コンパウンド磨き2007年07月26日 19時06分23秒

画像中央の指を境にして右側がコンパウンド磨きを行った所です。
極細目のウルトラカット1ーLでウールバフにて2回ほど磨いた程度ですが結構ツヤが出ています。こんなに効果あるんですね!コンパウンドって。
一方左側は1500番の耐水ペーパーで研磨した状態。曇っています。

コンパウンドは60平方センチメートル四方に小さじ1〜2杯程度をたらし、ペーパータオル等で薄く塗り伸ばしてからバフがけを行いました。ポリッシャーは軽く押し付けるだけで、バフを気持ち傾け気味にしてゆっくり進めます。コンパウンドが乾くまで縦横に研磨していくとこのようにツヤが出ています。あとは水で絞ったウエスで表面に残ったコンパウンドのカスを拭き取ります。

コンパウンドには粒の荒さが様々あります。
メーカーもいろいろあり、商品もいろいろあるので悩むのです。
中目、細目、極細目、超微粒子というふうにだんだん細かくなっていきます。
塗膜を耐水ペーパー1500番か2000番程度まで磨いてあるのなら、極細目からスタートして十分と思いました。中目、細目はよっぽど荒れた塗膜を削り取っていく目的のようでプロ用か。素人は時間をかけてペーパーをかけるので、極細目、超微粒子のみ買えばいいのではないでしょうか。

磨き終えたウールバフなどのパッドは、水洗いしてコンパウンドのカスを洗い流し、洗濯機で脱水して次回使うときのために干しておきます。

ボディ磨き用意2007年07月24日 20時09分48秒

今日からボディ磨きに入ります。
手順は、
1 耐水ペーパー(1000)1500,2000番の順でゆず肌やブツを取る。
2 コンパウンド極細目でウールバフがけ 目的:ペーパー目消し
3 コンパウンド超微粒子スポンジバフがけ 目的;つや出し
4 コンパウンドつや出し剤でスポンジバフがけ 目的:つや出し、塗膜保護
完成!!
・・・けっこう大変ね。

ヤフオクで電動ポリッシャの中古を購入。日立のSP18は定番。1万。
3MのSBSパッドと、ワンタッチで脱着できるSBSソフトウールパッド。二つで7500円。
ついでに3Mのシステムコンパウンド、今回は迷った末、最新ラインナップでおすすめという、ウルトラカット1−L(極細目)、ウルトラカット2−L(超微粒子)、ウルトラグレーズ(つや出し保護剤)の3本で7500円。

ビッカビカに磨くのに2万5千円は高いか安いか?
ま〜、コンパウンドはともかく、道具類は今後もずっと使えるしね。
磨くのはとにかく初めてなんで、まずはドアで試してみましょう。

アンダーコート吹き完了2007年07月23日 21時38分22秒

アンダーコートに使った3Mのボディシュッツ、スプレー、1L缶などで合計で6リットル使ったことになります。
がば〜っと広い面積を吹くときは1L缶をガンで吹き、細かい部分や入り組んだ所はスプレー式で使い分けるのがいいと思います。

今回カーベキューで車体を横に出来たから、すごく楽にスプレーできました。これが下に潜って吹くとなると、顔マックロになりそう・・・。

最後に
ボディにマスキング新聞紙を飛び越えてボディに付いた黒い飛沫をシンナーを含ませたペーパータオルで拭き取りをして完了。

これでフロント、リアクスルを取り付けられます。

ボデーシュッツを吹く2007年07月23日 21時09分14秒

さぁ今日でアンダーコートの作業を終えよう。

1リットル缶の3Mボデーシュッツを、ストレートで買ったホース吸上式サンドブラストガンに接続しました。接続には適当な径のホースを繋いでいます。焼酎のペットボトルを利用してホールド。
試しに吹いてみたら、おお!けっこうイケル。というか、これでばっちりじゃん!
ネットリした液を微粒化するために、レギュレータのエア圧力を少し高めの0.5Mpa程度に設定するといい。
こうなれば、急いでボディにマスキング。1時間かかる。

さて、いよいよ。ブビャ〜〜〜っ!と調子良く吹いてあっという間に1本消費。フロア下の半分が真っ黒に。早い!スプレー缶式と違って一気に吹けるので気持ちいい。皮膜表面の凸凹具合もいい具合。厚みも結構ついています。これは防音もかなり期待できるのでは。

3Mボデーシュッツ1リットル缶2007年07月22日 21時14分08秒

アンダーコート用の3Mボデーシュッツ1リットル缶が届いた。
ヤフオクにて1缶1300円のものを3缶落札。スプレー缶の約7本分か。
やっぱスプレー缶と比べるとデカイです。
中身は黒〜いどろどろ液体がいっぱい。キシレンが1〜5%混入ということで吸わないように注意です。

専用ガンはないが、これをブラスト用スプレーガンに上手く接続して、解説図のようにフロア下に吹いてみようと思います。上手く行くかな〜〜?

ここは厚塗りッと2007年07月21日 23時14分58秒

フロントのタイヤハウスのここ、一番泥や砂がボディに当たるところではないでしょうか?ということでここは特に気合いを入れて3Mボデーシュッツを厚く吹きました。
吹いてから二日経っても、なんだかべたべたした感じです。
感触はクシュクシュとしていて弾性がありますが、指先で強く押すとツブレます。この感じ、タイヤに巻き上げられた砂粒を噛んでしまいそうな?
しかしタイヤハウスに当たった砂粒がピシピシ鳴ってうるさい事はないでしょう。(防音効果は期待できそう)

タイヤハウスのみだが2007年07月19日 20時30分05秒

前後タイヤハウスにスプレーボデーシュッツを吹いたがこれでスプレー6本消費・・・。残ったフロア下、もともと白いゴム質のコートがしてありました。ここを塗るとなると、スプレーであと8本は要るかな。

このアンダーコート、420ml入のスプレーではなく同価格で1リットル缶入の物があるのですが、これはその缶に専用スプレーガンを取り付けて吹く仕様になっています。これが純正品で1万近く、高い。

この粘っこい液体のボデーシュッツを吹くガン、調べてみたら、チップガンと言うらしく以下のようなモノ。
http://www.protoolshop.net/spraygun/custom/17043.htm
このチップガンの画像を見て、あれ?と気づいた。
今日ストレートから届いたホース吸引式サンドドブラスターと同じ形のガンではないかな?
http://www.straight.co.jp/netshop/artno/default.html?artno=15-030
ブラスト用のものは先端がセラミックということ、下カップがホースであることだけ違う。となれば、ホースの代わりに適当な管を取り付ければ流用できるかも。
と、思っていたら、チップガンと同じタイプのものがありました。
http://www.straight.co.jp/netshop/artno/default.html?artno=15-040

タイヤハウス内にアンダーコート2007年07月18日 20時17分57秒

タイヤハウスにアンダーコートです。
3Mのスプレーボディシュッツ。
ノンアスベストタイプ、のゴムベース。主に自動車車体下に塗装。
乾燥が早く、塗装後1時間で上塗り可能。
コーティングされた皮膜は防錆防音防振に優れる、というモノ。
なんか3Mというブランドだけで信じてしまうのよね・・・

マスキングを飛び越えてボディに付いたところは乾燥前ならシンナーで簡単に拭きとれます。

塗装する付属パーツ2007年07月12日 21時00分14秒

ボンネットやトランクフード等の付属パーツにも塗装します。
細々したパーツですがなくさないようケース入れておいた。

まずは元色の黄色の塗装をサンドブラストで落としますが、こんな小さなパーツたちのブラストにはやっぱりブラストキャビネットが必要になりますね。毛布かけてブラストしてても、ほこり、砂だらけになってしまいます・・・。
パーツの組上げにはいろいろパーツを清掃していかなくてはならないので
これは近々、ブラストキャビネット製作の必要ありです。

とりあえずプラサフで塗装して保管、そのうちまとめて塗装しようと思います。

ボディ肌調整後2007年07月11日 21時35分56秒

ゆず肌だったりミストやブツが付着していた塗装面を最終1500番耐水ペーパーで研磨後の塗装面です。
全体にかすかに曇っている状態になっており、近くで見るとペーパー目が残っています。しかしこれは遠目で見るとけっこうツヤの出ている状態ですね。
これをコンパウンドで研磨してペーパー目を消し、バフ目を消して...ツヤツヤに!・・・なるのかな?
明日にもポリッシャーが到着予定。次の休みにはいよいよ磨きか?!