BMW635CSi ユーザー車検2020年10月16日 20時19分03秒

635のユーザー車検に行ってきました。
やってきました富山陸運支局。
もう何度、ここに来たろう。

何度来ても、緊張しますねぇ・・・
これからラインに入ります。
隣のラインの検査員のにーちゃんは「お~6シリーズ、かっちょえ~~!」と言ってました。

以下は実際の検査メモ。

・ラインに入る前に灯火類のチェック。離れたところから指示する検査員さんもマスク着用で聞こえにくい。
・いつもなら、エンジンを切った後、検査員さん自身がエンジンをかけ、メーターパネルの警告灯類がきえるかどうかを見るのですが、コロナ対策か、検査員さんがキーひねることはなく、オーナー自身に「はいエンジンかけてみてくさだい~」と外からメーターを覗いていた。
・車台番号はバルクヘッドに打刻あり。
・原動機型式「3.34M.J1」と車検証に記載ありますが、エンジンブロックにはそのような打刻はない。
スターターの上あたりのエンジンブロックに車台番号とは違う数字の羅列の打刻がありますが、これを「読み替え」します。検査員がそれをメモして別室で調べてくれて合格。
・排ガスは「旧規制前」ボタンを押してプローブ入れること。OK。
テスター屋で規定値内であること確認済み。
・サイドスリップ、OK./ちゃんとテスター屋で調整したもんね。
・ヘッドライトは最初から上向きで検査。OK。/これもテスター屋で調整済み。
・ブレーキはフットブレーキ、ハンドブレーキともに一発OK。テスター屋で確認済みだし、今回、ブレーキ関係は完璧に整備したもんね。
・スピードメーターテストは45kmでパッシング(これで実質時速40km)。事前にテスター屋でやった通り。OK
・下回り検査OK。「む、この635、結構手ェ入れてあるな・・・!」と検査員が思ったかどうかは??
・最後に総合判定ではんこをもらい、

イッパツゴ~カ~ク!


新しい車検証をもらって、帰りにアストロによって行きました。

エヴァとのコラボモデルか・・・インパクトレンチとブランケット。


ついでにハイオク満タンに!
さっすが3.5リットルの6気筒!気もちいい走りと引きかえに、
みるみるガソリンが消費されていきます。(笑) この感覚、久しぶり。

次は!
ATバルブボディーのOHにかかります。
Dレンジ(4速)で気持ちよく走行中に、
勝手に3速にシフトダウンしてすぐまた4速にシフトアップしたりを繰り返す症状をなおしたい。
この症状は先月ATFを交換後に始まったもの。
これを機会に、ATメンテということです。