BMW2002A エンジン快調になる2020年10月18日 20時03分56秒

今日はエンジンをかけてみますね。


その前に!燃料フィルターを装着。マグネット付きだよ。


では、エンジン始動!

あらかじめキャブ内にガソリンを送り込んであったから、一発でかかった!
今回はこれまでのような不安定さななく、ちゃんとスパーク飛んでよい混合気送られているから
エンジンも元気です!

動画リンク オートチョークがかかった状態でのキャブ状態。
https://youtu.be/_AT8EttnpPw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ミクスチャースクリューの調節。
アイドリングのときの燃調を決めます。
左右に回してみて、エンジンの調子のがいいところをさぐります。
時計回しに締めこんでいくと濃くなり、逆は薄くなります。
その中間に調節。
本当は排ガステスターがあればいいんですが。(COとHCが計測できます。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイドリングでなかなか1000回転以下にならないな~と思っていたら。
よくよくみると、リンクにがたがあった。
これがアイドリング回転数をあげてしまっていた。

動画リンク(リンクのがた)
https://youtu.be/VQA17mrpepc

アクセルロッドとキャブ側ロッドのかみ合いに1ミリ程度のがたがあり、
これがアイドル回転数をあげてしまっている。

そこでスプリングを応急的にかけてテンションをかけ、がたを解消した。

上側に引っ張ることでがたがなくなる。応急処置。
本当は横に突き出たロッドに何かブッシュをかぶせて、がたが無いようにしなければならない。
スプリングはチョークハウジングのねじに共締めで固定。
知人のマルニもアイドリングが500ほど高くなっていたので、やはり原因はがたで、この処置したなぁ。
この処置で、アイドル回転数はブレがなくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エンジンをふかした時のキャブの様子!
ガソリンが霧化しているのが見えます。
また、加速ポンプも働いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

始動性のテスト。問題なしですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイドリングの排気音。黒い排気ガスも出ていない。

・・・・・・・・・・・・・・・

エンジンも温まってチョークが解除されたら
これぐらいの回転数、800rpmぐらいに調節。

動画リンク アイドリング中のエンジン
https://youtu.be/jToI_3eA46I

エンジンの振れが大きいな・・・
エンジンマウントが切れているのか・・・?
そこで左右のエンジンマウントをチェック。
動画リンク 排気側のエンジンマウントは切れていないと思う・・・
https://youtu.be/He8eY7hi0gY

今後、車をリフトアップしてチェックですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのほか。
オートマチック車ということで、ATのシフトをRやD、Pに入れてみた。
入れた時のシフトショックがR,Dいずれも「ドン!」と大きい。
う~む、ATの整備も必要か・・・?
バルブボディぐらい開けてみたい気がする...ZF製の「3HP12」という3速ATミッションです。
70年代の設計で、時代もんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いずれにしても、エンジン不調はこれで修理完了でっす。

次は!
エンジン降ろしにかかります。

BMW2002A パーツをドイツに注文2020年10月19日 20時27分32秒

もう常連さんとなっているドイツのオールドBMW専門パーツショップ Walloth&Nesch 
今回必要となるパーツを注文しました。
ちょうど国際便送料半額デーでした。半額になって2300円ほど。


例えば今回、いろんな個所のガスケットを交換しますが、
02シリーズのガスケットセット、130ユーロ。
ヘッドガスケットはもちろんのこと、前後クランクシールやバルブステムシールもあります。このほか、ボルトセットもあります。多くのパーツがセットになってるので、注文にはとてもらくです。

クリックでどんどんパーツカタログから選んでいけます。
これは02シリーズのエンジンのページ。


02シリーズから5シリーズ、6シリーズ、7シリーズ。
80年代後半までBMWパーツ専門店。
にしやん個人的には、PayPalで支払いができるのでとてもたすかる。^^



季節や週替わり、月替わりでのセール品やセクションごとの特売品も。
先々週なんかはオートマチックトランスミッション本体の特売をしていた。
今週はブレーキ関係が安いらしい。



まだ各部のボディパネルが買えるのもすごい。
それだけ世界に02ファンがいるということか。


マルニが維持していけるのはこういったお店とインターネット基盤と世界に通用する決済システムあるからですね。
欧州ではコロナが再び感染者が増えているとのことですが、
こういったお店からどんどん買って、変なウイルスなんかに負けずかんばってほしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最初どんどんカートにパーツをクリックして入れていって1000ユーロを超えちゃったので
そこから最低限必要なものだけに絞って落としていきました。
未だ再使用できるパーツもあると思いますので。

でもここは考え方一つです。
例えば、今回ウォーターポンプ60ユーロやホースセット100ユーロなどは再使用することでリストから落としましたが、エンジン降ろすなら予防整備として、いまここで替えておくというのもアリです。
ただ自分が財布握ってるわけでないのでドンドンいけないんですよね。

つーことで、今回は最低限ラインの第1回目注文として、500ユーロほどに絞ってパーツ注文しました。
いつも10日ほどでUPSで届くので、この間にエンジンを下ろせれば、来月からは本格的にレストア開始です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのほかに、eBayからもパーツを集めています。
今回、クーラーを取り付けが一つのおおきなテーマですが、そのアイドルアップ装置のためにこれをゲットしました。
バキューム負圧でキャブのスロットルを数ミリ押してくれる(結果、アイドルアップする)装置で、当時のBMWに使われていました。ダイアフラムの原理でロッドが突き出るんですね。
{Original BMW]と地印刷されたパーツの箱といい、まさにデッドストックもんのパーツです。
クロームメッキの時代を経たくすんだ輝きがたまりません。自分のに使おうかな・・・なんて思ったり。
まさかこれが新品で、7000円ほどで手に入るとは思ってませんでした。^^v

一方、ヤフオクでは国産品のアイドルアップ装置が出ています。セットで18000円とやや高めの値付けです。
ちょっと待て・・・この見覚えのあるセット・・・・これはたぶんにしやんの当ブログのアイドルアップ装置の記事をみてネットに紹介され、めぐりめぐってwebで広まり、今や旧車アイドルアップの定番セットになっているものと思います。(確かにモノはいいですからね)
当時はアイドルアップのDIY記事をネットで探しまくりましたが、ほとんど有効なコンテンツがなかったので、自分で手探りで探し当てて取り付けたのが、このパーツのコンビでした。^^(今でも新品で出るんですね)

ということで、夜は夜で なるべく安くて使えるパーツ探しなどに苦労して(楽しんで?)いるのです。

BMW2002A キャブレターのリンクロッドを調節2020年10月21日 05時21分57秒

前回のキャブの記事で、ガタツキがあり、(動画リンク(リンクのがた)https://youtu.be/VQA17mrpepc
アイドリングの低回転が落ち着かない(アイドリング高いまま)という問題がありまして
応急措置的にスプリングで引っ張っておきましたが。

今回、あるところを調節することで、ガタツキがなくなり、
アイドリングが1000回転以下で落ち着きました。

動画リンク(がたつきはなくなった)
https://youtu.be/Sbq1IrSsajU


調節後、こんな感じになっています。右上のマルで囲った部分を今回調節しました。

キャブへとつながるロッドと
アクセルペダルへつながるロッドを接続しているポイントを位置調節しました。


ガタツキがあるときには「スロットルが完全に閉じない位置」に中心点がありました。
それを、今回、もっと上側に移動させることで、問題は解決!


突き出た棒が、キャブスロットルにつながるかみ合いの上のほうにちゃんとあたっています。
ちゃんと当たっていれば、ガタツキはありません。
ん??
よく見ると・・・・突き出た棒が、削れてきていないか??

長年の摩擦で「削れて来てる」のではないでしょうか?
最初からこんんな加工はしてないと思う。
このまま運転していると、もっと削れて行って やがてここが曲がって折れるのでは??

対策としては削れてしまった上と下の部分を溶接で肉盛りしたあとにヤスリで削ってもとの丸棒に戻すってところですかね?
または削れちまった棒を根元から切り取ってしまい、新たに突き出る棒を溶接で付けなおすというテも。
そのあとのメンテナンスとしては、ここはいつも硬めのグリスを打っておいて摩擦を減らし、もう削れないようにしておくということが肝心ですね。


ひょんなことから発見した要補修箇所でした。
キャブばっかりチェックしてて、ロッドのチェックはおろそかになっていました。反省。

BMW2002A 下回り2020年10月22日 07時33分18秒

エンジン下ろしの準備。
お馴染みのチェーンブロックを納屋ガレージの梁にセット。

スポイラーは取り外しました。
そしてジャッキアップ。
さぁ、オマエの真実を見せてくれ!

ぬおお!ATオイルパンがオイル汚れで真っ黒!

なかなかのオイル汚れです・・!

赤いオイルはATFが漏れているのでしょう。
ハウジングの中、トルコンAT本体とのオイルシールあたりからか?
エンジンをかけて前進や後退をしてみたが、シフトショックが大きかったこの3HP12ミッション。
今回の整備のキモは、そどうもこのATトランスミッションになりそうな予感・・・
オイルパンをはぐって、変速をつかさどる油圧制御装置であるバルブボディの分解洗浄ぐらいしないといけない気がするよ・・・

ちょうどヤフオクに出てるんだよね3HP. こういうミッションです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

マフラーのサポート部分。ATミッションの後端部分。

ゴム製のフレックスディスクは交換を依頼されております。
ちょっとひび割れが見えるかな、という程度。1枚6000円です。

そのさらに1mうしろ、プロペラシャフトを支えるセンターサポートベアリング。
見た目、ひどくはない。このまま使えるんじゃないか。

しかしこのオイル漏れは・・・・!
ひっで~~~!

しばし汚れ具合に見とれてしまいました。
さて次回、クーラントを抜きます。出てきたクーラントの状態を見ても、このマルニが受けてきたメンテの具合がわかるもんです。
その後、ラジエター、各ホース類や配線を外していく予定。

BMW2002A ラジエター取り外し2020年10月22日 20時50分36秒

ラジエターを取り外しました。
ほかに程度のいいラジエターをオーナーさんが持参されたので
もうこのラジエターはご引退いただきます。(漏れもないしまだいけとは思いますが)

オートマチック車なので、トンランスミッションからつながるATFのラインがあります。
ATFをラジエターで冷やしています。できればこの油圧ホースも新調したい。


さて抜いた冷却水ですが・・・
コーヒーだった。(笑)

まるでコーヒー!
いや~こんなん初めてみました。
それともこんな色の冷却水、あんのかな??
う~ん、サビでこんな色になってるとしか思えない。
ホースの内側にもびっしり錆がついて居るかもしれない。
そいつは後日チェックするとして。
・・・・・・・・・・・・・・

電動ファンを取り外し。


エンジンの前側はすっからかんに。

仕事から帰宅後、お風呂に入るまでの1時間程度でちゃちゃっとやりました。

BMW2002A ステッカーチューン2020年10月23日 22時05分00秒

今手掛けているBMW2002A。
フェンダーにステッカーがいろいろ貼ってあるんです。
車にステッカーを貼るのは、オーナーの楽しみの一つですね。



にしやんには隣の市に住む弟がいるのですが、スバルのめっちゃパワーのあるWRXに乗ってます。
んで、先週家に用事でやってきて、このBMW2002Aを見たときに、
「BMWにSTIはおかしいんじゃない?」と、一言。
ん~・・・確かに。
よくすてっかーたちを見ると、ん?というのもありますね。

そこで、自分ならステッカー何を貼る??とか、考えてみた。
にしやんはこれにする。
みんなBMWに使われているパーツのメーカーです。
どれが何のパーツメーカーだかわかりますか?
カンタンなものもあれば、むずいものも。



はい 答え合わせ~


BOYSENはマフラー。


マイレはブッシュやなんかいろいろなパーツのメーカー。
635CSiのメンテでいろいろお世話になってます。




これはオイルシールのメーカー。ビクターレンツ。
シリンダーへッドの中で使われるバルブステムオイルシールなんかはこのメーカー。




これ当てられなかったらBMWに乗ってる資格ないよ~。
ブレーキパーツのメーカー。マスターシリンダーに刻印ありますですよ!




名の通り、フィルターのメーカー。




これあてられた人はすごい。
ピストンリングを作ってるメーカーです。「ゴ~ゼ」とでも発音するのだろうか。
マル囲みの絵が気になる。何なんだろ?




いつも目にしてるはずの、メーターのメーカー。



バッテリ。

これもバッテリ。今回貼ってないけど。ほっぺけ。



欧州車乗ってるなら HELLA は、わかるはず。
ギリシャ神話の最高の女神様「ヘラ」と関係あるのだろうか?といつも気になっている。


これ外れた人~、・・・いないな。よし。


あと、こいつも貼っておかなくちゃね。(笑)

BMW635CSi ATのバルブボディ12020年10月24日 07時28分00秒


BMW635CSiのオートマチックトランスミッション、ZF4HP-22EHのVB(バルブボディ)を下ろしました。
先月ATFを交換してから、Dレンジ(4速)で走行中に、勝手に3速にシフトダウンしたり4速にシフトアップしたりを頻発するようになってしまった・・・
今回VBの分解洗浄に着手です。

ATF抜き。もう何度か交換してるのできれい。


黒っぽい泥のようなもの、スラッジといわれてますが
これは迷路のようなVBのなかで詰まっている可能性あり。
すでにスラッジ見えています。


BMW2002A パーツ到着2020年10月26日 20時31分54秒

ついさきほど
Walloth&Nesch からパーツが届きましたよ。^^





BMW2002A 3HP-12のバルブボディ取り外し2020年10月29日 18時47分23秒

オートマチックトランスミッション ZF 3HP-12 のバルブボディを下ろしました。
60年代後半から7年代に使用されていたミッションです。

 オイルパンをはぐりますと、バルブボディが見えます。
フィルタースクリーンもみえますね。
 

バルブボディを本体に固定している12本の10ミリボルトを外します。
周辺から外していって真ん中の1本を残し、最後は手で支えながらその最後の一本を外します。
ボルトを外していくと徐々にATFも落ちてくるので、下には大きなオイル受けを用意しておきました。
  
外れました!
おお、もうすでにけっこうな量の黒いスラッジが・・・

635CSiのVBと比較するととても小さなVBです。
 
オイルパンには磁石があり、結構な量のスラッジがついてました。
また、底には金属粉などもありますね・・・
 


排出したATFも金属粉で模様が見えるような・・・
これはやりがいがあるぞ
相当スラッジでにごってますね。

AT本体側です
   

ふむむ~



シフトレバーのカム。
現在、Pの位置。
丸い部分でスイッチを押しています。

ここにあるスイッチを押しています。
これがATがPまたはO(ニュートラル)位置でしか
エンジン始動できないようにする仕組みです。
このスイッチを押したとき(P または Oの位置)にスターターが回ります。
RやDno位置ではエンジンはかかりません。

外したVBは分解してチェックし、洗浄して組付けします。

BMW635CSi ATバルブボディを搭載2020年10月30日 18時34分16秒

分解、点検、洗浄、ガスケットを交換して組付けするVBのオーバーホールは、
今回、自身がなかったので自分でやらず、手慣れた方にやってもらいました。

これは宅配便で帰ってきたVB.

点検し、外部を洗浄。

シフトリンクをはめ込みます。

ちゃんとはまりました。

スピードセンサー。
ATFフィルターを付けたらVB搭載完了。

ATソレノイドバルブ制御のコネクター。

シフトレバーのワイヤーのリンク。

オイルパンも掃除して・・・

オイルパンとディップスティックのパイプ。

さぁATFを入れます。
とりあえずディップスティックの下限まで、4Lほど入れました。
あとは試走してじゅうぶん温まったところでアイドリングしながらの油量チェックをします。

エンジン始動!

油漏れ等がないかを確認着、そのまま夜の試走に出ます。
おお!Dレンジで走行中も3速に勝手にシフトダウンしなくなった!
なおった!

久しぶりの635で暫くあちこちを走ります。
トラブルの症状は完全に治りましたね。^^ ヤッター!
街灯のある明るい駐車場でATF量のチェック。ペットボトルの半分ほどのATFを足して適量。

そのまま高岡の凧温泉まで行って、温泉につかりました。

風呂上がり、凧温泉のカフェーで休憩。

カットフルーツを注文。
またこよっと。^^

帰りもATのトラブルなく。

^^V