ステアリングの異音解決!2015年07月05日 15時16分40秒

ステアリングをきると異音が発生する現象、直しました!
原因はセンターステアリングロッドの右側ボールジョイントの劣化でした。
外してみたところ、左右それぞれのボールジョイントに問題がありました。
まず、左側にガタあり。

つぎに、問題の右側。
水が浸入したのでしょうか、錆びてしまっており、指のちからではまわりませんでした。
固着しかけたボールジョイントから「ギーギー」という異音が出ていたものと思われます。

このセンターロッドは2010年に交換したものですが、5年でこういう状態になりました。
BMW2002の維持の上で、要注意箇所のトップランクにあがる交換部品であると思いました。

センターロッド1本の値段ですが
Wallothでおよそ1万。ドイツからの送料込みで1万5000円です。
在庫のあるうちに こちらで どうぞ。
送料コミでおよそ100ユーロ。

ということで 先週日曜費にネットで注文し、今週末に届いたセンターロッド。
画像右上にあるのはWallothのメモパッドらしく、おまけで入っておりました。
らくがきにもちょうどいい!



では新品に交換。
教訓を生かし、錆びないように対策。
ボールジョイントのスキマにグリースを打って水が進入しないようにしました。

そしてプラキャップをはめます。グリスが仕事をしてくれることを祈って・・・

車の下にもぐって、センターロッドを取り付けます。

さて試走!
ガタもないし、異音ない!
これが本来のマルニのハンドリングだ!

高岡から能登半島方面へ伸延する能越自動車道を走る!なんと高岡から七尾まで、使用料は無料です。気づいたら七尾までドライブしちゃってました。


ステアリングのブッシュ交換2015年06月28日 12時51分46秒

以前の記事 の続きで、ステアリング系からの異音の修理。
パーツがドイツから届きました。2個必要になります。

ちゃんとサイズが合うかどうかを新旧で比較します。
輸入品パーツはこの確認が大事。
いざはめてみようとしたら、サイズガ若干違うなんてことがときどきありますので。

ブッシュは手で押し込んでも入らないので、長いボルトとナットで圧入します。

両側から圧入完了。
見えているゴムブッシュの面にグリスを塗布。
後に差し込むアームとこすれる部分です。


差し込むアームの軸にもグリスを塗布して差し込みます。

あとは外した部品をとりつけていくだけ。
・アームの上部にクラウンナットと周り止めのピン。
・その後、コントロールアームを取り付け。
・タイロッドエンドを接続し、周り止めのピン。
ブッシュ交換でステアリングをきったときの「ギューギュー」という異音がなくなったかどうか、まだ試乗していないのでなんともいえませんが、のちほどレポートします。


次の整備箇所は ココかなぁ・・・
サビが発生してるのはわかっていましたが、ツツいてみたらけっこうサビが進行していて、穴が開いていました・・・。
このあたりは切り取って、ボンデ版で作り直し・・・かな。
溶接しなくても、リベットと接着剤でくっつけられそうです。リベットのボコボコが残っても気にならない箇所ですし、特に力がかかる箇所でもないので、気軽な板金作業となるでしょう。

ステアリング系メンテ2015年06月16日 06時59分14秒

マルニは現在、ステアリング系のメンテ中です。

ハンドルをきるに合わせ、「ギッ、ギギィ~~~」と、ゴムと金属がこすれるような音がします。
エンジンルームの下あたりから音がします。
走行中、カーブを曲がっているときなどはこんな音はしません。駐車中の切り返し中などで音がします。
しかも、エンジンがあったまってくると、この音も次第に大きくなってくる感じ。
以前から 何とはなしにあった症状です。
音質としては、何か、金属に押し付けられたゴムが、動きに合わせて鳴っている感じ。
なんか、ブッシュ関係かな~?

ハンドルに合わせてなので、ステアリング系統であることは間違いないと。
ステアリングリンクのどこから音がしているのだろうということで
ジャッキアップして異音元を特定。
ここかな~~?ということで撮影 (パーツを外したあとですが)
ステアリングのリンクアームのゴムブッシュがこすれているのではないかと・・・推測。
タイヤに負荷がかかっていないと、音がしないので ひとり作業ではなかなか原因特定が難しい。

外したアーム。
左側のところに ゴムブッシュが2つあるのですが。ここしか考えられない。
ちょうど、エンジンのエキマニの真下なので、排気熱にさらされ、ブッシュの劣化が早いのかも。
とはいえ、ブッシュはそんなにクチャクチャになっている感じもしなかったが・・・。


これです。

さっそくいつものWalloth&neschにパーツオーダー。
こーゆーショートパーツが今でも出るってことが、マルニを今でも維持できる最大の魅力ですね。
パーツが出る車はとっても維持しやすい。
ついでにやはりキーキー鳴り出したリアブレーキシューも同時注文。
送料込みで141ユーロ。 たいてい5日ほどで届く。
とゆーことで、パーツ到着待ち状態です。

にしても、マルニを今回ジャッキアップして思ったこと。
したまわりが結構サビ来ている!
もうそろそろレストア後2008年から走り始めてそろそろ7年。
塩水がんがんぶちまいている冬の北陸の道路を走ってれば、やっぱりサビルわな~
いまでは主に通勤はスマートなので、雨の日はマルニを動かさないことにしてますが。
こんど レストア7年目の総括全体チェックでも してみようか・・・



ステアリングのがた解消2010年08月17日 20時33分08秒



お盆もすぎいまだ猛暑がつづいていおりますが・・・
マルニも9月に車検を迎えます。
レストアを終えて公道を走り出してもうすぐ2年か〜

次の車検もユーザー車検でいきますが
その前に、ステアリングをきったときに感じるコク!というガタを直さないと
車検の下回り検査で「ステアリングにがたあり」で不合格になること間違いない。

センターロッドは交換して1年経っていないので
まずここが原因とは考えにくく・・

嫁にステアリングを切ってもらって下回りで見て触って聴いて取り外して調べた結果、
がたの原因は、ステアリングギアボックスから突き出ているアーム自体であることがわかりました。


センターロッドを外してアーム自体をゆすると、かすかながたを感じます。
となれば・・・ギアボックスのクリアランスを調整でなおるか?


上面にある調整ねじを時計回しでねじ込んでみて、がたが無くなるところまで・・・
これでアーム類を組んでみると、・・・おお!
あのステアリングのガタツキが無くなった。
最初はアームのボールジョイントの劣化よるがたかなぁと思っていたのが
じつはステアリングギアボックスのクリアランスによる中立付近でのがたなのでした。
試しに近所を走ってみる。
う〜んいいね!これだこれ!

アーム類を取り外した整備をしたので、トーイン調整をして...
ついでに冷却系統をメンテなどなどして…
盆休み1日かかっちゃいました。







またステアリングのガタぁ?2010年06月27日 18時45分47秒

停止中にステアリングを左右にきるとコク!コク!とガタを手に感じるようになりました。
また〜?
確か前回は2009年10月にセンターロッドを交換して直したのですが
こんどはまた別な箇所か・・・
右側のタイロッドのインナー&アウターのボールジョイントは再利用なので
多分、どちらかでしょう。

車の下にもぐって助手(妻)にハンドルを左右に振ってもらいます。
コク!コク・・・
はっきりした音。
ステアリング・リンクの関節とも言うべきボールジョイントは6カ所ありますが
どこががたついているのか?
判別は素手でジョイントをにぎって確かめます。
手応えで・・・
ガタがなければ、手応えでブレを感じません。
しかし、ガタがあると・・・手応えでそれがわかります。
で・・明らかなガタツキと感じたのは、なんと、前回交換したばかりのセンターロッドの1カ所のボールジョイントでした。
え〜〜 9ヶ月で駄目になっちゃうの?

ちょうどこの箇所はステアリングギアボックスからのアームに接続する箇所。
いちばん負荷がかかるところなのでしょうか・・

次の週末はセンターロッドを外してガタを確認してみます・・・


センターロッド交換2009年10月23日 20時37分19秒


停止状態でステアリングを切ると相変わらずコク!と音が。
小さな音と手ごたえ。
またか〜〜!

レストアのときに全部のリンクのボールジョイントを交換していなかった。
ツケがいまになって来ている。
というか、レストア後のパーツ交換の楽しみをいくつか残しておいたのです。
しかし、ボールジョイントと突然アウトで高速道路で大破した車も知っていますし、ここは早く交換したい。

左のタイロッドエンドのボールジョイント2個は交換済み。
となると、こんどは右側か〜?
下に潜って助手にステアリングをかるく切ってもらい確認。
コクコクと音の鳴るところを目と耳で探す・・・
わずかだがステアリングギアボックスから出るアームに接続されるセンターロッドのボールジョイントにがたがある。
今度はここか〜〜!
センターロッド。大物。
長さ60cmほどの鉄棒の両端にボールジョイントがあるパーツ。左右のフロントタイヤの向きを変えるのに大切なリンクパーツ。

山下オートパーツで注文。16000円。
割りピンを抜きボールジョイントセパレータでかん合を外せば取り外しは簡単。
セパレータのねじを締めこんでいってバッキーンと外れます。整備するには欠かせない特殊工具です。

センターロッド、新しいものと比較すると、ダストブーツの形状材質が変わっていました。
新しいものはスポンジ。古いものは樹脂のカバー。
スポンジはねじを閉めこんでいけばそれなりにダストカバーの役目はすると思うのですが
いまいち心もとないので、古いものの樹脂カバーを外してスポンジにかぶせて使いました。

交換後は当然ながら、がたもなくなり、
路面の状態がよりダイレクトに伝わる感触に。
う〜んこれがマトモなハンドリング!
ハンドルのクイックさはステアリングギアボックスの調整ねじで調整可能ですが
まぁ〜いじらなくてもこんな感じでしょうか。
今のところ不満はないですねぇ。
あるとすれば、中古で買った古びたナルディのステアリングでしょうか?そのうちウッドにでも替えたいな〜

ステアリングに異音が出る2009年09月27日 17時29分17秒

BMW2002の整備
停車の際の切り返しなどでハンドルを切ると、
コク!と関節ががたつくような異音と手応えが出るようになりました。
まただ〜〜

以前、タイロッドエンドのボールジョイントがだめになってガタが出るようになり、交換したことがあるので、今回も似た感じ。
前回だめになったのは左側タイロッドの外側のボールジョイントだった。
ステアリングの関節は8カ所程あるわけで、そのうちのどれかひとつがダメになっても、同じ様な手応えと音でわかります。

車の下に潜り、助手にステアリングを左右に切ってもらいます。停車状態ですから高負荷がかかり、すぐに異音の原因となる関節(ボールジョイント)を特定できました。
左側タイロッドの内側ボールジョイントだ。
ここが、ハンドルを切るたびに関節がずれたようにかすかに動いてコク!と音をたてていました。
この内側のタイロッドエンドだけ交換できるので、またパーツ注文ですね。そのほかにまとめて買いたいパーツもあるし。
近々、またドイツのWalloth&Neschか、アメリカのBavarianAutosportに注文、個人輸入かな。

Walloth&Nesch
オールドBMW中心のパーツ屋さん、ユーロ。
http://www.wallothnesch.com/e/framewelcome.htm

BavarianAutosport
BMW全般のパーツ屋さん、ドル。
http://www.bavauto.com/

タイロッドエンド交換2009年01月19日 20時00分27秒

タイロッドエンドを交換しました。
フロントからコクンと異音がするのはボールジョイントにガタがきているから。
取り外した旧ボールジョイントは手で引っ張るだけでもガタがわかりましたから・・・

交換はかんたん。
割ピンを抜いてクラウンナットを外し、特殊工具でテーパーかん合をバキンと外します。
あとはもとあった長さを測って元通りにねじ込むだけ。
これでトーは狂わないはず。

タイヤを取り付けて手で揺さぶってみても、全くガタはなくなりました。

ハンドルを切ると異音2008年12月18日 19時50分25秒

停止状態でのハンドル切り返しや、低速での歩道への段差乗り越え時などに、フロント下から、コクッ!という異音がするようになってきました。
同時に、ハンドルにコクン!と何かの硬い手ごたえが伝わります。そう、ヒトでいえば、関節が一瞬外れたような感じでしょうか。
車を走らせているときはハンドルも軽くなるのでこのようなことは起こりません。
停止して、重めのノンパワステのハンドルを左右に切ると、ある位置でコクン!と来る・・・こいつは・・・
ステアリングリンケージの関節、つまり、ボールジョイントと呼ばれる部品に寿命が来てアウトになってしまったのかも知れません。簡単に言えば、脱臼しているということかも。

そしてまた、休みの日にジャッキアップでございます。
(毎週車をジャッキアップして何かしてるんで、家族にも親戚にも近所にもあきれられています。ひとりだけ、妻は、昔からのことなので、もう慣れましたが・・・)

こういうものは目で見てはわかりません。
ボールジョイントは左右合わせて6箇所ほどありますが、一番怪しいのが、タイロッド・エンドと呼ばれる、タイヤを左右に動かす役目のロッドの両端のボールジョイントです。
車の下に潜って、タイヤをつけたままで、ハンドルを左右に小刻みに切る要領で、タイヤを激しくゆすってみます。
コクコクコク・・・
あ〜、やっぱりガタツキがある。どこか関節にガタがあるという証拠です。
ここで一番疑わしいボールジョイント部分を見つめながら、さらにゆする。
あった!
左フロントタイヤのタイロッドエンド、アウター側のボールジョイントが、ガクガクとゴムブーツ内で動いているのが見えます。普通は、こんなガタツキがあってはだめ。(車検ラインでも、タイヤを機械で揺すってリンケージのガタツキをチェックされます)
他の部分は、ガタツキもないので、ココが異音の原因と判断。

・・・はい、このボールジョイント、防塵用のゴムブーツのみを交換しただけで、再利用したものでした。・・・ついにその寿命が来たということです。ある意味、部品生命を全うしたといえるでしょう。
また買わなくてはならない部品がリストアップされました・・・
部品が届くまで、しばらくはこのままで大人しく乗っています。

ステアリング変更2008年10月13日 07時13分17秒

ハンドルを換えました。
といっても、同じNARDIなんですが。
これで2回換えました。
ナルディ33cm(もともとついていた)
ナルディ36.5cm(ヤフオクで中古で買った)
ナルディ39cm(同上)
この39cmにしてようやくしっくりと来た。
ノンパワステのマルニ、やっぱり直径の大きい方が
取り回しやすい訳で。
ほんの1、2cm大きいだけなんですが、持った感じは違うもんですね。
でも4000円の中古だけあってピターと手に吸い付く様な革ステアリング独特の感触は薄い。
あと、画像の通り、ステアリングの左右スポークがヒーターや吹き出し口の操作レバーを隠しちゃってます。

ハンドル取り替えついでに、方向指示器のキャンセラーが上手く作動するようにステアリングボスに「突起」を溶接。
いままでは、コーナーを曲がったあとに手でキャンセルしていたのが、しなくてよくなった。当たり前の機能なんやけど・・・ボロの中古車ってのは、あって当たり前のモンが無かったりで、こういう細かいところで苦労するもんです。