BMW1502 バルブクリアランス調整2017年09月23日 23時05分18秒

このクルマ、試乗でもエンジンからタペット音がしていた。

マニュアルには1000kmごとに調整とある。

そこで今回、バルブクリアランス規定値に調整することにした。

ヘッドカバーをあけた。
バルブ機構が見える。
上が吸気側。4つのバルブ、スプリング、ロッカーアームとロッカーシャフト。
真ん中にカムシャフト。その上にある細い棒は、オイルをカムに散布するオイルレール。
下が排気側。4つのバルブ、スプリング、ロッカーアームとロッカーシャフト。
右側は タイミングチェーン。カムスプロケットにかかっている。


クランクをまわして1番シリンダの圧縮上死点を出してから、調整する。
次に、3番、4番、2番の順で圧縮上死点を出してから、調整する。
ぜんぶで8箇所やる。

ロッカーアームの先。ヤジルシ。
まず、シックネスゲージで0.20ミリがはいるかどうか、確かめる。
10ミリナットを緩め、六角レンチの棒で(なんでもいい)Eccentricと呼ばれる偏心コマを動かしてクリアランスを調整する。
バルブの上端と、Eccentricのスキマは0.15~0.20ミリにするのが規定値だ。
シックネスゲージで調整する。
ちょっとスキマを0.15寄りにしておいた。(0.20のゲージが入らないようにした)
どんな風に乗りあじが かわるだろうか。


ガスケットのむしれたところには ウルトラカッパーを少々乗せて。
ヘッドカバーを乗せて、対角線上に6つナット+1つのボルトを締めればOK.

バルクリ作業、前かがみになるので、なかなか腰がいたくなるんです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック