BMW2002A メーターのメンテ2 メータークラスタ分解2022年05月25日 22時10分46秒

メーターを分解。
裏側の6ミリねじを8こ外すだけですが
タコメータ → スピードメータ → 水温計 の順に外します。

メーター照明の位置 水温計の裏に2つ
左下隅の照明バルブは、サイドブレーキを引いたときに赤く光る警告ランプ。また、燃料の残量が少なくなった時にも光る。


タコメータのうらに照明用バルブ2つ

これらを T10 LED球に交換しました

もし全部LEDに替えるなら 9個必要。
メーター照明だけなら、4個。

明るい!


水温計/燃料計には 中央に4つのインジケータ。
油圧低下警告(O、赤)、オルタネータ発電量低下警告(L、赤)、左右のウインカー作動(B、緑)、ハイビーム点灯(B、ブルー)、


ハイビームは濃いめのブルーで見た感じが暗めに感じるので ここだけLEDに替えてもいいかもしれない。


メーター照明そばには反射板のようなものがついていたが、経年劣化でさびている。
これでは反射も悪くなるので これも メーターが暗くなる原因かもしれない。
このあたりは錆を磨くというより、アルミ箔でもボンドで貼った方がいいと思う。
LEDに交換なら アルミ箔貼らなくてもあかるいですけど。

速度計のうら 
中央のでっぱりはスピードメーターケーブルを差し込む。
左右の棒は、メータークラスタを車体に取り付け固定するためのもの

速度計の中心。う~ん、ここは触らんとこっ!


表示板を固定する小さな樹脂製のねじが 左右とも折れていた。
そのせいで、表示板が傾いていた。接着剤で補修したような跡があった。
新しく小さなねじで固定する必要がある。


珍しく 100km速度計超過の警告の仕組みがあった。

速度計の針が100kmを指すと、ぐるぐる巻きの細い針金の接点がピンに接触する。


すると導通により、速度警告のブザーが鳴るというもの。法的に取り付けなければいけなかった時代があった。1986年に廃止されたという。
自分のマルニには この装置はなかった。
高速道路で 100㎞を超えると チン、チン、と鳴り続ける車、あったなぁ
その音が運転中の寝りを誘うとか・・・



トリップメータの0kmリセットの歯車機構
垂直方向の長い軸は トリップメーターのゼロ・リセット用ツマミとつながる

軸を回して動作を確認したが リセットに特に不具合はなかった。
古いグリスを取って、新しいグリスをつけるぐらいか。

白い部分が薄汚れている。綿棒&アルコールで掃除。(掃除したところは白くなってます)
角数字のギアかけもない。


オドメーターのギア機構。
オドメーターが動かないとかいう場合は、このAとBのギアのかみ合いをチェックする。
黄色矢印のねじで かみ合い具合を調整できる。硬すぎず、緩すぎず・・・で。
こちらもグリス交換。
ちゃんと動くかどうかは、スピードメーターケーブルをさしこむところを電動ドリルで回して、オドメーターが動くか、みてみなければならない。


タコメーター。

うらにプラス、点火コイルへの接続端子(1)、そしてマイナスアースの端子があるだけ。
特に触れるところは無い。

ガラス。こちらは掃除しとこう。
ガッキリと硬く はめあいになっている  割りたくないので 外さないでおいた。

キワのホコリなども硬い筆先とエアブローで掃除しておく。

後は丁寧に組むだけ。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック