BMW2002A フロントサスペンション整備その4 ~ショックアブソーバー抜き~2022年03月16日 14時27分41秒

レストア作業では 思わぬところで作業がストップしてしまうものである。
すぽんと抜けるはずのショックアブソーバーがストラットケースから抜けないのである。
その都度、知恵を絞り出して 乗り越えていかなければならない。


ホムセンで買った材料で何とか抜いてみる
こんなもん買うだけで5000円ほど使っちまっただよ・・


ぬ・・・抜けねぇ!まじ!?


作戦を変更。何とかガレージ内にある2本のボルトとタカナットで押し出し作戦。


おっ!
ようやく観念して じわじわ上がってきた。(シャフトの白線に注目)


ここまできたら あとは打撃力で行けると判断!


ブッたたく!抵抗を示すも、次第に抜けてきた!


いえ~~!ようやく ぬけたぜ~い


中身は・・・うげげ、予想どおりサビ地獄。


ちなみにこちらは割とすんなりショックが抜けた右側ストラットケース内部。錆の程度が違うね。


黒い部分がさびついていたようだ。

ほんのこれだけで あんなに抜けなくなってしまうの?


当時のパーツナンバーか・・・
大事な最後の部分が はっきり よめないが・・・

純正製パーツのシールがケースの中から出てきた。
BMWマークの右の方に 1 106 354 .2  とある。ザックス製。


この番号から RealOEM.Comでしらべると、パーツリストの上から2番目のものらしい。
今は生産中止となった 当時のショックアブソーバーということがわかる。
やっぱ赤ショックは 当時ものなんだ。


RealOEM.com

BMWのパーツを調べられる便利サイト。
BMWのみならず、ほかのメーカーのねじやワッシャー1こにいたるまで パーツナンバーが調べられます。
価格までわかっちゃう。
これで調べて ネットでないパーツなどは 山下オートパーツさんに注文している。



今回ワロスで購入した新しいオイルショックアブソーバー(1万円)と比較してみる。


新しいショックはすんなり抵抗もなく入った。


直径が違うみたい。
赤ショックのここは39ミリ


こちら 38ミリで 1ミリ細い。 すんなり入るわけだ。


新しいショックをよく見るとメイドインジャパーンだった。こいつぁいいね。
KYB製じゃん!
KYB 663001 という油圧式タイプ。


まぁったく赤ショックがだめってことは無いんだけど、
ここまで分解やったら、ショックは交換しなきゃあかんでしょってことで。


尻の方は さびついてもいなかった


ショックは消耗品ですしね。
赤ショックは素振りの練習にでも使ってください。


ケースの中のさびを掃除して防錆処理してから 新しいショックを入れるね。

とにかく 抜けてよかったわ・・・
また一つ レストアの難関クリアです。ふぅ~~

・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみにだが、ここら辺の足回りの部品交換では
これがけっこういいセットではないかと思っている。
アッパーマウントやボールジョイント、タイロッドエンド、アームのインナーブッシュがセットになって送料込み64000円。
  • LEMFOERDER Steering inner tie rod end front
  • MEYLE Front Lower control arm ball joints outer
  • INA Front upper strut mounts with bearings
  • URO Front Lower Control arm bushings inner
  • KYB Front shocks
  • KYB rear shocks
  • To fit 1966 to 1976 BMW E10 2002 2002ti 2002tii & turbo will also fit 1966 to 1976 E10 chassis BMW 1502, 1602, 1602ti, 1802 and all Touring models.

  • にしやんのマルニはまだショックを交換していないので
    今度買ってみようかなと思っている。

    コメント

    コメントをどうぞ

    ※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

    ※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

    名前:
    メールアドレス:
    URL:
    次の質問に答えてください:
    にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

    コメント:

    トラックバック