スマートK エンジンOH7 ピストン組込み2015年08月31日 19時47分25秒

ピストンリングをはめます。まずはリングの点検を・・・
ねじったりすると、すぐにポキンと折れるので注意です。

表面はとても硬い処理がされ、油膜形成のために曲面になってるらしい・・・


こっちは下側でオイルをかきとるんかな。

適正なオイルの確保の役目。

さて
ピストンリングコンプレッサーでぐっと広げるのは、折れそうで怖い!
・・けど折れないんだな~・・・でも広げてるときは、いまにも折れそうでこわごわ。
リングコンプレッサーは、実際のリングサイズに合わせて、ツメの部分などを多少加工し、さっと入れやすくしておかないと、ピストン側面を傷つけちゃいますよ。
古いリングで何度も練習を・・・重要です。

トップリングとセカンドリングには上下があり、このマークがあるほうが上。
ゴエ!

リングは3セット分買いましたが、なぜか1個だけ、「GOETZE」でなく、「NE」というメーカーのものでした・・・。なぜそろえないPSFパーツ・・・ まあ、機能は一緒でしょう。
NEの場合は、ゴエでなく、Nのマークのあるほうが上・・・たぶん。(箱には記述なし)

合計5つあるリングの合い口の位置はこのようにキメました。

でけたぞ~ ゴエ!ゴエ!
え?
ピストンの茶色い汚れが残ってる? 
これでもだいぶ落としたんですよ。ガスケットはがしスプレーとかも使って。
じゅうぶんきれいでしょ?これ以上落とす気なし。1ヶ月も運転すりゃ、また黒くなるんだし。

つ-ことで、子メタルをはめます。

3つのピストンの重量あわせとか、しない。
レーシングカーじゃあるまいし、下駄車だからいいの。これで。

ピストンリングコンプレッサーという道具でリングをぎゅうと締め込み、ブロックに押し込む。

その前にシリンダー内にはオイルを塗ってね。
なんでも挿入しとうとするときは潤滑が大事(笑)

ここの位置決めを全周しっかりみておかないと、リングがひっかかってすんなり入らない。
以外に難しいですよ。

すべて収まるところに収まりました。

次はクランク入れて、ピストンに接続します。

スマートK エンジンOH6 バルブすり合わせ2015年08月30日 13時48分47秒

シリンダーヘッドのバルブすり合わせをします。


IN側、すり合わせ前の状態。
矢印の部分1周、荒れていますので、バルブコンパウンド(細目)ですり合わせます。

すり合わせ後。
すりガラスみたいに灰色になりました。

次はEX側バルブ。
身の部分のカーボンはすでに落としてあります。
マルで囲った当たり面1周・・・う~む、ひどいまだら模様・・・。

コンパウンドを付けたし付けたししながら、10分ほど・・・カンカン、シュリシュリ・・・・

EX側、入念にすりあわせ後。 まだら模様はなくなりました。

続いて新しいバルブステムシールを用意。

専用ツールでぐいっと差込み、10ミリソケットで軽くたたいておく。
このあとスプリングシート設置、バルブを刺し、スプリングを置いていきます。

スプリングはペイントのあるほうが下側でした。

バルブスプリングコンプレッサーでスプリングを押し下げ、バルブのコッターをいれる。
これを3気筒分繰り返し、バルブの組みあがり。

ここで裏返して古いプラグを装着。
1気筒に2本のプラグがスマートの特徴。

エンジンオイルを満たし、このまま一晩放置で、オイルが各ポートやプラグホールから漏れてきてないことを確認します。(密閉度の確認)

次はピストン挿入へと参ります。

スマートK エンジンOH5 パーツ到着2015年08月26日 07時33分23秒

ヤナセさんからのパーツ購入。しめて7,676円。


イギリスのPSFパーツから部品が届きました。
送料込みで6万円なり。ネットで発注してから5日って早くない?

タイミングチェーンとガイドレール、レールテンショナ。

親子メタル。

ヘッドガスケットとヘッドボルト。

バルブガイドシール。今回一番交換したかったところ。

そしてピストンリング。
またもやGOETZE(ゴーゼ?ゴッツエ?)製品。BMW2002にもこいつが入ってます。

スマートK エンジンOH4 腰下分解2015年08月23日 23時02分40秒

スマートのエンジン、腰下をばらしていきます。
エンジンをさかさまにし、ボルトをはずしていく。
画面に見えているパーツ全体で。クランクシャフトを固定している。

オイルポンプもはずしておく。


四隅にこのようなキリカキ部分があり、はがしやすい。

外れました。

クランクシャフトがあらわに。

コンロッドのキャップをはずす。

そんなにひどいわけでもないですね。

ところで、コンロッドはこのように「割ってある」のに驚いた。へ~え・・・
ボルトで締めれば、ばっちりつなぎ目がわからないという・・・

おろしたクランクシャフト。

メタルに問題なしですね。

こういうメタルも2枚入っていた。忘れずに。

ピストン抜きました。

そんなひどいわけでもないか・・・
でも一番下のオイルリングは固着でしたね・・・
まぁ、ピストンリングは全部交換します。

このあとは、ひたすらパーツの洗浄・・・写真なし。・
サンエス-K1 溶液が活躍しました。

ライナータイプのシリンダー。

特にひどいカジリもなし。

ボーリング加工の必要なしですかね


アルミ製のブロックはガスケットのかすなどをとった後、耐熱塗料で塗装しておきました。

次回はシリンダーヘッド編です。

スマートK エンジンOH3 燃焼室状態2015年08月21日 06時55分10秒

スマートのエンジン、シリンダーヘッドをおろしました。

さて、1番シリンダーの状態。
うおお!すごいカーボンです!
うっっひゃ~~
ここまでとは・・・
オイルがだいぶ燃えていたようで、ピストンのカーボンがデトネーション寸前でヘリの部分のカーボンが燃えきったのか、白くなっています。

2番。

3番。


シリンダーヘッド全体。

ブロック側。
1番のカーボンかすが異常です・・・

いや~、まさにOHすべきエンジンです。
これからさらにばらしていきます。

・・ところで、うちのデスクトップパソコン(中古で買ったHPのワークステーション)の調子が最悪。
ここのところ、いきなりシャットダウンが頻発しています。
この記事もサブのノートPCからのアップ。
そろそろ 買い替えか・・・

スマートK エンジンOH22015年08月17日 23時08分31秒

チェーンガイドレールをとめているピン2本を抜きます。
スライドハンマーが必要ですが、そんなものはない!


なので、それらしいスライドハンマーを自作。700円。(ライターは関係なし)
丸いおもりは、納屋の隅っこにあった、米袋をはかる「さお秤」のおもりです。
(あ、画像ではもう、ピン((左端の棒)が抜けちゃってますね)


これこれ。M6ねじをピンにねじ込む。 450円もした・・・

こんな感じでピンにジョイントM6をねじ込み。
軸は、ガンガンとおもりでショックを与えるので、太めにと思い、M8のねじ棒にしました。
それでM6→M8の変換ジョイントが必要になったわけ・・・。

おもりでがんがんスライドします!!
3回ほどで、アッサリぬけた左側!よっしゃ!

これが抜けたピンです。

しっかし!
左側ピンは、相当な抵抗を示した!
ガンガンガンガンおもりでショックを与えても、一向に抜けないっ!
コノヤロ~~~!
ガンガンガンガン!
そして、ついに!・・・
ねじが折れた・・・!・・・  (というか。ちぎれた)
・・あうっ・・・

で、でも大丈夫・・・スマートの神はにしやんを見捨てなかった。
折れたネジは、ポンチでつついたら、抜ける方向にかんたんに回り、すんなり取れたのでした・・・
よかった~~~~

冷静になるべく、一服。
しょうがないので、ここのピンは取りあえず強引に抜かないことにした。
つまり左側のガイドレールは交換しないことになった。


気を取り直し分解をすすめる。
ガイドレールに張りを与えるテンショナーを外した。

タイミングチェーンも外した。このあとは、ヘッドを降ろすまで、ぜったいにクランクをまわさないこと。ピストンとバルブがゴッチンコしてしまうので・・・
・・・ぷらん、とぶらさがった黒いガイドレールがくやしい・・・あのピンが抜ければ、これもとれるのに・・・

チェーンにオイルをさしているオイルチューブも外す。

オイルポンプのチェーンに張りを与える“マガタマちゃん”も外した。
ついでにオイルポンプのチェーンと、左にちらっと見えているオイルポンプのスプロケットも外した。

そしてヘッドボルトを外す。
当然ですが、かな~りきつくしまっていました。

こうなれば、いよいよシリンダーヘッドとエンジンブロックの分離です。
燃焼室内がどうなっているか・・・
楽しみ?いや、こわい?
・・・・・・・・・・つづく

スマートK エンジンOH 12015年08月09日 21時33分08秒

E18ソケット(1/2)が届きましたので
エンジン降ろしのまえに、クランクシャフトプーリーを緩める。
E18ソケット(3/8)は手持ちであったのですが
ここは1/2スクエアのソケットでないと・・・と思いまして。
延長のパイプで、ぐっと押すと、パキン!と音がしてアッサリ緩みました。

あとは、前、左、右のエンジンマウントを緩めたら、このようにエンジンが降ろせます。


配線類はのこしておきます。

ミッションを切り離し。

ドライブプレートとクラッチユニットを切り離し。3箇所のボルトで止まっていた。

ドライブプレートも切り離し。

エンジンスタンドに乗せたところです。

エンジンをひっくりかえし(ここがエンジンスタンドのいいところですね)
オイルパンを取り外すべく切り込んでいきます。
液体ガスケットですので・・・

オイルパンを取り外したところ。

ここでまたエンジンをひっくり返し、メインプーリーを右に回し(エンジンの回転方向)、
1番シリンダーのTDCを出す。ここの位置。

カムスプロケットはこうなっている。1番TDCで2コの小さな穴がヘッド上面と水平になる・
スプロケとチェーンに合いマークをつける。

ここで冒頭で緩めておいたクランクシャフトプーリーのボルトを外し・・・
(正ネジですね)

プーリーを外し、これも外す。さびてます・・・


フロントカバーも外したら、オイルポンプのチェーンとガイドレール、テンショナーがありました。
スライドハンマーがないので、ヘッドが外せず、この先進めません。

クランク側にも合いマークをつけて、今日はここまでとしました。

あっちい~~

スマートK_エンジン回り止めツール2015年08月08日 17時11分43秒

エンジンのクランクシャフトプーリーのボルトを緩めるため、
スターターの取り付けホールから、フライホイールの回り止めをします。
画像のように19ミリディープソケットがばっちりはまるのですが、この状態でクランクシャフトプーリーを緩めよう力を入れると、このソケットがずれて外れそうになりますので・・・・

回り止めのソケットが動かないようにするスペシャルツール(笑)を自作!
これで動きませんね。
これておもいっきりトルクかけることができます。

しかしまだボルトを緩めるE18ソケット(1/2)が届きません・・・

このボルトは、車の構成部品の中で一番高トルクで締まっているのではないでしょうか。
次にきつくしまってるのは、車輪のハブボルトかな??
どっちにしても普通のハンドツールじゃ、かんたんに緩みませんので、工夫が必要です。
自動車工場などでは、高トルクのインパクトレンチで一発なんでしょうが・・・


6000円で届いたエンジンスタンドも組み立てなくては・・・


フ~  あついので このへんにしときます。

スマートK エンジンOH 1 エンジン下ろし2015年08月02日 12時35分05秒

エンジンを降ろすべく、いろいろ外していきます。

ドライブシャフトを抜き、冷却水を抜く。
マフラーやエキマニを外し、各種コネクターを外し、インマニも外した。
残すはエンジンマウント3箇所だけ。

すぐにでもエンジンが降ろせるが、ボディに固定されているうちに
キイロ矢印のクランクシャフトプーリーのボルトを緩めたい。
これが激硬く締まっているから・・・。
このボルトを緩めるE18ソケット(1/2スクエア)を購入しておかねば・・・
さらに、クランクの回り止めをするための治具もつくっておこう。
下図のようにディープソケットをかませだだけでもいけるとは思うが、
力をかけたときに外れそうなので・・

いずれにしても また来週です。
8月は仕事が忙しい時期ですから、週末のみ、バテないようにゆっくりやって、
エンジンOH終わるのは、9月末ごろになりそうかな~

スマートのエンジンがかからない 32015年08月01日 21時24分49秒

外したスターターは正常だった。
じゃあ、イグニッションコイルと点火系にエンジンがかからない原因があるのではないか。
ダイレクトイグニッションコイルとプラグを外してみることに。

で、排気側のプラグコード(スマートには、ひとつの燃焼室にプラグが2本ささっています)
を外すと、プラグコードの先端にオイルがべっとりと!

なんでこうなるか!?



排気側プラグホールを覗くと、オイルが溜まっている・・・。
溢れて、下側にも漏れ出した痕がある。
上のヘッドカバーからオイルが漏れてきて溜まったわけではなさそう・・・。(老いるだれの痕がない)
となると・・・?燃焼室からオイルがにじみ出てきている?
プラグはそれなりに締まっておりガタはないが?(大腿、ガタがあると、エンジン音とともに、カカカカ!と音がして圧縮漏れするはず。マルニで経験済み・・・

とりあえずコイルとプラグを外しました。
1番プラグを緩めるとき、ゆるかった気がする。
で、IN側のプラグホール(垂直の穴)に、オイルたまりはなかった。

すすと、プラグがこの状態・・・!!!すごいデポジット!
かな~りのオイルが燃えたようす・・・。
こんな酷いのは、はじめて見ました!

2番は・・・

3番・・・

結局、3つある燃焼室のどれにも、かなりのオイルが進入してるようです。
特に1番がひどい。
さて、燃焼室にオイルが異常に入ってしまう原因は・・・
オイル上がり (→エンジンの腰下OHすべき)
オイル下がり (→エンジンの腰上OHすべき)
ターボチャージャーの関係 (ターボチャージャーなどの点検)

これは面倒なことになってきました・・・

スマートのエンジンは横から見て、こんな風に横置きされてるので
EX側のみプラグホールにオイルが溜まるのはこういう理由?
水平に近いプラグホールです。
オイル上がりとオイル下がりが同時に起こっているかも???

昨日までは、スターター&イグニッションコイルのヒューズが切れるのは
コイルの内部でのショートあたりが原因かと思っていたが、
コイルには特に問題はなかったということもありうる。(見た目ではわかりませんが、特に熱等でふくらんでいるところは見受けられない)抵抗値も3つとも同じなので・・・


う~ん・・・と、暑いガレージの中でグリーンダカラを飲みながら悩んでいると、
天井のツバメが言った。。。。

・・・・ツバメ先生・・・・


ちょうどそのとき、
先日ヤフオクで落札したイグニッションコイル3個セットが宅急便で届いた・・・
また、ムダ買いしたか?・・・・