ペダル取り付け2008年02月17日 20時10分52秒

ペダル類をボディに取り付けます。
M10ボルトで運転席フロアに取り付けられております。
車体下から組み付けるのですが、オフセットしたペダルの関係で、完全に組んだ状態ではうまく入りませんでしたので、アクセルペダルを取り外し、ボディに取り付けてから完全に組み立て。
ペダルのゴムカバーも新調したし、早くクラッチ踏みたい〜っ!!

アクセルリンクの取り付けもまだ仮組状態です。エンジンとキャブレターを取り付けてけてから。
ほかにペダルボックスからはブレーキのリンクロッド、クラッチ動作用のブレーキフルード供給用パイプ、クラッチマスターとクラッチスレーブを結ぶホースが出ています。(キシリトールの容器はブレーキフルードが滴り落ち無いように)

ペダル類の組み立て2008年02月01日 20時15分44秒

BMW2002のペダル類はフロアからにゅっと生えている感じのオルガンタイプというのでしょうか、吊り下げ式ではないタイプ。
ペダル類のリンクはすべてこのペダルボックスのなかに入っています。
最初ここを取り外した時、中は砂と泥でごてごて、洗ってみたらサビサビ、外側のスポンジカバーはボロボロ、とひどい状態で、ペダルボックスに穴があきかけていたほどでした。
水や泥の付いた靴で毎回踏みつける箇所ですから、ダストよけのゴムカバーはあるものの、だんだんと泥水が溜まっていくのでしょう。
マルニ乗りの皆さん、ときどきここはめくってお掃除、グリスアップしてあげましょう!

ブレーキペダル、クラッチペダル、アクセルペダルの純に組み立てていきます。
ペダルのリターンスプリングなど、3カ所あり、組付けには仕組みを考えながら組み付け。とりはずす時はデジカメ取っていたんで良かったですが、これがないとなかなかパズルですよ。パーツリストの図はちょっと年式によって違うようだし。
しゅう動部分も多いので、グリスを塗る箇所が多いです。
最後にブレーキとクラッチのペダルゴムカバーを新調して!
おお〜新品みたい。って新品見た事無いだろ。

ペダル周り取り外し2006年12月18日 20時11分35秒

フロアのカーペットをはぎ、ずっと放っておいたペダル周りの取り外しました。
アクセルペダルはすでに取り外していますが、ペダルはBMWのオルガンタイプ。いったいどのようにフロアに取り付けられているのかわからなかったのですが、ドライバでこじったらポッコンととれました。右下の丸い玉みたいなもの二つにプラスチックのアクセルペダルがはまっていたんですね。

このペダル類、どうも車体中央によりすぎてるような気がします。(オフセット)しかし、車体下の取り付け部分や、リンク類を見ると、これでも精一杯という感じなのかなと思えてきましたよ。クラッチペダルの精一杯の曲げを見て下さい。クラッチはしょっちゅう踏み続けるわけではないので、こんなんでいいんだよ。あ〜、早くこれ踏んででシフトチェンジした〜〜〜いっ!