BMW2002 キャブ復活!2016年08月13日 20時56分51秒

マルニのアイドリングが続かなくてエンストしてしまう症状、キャブの洗浄でようやく治りました。
これでまともにマルニを運転することができます。

なお、点火系統は問題ありませんでした。

原因は、プライマリー側(スロー側)の燃料経路がゴミによって詰まっていた。
図の↓経路がフロートチャンバーから燃料が吸いこまれていく経路ですが、
ココを徹底的に洗浄する。キャブクリーナースプレーを何度も吹きかけ、エアブローの繰り返し。

原因は、キャブのガスケットにと使ってしまったシリコンの液体ガスケットが内側にはみ出して
フロートチャンバーに落ちてゴミとなり、これらを吸い込んでしまった!

また、細いエア経路の全てのポートを洗浄とエアブロー。
穴が開くほどやって(開きませんが)、ようやくまともにアイドリングがきくようになった。

試運転では、半年ほど前から感じていた2000回転あたりでのパーシャル走行時の「燃焼のばたつき感」がすっきり解消されました。
プライマリー側の燃料噴射に、ゴミを経路に吸い込んだために、むらがあったものと思われます。

コメント

_ jazz ― 2016年08月14日 15時11分29秒

いつも、拝見させていただいてます。すごくためになります。ところで、こちらの黒ニャン号のオイルフィルターとエアーフィルター交換時期は、もう少し先ですかね?オイルフィルターとエアーフィルターも用意しておいたほうがいいですかね。!!

_ T師匠 ― 2016年08月15日 06時02分14秒

キャブの詰まり、意外な物が原因でしたねぇ~
復活、おめでとうございます!

_ にしやん ― 2016年08月15日 07時10分06秒

jazzさん
スマートのオイルフィルターはウチに予備が1,2個あったかと思いますのでお使いください。
緒いりは3000km走行したなら交換してもいいでしょうね。
エアーフィルター交換時期は、まだまだ先ですよ。

_ にしやん ― 2016年08月15日 07時11分56秒

T師匠、ようやく復活です。
キャブは、毎回ばらしては勉強の繰り返しです。
キャブは小さな穴ぼこだらけですが、
さすがにどれがどの目的の穴か、だいたいわかってきましたよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック