陶芸 窯焚き準備2017年08月04日 07時25分44秒

今週末は仕事の関係で、毎年恒例の陶芸の窯焼きイベントがあり、その準備中です。

マキで焼く窯に数百点の作品を窯詰めしています。
先日も一部の作品を窯詰めしていました。

窯の内部の写真です。これでまだ四分の一といった感じです。
さらに作品を窯にいっぱいにつめ、
この、週末は月曜までぶっ続けで1300度を目指してマキをくべ、窯を焼きます。
うまく焼いて 子供たちのよろこぶ顔がみたいです。

こちらは燃料のマキ。竹です。
にしやんが5月からコツコツと切って束ねてきました。およそ300束。
さらに追加で、赤松のマキを400束、業者から購入し、松と竹を燃料に焼く予定です。

コメント

_ JG54 ― 2017年08月05日 13時53分11秒

窯焼き良いですね。焼きあがった後の子供たちの様子また聞かせてください

_ ほろ酔い ― 2017年08月05日 23時22分04秒

匠の里??
なつかしいなぁ。

_ T師匠 ― 2017年08月06日 16時58分05秒

たくさんの燃料を用意しましたねぇ~
とんな作品が出来るのか、楽しみですね!

_ にしやん ― 2017年08月09日 07時27分28秒

JG54さん
これは毎年やっているイベントですが、にしやんはしばらく別部署で仕事をしていたので6年間はなれていたんです。ことしようやくまた戻れまして窯焚きできるようになりました。^^ 無事焼きあげて窯出しは8/20です。

ほろ酔いさん
匠の里に似てますが、近くにある遺跡公園内に復元された古代の窯なんです。
でもなつかしーですね、匠の里で窯焼きを見たの。

T師匠
日曜日8/6に参加者みんなと目標温度1300度を達成しうまく焼きあげたのですが、ついかの赤松400束もあって、竹が半分ほどあまってしまいました。全部燃やしたかったんだけど・・・

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック