リアマフラー作り2008年03月25日 22時05分35秒

もともとこのマルニには純正リアマフラーはついていませんでした。
ミニ用のセンター1本出しのマフラーがついていて、リアのマフラーカッター部分がバンパー下のリップに当たってリップが曲がってしまっている状態でした。

おまけに、マフラーを吊るためのハンガー部分が無くなっていて
なにやら溶接でくっつけた跡が。
で、なぜかトランクのなかに入っていたANSAの古びたマフラーがあった。
穴空きなどは無く、もうちょっといけそう、な感じ。今回はこれをちょっと改造して使います。ANSAはちょっと音がうるさめというイメージがあるのですが、車検には通るんだろうなぁ?実際の音は聞いてみないとわからないし。

切ってみると、元々中に入っていたグラスウールらしきモノは半分以上が無くなっていた。さびさびですしね〜
ちょっと音を押さえる為、中に消音効果を期待してセラミックウールをつめる。電気窯を作った時に余ったウール。グラスウールと違ってちくちくしないし、よほど耐久性はあるかも。
このあと溶接作業。シングル出しでつないでみた。リアのタイコから10cm程短くしたのでこれならリアのリップに当たることもないでしょう。