに落として市街地を走ると エンジンが3000回転以上に回るので気持ちいい。
欲を言えば、マフラーがR171(2代目SLK)みたいに いい音を奏でてくれればいいのですが。音の味付けが 若干大人しめかなぁ。


シートの具合も良くヒートヒーターもある。
内装はウッドつ使われ いい雰囲気ですね。ホワイトメータ^、クルコン、ABS エアバッグ、ASR装備。
シフトゲートはマニュアルモード装備ならもっと楽しかったのですが。

シートはタイトではなく ゆったり座れます。好みです。
高速道路も問題なくオープンで走行できました
オープンで風の巻き込みはそれなりですが、我慢できない程ではない。
リアのウィンドスクリーン装着で良くなると思う。

さてヤフオク!ではけっこう安く買うことができる初代SLK、R170。
メルセデス品質を保っているし、バルオルーフのトラブルがなければ いい趣味車です。

SLKの油圧式ハードトップ 「バリオルーフ」は、油圧シリンダーで動作し、合計5つある。
その油圧を保つシリンダー内のゴム製シールが耐久性がないらしく、それが切れて油漏れのトラブルがよくある。
その問題の5この油圧シール(オーリングみたいなものですが)さえいいものに交換しちまえば、もう無敵である。この車も いつかうちでメンテすることになるのかもしれない。今からそれがどんなシールなのか、調べを入れておこう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年のGWは 人出が多いですが、田舎道をドライブするには影響なし。
オープン状態で借り出したのですが、
一度もクローズしないで、オープン状態で今週末にオーナーにお返しします。

さすがにEクラスワゴンと比べるとコンパクトだな~~


S211 E320CDI2020年11月10日 22時47分30秒

今日は久々にE320CDIに乗った。
いや~、やっぱいいわこれ。
力強いディーゼルのV6!
どこまでもスム-ズで、7速ATも優秀。
ここのところ運転していた635CSIの比じゃない。(そりゃそうだ18年の差)
どっし~~っと重い車体ながら、もりもり出るトルクで
気持ちい~~!
シートもいい!ステアリングフィールも自然。
高速を出しても運転していて全く不安がない。振動しない。
出しゃばってこない。

やっぱアガリのクルマってーだけあるわ。

ベスパ2015年09月27日 08時27分03秒

いわずと知れた、ベスパ。
もしかしたら 近々にしやんのガレージに新しいお仲間として来るかも知れない。
オーナーさんから押し付けられた(笑)ベスパ関係の書籍で現在予習中・・・
ちなみにカラーは白ですが、また分解しちゃうんだろうな・・・
塗り替えてどんな色にしようか・・・

でも125ccだから、自分はバイクの中型免許なくて乗れないんですよね・・・

分割型ドライブシャフトブーツ2014年03月30日 11時20分40秒

BMW2002の話ではないのですが
初めて分割型ドライブシャフトブーツを使ってみました。
使ったのは親父の載っている軽自動車、H-32V 三菱ミニカ。

この春、ユーザー車検に持ち込むために点検したら、フロントのドライブシャフトブーツがぱっくり裂けていた。
そこで、街のパーツ屋さんで以下を購入。1個5700円(定価)!・・・高い。
(ネットで買えば3700円ぐらいだった・・・)

現代の車はほとんどが前輪駆動車(FF)ですが、駆動しながらハンドルを切るので、フロントの車輪にはこのジョイント保護用ブーツがついています。
後輪駆動車(FR)であるBMWの前輪には、このようなブーツはありません。(後輪のデフ側とリアホイール側にあるのみで、ハンドルに関係ないので比較的長く持つ)

しかしこれ、、分割型なので、ドライブシャフトを抜かなくて良いので、素人さんには簡単。
必要なものがすべて入っています。
ブーツ接着後、専用ホッカイロで8分間以上高温過熱して接着部分を完全に一体化させるもの。
以下、丁寧なマニュアル。

左右、ゆっくりやって1時間半ぐらいでした。バンドもびったりで、かんたん。

あとは、ブーツがどれぐらい持つか? ですね。
いちおう1年1万キロ保障とのことですが、接合の仕方次第だと思います。
マニュアルの5,6番の手順の箇所が大事です。5番でうまく接合できていても、カイロで加熱中に接合が自然にゆるんでしまい、ゆるんだまま硬化してしまう失敗例があります!過熱の際は、ブーツをゆがめないように注意を!

自転車とバイクの狭間2013年03月22日 07時41分40秒

↑コレはソレックスという、昔の原動機付き自転車です。
もとは、70年代のフランスから出たものです。日本でもOEM生産したらしい。
いま、これが欲しい。
今日はそんな話。


突然ですがにしやん名義の所有となっているのりもの群。
BMW2002 四輪2000cc
トヨタビッツ(初代SCP10)四輪(嫁用)1000cc
ホンダジャイロアップ 三輪50ccバイク
ルイガノXC-Bart 二輪 MTB

なんでこんなことをかくのかってーと。
この、二輪と三輪の間をうめる乗り物が欲しいと、前々から思っているのであります。

なにをしたいかつーと、理想はですね・・・
・朝通勤時・・・ガソリンくいの四輪自動車でなく、時間もないので原付的にエンジンで稼働するのりもの
・帰宅時・・・時間があるので自転車を漕いですこしでも運動する、できれば降りて引いて「歩いて」いける軽いのりもの。早く帰りたい時はエンジンで走行。
・整備がしやすくて、おもしろいのりもの
※職場ではやたらとエコ通勤を推奨するし、ちょいのりで車出したくないという気持ちがあって・・・

これを実現する乗り物が・・・モペット(自転車+バイク)!
いわゆる「原動機付自転車」です。
パッソルとか、そんなのがむかしありましたが、あれはだめ。
なるべく構造が自転車に近く、軽いもの(これ大事)。
それが欲しいッ!
で、
画像にある「ソレックス」というモペットは理想に近い!
ちっさなガソリンエンジンが前輪にくっついていおり、好きな時に前輪に「押しあてて」前輪駆動となる。自転車としても軽い!
毎晩、いいものがないかと ヤフオクでかかざずチェックしています、はい。そのうち買うね。

最近はこのエンジン部が電動モーターとなったエコなソレックスもでたそうだが、20万。高い。いらねー。やっぱバウバウうるさいエンジンでしょ♪

ルノートゥインゴ2013年02月12日 15時17分09秒


ばーん!よつめうお。

で、そんなのによく似たルノー トゥインゴ初代。
言わずと知れた、フランス車です。
T師の新しい足ぐるまですが、ずっとながいこと乗りたかったという車。
今日我が家にお披露目に来てくださいました。

このファニーフェイス、他に知りません。(´∀`)。
ヘッドライトが上下に分割になっているから
四目っぽく見える・・・個人的に。


ややブルーの入ったシルバーは
私がBMW E28で乗っていた車と同じ色で愛着あります。
4気筒SOHC、1100cc、FF 3ドア、ツーボックス(エンジンルームと室内)


初代といっても後期型のシーケンシャルシフトのついたもの。
助手席に乗せてもらいシフトアップダウンを体感しましたが
ほうほう、こんな感じか。いいんじゃな~い♪

赤いダイヤル類も特徴的。車内は広いです。
ま~現代車ですね!エアコンもあるし、両側エアバッグ、ABS。
日常の足として申し分なし!なのでは。しかもヤフオクで安い!
左ハンドルってのがいいね!
トゥインゴ右ハンはないらしい。


春はこやつの整備をすることになりそう・・・?
リアから異音がしています。

ちょっくら自転車で22011年09月07日 20時00分58秒

昨日の自転車旅の続き。
フェリーの降り場は越ノ潟発着場。その横に万葉線という私鉄の駅があります。
ここで自転車を置いて、この電車に乗り高岡まで電車の旅。片道350円。
車内はこんな感じ。すいてます。


そして30分後終点高岡駅に到着。
ここから800m歩いて国宝瑞龍寺をたずねました。
初代加賀藩主前田利家の長男、高岡城で亡くなった前田利長の菩提寺です。
平日だからすいていましたね。


高岡駅へまた戻ります。腹が減ったので途中、ローソンでから揚げ君レッドと「ほろよい ぶどう味」という発泡酒を仕入れ。味はまんまファンタグレープでしたな。
復路。
再び万葉線に乗ります。今度は新型の車両、アイトラム(愛称)がやってきました。一度乗ってみたかったやつだ!
ドイツのボンバルディア社のライセンス提供で新潟トランシスで製造された低床型の車両MLRV1000。
Manyosen Light Rail Vehicle」からの頭文字。
2004年の導入当時は10ミリの軌道の差が原因でよく脱線してニュースになっていました。
車内は現代的で、行きの際に乗った7000型とは隔世の感があります。
でも冷房効きすぎでサムかった・・・
この列車、自転車持込できたら最高なんですが・・・輪行バッグにはいってないとだめだそう。

なんだかんだで、また越ノ潟駅に戻りました。
だいぶ陽も傾いてきました。
ここからまた、MTBを引いてフェリー「こしのかた丸」に乗ります。無料です。
いいですなぁ・・・この日はほんにおだやかでさわやかないい日だった。


自転車をひきなんがらの帰り道。
途中、湧き水みたいな用水があったのでこれは何かと地元の人に聞いてみると、
し尿処理場で浄化された水を数十キロひいてきてここに放出しているそうです。
きれいなもんです。
錦ゴイが優雅に泳いでいましたので残ってたオヤツのパンをちぎってくれてやりました。

11-17時の6時間、自転車走行距離30キロのプチ旅でした。
ほとんど平地なので特段疲れも無くよかった。

ちょっくら自転車で2011年09月06日 20時00分20秒

今日はお休みでした。晴れて気持ちいいので自転車で近場をめぐりました。
新湊方面に向かい、富山新港の渡し船、もとい、渡船フェリーに自転車ごと乗り込みました。
これがその海竜丸。乗船は県民のアシなので無料です。人員80名、自二は10台まで。
こんな感じで乗り降りできます。学生の通勤路にもなっているようです。


15~30分おきに出ておりますので乗り込めばすぐに出ます。
子供のころは、この岸壁で夜釣りをしたんだっけな~オレンジ色のナトリウム灯の下で。
なつかしい・・・


タグボートの「雷鳥」が停泊しています。
フェリーは力強く進んでいきます。ディーゼルエンジンの音が力強い。
5分もかからない、船の旅なんですが、いいんだな、これが。


見えるのは建造中の新湊大橋です。日本海側最大級の斜張橋で県内最大の建造物とな。
平成24年の秋にき供用開始が決まりました。
あと1年後には、この橋を渡れるのね!
よ~く見ると、橋の下に、人が歩いて通行できる吊歩道を作っています。ここから下を眺めるとこわいだろうな。


向こう側には海王丸パークが見えます。
供用開始となった来年の秋にはまたにぎわうことでしょう。


この橋が供用開始となると、この県営渡船フェリーは引退、廃止となります。
この橋には、このフェリー渡船にも絡み、かつてここを走っていた射水線という今は廃線となった鉄道からの三十数年来の長い歴史があるのです。

とにかく、このフェリーに乗れるのもあと1年。なんとなく好きなんです、このフェリーが。
いまのうちにしっかり乗っておこうと思います。

パソコンを新規導入2011年08月03日 07時42分47秒

自宅ノートパソコン、アップルMacintosh iBook(10年以上前の600MHzの12インチノート)の性能不足に我慢ならず、ついに新規パソ コンを注文しちゃいました。
Macintoshはいいかげんもうやめます。(笑)
処理速度が早くダブルモニタでできて拡張性も高いデスクトップでいこう。
タワー型のWin機に照準。
予算は周辺機器も含めコミコミ6万。
当然、本体は中古でさがすことに。

ヤフオクやショップいろいろ見ました。最後は自作PCも考えましたが(やったことないのに)、
結局、フェローズという中古専門店で安くなったHPのワークステーションにしました。
これは拡張しやすそうだ・・・もう拡張しようもないほどの充実ですけど・・・
ワークステーション・・・車で言えば安くなった高級外車?中古アルピナやAMGといったところか(笑・・・・壊れたら厄介なことになりそうな危険度を感じます。
サイズは、タワー型だけに、どーんと、でかいです。
幅は17cmですが、高さと奥行きが45cmほどもある。
ま〜机の脇に置いておくスペースはあるから気にする事は無いです・・・冷却もいいでしょう。


周辺機器など、以下は新品で。

モニタはA3サイズ原稿がヨコ等倍表示可能、フルHDのワイド22インチクラスに。
ナナオのモニタ−欲しかったが、予算をはみ出る。
ユーザレビューでは色合いがやや青っぽいということで、調整が必要になるかも。
これまでの12インチに比べたらもう・・・作業領域広い広い。


プリンタとスキャナが一体となった複合機、初めてです。
これまではかなり古いインクジェットとヤフオクで千円で落としたスキャナをだましだまし使っていました。年賀状印刷では必ず黒い引き線出たなぁ。
どちらかというとスキャナが欲しくて。


さらに、趣味のイラスト漫画制作をフル・デジタル化したくてペンタブレットを購入。
これで楽しく色塗りができそうだ。


以上は昨晩クリック注文しまくったばかり。

よくよく考えてみればデスクトップ機をそろえたのは今回が生涯で初めてかも!?
次の休みの日にはセッティングしていると思います。わくわく

大寒のマルニ2011年01月28日 09時22分21秒



大寒の時期。2月初旬の立春まで一年で最も寒い時期です。
そして北陸は大雪。センター試験の頃のような寒波で、ここ平野でも一晩に30cmは積もりました。

通勤ではマルニを運転しますが、この1月の平均燃費は1Lあたり6km程度。
暖気運運転毎日していますので・・・
エキマニが暖まることで暖まったエアをキャブに入ってくるまではエンジンの調子が上がりません。
キャブでガソリンが微粒子化していないものと思われます。
キャブ車はインジェクションと違いすぐに走り出せません〜。

とにかく1月は我慢。2月からはこの厳しい気候も少し緩む事を期待して・・・