W202 バッテリ交換2016年11月27日 15時17分19秒

3万円でヤフオクで買ったアシ車の1999年式メルセデスベンツC200ワゴン。
今回はバッテリを交換です。
で、・・・バッテリはどこだ???
バッテリーはリアにあります。
左が最初からついていたもの。
毎朝エンジンをかける前に電圧をはかっていたら、12ボルトをきりそうになってきた。
充電をしても、同じ。これはバッテリの寿命が近いのかもしれないと思って
新しいバッテリを購入。

ボッシュのシルバーバッテリーを購入。
でかい・・・。ネットで購入、18,300円なり。

端子をマイナス、プラスの順ではずし、13ミリボルト1本をはずせばバッテリを取り外せます。
取り付けは逆で。

ガス抜きのホースも接続。このホースは車外に伸びている。

収まりました。

昨晩4時間充電した。初期電圧は12.7Vに近い。
これぐらいないと・・・。

スタッドレスにも交換し、(スペアタイヤもスタッドレスに)、リモコンキーのボタン電池も交換した。
非常時用雨ガッパやスコップ、雪かき棒も搭載、ウインドウオッシャーも補充した。
降雪の冬に備え、これでひととおりの準備は終えた。

W202 オルタネータのレギュレータ交換2016年11月27日 09時28分24秒

メルセデスC200ワゴンのオルタネーターのレギュレータを交換しました。
オルタネーターをエンジンから取り外し、交換します。

ここがローターとの接触部のカーボンブラシ。
これはスプリングでスリップリングに押し当てられているのですが、
銅色のスリップリングと離しても、ブラシの伸びがない。
ということは、もう、ブラシが磨り減っていて、消耗限界なのでした。
交換時期であったといえます。
(多走行車はこのブラシの磨り減りは要注意チェックポイントです。)

で、オルタネーターの中心で回るローターのスリップリングですが、これまた磨耗し、限界に近い。
このCクラスは14万キロ走行ですので、こうなっていても仕方ないか・・・。
銅の部分はあと1mmもあるかないか?とすれば、このオルタネーターも寿命が近い?
そろそろオルタネータ本体を交換する手配をしておいたほうがいいかもしれない。

BMW2002のほうでも、ここの磨耗により、オルタネーターを交換した。
その記事


今回はとりあえずレギュレータのみ交換。
新旧比較。

古いほう。ブラシの長さが短い。

新しいものに交換。

プラスチックのカバーをねじ3本で取りつけ。

3箇所あるツメは折れてしまった。
時間のたった樹脂パーツはこんなもの。折れてもねじ3本で固定されているから問題なし。

エンジンに取り付け。16ミリボルトで固定。(ベルト張り調整はない)

オルタネータに端子をつなぐ。

最後にベルトを取り付けて完了。

エンジンを始動し、バッテリ端子間で電圧測定すると、ちゃんと13.8Vの電圧がかかっていた。
アイドリングでも回転をあげても、13.8Vで一定であり、ちゃんとレギュレータは働いていることを確認。

次は、最近電圧が落ちてきたバッテリを交換します。

新穂高・平湯温泉周辺の紅葉2016年10月22日 08時16分47秒

山の紅葉はどうでしょうか。新穂高ロープウェイ周辺にいってきました。

毎年このスポットで写真を撮る。
見ごろはあと10日ほどあとぐらいかな・・・

鍋平高原に到着。
燃えるような赤は、ツタウルシ。
かぶれるので、落葉はきれいでもゼッタイ触っちゃいけません!

むこうにロープウェイが見えます。
山頂まで往復3000円ほどです。山はガスって居たので乗るのはパス。
ロープウェイの駅前で焼き栗を買って食べました。うまい。

ヤマウルシの紅葉。これもさわっちゃダメ。

でっかいナメコが!

お、あれは・・・

ヤドリギだ! 

子供のころ植物図鑑で見て、家の周辺で探しまくりました。(当然、里にはあるはずも無く...(笑))
欧米ではクリスマスのころ、この木の下でキスをするという風習があるらしい。
ヤドリギは幸福、安全、幸運をもたらすものとして見られているそうで、実はロマンチックな植物なのです。

紅葉2016年10月19日 07時20分18秒

10月中旬過ぎ 里にも紅葉がおりてきています。
この時期、カツラの樹の下に立つと ほのかに甘い香りが漂っています。

スタッドレスタイヤ購入2016年10月15日 18時26分17秒

メルセデスW202ワゴン用にスタッドレスタイヤを購入。

ピレリのアイス・アシンメトリコ。195/65R15。価格comで1本5000円ほどと、安かった。
グリップ性能とか、どうでしょう。
雪が降ったらレポートします。


今年の冬はあまり降らなければいいのですが・・・。
11月に履き替えて一皮むけた12月中旬には雪が降り出すでしょう。
ああ、毎年のことだけど、冬は やな季節だな!


アニメ映画観て来た2016年10月03日 20時04分40秒

先日1日、この夏もう一本の話題作、「君の名は」。
ファボーレに妻とこのアニメ映画を見てきました。
それなりにオモシロかったですが、この世代の感覚には もうついていけんのかな自分、とも思った次第。
若いっていいね!
でもにしやん的に この夏は、圧倒的に「シン・ゴジラ」に軍配!

最近見たDVDでは、麻薬戦争の現実を描いた「SICARIO」がよかったデス。
日本題名「ボーダーライン」。こわ~い雰囲気のサントラも最近のお気に入り。
Benicio Del Toro 渋すぎや!!

10月はジェイソン・ボーン・シリーズの新作が公開されるので楽しみです。
原作の小説はロバート・ラドラムの「暗殺者」。

お、アイスリー。2016年10月01日 09時23分03秒

先日Cクラスで、たまたま走行中にうしろについたBMWの電気自動車、アイスリー。
デザインがコッテますね。

最近はバッテリ容量が増えて走行可能距離も増えたそうです。
「一充電あたりの航続距離は、これまでの229kmから390kmへと70%も向上した」とネットにありました。実際はエアコンやワイパー使用、アウトップ&ゴーもあるからもっと少ないとは思いますが。

この車で遠くまで出掛けたいという人用に、発電機用の647cc2気筒エンジンを積んだレンジ・エクステンダー装備車もあるとのこと。
でもこの車に乗るなら「いつデンキがなくなるか・・」とハラハラドキドキしながら乗りたいですね。(笑)路上でカラになってとまってしまってしまった、あはは、というのも一興かも。JAFにはいっておきましょう。

新車で500万する車です。

924Sを返却2016年09月25日 08時05分28秒

友人のT師匠からお借りしていたポルシェ924S。
2週間たったのでこの週末、お返しした。
3ATのFRでもあり 概して、とても乗りやすい車であった。
乗り味はとても気持ちよい。
エキゾーストも控えめでありながら、心地よい野太い系サウンドで独特である。
撮った写真で振り返ってみる。



内装も革の黒基調で質素なもの。
ATレバー周辺はいかにも70~80年代なデザイン。
程度はとてもよい。
ファブリックとのコンビシートで、座るとたいへんしっくりくるホールド感で優秀である。
「PORSHE」のロゴがちりばめられているところもニンマリ。
2+2を名乗るだけあって、いちおうリアシートはある。
座ってみようとトライしたが、大人はまず座れないほどの窮屈さであった。コドモなら座れるだろう。
そのリアシートの背もたれを倒すと、リアラゲッジルームがこれだけ大きくなる。

外装。
なんといっても目立つのはこのアルミホイールのデザインだ。
ここ微妙なえぐり感、たまらねー!

ハイオク仕様の燃料補給口。
ゴムシートのカバーをめくると、鍵つきのキャップがある。
このあたりは70年代だなあと思う。

エンジンルーム。
直列4気筒。2500ccなのでトルクがあり、1.2トンの車体をぐいぐい加速させる。
この踏んだときの加速とトルク感覚はどこか記憶があると思っていたら、以前運転させてもらった友達のE30/M3のそれであった。M3も2.5LのFRである。
このくらいのボディに2.5Lの車って気持ちいいゾーンなんだなと思った次第。
レイアウトはきわめて普通だが。
リトラクタブル・ヘッドライトの機構をまじまじと見る。
なるほどね~こうなってるのか。

下回り。
ミッションはリアにおいてあるという変わったもの。

中央の黒い管はトルクチューブと呼ばれる、エンジンとミッションをつなぐポルシェ独特のもの。感動。
ポルシェ924系統のボディについて語られているページがあった。
読んで納得、である。このボディ剛性はたいしたものである。
オーナーズマニュアル。 とても読み応えがあった。
基本メンテは事細かに解説してあったところが凄い。

貴重な車をお借りし、どうもありがとうございました。
ところで愛車のBMW2002ですが、2016/9/21で車検切れでありました。
2006年にヤフオクで20万で購入、2年間でレストアし、2008年から乗ってきました。
今回は継続車検をせず、一時抹消としました。(一時使用中止の状態であり ナンバーが無い)

10年目の節目です。
より高みを目指し、またしばらくここで 分解整備することになります。
今回は、ボディ補強をしたいと思っています。ここんところ、ボディ剛性の高い車ばかり乗っていたので、マルニのユルさ (まぁ、それが持ち味でもあるのですが...)に我慢ならなくなった、というのが正直なところです。(笑)

金沢JAZZ STREET20162016年09月20日 18時05分52秒

今年はほとんどが雨でしたが、それでも三日間存分に楽しんだ!

尾山神社特設会場はいい雰囲気。

今年もHideさんのR&Bヴォイスが聞けた!
バンド名は TIGRIS に決定とのこと。

スパークリングワイン、のドン・ポティエールもおいしかった!1杯600円。
これは楽天などでも1本1500円程度で買えますから キリッとした白スパークリング(炭酸ワイン)飲みたい人にはお勧めです!

二日目夜は金沢の新天地会場にて REIKOwith BIG TREE !
今年も来てくれました!
新天地でのカレー500円もうまかった!

今夜もREIKOさんのバイオリンが見事にさえわたっていました!
この翌日、三日目の演奏(@石川県教育文化会館)で演奏中に弦が切れると言うハプニングがありましたが、そこはプロ、ちゃんと最後まで演奏し、「ちょっとお色直しね」といって弦を10分で交換してこられました。
その間は、BigTreeの3人の演奏となりました。


三日目は小雨、それでもヒューガルデン(白ビール)を飲みながら!
みなさん雨の中、JAZZを楽しんでおりました。
好きですね~

といわけで、前夜祭も含め4日間楽しんだ金沢JAZZ STREET2016!
来年も楽しみにしています! 
また1年がんばろ。

金沢JAZZ前夜祭2016年09月17日 08時50分24秒

9月16日は午後18時から 金沢JAZZ STREET2016 の前夜祭であった。
場所は金沢市中心街の四高記念公園(かつての中央公園)
既にたくさんのお客さんでいっぱいである。

1stステージは Bloodest Saxsophone
 ギャラリーもカラダを揺らして聴いてます。
休憩でおしいおつまみを。

素敵なお姉さんの呼び声に引き寄せられイタリアンホトドッグを注文。
んまし!

2stステージははるばるアメリカから、Monday満ちるバンド!
素晴らしい歌声!
3月に他界した プリンスの I wanna be your lover も歌ってくれました!


開場は最高に盛り上がり 21時半終了。

その後、学生時代によく利用した金沢市のみろく温泉で汗を流し。

924sで帰ってきました。
金沢JAZZ Street は9/17-19開催。
18日は雨っぽいから、あすの17日に満喫したいと思います。

9/17~19は金沢にいますので ブログの更新はできません、あしからず。