BMW1502エンジン腰下OH37 エンジン始動2018年03月25日 20時17分31秒

エンジン始動のために昨晩から充電しておいたバッテリを乗せる。

冷却水も入れました。

各部点検して、プラグをつけて、さぁ、エンジン始動!
と、なかなかエンジンがかからない・・・。
燃料系か? 圧縮か? 点火系か?

いろいろ調べてみたら、原因はデスビの位置がかなり遅く点火する位置に組みつけてしまっていたことだった。どうも、デスビを差し込んで組み付けたときに、ギヤ歯1枚分ほど「位置がずれて」いたようだ。
こう書いたら、1時間ほどで原因がわかったと思われそうだが、実際は、悩みに悩んで。1日かかった。(笑)

こちらはようやく正しい位置に装着したデスビとローター。
しかし、なんでずれて組みつけてしまったのだろう?
たぶん、・・・たぶんだが、ローターを正しくシッカリと「嵌め合いに」はめ込んでおらず、少しずれた位置ではめ込んで、そのまま位置合わせをしたのではないだろうか。
だとしたら、とんでもないうっかりミスである。
人災ミスでの事故などは、こういったところから起こるんだなと実感・・・ ハァ… 

ついでに、ポイントのギャップも0.4mmで再確認!

デスキャップも新調した。 白いテンテンはプラグコードの気筒の番号。

キーをひねる手に全身全霊を込め、エンジン始動!
どる、どる、どるるるるー~ん♪
こんどは、ちゃんと、かかりました。^^
何重にも塗装したファンブレードが赤ぁく回っています。


すかさず、点火タイミングをタイミングライトで確認。
ミッションベルハウジングにある小さな覗き穴から、1番シリンダーの点火時期をあらわすフライホイールに埋め込まれた「スチールボール」が確認できました。これでよし。
しかしこの穴、なかなか簡単には確認できない位置にあります。


さて、エンジンをかけている間、キャブの調整をする。
ミックスジェット、メインエアジェット、アイドルストップスクリューm加速ポンプ。
いろいろいじって、「いいところ」を探します。
オイルや水漏れがないかも確認。
LLCもサブタンクも含め7リットル入りました。サーモスタットも開いて大丈夫。
エア抜きは必要なし。
ヒーターブロワも効いて、室内あたたかくなった。ヒータコアにもLLC回りました。

なんやかやで30~40分アイドリング。

エンジンを止めたら、ほっと一息、といきたいところですが、まだ大事なことがある。
熱いうちにヘッドカバーあけ、ヘッドボルトの最終角度締めを行うのです。

熱くなってボルトが膨張したうちに、20~30度の角度締めをしなければなりません。
冷間時は35度の角度締めしているから、トータル55度になりますか。
自作の角度確認ツール((笑))で、順番どおりに10本しめました。


さて、ヘッドボルトを締めたら、その分、シリンダーヘッドが「沈む」ことになりますので、ここで、ヘッドのフロントアッパーカバーを本番取付します。これまでは紙ガスケットのみの仮付けでした。
本番では液体ガスケットを併用。特にヤジルシの角隅部分からオイル漏れの可能性が高いので、しっかりと塗る。

アッパーカバーにも液体ガスケット。

下、サイド、かたよることなく、均等に徐々にしめていきます。

液体ガスケットがこれだけはみ出してればOKでしょう。
このまま、24時間放置で固まるのを待ちます。

ここではじめて新しいヘッドカバーガスケットを乗せます。


次にエアクリーナーボックスの塗装にかかる。
うすくサビが浮いてみずぼらしかったので、ヘッドカバーに合わせ、マットブラックに塗装した。。

完全乾燥待ちきれず、指触乾燥状態でエンジンに搭載。
うん、ヘッドカバーもマットブラックなので、いい感じになりました。
エアクリは面積がでかいので、綺麗に塗装すると、みちがえるように見栄えがよくなりますね。


ちなみにこちらが、エンジンOH前の画像。


このあと、1502のオーナーさんが尋ねてこられたので、二人がかりでボンネットを搭載。
マルの部分で微調整をして、チリを合わせたり、しまり具合の調整をしました。


ようやっとエンジンのOHは終了です。
2017年12月1日に入庫したので、週末だけの作業で約4ヶ月かかったことになります。



とはいえ、まだ作業があるのです。
オーナーさんの依頼で、フロントのスプリングをノーマルにもどす。(現在フロントはショートタイプが入っていて、この1502、若干前傾姿勢なのです。)
これはまた、次の休みに。今日はスプリングの塗装をするまでにしておいた。


そのあと、クーラーのコンプレッサーを交換し、ガス注入となり、フロントブレーキもOHすれば、完全に終了という予定で4月上旬に車検を通し、公道復帰の予定です。

BMW1502エンジン腰下OH36燃料ホース取回し2018年03月21日 19時58分25秒

21日、春分の日は朝から寒かった!
町内会で 用水の江ざらいをして直会が終わったのが午後2時。

残ったこまごました作業をすすめます。
燃料ホースやバキュームホースの取り回しを行いました。
整理してスッキリさせたつもり。

下の画像は以前の取り回し。
白い燃料フィルタは取り外した。(すでに燃料ラインに1個あるので)


ガソリンの流れ。
この1502にはダイアフラム式の燃料ポンプがついている。


ついでにキャブの配線や、バキュームホースの取り回し。


こちらはセルへのぶっといプラス配線。
赤で目立つように。

バキュームホースにつながる、チャコールキャニスター取付。

バキュームホースでBMWマークを隠さないように。コレ大事。(笑)

ウオッシャータンク取付。


LLCのサブタンクと、エアクリーナーケースを取り付けて、完成!!
プラグコードはまだ接続してませんが。


手前のブレーキフルードのタンク、だいぶ黄ばみがかってきてるから、新品にしたいなぁ・・・


う~ん・・・こう見ると、エアクリーナーケースもマットブラックで塗装したくなってきたなぁ・・・

火入れは3月中に行いたいです。
そのあとは、フロントストラットのスプリング交換です。


追記・・・・
小型の燃料フィルタを2個追加です。
シースルーでゴミが見えやすいかも。

燃料ポンプ手前に1個。


燃料ポンプ後にL型を1個。


BMW1502エンジン腰下OH35キャブレター搭載2018年03月18日 19時05分52秒

1502のソレックス・2バレル・キャブレター。


キャブをばらしていき、細かな穴などをキャブクリーナーで洗浄、エアを通しておきます。

オートチョークのダイアフラム。

加速ポンプ。

そのほか、点検し、組んでいきます。


キャブをインマニにのせました。
燃料ホースなどはまだ接続していない。

完成までもう少し!


BMW1502エンジン腰下OH34ラジエターのドレン加工2018年03月17日 21時55分53秒

この1502のラジエターだが、下部にLLC(ロングライフクーラント)のドレンプラグが無いのだ・・・。
うちの2002には、ちゃんとドレンプラグがあるのに。
ドレンプラグがないと、LLC交換の際にラジエター内のLLC抜きにちょっと困る。
そこで、今回、ドレンプラグを作ることにした。
マルで囲った部分にドレンプラグを新設する。



ラジエターのフネは真鍮製なので、同じく真鍮製のボルトとナットを用意する。
この位置辺りか。

穴あけ。


板金用の半田とフラックス、半田ごてとバーナーを使用し、ナットをつける。

ネジ山部分にハンダがまわってしまったので、タップをたててハンダをさらったあと、
ドレンワッシャをはめてボルトを締める。

これでよし。

漏れ試験。

今のところ水漏れはないが、ラジエターには実際には圧力がかかるので、今後、この部分からLLCがもれてきていないか、にじんできていないか、注意して運転してほしい。

塗装。

ラジエターキャップも交換。
しかし、新のほうは、ツメの折り返し部分がごらんのように古いものよりもはるかに小さく、ラジエターの口に嵌まりにくかった。今後、このキャップをあけたあとに嵌める際は、しっかりはまっていることを確認しなければならないだろう。

ラジエターを取付完了。


次はキャブの分解清掃と取り付けです。

BMW1502エンジン腰下OH33オルタネータのブッシュ交換2018年03月17日 21時17分29秒

オルタネーターを取り付ける前に、ブッシュを交換しなくてはならない。
ごらんのように、ブッシュが経年劣化で硬化変形し、ボルトが直角に立たない。
ボルトがななめにずれているのがわかるだろうか。


ここのブッシュは消耗備品なのだ。

新しいブッシュに交換する。

取り外した古いブッシュ。なかなかかたくなっていて、取り出しに手間取った。

新ブッシュをはめた。これをオルタに入れる。

このように嵌めた。

リングをはめて、これでよし。

ボルトと直交している。これでいい。


オルタネーターのステーのブッシュ(丸い部分)も劣化していたので、新品に交換する。

ココです、ココにそのブッシュが2枚ある。

オルタネータを組み付ける。

ウォーターポンプにプーリーをつけ、ファンベルト、ファンブレードも取り付け。
ファンブレードは薄汚れていたので、赤スプレーで何重にも塗装しておいた。
綺麗でしょ。
ファンブレードは高速で回転するから、そのうち塗装もすこしずつはげてくるかもしれない。



ファンベルトを張る。 
ブッシュを交換したので、オルタのプーリーに対してベルトがきちんとかかっている。
これでよし。



次はラジエター。
ちょっと加工を加え、取り付けることになる。


BMW1502エンジン腰下OH32 スターター、インマニ、ウォーターポンプ取付2018年03月12日 21時31分06秒

続いてスターターを取り付け。
配線も行います。

インマニのガスケットを4箇所おき・・・

ワイヤブラシで掃除したインマニ。

インマニと水温センサハウジングの取り付け完了。

ウォーターポンプ取付。
アッパーカバーのガスケットがはみ出しているが、コレは仮のガスケット。
エンジン火入れ後にヘッドボルトを温感で角度締めするので、一度外すことになるため。
角度締めをするとヘッドが少し沈むので、その後、アッパーカバーを液体ガスケット併用でしめなおす。


ウォーターポンプはけっこう出っ張ってるので、エンジン搭載のときに前にあるクーラーのコンデンサに接触していためないようにとの気遣いから、エンジン搭載後に取り付けとした。


だんだん エンジンルームらしく なってきましたよ~~!
黒のヘッドカバーは、やっぱひきしまりますね!

ちなみにこちら↓がOH前の写真です。





BMW1502エンジン腰下OH31 エキマニ、デスビ取付2018年03月11日 19時14分33秒

エンジンを搭載してからしばらく手付かずだったBMW1502。
仕上げにかかります。

クランクプーリーナットをまだ締めていなかったので、左端に写っている道具で締めます。
これはエンジン搭載後に締めるのとにきめていた。

ソケットのコマをかませて リングギアに周り止め。
これでクランクが回らなくなる。

長いブレーカーバー+鉄パイプで延長し右方向に締める。約30度の角度締め。

取り外し前につけておいた印と合えばOK。(見えにくいので手鏡でみています)

続いてエキマニを取り付け。
ますはガスケットを入れる。

新しいナットで締めていく。

裏側も締めた。4番シリンダーの裏側が最も手が入りにくいところ。

遮熱カバーも取り付け。こちらも耐熱シルバーで塗装済み。

続いて車体下。
マフラーサポートの取り付け。

この過程で発見。
ミッションマウント、変だぞ。なんだこれ??
まさかちぎれたマウントをホースバンドで締めている?
今後は ぜひ新品に交換してほしいところ。

そして、プロペラシャフトの中間にある、センターサポートベアリングのゴム部分もだいぶ劣化が進んでいるのがわかった。いますぐどうこうしけなればならないことはないけれど、ここもミッションマウントとセットで速めに交換したいところ。
マフラーのダウンパイプ、中間マフラーのさびも結構進行しているので、
次の車検にはこれらのパーツとともに一緒に交換したいところだ。




シリンダーヘッドにヒーターホース接続。

ディストリビューターのオイルシールを交換。

このオーリングがだめになると、デスビハウジングからじわじわとオイルが漏れてくるようになる。

ローターも新品に交換。

デスビキャップも新品に交換。

バキュームホースや、配線、オイルプレッシャスイッチの配線をする。

BMW1502エンジン腰下OH30エンジン搭載2018年02月25日 20時52分07秒

いよいよエンジンを載せる。

エキマニは、最初からエキゾーストパイプにとりつけておく。
パイプと接続する3つのナットがあるんだが、エンジン搭載後は、とっても締めつけにくい場所になるので、レンチを振るうスペースがあるいまのうちに、つけておいたほうがはるかにラクなのだ。

耐熱塗装済みだからキレイ~

さぁあげるよ~~

ここでオーナーさんがエンジンルームの掃除をしたいからと、しばし中断。

エンジンの下に車をもってきます。

ちょうどこんな位置かな。

1本ワイヤで吊ると、エンジンの角度が変えられず、スプラインを差し込む「エンジンとミッションの合体」には難儀するだろう。

こういう、ハンドルでエンジンの角度を微妙に変えられるエンジンハンガーがあるといいなと思った。

エンジンを押したりひいたり上げたり下げたり揺すったり、こんどはミッションを上げたり、エンジン側をジャッキで支えたりして角度を変えるなどして、あーでもないこーでもないとオーナーさんとしばし格闘。
なかなかすんなりとはいかないな~。
そのうちオーナーさんが用事で帰ったので、あとはひとりで奮闘。
5時前には、なんとか合体できました。
エンジンマウントも取り付け済み。

ミッションとエンジンの結合ボルト

黒いヘッカバーが、インカオレンジのボディカラーと対になって、いいですね!
メッチャ、パワフルなエンジンにみえますよ。(ノーマルだけど (笑))

ふぅ~~ 
これでようやくメインのエンジンが載ったので、あとはこまごまとパーツをつけていくだけとなった。
あと、正味6~8日の作業ってところか?エンジン火入れは4月になってしまうな。。。

BMW1502エンジン腰下OH29クラッチ板修理と取り付け2018年02月25日 19時47分56秒

クラッチ板のダンパ・スプリングが折れてしまっていたのでクラッチ板を新品に交換したいが、時間もなければお金もない・・・。今日エンジンに取り付けてエンジンを搭載しちゃいたいのだ。

ここはいつものDIY精神で乗り切ろう!!
ということで、手持ちの使い古しのクラッチ板を引っ張り出す。
軽トラ、スマートなど、・・・捨てずに取ってあったもの。


おお、軽トラのスプリングが、サイズ的にも近いぞ。

こいつを移植して使おうということ。
ディスクグラインダでカットして取り出し。

このケートラのスプリングをココに移植するセコセコ計画なのだ。
若干スプリングが細身なようだが、折れてるももよりはましで大丈夫だろう。

まずは、1502の折れちゃったクラッチスプリングを切除して取り出す。2箇所も折れてるかー。

ケートラのスプリングに若干の加工。ワッシャを1枚溶接して、若干長くしたかった。

はめてみる。狙い通り、いい感じだ。

あとは、スプリングが飛び出さないようにここを溶接してしまうのみ


本溶接完了。

研磨し、サビ止めの塗装。

できた。

うん。 ・・・つかえるでしょ?スプリングは飛び出さない。

さっそくエンジンに取り付けだ。
まずはフライホイールの取り付け。ロックタイトとトルクレンチで規定どおりに締める。

次にクラッチセット。

まず、クラッチ板をセンターアライメントツールでクランクに仮固定。これで中心がでている。

このまま、クラッチカバーをクラッチ板に押し付けて、6箇所をボルト締めすれば、クラッチ板はセンター位置のまま固定される。
このクラッチ板のセンターにあるスプラインに、ミッションのインプットシャフトを差し込めばエンジンとミッション合体だ。


ではエンジンにワイヤをかけて。チェーンブロックの用意。

これでエンジン搭載の準備完了だ。
じゃーエンジン吊り上げるね~

BMW1502エンジン腰下OH28クラッチで問題アリ2018年02月24日 20時32分14秒

エンジン搭載に向け、いろいろこまごま作業を進める。

デスビのハウジングの取り付け。

エンジンマウント・サポートの取り付け。右も左も。

センサーハウジングのガンコな汚れをサンドブラスト。

ブラストできれいになったあとは、シールコートを吹いておいた。


エキマニの取り外し。

シルバーの耐熱塗料で塗装。廃油ストーブの上に吊って乾燥中。

焼付け塗装みたいなモン。


エンジルームでは、サブフレームの油汚れをシンナーで洗浄し、防錆ブラックをハケ塗装。

バッテリトレイ、フロント下部の裏側も。どちらも02シリーズではサビやすい箇所です。
塗った箇所は、いずれもエンジンを載せればほとんど見えなくなる場所です。
でもそんなところが、サビてくるんだよね。


ミッションのベルハウジング内をシンナーで吹き掃除。 滅多に掃除しないからよ~、ここは。

クラッチのリリース・ベアリングとフォーク。

フォークはクラッチマスターシリンダにあてる。 この箇所、グリスを打つ。

外して点検。

リリース・ベアリングには問題なし。

汚れたグリスを拭きとり、しゅう動箇所に新しくグリス補充しておく。 このあと元通りに組み付け。


次にクラッチ板を点検していたら・・・・
・・・んっ!?


アリャ~~!

スプリング、折れてますがな!


Wallothで調べたら、クラッチセットでしか売っていなくて、しかもこの値段!
送料入れたら5万になるか・・・ 高いな!!
しかも、明日、クラッチ組み込んでエンジン載せたいというのに。
う~ん、もっと早く点検しとけばよかったなぁ~~
まさか折れているとは 思ってもいないから・・・

まぁ、この状態で今まで乗っていたわけだから、致命傷ではないですが、
折れたスプリング組み込んだまま、OHしたエンジン回して走るってのも、どうもなぁ・・・。
見ちゃったもんなぁ・・・
これはいつものDIY精神で、なんとか乗り越えるかぁ?