ミッションオイル交換2008年03月01日 22時36分48秒

4速ギアボックスのオイルを交換しておきます。
デカイ六角レンチでドレンプラグを外し、オイルを抜くと!
なんだぁ〜このオイルは!まるでコーヒー牛乳!
これは・・・水が入ってたんじゃないのかぁ〜、と思うくらい。水とオイルがまざるとこういう色になりがちです。しかしここまでになっていたとは・・・。ドレンプラグにはマグネットがついていますが、小指の頭程の量の黒い鉄粉が付いていました。
古いオイルは半日放置して最後の1滴まで落とした。ギアもくるくる回して。合計1L出ました。

フィラープラグ穴からギアボックスの中が少し覗けます。
歯車の頭がちょこっと一部錆びてたりしてますが・・・見える範囲ではギア欠けなどなし。排出オイルに個体の排出物も無かった。
見ただけでは、シンクロリングの摩耗度もわからないので、これで組んでみる。
レストア前にちらっと試乗した感じではギアに違和感も感じられなかったが・・・。
レストア後、走ってみてシフトチェンジでギアかじりなんかがあったら、そのときは下ろすしかない。ギアボックスのOHはE30でやっているし、ヘインズにも詳しい解説がある。しかしミッションのケースを外す時はでかいプーラーとか必要なんですよね〜。

さて使うオイルの指定はヘインズのリペアマニュアルでは80EPということですが、890円のBPギアオイル80W-90EP(FRトランスミッション用)を1L投入。量はひと缶でちょうどです。
フィラープラグの下部位置までオイルが入って、ちょうどカウンターギアが半分オイルに浸かってるといった状態ですね。次はクラッチレバー関係を組みます。

4速ギアボックス2007年10月10日 18時51分18秒

74年式のBMW2002の4速ギアボックス。納屋ガレージの隅から油と埃だらけのを引っ張りだしてきました。ベルハウジングに「76」の刻印があったので、一度ギアボックスを交換しているのかも知れませんね。
今日はこれを奇麗にするぞ。
アルミのケースも白ちゃけていたり油で黒くなっていたのでいつものサンドブラスト。その後、汚れからの保護のためにクレのシールコートを吹いておきましたのでちょっとつやつやになった。
昨年ばらす前のほんのちょっとの試乗ではシフトチェンジの際にシンクロのカジリもなかったようなので、今回は中身のオーバーホールなしで組み込んでみます。いちどGETRAG 260(E30の5速)ミッションをオーバーホールした経験があるので、やがて来るシンクロリングの交換は今後の楽しみに取っておきます。

画像左側のマスキングテープに包まれたのがクラッチスレーブシリンダー。クラッチマスターからの油圧を受けて、クラッチを切るロッドを押し出すものです。サークリップをとっても、これがびくともせず抜けないんだな〜〜〜!たぶん錆でがっちり固着してるんでしょう。ハンマーで当て木をしてコンコンしても動かない・・・。
無理にハンマーでぶっ叩いてアルミのベルハウジングを割ったら悲惨なので、このままにしておきました。

4速マニュアルか〜〜うう〜〜楽しみ!

トランスミッション取り外し22006年11月26日 21時49分49秒

 接続関係も外し、ミッションマウントも外し、さ〜っ、取り外し、と、思ったらクラッチシリンダーのブレーキフルードのチューブ忘れてました。これ、かなり硬化してるチューブだったので、交換するべく、途中でニッパで切断。
途端にリザーバーからの落差なのか、ブレーキフルードがぽたぽた〜〜と落ちてくるはめに。むおお〜またゴザが汚れる〜〜〜 ねじ箱から適当な太さのねじを突っ込んでおきました。

 さて、どっこらしょっと、とりはずしたBMW2002のトランスミッションです。
昔乗ってたE30の摩耗したシンクロリングを交換したときのGETRAG260を思い出します。RobertBentleyのマニュアルを見ながら分解組み立てしました。マニュアルさえあれば、なんとかなるもの?
この2002のミッションはGETRAG245というのだったかな?
こちらも、しばらくはどこか納屋の隅においておきましょう。

トランスミッション取り外し12006年11月26日 21時30分37秒

 BMW2002のギアボックスうを降ろします。
まず車を思いっきり高くジャッキアップして下に潜ります。(下に潜るときはいつも「ゴザ」を使っています。片付けはくるくると巻いて、収納が早い!兼業農家だから使い古しのゴザが多いのです)

私のマルニのトランスミッションはGETRAG製の4速MTです(いいな〜〜っ、ひさびさのかき回し!)
 エンジンに繋がる部分はぐらぐらとフリー状態なので、あとはプロペラシャフトとの接続部、ギアシフトのリンク、バックライトセンサー、スピードメーターケーブル、そしてミッションマウントを外すのみ・・・。
 ・・・と、言葉では簡単ですが、下に潜っての整備分解作業ってやっぱり身体的にこたえます。そうそう、作業中に砂やゴミが落ちて来て目に入ることがあります(眼鏡をしていても)。こんなときはすぐ作業中断!まばたきをしないで水道蛇口に走り、テッテー的に目を洗いまくります。(こんなんで目をやられたくないですもんね)こんなことが数回あってから、下に潜って作業をするときは防塵めがねをするようになりました。でも、だんだん曇ってきて見えなくなってくるんですよね。いい作業用防塵眼鏡、ほしいです。

 さて作業。フレックスディスクというミッションのアウトプットフランジとペラシャフトをつなぐゴム部品のボルトナットを4つ外しにかかりましたが、ペラシャフトがなかなか固くてまわらないぞ〜!と苦労していたら、サイドブレーキひいてあるのを忘れてました。たはは・・