BMW2002tii ボディのメタルワーク2 右フロア下切取2024年05月06日 13時46分47秒

フレームチューブは2階建て構造になっています。
今日はその1階の部分(やじるし部分)、30~40cmあまりの
サブフレーム取付部のチューブの中を点検します

端っこを切除。
これは点検口ですな。 (あとでまた溶接するので問題なし)

ここは取り付け剛性が必要だから 結構厚めの3mmぐらいの鉄板で作ってあるね。

中はゴミと埃だらけ・・・2階部分に続く丸穴からこんなゴミが入ってくるんだな。。。


ブラシを入れてエアブロー後。きれいになってます。^^
上に見えるのが2階部分につながる丸穴だ。
ほどんと 錆もないですね

筒みたいなのは 下側からサブフレームを固定するためのM10ボルト用のものです

この中は 浸透性防錆剤「ノックスドール750」あたりを吹いておけばいいだろう。

ノックスドール750。 
全方向噴射できる特殊噴射ノズルで 奥まったこういった箇所の防錆処理に最適


続いてこの箇所の加工します

バンパーの取付ステーが 2本の角根ボルトで取り付けられる箇所ですが
前側のボルトの取り付けが非常に苦労するところなので・・・

ボルトの突出しに ステーがつっかえてしまって 
取付や取り外しに難儀するんだよね・・・
ステーを差し込む穴を 黄色ラインまで削って拡大する。
これでバンパーのステー取付では 苦労もなくなるでしょう。
経験から来る特殊メタルワーク加工。^^


次。
Aポスト下部の錆穴切除
この程度の錆なら問題なし。
あとで防錆処理の後 溶接でふさぎます

いろいろと切ったり削ったりするのに
ディスクグラインダーを多用します。
いちいちヘッドを付け替えるのが面倒いので
今回、ヤフオク!で日立のG10補径シリーズを、中古で3本、買い足しました。
作業性抜群です^^


新しいフロアパネルをあてて どのあたりで切ればいいか検討中



おまかに 右のフロアパネル、カット開始!

ぷら~ん

ハイ切れました 
カットにはノリタケのスーパーリトル1.0。
よく切れるので いつもこれを使ってます。
1台のメタルワークやんのに10枚あればいいかな。


サイドシルのフチにスポット溶接された「みみ」の部分は後日取りましょう。
タガネをあてても なかなか取れん・・・
スポット溶接されてるので 剥がすのにスポットカッター必要かなぁ・・・
パーツ代だけじゃなく、こういった加工消耗品も 必要経費としてかかるのです・・・



フロアパネルから前側への立ち上がり部分も錆がひどく 切り取りました
このあたりは 新たに鋼板を切り継ぎの溶接しなくちゃなりません

助手席足元の けりあがり部分 
こんな感じになっちゃいました。

新フロアパネル形状に合わせて さらに精度高く
フロアをミリ単位でキリトリしなくてはなりません。
今日はここまで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分のマルニ(1974BMW2002キャブ4MT)も
8年ぶりの公道復帰を目指して
車検取得に向けて 空いた時間に少しづつ整備をしています。
詳細はまたそのうちに^^

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック