トランスミッション取り外し22006年11月26日 21時49分49秒

 接続関係も外し、ミッションマウントも外し、さ〜っ、取り外し、と、思ったらクラッチシリンダーのブレーキフルードのチューブ忘れてました。これ、かなり硬化してるチューブだったので、交換するべく、途中でニッパで切断。
途端にリザーバーからの落差なのか、ブレーキフルードがぽたぽた〜〜と落ちてくるはめに。むおお〜またゴザが汚れる〜〜〜 ねじ箱から適当な太さのねじを突っ込んでおきました。

 さて、どっこらしょっと、とりはずしたBMW2002のトランスミッションです。
昔乗ってたE30の摩耗したシンクロリングを交換したときのGETRAG260を思い出します。RobertBentleyのマニュアルを見ながら分解組み立てしました。マニュアルさえあれば、なんとかなるもの?
この2002のミッションはGETRAG245というのだったかな?
こちらも、しばらくはどこか納屋の隅においておきましょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック