BMW2002A 腰下分解 ピストン取り出し2020年12月03日 22時50分34秒

エンジンブロックまわりの分解です。

まずは、オイルパン。




ブロックを上下さかさまにします。


オイルポンプ。


フロントカバーを外しました。


タイミングチェーンと、オイルポンプの駆動チェーン。


コンロッドのキャップを外します。


ピストンが抜けました!


損傷もない。


ピストンリングにもそんなにスラッジは溜まっておらず、ちゃんと仕事をしてくれているようです。
今回ピストンリングは交換します。


コンロッドメタル(通称、子メタル)のチェック。これは大丈夫。


おっと!!これは交換です。
すりへっているのが模様で明らかにわかります。
U字型のこの曲がった板はフラットベアリングといい、クランクのジャーナル(軸)とのすきまに薄~いオイルの膜をつくることで、摩耗せず潤滑されてくるくる回るわけですね。これはフラットベアリングといいます。

このあたりのパーツはすべてスラッジを洗浄して掃除します。(地道でつまらない作業です)

BMW2002A コンプレッサーのブラケットづくり12020年12月05日 18時50分16秒

BMW2002Aにはクーラーがついていません。
暑い日でも乗れるように、クーラーをつけてほしいとのご要望です。

これはオーナーさんが用意されたクーラー取り付け一式セットのうちの台湾製コンプレッサー。
後に紹介する動画で使われているものと同じです。小さいです。
コンプをエンジンブロックに取り付けるために、コンプレッサーのブラケットを自作せねばなりません。
こんな感じかな~~と以前から取付位置を考えていました。
いわゆるベルトラインを出すために、だいぶ前側にコンプを取り付けなければなりません。
ベルトラインを出すための位置決めが一番大事です。
このあたりは、斎藤商会さんの旧車にクーラーをつけるTOUTUBE動画がわかりやすいです。
たぶん、今回取り付けるクーラーセットとモノは同じです。
コンプ、取説が同じだもん・・・(6:50の部分)
とても参考委になります。



で、本腰いれてブラケットの設計です。
まずはセット品になっているクーラーホースなどを用意します。


んん~~~!?
F12って・・・この文言。
おいアンタまさか、いまどき、旧冷媒のフロンガス R12 専用か???
マニュアルもないので確かめようもないのです。。。。
ただ、動画ではR134A入れてましたから大丈夫でしょう。


日々コンセプト設計書(らくがき・・・)を書き溜めていきます・・・




今回、アイドラープーリー(緑色の部分)もブラケットに取り付けて、こいつでベルトの張りを調節できるようにします。また、アイドラーを入れることで、ベルトの振動発生を抑えるメリットもあります。
にしやんのマルニはこのアイドラーがないので、ベルトがぶるぶると振れてしまいます・・・。


さてブロックを前に、打ち捨ててあったダンボールで型紙づくり。 こんなとき、ネオジム磁石が大活躍^^

こんな感じかな、ブラケットのベースは。うん、3枚の鉄板を溶接して作れそうだ。


コンプの位置決め。



いろいろと干渉するものがあるのでその点注意です。
(ウォーターホース、サーモスタット、スタビライザーバー・・・などにあたりやすい)
サーモスタットとの干渉を避けて・・・

電磁クラッチもホースに触れないように離して・・・

コンプの下側はこんな感じで位置を確認。おおよそのブラケットとの取付位置を確認。

アイドラープーリーの位置もこんなところか・・・右上は今回取り付けるクランクプーリーです。
このアイドラープーリーは分解式で、ヤフオクで探しに探して見つけたパルサーのブラケットです。2000円。
ねじ式でプーリーが移動するタイプで、ベルトの張りが調節できるようになっています。
こいつをコンプのブラケットにボルトオンできるように加工したい。


ベルト位置はこんな感じ。
アイドラーをねじ調節して緩めれば、ベルトも外れる。よってコンプは固定式で良い・・・はず。


全体のホース取り回し確認。(画像ではホースのフィッテイング位置が逆になってます。水色のキャップついている接続口金はコンプ側につけばければならない)


ブラケットの概略図。



ブラケットのおおまかな採寸。



このサイズの9ミリの厚さの鉄板素材(フラットバー)をネットで注文しておきました。4000円。

あとは実際にコンプをとりつけながら微妙な位置を見ての調整と加工、溶接作業です。
木の板でブラケットのモデルを作ればもっと確実でいいのですが。

まぁブラケットはエンジンが仕上がって新しいクランクプーリーもつけてからから、じっくりとやります。

雪、キタ~~~~!2020年12月16日 20時22分06秒

12月14日から来ました!雪が~~~


ちょうど忠臣蔵の朝のような~^^

カーステで聞くは

元禄名槍譜 ~俵星玄蕃~(たわらぼしげんば)

槍の名手、ゲンバさんが赤穂藩士の討ち入りの際にちょっとした手助けをするという泣けるお話です。^^
そば屋に身をやつした赤穂浪士とゲンバとの出会いがいいですね~~


んで、
ゆくては松坂町~~~~~ッ(^^♪
サクっ、サクっ・・・サク サク サクサク!
と車は進みます。






大雪2020年12月22日 20時46分36秒

とりあえず今シーズン一発目の雪は峠を越えた・・・




これだけ積もると、車高の低いBMWi3ではフロアを擦ってしまうので、E320CDIを使用。

平地なんで、FRでも全く問題なしです。

スタッドレスも良く効いている。ブリザック。

ささ、安心の車内へ^^

このところ雪への対応やなんやかやでマルニのレストアができていなかった。
年末休みには少し進めたい。

BMW2002A メインベアリングのクリアランスチェック2020年12月24日 16時24分15秒

さて腰下のチェックに入ります。


クランクシャフトのキャップを外します。

キャップの内側にはメインベアリング(ベアリングシェル)の薄板がはまっています。
穴2つは、エンジンオイルが出てくるところ。油圧のかかったオイルがここからどんどん出てきて
クランクシャフトの軸とベアリングシェルとの間に油膜を作ります。


ブロック側。
クランクシャフトを外したあと、5つのメインベアリングがもう半分残っている。
このブロックの中にはオイルの通り道があるのです。



内側の状態を観察。
後端部。これはまだまだok.
思ったよりは状態がいい。いや、かなりいい。
キズもないし(全くないわけではないが)、すり減って摩耗している模様も見えない。



しいて言えば、真ん中のベアリングが少しすり減っている模様アリ。
が、このままでも問題はないと思う。
そもそも、メインベアリングセット(スタンダード)がワロスにも在庫なし!ebayにもない。
ヤマシタオートパーツにあるかどうか、問い合わせ中・・・


本当に問題がないかをこれから調べる。
問題とは、クリアランスの値のことだ。

それを計測するため、プラスチゲージというロウ状物質の細い棒をクランクシャフトの上にそっと置く。


ここにキャップをまたかぶせて・・・

規定トルク62Nmで締めこむ。


このときクランクシャフトを動かしてはいけない!
再びボルトを緩め、キャップを外すと、プラスチゲージがこのようにつぶれている。
ベアリングとキャップに押し潰されたわけですね。


この「つぶれ幅」を見て、クリアランスを確認する。
規定では0.030~0.068mmの範囲内にあればいい。(Haynes manual)
プラスチゲージに付属していたつぶれ幅目安の紙と、実際の幅を見比べる。
以下の画像。このクリアランスは0.038よりも若干狭い。つまり、クリアランスは0.038よりも大きいってこと。
でも、隣の基準幅の0.051mmよりは広いね。たぶん....0.042あたりかな???ってことが読み取れる。
ということで、上記の範囲内なので、クリアランスはOK!ということになる。

このクリアランスが大きくなればなるほど、エンジンから異音がするという。
カンカン…と。
そうりゃそうですよね、がばがば状態の軸受けでは、中で軸が暴れて軸受けにぶつかって音が出ます。
0.038~0.068mmとかいうせま~~~い隙間範囲のなかでの絶妙なバランスが保たれて、エンジンのパフォーマンスが発揮される。
そのキモとなるのが、この狭い隙間のなかにある油膜の状態。つまり、エンジンオイルの状態!!
エンジン特性に合ったオイルの粘度と品質のチョイス、そして交換のサイクル。
つまり「オイル管理」が大事ってこと。




さて次。これは0.038mmに近い。若干広い?
0.035当たり??(と自分に都合のいい予想)
加減いっぱいのクリアランスだが、0.030、まではないから、範囲内であろう。OK!


これは4番。0.051よりも幅が広く、0.038よりも狭い。
範囲内なのでOK!


という具合に見ていって、
クリアランスはすべて範囲内でしたので、このままメインベアリングは交換しないで使います。
もし、前述の「真ん中のベアリング」だけはもし入手できれば新品に交換します。


つぶれたプラスチゲージは丁寧にこそげ落としておきます。
表面には柔らかい金属がコーティングされているものですから
竹を削って作った特製のヘラで丁寧にこそげ落とします。
合計10か所あるから、これがけっこうめんどくさい・・・。

BMW2002A エンジンブロック洗浄2020年12月25日 17時26分46秒

さて次はエンジンブロックをキレイにしますね。

ホコリと油でご覧の通りだ!!!

うおお~!!

うわあ~~~!!!



まずはドライバでこそげ落としの技。

地道な作業・・・




あらかたの泥が落ちたら、灯油を刷毛塗り。汚れを浮かせます。

塗った後は、コーヒーブレイク。^^ 時間を置きます。

そのあと、ブラシでこすりながら、また灯油を流しつつ、汚れを落とし、最後はペーパーウエスで拭きとり!


どうだっ!! 
もちろん見えてるオイル通路にはテープを貼って中に泥が入らないようにふさいていましたよ。


フロント側のガスケットもスクレパーとオイルストーンでキレイに。


ブロック右側もやります。(青いペンキの空き缶の中には灯油が入ってます)


メクラブタはきれいなもんでした、交換しなくてもいいようです。
通称「メクラブタ」は、英語でFreeze plug といい、ウォータージャケット内部の冷却水が低温で万が一凍ってしまったとき、膨張してブロックを割らないように、このFreeze plug部分から膨張力を逃がす役目があります。
単なる鉄の蓋を打ち込んであるだけですからね。


鋳肌がいいですね~ エンジンの中でも この部分は見てて なぜか 好きなとこですね。

ここまで なんだかんだ3時間はかかった!
最後は表面に塗装したい。
黒く艶光りしていて、もうこの状態でいいんじゃない?と思われるでしょうが、これはふき取り切れていない灯油の油膜が乗っているからこうシットリ見えるのであって・・・。
これにパーツクリーナを吹いてウエスでふきとったら、とたんに錆色があちこちに見えだして見ずぼらしくなってしまうのです...。

やっぱり鋳鉄らしく、艶消しの黒色に塗装かなぁ?^^ガンメタもいいかなぁ??
等と悩みつつ
ブロックの塗装は次回オーナーさんが来られる3月に
自分で刷毛塗りしてもらいましょう。^^
ブロックはオイル通路の洗浄とか、もう少し、手を入れます。

BMW2002A オイルパン洗浄2020年12月26日 00時12分32秒

マルニのシンプルなオイルパン。
仕切り版が1枚あるだけ。

鉄製のオイルパンです。
腹が減っているせいか、目玉焼きでも焼きたくなりますね。



一方こちらはBMW635CSIのオイルパン。
15年後にはこうなっているという話。
鉄はアルミに変わり、オイルのあばれを防ぐバッフルプレートもついて居るし、
オイルレベルセンサーもついて居る。



外側にオイルなのか何なのか、こびりついてます。
漏れたATFが熱で固まったもんかな。
灯油でごしごし。なかなかとれん!



BMW2002A メタルの注文2020年12月27日 07時35分20秒

先日紹介したメタル(クランクシャフトのベアリングシェル)ですが、摩耗しているものを選んで注文しました。
子メタル4個、親メタル2個です。

親メタルは赤色、子メタルは黄色

子メタルはコンロッドのビッグエンドにはまっており、下図でいうなら2番です。


せっかくここまでばらしたんだから、やっぱり摩耗が始まっているものは交換しとかないと。
子メタル1個2000円、親メタル1個4000円程度です。
今回、合計で子メタル4個+親メタル2個+送料でおよそ17000円ぐらいです。



矢印の部分にガイドベアリングがあります。親メタルのなかでもここだけ形状が違います。



ガイドベアリングはブロック側とキャップ側をセットで交換します。




続いてコンロッドについている子メタル。
No.1がヤバイ。第4層までいイってます。ここ、油膜が切れているのでしょうか。
1番シリンダはオイル通路などをしっかりチェックしなければ。

幸いに国内在庫ありでした。

3番も少し摩耗有りなので交換。

山下オートパーツさんに在庫確認したらありました!
子メタルは国内に16個あり、親メタルは国内にはなくドイツにあるそうです。
さっそくスタンダードサイズで注文しました。
ドイツから届くまでおよそ3週間です。
腰下の組上げはメタルが届いてからになります。

クランクシャフトのベアリング


コンロッドのベアリング

コンロッドのベアリングは図の2番です


ってのが設定にあるのですが、これがよくわかりません。サイズ一緒なのに・・・。
と思ってネットで調べると、表がありました!
微妙に、本当に!微妙にサイズが違うようです。(下の表)
子メタルは0.001~0.007ミリ単位での違いのようです・・・
今回は、子メタルは52.000-52.008ミリの、よりタイトなで。^^ (青より安いし・・・)


親メタルも赤で。0.01ミリの差...
青はBMW純正品、赤は一般に流通しているアフターマーケット品という認識という意見のようですが・・・

こういうディープなことは海外にある 2002FAQ のサイトが役に立ちます。
世界中のディープな諸兄のアドバイスが参考になります。
画像を眺めてるだけでも面白いです。
そこにはた~~くさんのFAQが!
同じことで悩んでいる人が世界じゅうにいます。
「赤と青の違いはナンだ??」って。



BMW2002A シリンダーヘッド分解2020年12月29日 18時36分23秒

年末年始に入ったので、まとまった箇所をやりたいなということで
シリンダーヘッドのオーバーホールにかかることにしました。

(以下も参考にしてください。)
以前、友達のBMW1502のヘッドをOHした時の記事




まずはカムシャフトと2本左右のロッカーアームシャフトを固定しているリテーナーを固定するボルト2個を外し、下にずらす。(完全には取り外せない)次にオイルデリバリーパイプを外す。


カム山に乗っているロッカーアームの3か所(INの3番、EXの2,4番)
特殊工具「ニッコリ君」と「しりもと」、そして大きめのシャコ万(F型クランプ)を使ってテコの原理で起こし、フリーになったら(ロッカーがカム山に触れていない状態にする)、カムを少し行けるところまでフロント方向にずらす。
そうすると、IN側のロッカーアーム4つがすべてフリーになる。(ロッカーアーム4つがカム山に乗ってない状態)。フリーになたかどうかは、ロッカーアームを触れば動くのでわかる。



ロッカーアームのスプリングワッシャーをIN,EXとも全部8か所外す。(画像の C 形のもの)
この過程でEX2番のワッシャーをピンッ!とガレージ内に飛ばしてしまったようで、行方不明に。--;
山下オートパーツで1個追加購入だ。


IN側ロッカーシャフトをビニルテープををまいた鉄の棒でたたいてリア側からフロント側にたたき出して抜いていく。


抜いていく途中で、4,3,2,1の順番にロッカーアーム関連のパーツが抜ける。



ロッカーアームの先端を鉄棒の打撃ショックでつぶさないように、ボルトを1本、あてものとしてかませている。


IN側抜けました。意外にすんなり抜けたね。


抜いたロッカーアームとロッカーシャフトなど。


EX側のロッカーアームもSSTを少し起こしてカムシャフトのカム山に乗っていない状態にする。

同様に、Ex側も鉄棒でたたき出して抜きます。


ようやく、カムシャフトが抜けました。
3台目のレストアとなる今回で 少ない労力でカムを抜くコツがようやくつかめました。^^


ばらした部品たち。


ヘッドの燃焼室側を見る。
左から、1番、2番、3番、4番シリンダ。カーボンでびっしりなのは当たり前。


4番だけがカーボンが湿っている状態。オイルが燃焼室に侵入していると思われる。
オイル上がりか、または、オイル下がりか・・・?
いずれにしても、今回はピストンリングとバルブステムシールを交換するのでオイルの侵入はなくなるはず。



ヘッドのウォータージャケット。やっぱりサビヘドロがここにも居やがる・・・。水で洗う必要あり。


バルブを抜くため、スプリングコンプレッサーを引っ張り出す。


スプリングをねじの力で圧縮していく


バルブ側で受け。



コッターが外れればスプリングコンプレッサーを外す


抜いたバルブ。吸気側の4番。
オイルのしみこんだカーボンがびっしり。こりゃ掃除のし甲斐があるな~~。


バルブとスプリングを抜いたら 残るは、バルブステムシールの取り外し。



専用のバイスで抜き取る。



こんな小さな部品でオイルが燃焼室に入るのを防いでいます。
これがゆるくなると、オイルが燃焼室に吸い込まれるようになり、いわゆるオイル下がりが起こります。


外したすべてのパーツ。シール以外はすべて再使用。


ヘッドの汚れは、水、灯油、サンエスKで段階を踏んで洗浄します。ガスケットのカスも取ってキレイになったら、ヘッドの平滑度を計測し、バルブシートの状態などを点検する予定。

サンエスKの空き袋。


ここまで集中して4時間でした。

BMWi3のファーストエイドキットを使った!2020年12月30日 08時03分21秒

昨日、車の信号待ち中、歩道で倒れてたお年寄りをみかけたのでレスキュー、
車載のファーストエイドキットで応急処置をした。

顛末はこうだ。
今日の午前中は穏やかな晴れ。ちょっと用事でi3で出かけた。その帰り。大きな交差点。左折ラインに入って2台目で信号待ち。見ると、前の軽自動車がハザード出して止まっている。
ン?故障か???
女性がよこの歩道に立っており、なにやらしている。よく見てみると、ひとが歩道にうつぶせになっていて、女性が様態を見ている感じだ・・。
むむ!交通事故か??!
車は信号待ちで止まっていたので、すぐさまハザードランプをつけて、わたくしも応援に出る。
「どうしたの?大丈夫?」
女性はああ助かった!というような表情で、
「このおじいさんが路上で倒れてしまっていたんです」
女性は軽自動車のドライバーで、車ではねたのではないという。
「じいちゃん、聞こえます~?」
「んん~大丈夫・・・起き上がれないだけ・・・」
骨折でもしたのか?
とりあえず、意識はあって、AEDなどを使う場面ではない。
「体の痛いところない??ここは?」
見ると手の甲から軽い出血を確認。からだのあちこちを押してみても痛くはないという。このままではなんなので、女性と起こすことに。
「起こすで~いたかったら言ってや」
痛がらないのでそのまま起こして歩道わきに座ってもらう。
こうしているうちに、後続車のドライバーのにいちゃんも走ってきて、加わってくれた。事情を話す。そのにいちゃんは渋滞しつつある車のさばきをしてくれた。
じいちゃんは話もしっかりしており、歩ける状態。
手の甲からは少し血液が垂れていた。
「傷の応急処置するからな」
すぐさまi3のトランクからファーストエイドキットを取り出し、同梱されていたラテックスグローブをはめてから脱脂綿で血をふき取り、テープ、ホータイで止血処置。

落ち着いて女性にも話を聞くと、じいちゃんは自転車に乗って横断歩道を渡り終わるときにバランスを崩して電信柱にぶつかった。そして歩道に倒れこんだ。信号待ち1台目の女性ドライバーはその一部始終を目撃していたという。おじいちゃんはそのままたちあがらないので、歩道に出て大丈夫かと聞いていたところだったという。おじいさんもその通りだといった。

じいちゃんは立ち上がってもう大丈夫というので、しばらくは自転車を押して歩くように言って、この後、一応検査のために病院にいったほうがいいとおすすめし、今は大事ないと判断し、その場でバイバイした。

この間15分。車で現場を離れた。

起こったことを思い返しながら、すぐドラッグストアに入り、使い慣れたマキロン、ホータイ、パッドなどを買い込み、ファーストエイドキットに補充。たぶんこれらが一番役に立つはず。

キットに入っているものは外国語だらけで面食らった。いっぱい入っていてなにがなにやら・・・というのが第一印象。
本当は現場で傷を洗い流せる消毒液が欲しかった。
液体物はキットには入っていないのだろう。だからマキロンを買った。

その後、ドラッグストアの駐車場で装備品を点検しときました。

・・・・・・・・
思い返せば、現場には女性中年ドライバーのほかにその娘らしき女性もいた。キットを取り出して処置中にじいちゃんとその娘がが「こんなんまでもっていらしゃるんやね」と言っていた。「こんなときのために、ベンツやBMWにはみんなトランクに入っているんですよ。」と、いちおう輸入車の宣伝をしておいた。(笑)
あの娘は、将来そういう車に乗っている・・・かな??


ファーストエイドキットの中のマニュアル。いざというときのために、一読しとこう。