BMW2002A エキマニ取付2021年04月30日 05時20分00秒

ヘッドにエキゾーストマニホールドを取り付け。

まずはガスケット。


シルバーに耐熱ペイントしたエキマニ

ナットにはネバーシーズを塗り

遮熱カバーも塗装。

BMW2002A ベルトライン出しの調整・・・2021年04月30日 19時34分43秒

ウォーターポンプのベルトプーリーをつけてみたら、
クランクプーリーとウォーターポンプのベルトラインが一直線上に合わない…
測ると3ミリほどずれているではないか。

ええ~~~!
なんでだーーー!!!

ウォーターポンプのプーリーの方が前に出ているのか、
それとも
クランクプーリーが後ろに行きすぎなのか。

新旧のクランクプーリーの比較では、ベルトラインは出ている。(黄色)
クランクプーリーには問題ないと判断。

となると、
ウォーターポンプのフランジの取りつけの精度が悪いのだろう・・・
もう少し奥に圧入してあるべき。
輸入パーツだとこういうことが起こります。
ウォーターポンプのフランジ(やじるし部分)はシャフトにかた~く圧入されていて
プレスしてもだめだと判断。(奥に3ミリ入る余裕もない)

さぁどうする?

しょうがないのでクランクプーリーの方を3ミリ前に出すことにした。
厚み3ミり、内径21ミリ、外径35ミリワッシャーの内径をやすりで22ミりに拡大し、
WOODRUF-KEY部分の切り欠きを削り出す。

これをクランクシャフトに先に入れておいてからクランクプーリーを装着すれば・・・。



よし!これでベルトラインが一直線。



んで、次なる問題。
ファンブレードが新しいクランクプーリーにあたってしまう・・・。
このクランクプーリーは3つ目の溝 (ここにクーラーコンプレッサーのベルトをかける予定)
があるから、そこにあたってしまうのだ。

しょうがないので
厚み5ミリの大きめのワッシャーからスペーサーを削ってはめて、
ファンブレードを前方に5ミリ出すとともに、
安全マージンを取ってブレードの端っこをグラインダで少し削ることにした。

・・・もし走行中にファンブレードがクランクプーリーにあたると、割れてしまうばかりか、
ベルトが切れることもありうる。最悪は、ぶっとんだ破片でラジエター破損にもつながり、
冷却水が漏れれば、最悪、エンジンのオーバーヒートだ・・・おおこわ。

ヨシ・・・
これでブレードはクランクプーリーに当たらないだろう。
あとはエンジンかけてから 様子を見て判断する。

もうひとつ問題。
こうなる、5ミリ分前に出たファンブレードがラジエターに接触しないかだ・・・
なんせもともと これぐらいの距離にあって(その間隔10ミリぐらい?)かなり近いですからね~
エンジンが振れることも考慮して・・・これはあたりそうだな~~
ラジエターの位置はこれ以上前に移動できないので
まぁ、当たりそうだったら、ファンブレードの前側をまた削ることにします・・・
だんだんファンブレードがやせ細っていくな・・・

もう一つこれに伴って問題なのは、
オルタネーターのベルトラインも前に3ミリ出さなければならないということだ。
オルねーたー、とウォーターポンプ、クランクプーリーの3つは
一つのベルトで駆動するので、一直線になったベルトラインでなくてはならない。
まぁ一回、オルタネータを装着してみてベルトかけて観察してみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった現場合わせの微調整で 時間がかかってしまうのだ。