W202C200T ワイパー修理2016年06月30日 06時58分26秒

前回の記事で、車検取得したあとで1本ワイパーが動かなくなった件の修理。
早速修理です。

取り外しに関しては
こちらのサイトが取り外しの参考になりました。

カバー類を外す。

プラスチックのツメなどを割らないように・・・

モーターのコネクタ位置。

ワイパーも根元で引き抜く。

外したワイパーユニット。

例の伸び縮みするワイパーの機構。
じつにうまくできいています。グリスアップのメンテが必要。

すべてばらせるところがまたいい。
リンク機構には問題ないようだ。

モータのギア部分を確認すると

おや!

むむっ!
この部分の磨耗でワイパーがいつも決まった位置で止まってしまうのか。
樹脂だからしかたない。
14万キロですからね~ しょうがないか。
新品を購入。1.4万。
1万キロごとに1000円と思えば・・・
購入先はいつも利用する「パーツのパルカ」さんヤフー店。
だいたいの消耗品は揃ってるので便利。
今回はワイパーブレードもあわせて購入。

仮組みして、配線を接続し、ボディに取り付ける前に動作を確認。 問題なし。

ワイパーの収まり位置はこのようにした。


上のようにすると、下の画像の位置できまる。

ちゃんと動くようになりました!
これでようやく乗れる~

コメント

_ T師匠 ― 2016年06月30日 20時47分06秒

伸び縮みするワイパーの機構は、こんなふうになっていたんですね!
またしてもメルセデス、独創的です。
リーズナブルな価格で部品が入手出来て良いですねぇ~

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック