タイヤ交換など冬支度2020年11月14日 20時33分38秒

立冬すぎました.
天候のいい休日に、うちの実用車たちは早めに冬用タイヤに交換しちゃいます。
タイヤ交換、にしやんは冬向けには早めに替えて、冬が過ぎても遅めに交換します。

まずはピクシスエポックから。







各部も点検。摺動部にグリス。

タイロッドエンドのブーツのひび割れ。次の車検までに交換します。

ドライブシャフトのブーツは大丈夫。

下回りも点検。

ブレーキホースもまだOK

バッテリはカオスに交換。

エアコンフィルターも交換。

その後、試運転もかねていきつけの蕎麦屋まで行きました。
この時期、菊が飾ってありました。

S211 E320CDI2020年11月10日 22時47分30秒

今日は久々にE320CDIに乗った。
いや~、やっぱいいわこれ。
力強いディーゼルのV6!
どこまでもスム-ズで、7速ATも優秀。
ここのところ運転していた635CSIの比じゃない。(そりゃそうだ18年の差)
どっし~~っと重い車体ながら、もりもり出るトルクで
気持ちい~~!
シートもいい!ステアリングフィールも自然。
高速を出しても運転していて全く不安がない。振動しない。
出しゃばってこない。

やっぱアガリのクルマってーだけあるわ。

BMW2002A パーツ注文2020年11月09日 16時47分13秒

そろそろBMW635CSiの整備を終えてBMW2002Aの方に移行したい。
そこでドイツのwallothにパーツ注文を再び。4万円分ほど。
また送料半額キャンペーンをしていたので。^^

1週間ほどで届くでしょう。

BMW635CSi ATバルブボディを搭載2020年10月30日 18時34分16秒

分解、点検、洗浄、ガスケットを交換して組付けするVBのオーバーホールは、
今回、自身がなかったので自分でやらず、手慣れた方にやってもらいました。

これは宅配便で帰ってきたVB.

点検し、外部を洗浄。

シフトリンクをはめ込みます。

ちゃんとはまりました。

スピードセンサー。
ATFフィルターを付けたらVB搭載完了。

ATソレノイドバルブ制御のコネクター。

シフトレバーのワイヤーのリンク。

オイルパンも掃除して・・・

オイルパンとディップスティックのパイプ。

さぁATFを入れます。
とりあえずディップスティックの下限まで、4Lほど入れました。
あとは試走してじゅうぶん温まったところでアイドリングしながらの油量チェックをします。

エンジン始動!

油漏れ等がないかを確認着、そのまま夜の試走に出ます。
おお!Dレンジで走行中も3速に勝手にシフトダウンしなくなった!
なおった!

久しぶりの635で暫くあちこちを走ります。
トラブルの症状は完全に治りましたね。^^ ヤッター!
街灯のある明るい駐車場でATF量のチェック。ペットボトルの半分ほどのATFを足して適量。

そのまま高岡の凧温泉まで行って、温泉につかりました。

風呂上がり、凧温泉のカフェーで休憩。

カットフルーツを注文。
またこよっと。^^

帰りもATのトラブルなく。

^^V

BMW2002A 3HP-12のバルブボディ取り外し2020年10月29日 18時47分23秒

オートマチックトランスミッション ZF 3HP-12 のバルブボディを下ろしました。
60年代後半から7年代に使用されていたミッションです。

 オイルパンをはぐりますと、バルブボディが見えます。
フィルタースクリーンもみえますね。
 

バルブボディを本体に固定している12本の10ミリボルトを外します。
周辺から外していって真ん中の1本を残し、最後は手で支えながらその最後の一本を外します。
ボルトを外していくと徐々にATFも落ちてくるので、下には大きなオイル受けを用意しておきました。
  
外れました!
おお、もうすでにけっこうな量の黒いスラッジが・・・

635CSiのVBと比較するととても小さなVBです。
 
オイルパンには磁石があり、結構な量のスラッジがついてました。
また、底には金属粉などもありますね・・・
 


排出したATFも金属粉で模様が見えるような・・・
これはやりがいがあるぞ
相当スラッジでにごってますね。

AT本体側です
   

ふむむ~



シフトレバーのカム。
現在、Pの位置。
丸い部分でスイッチを押しています。

ここにあるスイッチを押しています。
これがATがPまたはO(ニュートラル)位置でしか
エンジン始動できないようにする仕組みです。
このスイッチを押したとき(P または Oの位置)にスターターが回ります。
RやDno位置ではエンジンはかかりません。

外したVBは分解してチェックし、洗浄して組付けします。

BMW2002A パーツ到着2020年10月26日 20時31分54秒

ついさきほど
Walloth&Nesch からパーツが届きましたよ。^^





BMW635CSi ATのバルブボディ12020年10月24日 07時28分00秒


BMW635CSiのオートマチックトランスミッション、ZF4HP-22EHのVB(バルブボディ)を下ろしました。
先月ATFを交換してから、Dレンジ(4速)で走行中に、勝手に3速にシフトダウンしたり4速にシフトアップしたりを頻発するようになってしまった・・・
今回VBの分解洗浄に着手です。

ATF抜き。もう何度か交換してるのできれい。


黒っぽい泥のようなもの、スラッジといわれてますが
これは迷路のようなVBのなかで詰まっている可能性あり。
すでにスラッジ見えています。


BMW2002A ステッカーチューン2020年10月23日 22時05分00秒

今手掛けているBMW2002A。
フェンダーにステッカーがいろいろ貼ってあるんです。
車にステッカーを貼るのは、オーナーの楽しみの一つですね。



にしやんには隣の市に住む弟がいるのですが、スバルのめっちゃパワーのあるWRXに乗ってます。
んで、先週家に用事でやってきて、このBMW2002Aを見たときに、
「BMWにSTIはおかしいんじゃない?」と、一言。
ん~・・・確かに。
よくすてっかーたちを見ると、ん?というのもありますね。

そこで、自分ならステッカー何を貼る??とか、考えてみた。
にしやんはこれにする。
みんなBMWに使われているパーツのメーカーです。
どれが何のパーツメーカーだかわかりますか?
カンタンなものもあれば、むずいものも。



はい 答え合わせ~


BOYSENはマフラー。


マイレはブッシュやなんかいろいろなパーツのメーカー。
635CSiのメンテでいろいろお世話になってます。




これはオイルシールのメーカー。ビクターレンツ。
シリンダーへッドの中で使われるバルブステムオイルシールなんかはこのメーカー。




これ当てられなかったらBMWに乗ってる資格ないよ~。
ブレーキパーツのメーカー。マスターシリンダーに刻印ありますですよ!




名の通り、フィルターのメーカー。




これあてられた人はすごい。
ピストンリングを作ってるメーカーです。「ゴ~ゼ」とでも発音するのだろうか。
マル囲みの絵が気になる。何なんだろ?




いつも目にしてるはずの、メーターのメーカー。



バッテリ。

これもバッテリ。今回貼ってないけど。ほっぺけ。



欧州車乗ってるなら HELLA は、わかるはず。
ギリシャ神話の最高の女神様「ヘラ」と関係あるのだろうか?といつも気になっている。


これ外れた人~、・・・いないな。よし。


あと、こいつも貼っておかなくちゃね。(笑)

BMW2002A ラジエター取り外し2020年10月22日 20時50分36秒

ラジエターを取り外しました。
ほかに程度のいいラジエターをオーナーさんが持参されたので
もうこのラジエターはご引退いただきます。(漏れもないしまだいけとは思いますが)

オートマチック車なので、トンランスミッションからつながるATFのラインがあります。
ATFをラジエターで冷やしています。できればこの油圧ホースも新調したい。


さて抜いた冷却水ですが・・・
コーヒーだった。(笑)

まるでコーヒー!
いや~こんなん初めてみました。
それともこんな色の冷却水、あんのかな??
う~ん、サビでこんな色になってるとしか思えない。
ホースの内側にもびっしり錆がついて居るかもしれない。
そいつは後日チェックするとして。
・・・・・・・・・・・・・・

電動ファンを取り外し。


エンジンの前側はすっからかんに。

仕事から帰宅後、お風呂に入るまでの1時間程度でちゃちゃっとやりました。

BMW2002A 下回り2020年10月22日 07時33分18秒

エンジン下ろしの準備。
お馴染みのチェーンブロックを納屋ガレージの梁にセット。

スポイラーは取り外しました。
そしてジャッキアップ。
さぁ、オマエの真実を見せてくれ!

ぬおお!ATオイルパンがオイル汚れで真っ黒!

なかなかのオイル汚れです・・!

赤いオイルはATFが漏れているのでしょう。
ハウジングの中、トルコンAT本体とのオイルシールあたりからか?
エンジンをかけて前進や後退をしてみたが、シフトショックが大きかったこの3HP12ミッション。
今回の整備のキモは、そどうもこのATトランスミッションになりそうな予感・・・
オイルパンをはぐって、変速をつかさどる油圧制御装置であるバルブボディの分解洗浄ぐらいしないといけない気がするよ・・・

ちょうどヤフオクに出てるんだよね3HP. こういうミッションです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

マフラーのサポート部分。ATミッションの後端部分。

ゴム製のフレックスディスクは交換を依頼されております。
ちょっとひび割れが見えるかな、という程度。1枚6000円です。

そのさらに1mうしろ、プロペラシャフトを支えるセンターサポートベアリング。
見た目、ひどくはない。このまま使えるんじゃないか。

しかしこのオイル漏れは・・・・!
ひっで~~~!

しばし汚れ具合に見とれてしまいました。
さて次回、クーラントを抜きます。出てきたクーラントの状態を見ても、このマルニが受けてきたメンテの具合がわかるもんです。
その後、ラジエター、各ホース類や配線を外していく予定。