BMW2002A クーラー取付4(コンプレッサーブラケット製作2)2021年06月06日 20時49分21秒

ブラケットづくりの後半。
ベルトの張りは、アイドラープーリを使うことにした。
ヤフオクで入手した何かの車のプーリーを流用。


アイドラープーリーはねじ式で位置調整できる。→ベルトの張りを調整できるテンショナーの役割。


コンプを組んでベルトをめいっぱいに張った状態。
こんな感じにベルトを貼る。
アイドラープーリーがないとベルトがぶるぶると振れることがあるため。
じっさいはプーリーはもう少し、1cmほど下の位置になると思う。今の位置はコンプに近すぎる。
ファンベルトのサイズは バンドーシルバーS BANDO RAF2280 を使用。


コンプの下側は固定ステーを点付け。

ブラケットの仮組完成。

あとは全体を溶接してがっちりとしたもの補強し、塗装する。
クーラー取付のヤマ場は乗り切った・・・と思う。

コメント

_ T師匠 ― 2021年06月08日 04時09分33秒

ブラケット製作、お疲れ様でした!
これだけ厚みのある鉄板を加工するのは大変だったでしょうね。

_ にしやん ― 2021年06月08日 05時22分48秒

T師匠 ありがとうございます!鉄板の厚みは、悩みました。結構負荷がかかると思ったのでゆがみやたわみを考慮して、6ミリじゃなくて9ミリにしました。厚いだけに、ディスクグラインダで鉄板をカットする手間がかかりましたが・・・。
小型のコンプレッサーなのでややオーバースペック気味ですが、将来、別の中型コンプレッサーに交換することも考えて、結果良かったとのではないかと思っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック