BMW2002A サイドシル内部 防錆処理 ノックスドール7502022年03月28日 07時31分31秒

サイドシル、ここですね。
中が空洞になっており 知らず知らずのうちに さびてくるところですね。


にしやんのマルニはここの錆がひどく、サイドシルを切って 鉄板で作り直し、
接着剤とリベット打ちで作り直しました。
2007年ぐらいだから、もう14,5年も前の話だよ・・。自分的には7,8年ほど前って感じなんですが・・・
詳しくは
を見てくださいね。




さてこのマルニはどうか??

カーペットをめくったら サイドシルのところに2こほど丸い穴が開いています
リアシーとの下あたりと


前シートの横当たり。ここからフレキシブルカメラを入れて 中の様子を見ます。


サイドシル内部の撮影。
出っ張りは、シートベルトのリールを取り付けるボルト受けですね。

サビ地獄かと おもいきや 案外きれい
サイドはさすがに さびてますが。


合わせ目など



サイドシルの底部分 埃が若干。

もうどこがどこだか わかりませんが 
にしやんには だいたいどのあたりか見当がつきます。

50年でこうなってさびてくるんだね。


でも強度はしっかり 保たれているはず。

断然きれいですね!(うちのと比較して)
ただ、さびているところもあるので、ノックスドールします。

吹き付けた後。
内部、まんべんなく浸透性防錆材で濡れています。


ピントが甘いですが 中はまだ 防錆剤のミストが漂っていて そこには少し防錆剤のたまりが見えますね。
でっぱりは、シートベルト取付のボルトの受けですね。

テロテロ。^^

あ~~50年ぶりに しみるわ~~~ なんて マルニさんは言ってるんですかね??


前側のところからも 吹いておきます。

しっかり浸透して これ以上の錆を防いでくれよ~

まぁ 2年の車検ごとに吹いておけば もうMAXばっちりだと思います。

リアタイヤハウスの袋状のところ左右と、
サイドシルの右側を吹いて、500ml缶が1本空になりました。
けっこう吹けますね。

あとやるところは、
・左のサイドシル内部
・リアのタイヤハウス周辺、室内側から吹く
・フロント下端のいわゆる「奈落の底」と呼ばれる部分
をこいつで防錆しときます。
ここが、その奈落の底・・・
整備していて ここにねじを上から誤って落とすと ここの狭い箇所に落ちて、もう回収できなくなるんですよ、ここ。
底にはいっぱいそんなモノたちが溜まってます。(笑)

ちなみに先日ご訪問頂いたオーナーさんのご意向で
今回はここを切除しないで 防錆処理だけをすることにしました。
将来、地元の板金屋でしっかりやってもらってください。


BMW2002A タイヤハウス内塗装2022年03月25日 15時33分36秒

タイヤハウス内、オーナーさんとの相談で ボディ同色系で塗ることに。


大好物のドン兵衛の汁を1杯分 塗っていきます(笑)
ホームセンターで売っている 普通の鉄部用油性塗料。


最も奥まったところから塗っていく・・・
汚い色が 綺麗な色に塗られていくのは 気持ちがいい。
下地はミッチャクロンマルチ。


こってりしたアイボリー塗料だから 厚みが出る。


塗り終わり。
サブフレームやエンジンの下回りは 今後ブラックにキメる。
このコントラストね。




ここはブレーキパイプの2穴と ブレーキホースを固定するプレート穴。

こんなん塗るだけでも 1時間かかったよ!

BMW2002A フロントタイヤハウス 塗装準備2022年03月15日 20時51分18秒

フロントのタイヤハウス内の塗装をすべく 泥落とし。

隅っこの方に 結構な泥がこびりついていますねぇ~。


ワイヤブラシも駆使して。


朝っぱらから 汚い仕事しちまった


ストラット上部。
やはり錆が進行してくるね。




塗装の前に、密着をよくするミッチャクロンを 刷毛塗り。
速乾だが、けっこうキツイにおい


刷毛塗り完了。
乾燥後、2液性ウレタン塗料を塗ります。



ところで左ストラットだが。
インサートされているショックアブソーバーが なかなかの抵抗を示し
抜けてこない!
セットウハンマーでぶったたいても 抜けてこない。
右側はある程度叩いたら抜けてきたが、左は抜けない!


こちらは抜いたほうの右ショックだが、
ショックの底の部分が、ストラットケースの底に 頑強にさび付いているのか???

しょうがないので叩き抜きはあきらめ。
ショックアブソーバー抜きのための特殊工具を作るために ホームセンターの配管部材売り場で材料を買ってきた。さてどうなるか


BMW2002A やがて手を付けなければならない患部2022年03月14日 19時47分04秒

ボランティアーによるレストアのために預かっているBMW2002A
今度は左側のサスも 朝練で取り外した。
右側と同様に 錆取り、防錆、パーツ交換、ブッシュ打ち換えである。時間かかるな。


ということで フロント左側は 今このような
なぁんにもない状態になっているのだが


作業をしながら 片目でここが 常に気になってはいた。


でかい錆穴である・・・ 錆がこぼれてきてる・・


正面から見る


ココね・・・


棒でつつくと 頼んでもいないのに 穴は自己拡大・・・
なかはもう サビ地獄なのである。 周辺の茶色くなっている塗装の下も 錆が進行している。


マルニでいっちばん サビやすい箇所が、ここなのだ!!
袋状になっており、申し訳程度の 水抜き穴はあるのだが・・・
長年の水と埃の影響で・・・ だめね。



実はにしやんのマルニも腐っていた。
でもある方法で 対処した。
数年前のわがマルニのショット。同じ個所を見てほしい。


そう、ここは思い切って 黄色の点線部分 切除しちまったのである。
走行機能には 問題は無い!

そのときのブログ記事


そのままではみっともないと思い、とりあえず周辺を黒ペイントして
視覚的にカモフラージュしてある。
そのうちに何かここに 鉄板で板金したいとおもって はや数年・・・^^;
夏のパーコレーション対策に燃料クーラーでも取り付けたいような場所・・・

こう見ると 中の構造が丸見えなのであるが 
これがぱっと見  見えないのである。


パッと見、切除してあるようには 見えないでしょ?


見えないよねぇ~


並んでも みえないよね~~ 
・・・でもちょっと違和感あり?牙が生えているようにも見え・・・
隣のインカオレンジの1502のように フォグライト設置で隠すのもありだな。



今回の2002Aは、どうせスポイラーをつけることになる。
個々の患部 切除しても 見えない見えない^^
しかし切除する前に 一応オーナーさんに了解を取らねば。



ここの部分が 綺麗なマルニは 
相当にボディの程度がいいって証明になりますね!

BMW2002A ボディ下回り防錆処理その32022年02月17日 11時11分21秒

今日はリアからフロントにかけて、右側のフロア下の錆転換
サビキラー1度目塗り。


まずは状態確認と ケレンでなるべく錆取り





このあたりは一番さびているところ
良く錆を おとします。


よく見ると穴が。


このあたりは一番弱いところですね。
この程度であれば、錆転換処理の後、最後にPOR-15パッチパテを詰め込んで穴ふさぎしておきましょう。

このあたりもマルニの骨格の需要な部分。
だけど ひどい錆や傷みもなく ヨカッタ。


外は大雪!

二十四節季では 雨水(うすい)だというのに~
廃油ストーブであたたまってから作業開始する。
エンジンオイルの廃油はまだ100Lほどあるからどんどん燃やさねば。

液だれ防止のウエス巻き

錆転換剤をよくしみ込ませます





タイヤハウス内のすみっこ。
このあたりも水や泥がたまるので良くさびる。

ここもサビ転換処理しておく

ストラット上部



液が少し余ったのでディスクブレーキにも塗ってみた・・・


次回は左側です。

BMW2002A ボディ下回り防錆処理その22022年02月16日 11時33分25秒

前回 水で薄めたサビキラーを塗った箇所が乾いたようなので
濃い原液で2度塗りを開始。

原液はドロッとしてます。
使い古しの柔らかい毛筆が いいように思います。


二度塗りした箇所



古びた燃料ホースを外し

ここの周辺も防錆しときましょう




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて 燃料タンク回りのボディ下回り
これらの赤さびも サビキラーで黒サビに転換し 下地処理します。

このあたりは排気ガスによって 全体的に錆が進行しているものと思われます。


スペアタイヤの収納箇所は FRPで錆穴あきを補修した痕跡がありました。




水で希釈したサビキラーを 上を向いての筆塗りで塗っていきますが
筆の途中にペーパーウエスをまいておくと 筆を持つ手への液垂れを防げます。

まずはざーっと浸透させるように塗り。
良く筆で浸透するように こすっておくことです。



数日たって 乾いたら また2度塗りしましょう。

BMW2002A ボディ下回り防錆処理その12022年02月12日 08時19分56秒

BMW2002A レストア作業は続く。
もう少し作業しやすいように さらにジャッキアップした。

ここまで上げれば ATミッションを組み込むときも楽にできるだろう。


下回りを改めてみてみる。

OH済みのエンジンは搭載した。


足回り左
アーム類のフチから 錆が進行中


足回り右。こちらも同様なサビ具合。
ストラット下部のボールジョイントは 交換しなければならないだろう。


左ストラット
こちらも分解して 車検取得に向けノーマルスプリングに交換してみる。
その時に 錆取りもできるでしょう。



ペダルボックス周辺
このあたりはボディの大事なところ。
ウマの当たっているところが ほとんど錆で傷んでいないのがGOOD。
半世紀近く走っている割には 錆があまりない状態で、
判定するならば「良」だろう。


右側タイヤハウス周辺
このあたりは良くさびるところだが、思ったより錆は進行していない。
オーナーさんは雨や雪の日には乗らなかったのだろう。いいことだ。


シート下あたり


リアシート下あたり
これなら大したことない状態です。


リアアクスル
このあたりは 錆転換をしてから POR15で塗装だな。


リアアクスルのアーム
このあたりも防錆塗装をしたうえで、サイドブレーキワイヤやらブレーキパイプを取り付けたい。
アームの裏側にもしっかり塗りたい。


ドライブシャフトとスペアタイヤの収まっていることろ。


周辺から錆が進行中だ


ガソリンタンク周辺も錆あり。


リアバンパーの裏あたり。ここは全面的に錆。


さて作業。

リアホイールのバックプレートの汚れを掃除。


ここはまあ、車検を取ったあとでも いつでも手入れはできるので。
いまだバックプレートは新品で手に入ります。^^
ということで、ここはここまでにしとこう。



では防錆処理にかかる。
バンジーのサビキラーPRO!
赤さびを黒錆に転換する薬剤だ。
かなりドロッとした塗料だが、マニュアルどおりに まずは水で50:50に希釈して塗っていく。
大好物の日清どん兵衛の空き容器で・・・(笑)
こいつは 自分の軽自動車 ホンダZにも 防錆のため塗っているものだ。



シャバいサビキラー液を 赤さびにしみこませるように塗っていく。


垂れても どんどん塗っていく。
どうせあとで重ね塗りするから。
この段階はあくまで錆の細かいところに浸透させていくのが目的だ。

銀色のフロア下もイイネ。


しかしま~ 
天井に塗ってるよううなもんだから 汁がぽたぽた垂れてくるんよね~ 
注意して顔の真上には塗らないようにしている。
目にだけは 入れないようにしなきゃ

かといって スプレーガンで吹くとミストがでて嫌なんだよね。
手で丁寧に刷毛塗りが 自分好み。


とりあえず どん兵衛 1杯分は塗った。結構つかれるものだ。
まだ全部は塗っていないので つづきはまた明日以降とする。
水を溶剤に使ってるから この気温だと 乾燥に1週間は置きたい。

そして次はサビキラーPRO原液で2度塗りし、最後は塩害防止にノックスドールを吹くといったところか。

BMW1502の修理「トランクが開かない!」BMW2002 trunk key lock problem2021年06月13日 04時58分48秒

いつものBMW1502のマルニ仲間からラインが入りました。
「マルニのトランクが開かない!キーでロック解除ができないみたいだ」
と、今回もSOS入電があったのが1週間前。
で、今週当方に入庫することになりました。

症状はというと。
「トランクを開けるためのボタンを押し込んでもいつもの手ごたえがなく、トランクが開かない。
トランクのロックは、トランク専用のキーで「開く位置/開かない位置」に180度回転させるのですが、
「開く位置」にしても、手ごたえがなく、開かない。」
自分のマルニでロトランクのロック解除の仕組みを学習していたので、この「手ごたえがない」というところに今回の修理のヒントがありそうだ。


まずはトランクを開けることから。
オーナーさんにあらかじめリアシート外してきていただきました。

室内側からロック解除する作戦。
トランクとの隔壁にホルソーで穴をあけます。

2つ開けたのは理由あり。

1つの穴から覗き、もう1つの穴からライトを当てる。
穴の1m向こう・・・トランクのロック機構がみえる。

あそこを目指してトランク解除を試みます!
マルニは内装材がないから、こういう時に便利だね~~

長い棒の先にひっかけの爪をつけた特殊工具を差し込む穴と、
それを目視する穴。

うむむ・・・トランクのロック解除レバーに先の爪をひっかけて。。。。引く!

格闘1分で開いた!!!!

こんな具合だ。
室内側の穴から棒を突っ込み・・・

小型ライトで照らしながらロック機構を解除するだけ。

先の爪(塩ビパイプにねじ込んだ木ねじ)で、解除レバーを引くだけで、トランクは開く。

ここを引く!

さて、トランクがカギボタンを押し込んでも開かなかった原因は!?
キーシリンダーの先にあるはずの爪がない!!!
動画リンク(BMW2002のトランクが開かない原因(解除レバーが押せない))
https://youtu.be/e-bTWLoJQGM


これはワロスで新品で売ってるトランクのキーセットです。
先にL型に折れ曲がったつめがあります。これのカシメがゆるんでトランク内に脱落していた。
これ、けっこう世界中である事例なんじゃないかな~~
BMW2002 trunk key lock problem
と、検索ロボに引っ掛かるいようにキーワードを残しておく。



原因が分かったので対処と修理。
まずは対処。
解除レバーにワイヤをくくり・・・

室内にワイヤを引き込みます。

リアシート側に引き込んだワイヤ。

これを室内側からグイと引けば、トランクは解除される仕組みを作った。


次に修理。
トランク内に脱落していたL型のつめをシリンダーにかしめ直します。


爪をそのまま はめ込んだだけでは どうにもガタガタでゆるい・・・

しっかりとカシメる必要あり。
鉄板を切って、シム(厚み調整)として爪と一緒にシリンダーにはめ込む。
微妙な厚み調整はアルミテープを使用。
これでガタガタしなくなった。

そして最後に、シリンダーにある小さなカシメ部分をポンチで叩いて最終カシメとした。


さらにさらに、爪カシメ部に強力エポキシ接着剤「JBウエルド」を盛って固定しておいた。

キーシリンダーの取り付けは、取り付け位置(爪の回る方向に注意。トランク解除ボタンを押してトランクが開く状態でのキー位置では爪先が助手席側(左ハンドル車の場合)に向いていること。つまり、後ろから見たとき、午後3時の位置を向いていること。ちなみに下の画像は午後9時の位置にむいている(ボタンを押し込んでもトランクが開かないようにしている位置))に注意しながらボディに差し込み、筒状のリングスリーブを内側からねじ込んでいくだけで固定できる。

こんな感じに取付完了。
この状態(爪の位置)ではロック解除ができない位置にある(後ろから見て午後9時の向き)


あとはロック機構(ラッチ)を3つのボルトで取りつけ。
ちゃんと押しボタンでトランクが開くことを確認。Ok!
いざというときのための解除ワイヤもつけたし~~^^
使用上注意点としては、キーを回すときは、少しだけ押し込みながら回すことかな。(回す途中で構造上、引っ掛かりがあるので)

マルニのトランクの鍵って、おでかけ先でロックかけることを忘れるんです。(今の車みたいに自動キーロックと連動じゃないから・・・)
マルニで出かけるときは、トランク内の品物の盗難には、ご注意くださいね。



以上2時間の作業。
お疲れさまでした~~ご安全に~~

・・・・・・・・・・・・・

あとで思ったが、自分の2002や635CSIにも、室内からエマージェンシー対応でロック解除できるワイヤを追加しておこうと思った次第。
6はキー連動のトランクロックではあるが、もしものときのために。
内装材でカバーされているから。今回みたいに室内から棒でロック解除できないぞ。

後、良くきくのが、ボンネットのオープンのためのワイヤが切れてボンネットがあけられない、というやつ。
これ、開けるのがなかなか大変みたいだから、これも、いざというときのために何か手を打っておきたい。

BMW2002A バルクヘッドに遮熱アルミテープ貼り2021年05月16日 17時17分57秒


バルクヘッドとは
「もともとの意味は、船倉を前後方向に区切って荷室の仕切りとすると同時に、船体の強度、剛性を高める隔壁のことであった。それを流用して自動車のエンジンルームと乗員室を区切る隔壁の意味に使うようになった」

そこの部分はエキマニからでるエキゾーストパイプに近いところで、熱に晒される場所。
防音と遮熱のためにスポンジ成形品が貼ってあるのですが、遮熱のアルミテープがはがれていた。
そこでバルクヘッドの遮熱と防音のために、新たにアルミテープを貼ります。
接着剤が弱いので、シリコンコーキング剤を塗って荒れたスポンジを平滑にするとともに、接着剤代わりに使います。

貼り終わったところ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では最初から見ていきましょう。

シリコンコーキング剤

荒れたスポンジを埋めるようにヘラで塗ったあと、アルミテープを横に貼り。
下から貼っていきます。


このあたりが一番エキゾーストパイプに近いところです。
アルミテープがないと、スポンジが薄茶色く焦げてしまいます。(経験済み)


1㎝程重ねながら上へと張っていきます。ヨロイ貼りの要領です。

必要ないかもしれませんが、運転席側の方にも貼っていきます。
画像左端のバルクヘッドから突き出ているのは燃料パイプです。
マルニの燃料パイプは、燃料タンクから出て一度室内(助手席側)に入り、バルクヘッド上部に出ています。
特殊な樹脂パイプです。40年以上たっても割れてません。


おおよそ貼り終えました。
左隅のキリカキの部分は・・・
クーラー取りつけるための配管の通り箇所です。
どのマルニもたいがいここに穴開けています。

2時間ほどかかりました。 ふぅ~
エンジン搭載前にやること、けっこうあります。



最後に、黒くて太くて柔らかいモノを取り付けます。

雨水ぬきのゴム管です。
古いものはカチコチに固まっていたので、捨てまして、3つ新品を買いました。


ここですね。
たまった雨水はここからエンジンルームの中に落ち、車体下に出ます。
個々の部分も塗装済み。あとはゴムのふちに塗料をしみこませて完璧。



あ~くそ
こんなことしていたら また週末が終わっちまった・・・。

本当はドライブにでも行きたかったが・・・まったく外出しなかった。
まさに、ステイ・ガレージだ!
ステイ、ステイ、STAY~~~!
・・・またインターステラーでも観ようか・・・

しょうがないので鉢植えのバラを鑑賞
このバラは数年前ににしやんがレスキューしたもの。
ことしは実に見事に咲いてくれました!
以前勤めていた建物の中庭の日陰の隅っこにひっそりとかろうじて生き延びていた貧弱なバラであったが
老朽化で取り壊しの前に根っこから掘り起こして自宅に持ってきて(レスキュー)、鉢植えにした。
レスキューしなかったら、ビル取り壊しでこの世から消えていたであろう。
あれから4年か・・・

バラを鑑賞しながら つまみ種をアテにザ・モルツを飲んだ。
最も手軽なつまみ・・・ね・   おいしいけどね

今晩はジェイソン・ボーンのシリーズでも観よう。



BMW2002A エンジンルーム塗装2021年05月09日 16時52分27秒

エンジンルームの汚れ落としからの、塗装です。

まずは左半分の汚れ落とし。配線がいっぱいで・・・

SEPの威力を見よ!

バッテリートレイはよびもひどいですね。

あらかた汚れは落ちました。ついでに脱脂もできたので塗装します。


錆の上からでも塗れるという塗料。1.6Lで4000円。
以下商品説明。
[ ・・・油性シリコンタフ。  さびを落とさず、さびの上から直接塗ることができます。
シリコン系高密度樹脂が水と酸素をシャットアウトし、さびの進行を抑えます。
高耐久シリコン樹脂なので、塩害・酸性雨・排気ガス・紫外線から、素材をしっかりガードします。

また、アルミにも塗ることができます。1回塗りで乾きが速く、作業性が抜群です・・・]
まぁ、どんな塗料でも錆の上に塗れるんですが、2,3度塗りしてしっかりと厚い塗膜を作れば、
頑強な塗膜で水分をシャットアウトし、塗膜の下になっている錆の進行をおさえることができるでしょう。

刷毛で塗っていきます。


バッテリトレイにもタップリと。

ヘッドライトリレーをひっかけるところ


ボディカラーはアイボリーなんですが塗料はホワイトを塗ってみた。
やはり色味に差があるが、これは下塗りのようなものなので、よしとする。
アイボリー色は最後の3度目塗りに行うことにした。

この辺りは結構錆が出でいたところ。
エキマニの下にあるので常に熱にさらされ、下回りからの水もかかるので、良くさびる箇所だ。

ウオッシャタンクをひっかけるところにも。^^

ここもサビありでした。塗料で封じます!


ボディ外装がアイボリーでエンジンルームは純白ホワイト・・・。 ううむ


ここはもっとサビありでした。見えなくなって気持ちいい。


下回りの方はサビ封じのためもっと高価な POR-15 のブラックを塗ってあります。


一度塗り完了。
後日、2度めのホワイト塗装をします。


やっぱエンジンルームだけ白すぎるな。(笑)