BMW2002A ウオッシャーノズル配管2022年08月04日 20時12分15秒


ウオッシャー液のバッグは取り付けたがその先の、ノズルはまだだった。




これがマルニのウオッシャーバルブ。一つに吹きだし1本。
真鍮製。かわいいな~
通路にエアを通し つまりがないことを確認。


真鍮のパイプの部分のはんだに劣化ありなので 根元をハンダで盛ります。


ワイヤブラシかけて、ペーパーで磨き、フラックス塗って、ハンダ盛り。 完了。


2mm厚みのニトリルルゴムシートでゴムパッキンを切り出し



ボディに装着。
このノズル先端が ボンネットのスリットの間から先端をのぞかせていますので
ウオッシャ液の噴射の向きは、真鍮製のパイプをぐにっと手で曲げて調整します。



裏側。ホースはぴっちりはまるので バンド等 必要なし


水の流れは・・・
 ウオッシャバッグ → 12Vモーター  → ワンウェイバルブ → Tコネクタ(緑)の分岐で助手席側ノズル噴射 → 運転席側のノズル噴射


国産車用ワンウェイバルブを使った。これがあると レバー操作すると すぐにウオッシャ液がピュッと出るのだ。モノタロウで購入 700円


取付完了! 早くブルーのウオッシャ液を通したいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、もともとの状態写真、ビフォーコーナー(笑)




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック