エンジン分解07_メインベアリング2007年10月27日 07時12分56秒

さてクランクシャフトにかかります。
まずベアリングキャップと呼ばれるクランク軸(メインベアリング・クランクジャーナルという)を固定しているパーツを5つ外します。ナットを緩めて、慎重に外していくと、ついにクランクシャフトが取り外せます。重い〜〜

さてこのクランクシャフトの軸(ジャーナル)を固定するベアリングキャップにもプレーンベアリングが使われています。同様にブロック側にも。これをクランクシャフト・メインベアリングといい5個あります。別名親メタルとも言われています。
これを取り外して並べたのが下の画像。
1、2、3番のキャップ側の擦り減りが目立つね〜。メタルの地金が出ています。他はそうでもないかな。
ここのオイルクリアランスは0.030~0.068mmの範囲とのことで。
ここも全トッカエするトコロかな

3番のメインベアリングはちょっと他と形状が違っていますね。両側にツバのようなものがありますが、スラストベアリングですね。つまりクランクシャフトの長い方向のガタをなくすようになっているのでしょう。すり減れば、当然ガタも出てくる訳で、重要なパーツであります。

いやはや、親、子、揃ってメタルがこの状態ですからね、実にオーバーホールしがいがありますよ・・・。
次はシリンダー内壁のチェック。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック