スマートK_エンジンオイル交換2016年04月03日 07時53分12秒



カバーのマットをこのように吊り下げておくのがミソです。

エンジンルーム。


オイルディップスティックで量を確認。
前回の交換のときからほとんどオイルは減っていないです。
これが実はうれしい。
昨年夏のエンジントラブルまでは、ものすごい量でオイル消費していましたから。。。
やはりバルブオイルシールとピストンリングを交換するオイル消費量は激減しましたね。よしよし。


オイルはアマゾンで買った手動式オイルチェンジャーで上抜きします。
スマートはオイルパンにオイルを抜くためのドレンボルトがないので(!)
このように上抜きするしかないのです・・・。本当は他の車のように下抜きしたい気分ですが・・・

ココにチェンジャの細いパイプをオイルパンの底まで差し込んでやります。
差し込む長さはディップステック+15cmってとこでしょうか。
先端がオイルパンの隅にコツンとあたる感覚がありますから。



手動式でバキュームを何度かに分けてあたえてやると、オイルの吸い込みが始まります。
この前には、エンジンオイルを温めて粘度を下げてサラサラにておかないとなかなか吸い込みません。
パイプの口径が細いので、それなりに時間がかかります。イッキには抜けとれません。
上抜きはゆっくりやるのがコツと心得た。
タンクには1リットルごとの線が入っているので、何リットルぬけたか目視できます。
前回は3Lほどのオイルを入れたので、今回はオイルフィルター交換無しですから2.5Lほど抜けるはず。
オイルが完全に抜けたら、チャンジャーから「ジュルジュル~」と音がしだして、タンクの内側にオイル垂れの跡や飛まつがつきますので、これでオイルが完全に抜けたことがわかります。
予想通り、2.5L抜けました。
(自分の車は何リットルオイルが入るかはユーザーズマニュアルをみればわかります)

新しいオイルを入れます。いつものやつをオイルジョッキに移してから入れる。
ウエスで養生してこぼさないように。

2L入れたところでチェック。
MAxの手前でしたので、ここでよしとしました。
MINからMAXまでは0.7Lとディップスティックに刻印がしてあります。
こういうところが、メカをいじる者としてはありがたい。あと何ミリリットル足そうとか、見通しがつきますからね。
メルセデス製のエンジンはやっぱ一味違うな。(このほかに、メルセデス製はいろ~んなコダワリがあちこちに見られます)
※最近のエンジンではこのようなスティックが存在しないものもあるそうですが。電子的センサーでオイル量をみるのでしょうね。


おわったら、ちゃんとキャップとスティックを閉じます。

オイル交換もメモしてポストイットしておきます。次回の参考になります。
次は3000km走行後かな!次回はオイルフィルターも交換しよう。




ついでに。
前回装着したオイルキャッチタンクにたまった汚いものを排出しておきましょう。
タンク右側のレベル管に見えますね、なんか白い跡が・・・
半年でこれぐらいたまりました。

下のねじ穴から排出。

コーヒーカップ1杯ほどの量が出ました。オイルキャッチタンクの効果ありですね。
エンジン内のブローバイガスが凝縮したオイルと水の混合物。エンジンにはよくないものです。
混ざり合って乳化してカフェオレみたいになってます。
混ざって透明に見えるところは、水でした。
新聞紙に吸わせてポイしました。

ついでにタイヤの空気圧もチェックしときまして、休日の1時間、プチメンテナンス終了です。