BMW1502エンジン腰下OH44ブレーキエア抜き2018年04月07日 21時59分33秒

いよいよこの1502とも今週でお別れである。
そう、いよいよ納車なのである。

最後の仕上げ、ブレーキにかかる。

スプリングをノーマルに戻し、ダストブーツを自作。
キャリパーのOH、ブレーキホース、パッド、ディスクを交換したフロントブレーキ。
ハブベアリング、アッパーマウントまで交換すれば完璧だったな。

さて、キャリパーOhなどでかなりのエアがブレーキラインに混入したはずなので、気合を入れてブレーキのエア抜きをする。
ホームセンターで買ってきた注射器とシリコンホースをつなぐ。
まずは注射器にブレーキフルードを吸い込む。20ml。もっとでかいのほしかったが、高かった。

キャリパのブリーダーにつなぎ、ブリーダーをゆるめたら、注射器でブレーキフルードを注入する。
どんどん入っていく。
片側キャリパでトータル60mlほど入ったところで、フルードリザーバータンク内部の液量が上がってきた。こぼれないように吸い取る。
これでキャリパからタンクまでの経路はフルードでひとまず満たされたことになる。
これを両側のフロントキャリパーでやる。
コレをやると、ペダルでエアを押し出すよりもはるかに簡単に、エア抜きできる。

なぜ注射器を使うかというと、マスターシリンダー内に溜まったエア抜きも簡単にできるからだ。
エアはラインを通って一番上のマスターシリンダーからタンクへと、上に押し出されて出て行っている。エアは上に上がっていこうとする性質を利用したもの。マスターに入ったエアは、上に出したほうがはるかにラクだ。

これをやると、これまでブレーキペダルを踏んでも床まで踏み込めちゃって踏みごたえもスカスカだったのが、これで少し踏み応えが出てきた。
でもまだ、ガッチリとした踏み応えがない。硬いスポンジを踏んでいるような感じで、まだラインのなかのどこかにエアをかんでいると思われる。


最後のエア抜きは、ワンウェイバルブを組み込んだホースを使い、通常の「一人ペダル踏み式のエア抜き」を4輪とも行う。ホースの中にエアが押し出されてくる。やっぱりエアがライン内に残っていた。

このエア抜きをすると、ブレーキペダルの踏みごたえが出てきて、ガッチリしたものになった。
もうスポンジーじゃない。^^
これでエア抜きは終了とする。
ブレーキがキャリパーOH前よりもシッカリした踏み応えになった!
これは試走でのブレーキタッチが楽しみだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ついでにリアブレーキも点検しておく。


ドラム内部。ブレーキダストをエアで飛ばして掃除。
ブレーキシューの残量はまだまだある。

ドラムの磨耗はほとんどない。以前に交換されているのだろう。

専用ブレーキグリスを取り出す。

しゅーをちょっとドライバで起こして、シューのしゅう動部分(金属と金属がこすれ合うところ)にグリスをチョイチョイと片側輪それぞれ3箇所につけておく。シュー面につけないように。

これでブレーキ関係は終了。
納車日があすに押し迫ってきているから、工具がだんだんと散らかってきている(笑)

あっそうだ、マフラーの排気漏れ対策(穴ふさぎ)もしなきゃならんのだった。

BMW1502エンジン腰下OH42ブレーキキャリパーOH2018年04月01日 20時37分44秒

取り外したマルニシリーズの左右フロントキャリパー。
ながらく交換していないピストンシールや、ダストブーツを交換する。
ブレーキラインは外さない行う。(外そうとしたが、どうにも硬かったから、余計なことはしないようにした)

対向ピストンになっている。コンプレッサーのエアでピストンを押し出す。

ダストブーツはご覧のようにぼろっとちぎれ、もう限界であった。
この劣化具合から見て、少なくとも、15年以上は経っている感じ?

ブレーキの命、ピストンシールをシリンダー内に傷をつけないように慎重に取り外す。

もう片一方の残ったピストンもエアで押し出すのだが
先に抜いたほうのピストンシリンダーからエアが漏れ、圧力がかからないので、ゴムシートを接着した「あてモク」で開いたほうのシリンダーを密閉するのがこつだ。こうしないと残ったピストンにエア圧力がかからない。

うまく密閉されると、エア一発でポンッ!と勢いよく外れた。



キャリパーのOHキット。
ピストンシール、ダストブーツ、ダストブーツ用留めクリップ、ブリーダースクリューのキャップなどが入っている。
小さいOリングは使わない。(キャリパーを左右分割したときのシールだ)


ピストンシールもサイズピッタリ。

はめる前に、すべりを良くするために、専用ラバーグリースを塗る。


ピストンシールは、ここのみぞにぴったりとはまる。
このピストンシール1本で、ブレーキの圧力を保持し、かつ、ピストンの微妙な動きをコントロールしているのだ。
40年前の車も、現在の車も、この仕組みは変わっていない。


ピストンの表面に薄く見えるさび等は耐水ペーパー1500番で磨いてキレイにする。

ブレーキクリーナーで洗浄したピストンのみぞに、新品のダストブーツをはめる。
やはりラバーグリースを使う。

このようにはめておく。ピストンにもラバーグリースをうすくぬる。

洗浄したキャリパーのシリンダーにまっすぐに押し込む。ピストン戻しツールを使っても良い。

最後に、ダストブーツの留めクリップをはめる。
これを4つのピストンに対してやれば、ブレーキキャリパのOHはおわり。
出来上がったキャリパー。
この作業はブレーダスト、ブレーキフルードやクリーナー、グリス等でぐちゃぐちゃになるから、あまり気持ちのいい整備作業ではない。
特にブレーキフルードを扱うので、必ず手袋をしてやらないといけない。


これからキャリパをブレーキラインに接続する。
まず、新しいブレーキホースを用意。

ブレーキホースを先にキャリパーに接続する。途中にあるのはストラットに取り付けるブラケット。

このように通してある。サスの動きに合わせて激しく動くホースをシッカリ固定するための接続方法だ。

古いブレーキホースを外すと、金属のブレーキラインからブレーキフルードが漏れ出す。
すかさず、新しいホースを接続する。すると、フルードがホースの中を通ってキャリパー内部へと流れ込む。キャリパー内部がブレーキフルードで満たされると、ゆるめておいたブリーダースクリュー(シリコンチューブを接続してある)からフルードがあふれ出てくる。
泡が出てこないようになるまでキャリパをゆすったりたたいたりして、先に「エア抜き」をしてしまう。
ブレーキラインのエア抜きをしっかりと行わないと、ブレーキの踏みごたえがスポンジーになってしまう。
キャリパーを取り付けた後に、最後にもう一度念のためエア抜きを行うつもり。

次はストラットの組みつけ。

BMW1502 ブレーキフルード交換2017年08月19日 14時44分12秒

ブレーキフルードが相当に汚れていました。
これは4年は交換していないな・・・ということでブレーキフルードを交換します。

///////////////////////////////////////////////
まずはリザーバー内部の古いブレーキフルードをスポイドで抜きます。
この色合いでかなり古いとわかります。

ここで、クラッチのマスターシリンダーへ向かうゴムホースを交換します。
ガソリン用と思われる黒いホースが使われており、じんわりと汗をかいたようにフルードが染み出ていましたので、ブレーキフルード専用のゴムホース(水色のホース)に交換します。

ゴム質が違うんですよ。

はめるのがなかなかキツかったですが、交換おわり。
このあと配管内部のアワをホースに角度をつけてかたむけて抜きました。

次にブレーキパイプ、キャリパ内部のブレーキフルードをラクチンな重力式で交換します。
こぼれないように養生して・・・・

4輪のブリーダープラグをゆるめ、チューブをつないでこのようにガラスビンで受けます。
ブレーキフルードはぽたぽたと落ちてきます。


フロントの両キャリパーも。
さらに、クラッチのマスターシリンダーのブリーダープラグもゆるめて。
合計5箇所から「ブレーキフルードを重力で落とします」。
ブレーキペダルはいっさい踏みません。

時間はかかりますが、自分にはこの方式がのんびりしててあっています。
しばらく継ぎ足ししながらしていると、このように、色合いで古いブレーキフルードが押し出されたのがわかります。こうなれば、ブリーダープラグを締めておわりです。

あとは規定量までブレーキフルードを足して、完了です。

ブレーキフルードは合計1リットル使いました。実際の必要な量は0.5リットルでもいいと思いますが、この重力自然落下方法は量を使うのが欠点です。

ブレーキフルード交換は できれば2年に1回はしたい定期メンテ作業です。

リアブレーキシュー交換2012年08月27日 20時02分25秒

BMW2002のリアブレーキはドラム式です。
フットブレーキもサイドブレーキ(駐車ブレーキ)もドラムのなかでブレーキシューが左右にツッパって制動しています。
このブレーキシューがそろそろ限界に近づいているので車検も近いことだし新品に交換しました。
このシューはレストアしたときに再利用したもの。
ドラムを開けてみると、かなり減っていました。
本来5ミリの厚みが2ミリほどに。

ドイツのオールドBMWパーツ専門店 Walloth&Nesch から購入。
左右セットで6000円ほど。

↑ブレーキシューの厚み新旧比較。
新品は厚み5ミリに対し、2ミリぐらいにまで減っていました。
まだ使えそうに思えますが、ブレーキがだんだん効かなくなってきます。


まず下のシュー抑えスプリングをプライヤで外します。けっこう強力です。
これを外してしまうと、あとは楽。
上のリターンスプリングと、サイドブレーキワイヤを外してしまうとあっさりとブレーキシューが外れます。


バックプレートにブレーキグリスをすこしつけます。
高温でも溶け出さない専用グリスです。

↑こちらはシューの調整用ボルト。↑
左右に1つづつあります。
BMW2002のブレーキシューにはシューとドラムの隙間の自動調整機能がありません。(現代車なら当たり前の機能なんですが・・・)
よって、シューを取り付けたあと、このボルトを回して隙間をギリギリにツメていくことになります。
Haynesのリペアマニュアルでは8000kmごとにシュー隙間を確認し、必要ならば調整せよ、とあります。


ブレーキシューを交換し終わったところです。じつにシンプルな作りです。
リターンスプリングは取り付けが簡単ですが、下のシュー抑えスプリングの取り付けがかんたんにはいきません。なんせ強いテンションがかかっていますから。
説明が難しいのですが、ドライバーと外したタイヤ、プライヤを使い知恵をシボって組み付けました。

↓リターンスプリングが画像中央に見えます。
このテンションだけで、シューは元に戻るのですね。
ドラムの内側とシューをブレーキクリーナーで脱脂しておいて、
あとはドラムをかぶせ、ホイールを取付けます。
スムーズにタイヤが回るか手で回してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・

シューとドラムの隙間の手動調整を終えたら、次は室内でサイドブレーキワイヤの張り調整です。
4ノッチ分だけサイドブレーキを引いて(カチ、カチ・・・と4回分)、ワイヤー端の10ミリナットを回してリアタイヤがロックするまで締め込みます。左右のバランスも均等になるように手でリアホイールのロック具合を確認しながら・・・(画像のように、決してワイヤーの突き出し長さが一緒になるというわけではありません。)
この調整後の状態でサイドブレーキをめいっぱいに引くと7~8ノッチぐらいのクリック音で、リアタイヤは完全にガッチリとロックされました。よ~し。こうなれば、車検の駐車ブレーキテストでもOKです。
できれば、坂道でに駐車ブレーキを引いて、車が完全に停めることができるか、確認しておきましょう。
(きつめの坂道でズルズルと車が下がっていくようでは、車検は通りません)

最後にサイドブレーキの表示灯センサの調整をします。
プラスドライバ1本で前後調整し、表示灯を見ながら締め付けます。
取り付けネジがセンサーのアースになっていますので塗装を噛んでアース不良にならないようにします。
サイドブレーキ修理の関連記事として、過去記事のサイドブレーキ修理もご覧下さい。

サイドブレーキ修理2012年07月17日 21時43分52秒

どうも手ごたえのイマイチなサイドブレーキの引き調整をしようと
ゴムカバーをはぐってみたら・・・!

なんと取り付け部分の溶接が半分はがれ、いまにもとれそうになっていたっ!

(↓画像はすでに溶接の準備として塗装をけずっているところ)

拡大画像。
下の部分、スポット溶接がはがれ、曲がりの部分には、なんと亀裂もはいってしまっていました!

どうりで、いままでサイドブレーキを引いたときにシッカリ感がなく、グニッ・・・とした手ごたえだったんだ!
レストアのとき、気づかなかったんかなぁ・・
まぁ、何度もサイドブレーキをひいていくうちに、徐々に亀裂が入っていったんでしょうけど・・・
あぶないあぶない。

ちゅーことで、溶接修理ね。
車内で溶接は内装が燃えないように気をつけねば。
火花の飛び散り対策でしっかり養生、扇風機の風で臭い溶接ヒュームをとばすようにしてと。


1時間後。下手な点付け溶接でこんなんになっちゃった。
たは。
まぁがっちりついていますけど・・・自慢できる箇所じゃないね・・・


スラグ除去のあと、しっかりワイヤブラシをかけて適当な塗料で刷毛塗り塗装。
上からズッポリとカバーゴムをかけておしまい。
これで酷暑日の半日がツブれちまったですよ・・・

さて、溶接後。
ブレーキは7~8ノッチぐらいで効くように、ねじでワイヤーの引きを調整。
では、サイドブレーキを引いてみる。
グィイッ!
おお、このしっかりした手ごたえときたら!イイじゃん!
以前のは、
ボキボキッ・・・って感じでシッカリ感もないというお粗末なもの。しかもブレーキのききも甘かった。

グィイッ!
グィイッ!・・・
調子こいて何度も引きました。
コレが本来の手ごたえなのね。(笑)
----------------------------------
追記 2012.8.29
他のマルニオーナーさんからもサイドブレーキの取り付け部の溶接剥がれが報告されています。
普段なかなか見ないところなので、マルニオーナーさんは一度ゴムカバーをはぐってチェックされてはいかがでしょうか。

ブレーキフルード交換2012年07月08日 20時34分14秒

車検に向けて整備、第二弾。今回はブレーキ整備。
パッドの残量はOK。続いてブレーキフルードの交換。
3年は交換していない。

ジャッキアップしてまずはリアの右から。いちばんリザーバーに遠いところです。
ブレーキブリード用の簡単な自作専用チューブをはめ、
ブリードスクリューの7ミリスクリューを緩め
ゆっくりとレーキペダルを踏んでいく・・・ブレーキペダルが軽い。

左のウーロン茶みたいなのが古いもの!
右の薄いのが新しく入れたブルード。
3年たつとこんなもんか。

マルニのブレーキ排出はリア右→リア左→フロント右→フロント左の順で進めます。
最後にクラッチマスターシリンダーのブリードも行ってブレーキフルードは1L消費。
フロントの4ポッドキャリパー(!)は3つのブリードスクリューがあるので、
①外側の上、②内側、③外側の下、の順にブリーディング。

左右のブリードスクリュー6本を新品に交換しておきました。
画像ははずしたもの。
別に漏れていたわけではないのですが、
ねじ部分がさびてるのがいやだったので。
先っちょのコーンの当たりでブレーキ液が漏れるのを防いでいます。


ブレーキペダル踏みしろ調整2009年06月29日 20時27分18秒

「ブレーキの遊び」ってものがありますが、うちのマルニはこれが大きいんです。
先日の高遠オフで2台のマルニに試乗させてもらい、自分の車との踏み応えを比較して再確認したところ。
運転していてどうにも違和感があるので、なんとかせば・・・
実際、足で踏んで効き始めまでの2cmほどあそびがあります…。大きすぎる。

(ブレーキ伝達のしくみ)
ブレーキペダル踏む
2つの関節を持つリンクロッドがブレーキブースターを押す
ブレーキブースターで倍力されてプッシュロッドがブレーキマスターシリンダーを押す
ブレーキ圧が発生してブレーキを効かせる

以上のしくみをおさらいして、
ブレーキブースターをはずしてブレーキ機構を調べてみたら、ペダルのリンクロッドの関節部分のガタが直接の原因でした。
直径8ミリほどの差し込みピンによる関節部分なのですが、ピンが長年の磨耗によってやせ細り、結果ガタが発生していました。
本来ならピンを新品に交換ですが、ピンの細り部分に溶接肉盛りをして手ヤスリで削り仕上げ。はまり具合を調整して関節部分をグリスアップしときました。
これでヘンな遊びが無くなりました。

あとは、ブレーキブースターのプッシュロッドの長さをミリ単位で微調整します。
ジムニーのブレーキブースターを流用したので、このあたりは慎重に設定すべきところ。
基本的には、マスターシリンダーを押すか押さないかのぎりぎりまでつめればいい。
マスターシリンダーの深さをノギスで測ることで調整します。
突き出し量は2,3ミリ変わるとだいぶ変化します。
へたをするとブレーキの引きずりになるし、何回か調整をしたいところ。
試走を繰り返していいところを探りましたが、結局、マルニのマスターシリンダーの特性なのか、ブレーキの踏み込み量は、いまどきの車と比べてやや多いように思います。

ブレーキ鳴き克服2008年12月23日 21時39分03秒

今日、マルニに乗りました。
そして・・・
鳴らなくなりました、ブレーキ鳴き!
98%鳴らない。
あとの2%は、かすかに、シーー、と鳴る程度で
これならぜん〜んぜん、オーケー!
やた〜〜〜!

自作ダブルシムと、各鳴き止め剤(ディスクブレーキクワイエット+スレッドコンパウンド)の効果か、今ではブレーキを鳴かせるのが難しいくらい。

これで、ブレーキ踏む時のストレスが、なくなりました。(^.^)
あ〜、よかった〜〜

画像はパッドに塗り付けたクワイエットを乾燥している所。

2009年1月13日追記
その後ブレーキ鳴きはしてません。
ときどきしずかにシーと言うくらい。(^.^)

ブレーキ鳴き対策、シム追加2008年12月22日 22時03分18秒

ブレーキのシムはバックプレートともいい、ブレーキパッドの裏打ちの薄い金属板です。これがブレーキ鳴きの対策になるらしい。
調べてみたら、そのデザインや材質、枚数等で各社ブレーキ鳴きを押さえ込んでいるみたい。
うちのマルニに、ブレーキパッドのシムはなかったので、自作することにしました。

材質は、がらくたの電子レンジから切り取ったボンデ板(亜鉛めっき鋼板)、0.5mm。
パッドに抱きついて動かないように、ツメを作っておきました。
まずパッドの裏に銅粉入りの高粘度グリースであるスレッドコンパウンド(ねじの固着防止グリス)を塗ります。
銅の色。
ここに、1枚目の自作シムを押し付けてツメを曲げて固定。
その表面に、赤色の耐熱シリコンゴムであるディスクブレーキ
クワイエットを塗る。
さらに2枚目のシムを載せて、ストーブ暖めてクワイエットを固化させる。
最後にピストンの当たる箇所2カ所にスレッドコンパウンドを塗って完成。

取付は、キャリパーのピストンを押し戻しておいてから、パッドをキャリパーにセット。固定ピンを嵌めて完成。
さて試乗です。
近くの田んぼ道をぐ〜るぐる回ってブレーキを何度も踏む。
タッチはスポンジーになるかと思いきや、そんな感じもなく、違和感無く踏める。
で、しばらく走ると・・・・
キーーーーー!
で・・・、出た〜〜!
ああ、やっぱ駄目か!コッチが泣きたくなるよ!
やっぱり優しく踏んだときに、鳴きます。
もちろんそのまま踏み込めば、振動は押さえられるので、鳴きは止まりますが・・・
ちくしょーちくしょー!キーキーキー!
踏み具合で、鳴きの音質が変わるのがまた憎らしく。
も〜っ・・・
気分は暗く、天気もサイアクになってきました。

しか〜し、です。
そのうちに、鳴らなくなったんですよ。
まじで。
そ〜〜っと軽く踏んでも、静かに止まってくれます。
おおーーー!!
なんでなんで?
これは予想ですが、たぶん、シムの間に挟んだクワイエットのゴム成分が、パッドの熱で固まった、のではないかと。それで、鳴きが押さえられたと・・・。
逆に、パッドが熱くなったから、鳴らなくなった?
そんなことは・・・ないでしょう・・・

とにかく、一日乗っただけなので、まだなんとも言えません。
明日、明後日と乗って、鳴らなくなれば、鳴き止めの完了宣言をしたいです。

ブレーキ鳴き対策、その22008年12月17日 20時45分59秒

キィ〜!!耳をつんざく様な音のブレーキ鳴き、続いています...。
ホムセンでkureのブレーキディスク・クワイエットなる商品を発見。700円で購入。
中身は赤いペーストで、パッドの裏に塗って10分乾かしたら装着せよ、という説明書き。
ストーブの上で乾かしていたら、ゴム状に固まってきました。
これが、パッドの微振動を押さえてくれるとでもいうのか。
早速装着、そして、試乗。

いつものように最初は良かったが、しばらくブレーキを踏んで、パッドがあったまった頃にか、また。
キィイイ〜〜〜!
前よりも音がでかくなった気がするよ!
まぁ、こんなケミカルで直るとは思ってなかったけどね・・・。

もうこうなったら、金属板を切って、パッドの裏に当てるシム板を自作するしかない!
次の休みの日の課題だ。
(ペットのかごも作らなきゃならないし〜)