ギアボックス搭載2008年03月03日 20時25分31秒

マルニをジャッキアップしたらギアボックスの搭載。
車下にもぐり、ギアボックスをジャッキなどで前後から上げていく。
ミッションジャッキなんか、ないからね
シフトレバーの穴からロープで後端を吊ったりしてエンジンに近づけていく。
エンジンに近づくにつれ、アクセルのリンケージとシフトフォークが当たる事に気づき、アクセルリンケージ、ついでにクラッチのスレーブシリンダーも外した。これでスペースが出来てエンジンと合体しやすいだろう・・・

ジャッキであと5センチ、というところまで調整しながら上げたら、最後はミッションの下に身体を入れて、腹ジャッキ!の技で うおっ、うおっ、と押し!突き!
・・・しかし、最後の最後、つっかえて入らない!ミッションは重いので、あまり連続攻撃もできず、休み休みにトライ!
やっぱ入らない。
クラッチ板が回ることからスプラインの部分までは入っているらしいが、あと数センチと言った感じ、やっぱりフライホイールのパイロットベアリングにミッションのシャフト先端がピシッと入らない感じ。
ベアリングの内径は12ミリの。多少のずれでも入らないからミッションをゆすったりエンジンのマウントを緩めたりでトライトライ!
ガレージは寒いのに、も〜う、汗だくです。
最後の1突き!すこっ!入ったぁ!!ふぁ〜〜〜〜
「おしっ、ありがとっ!」と無意識に言葉が出てそれがおかしくて自分で笑った。f(^_^;
ボルトを数本締めて、ミッションマウントも取り付けて、ようやくエンジン&ギアボックスがボディに取り付けられました。
こりゃあクラッチ板の交換とか、たいへんやなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック