BMW2002 プラグコード修理2015年09月06日 20時22分19秒

マルニのエンジンですが、走行中、1500~2000回転あたりで
どうもエンジンの調子がおかしい・・・
走ることは走るのですが、しっかり燃焼してないような・・・
ボスボス、と爆発にムラがあるというか・・・体にこのムラを感じます。
とにかく、走行していてスムース、なめらかじゃない。気持ちよくない。
あるいは、エンジンのせいではないのか・・・
空ぶかしをしてみてもバスバスいって調子悪いわけではないし・・・
クラッチ?ミッション?
う~んわからない。

そういえばキャブの分解清掃もここ数年していない。
なにかキャブに原因がありそうな気がする。
しっかり燃料が気化して燃焼室にいっていないというか・・・。
そのうちに分解清掃やろう。
(まずはスマートOH終わってから・・・。)

ひとつひとつ潰していくしかないのかな。

まずは点火系のチェックを。
で、プラグコードのマルの部分を引いてみると・・・

あら・・・引っこ抜けちまった!
2番にいたっては、サビがでてしまっている・・・!
これでは、まともなスパークが得られないのでは?!
原因は、ここか?

茶色のプラグキャップを見ると、、ねじ状の突起がある。
本来はそこにプラグコードの芯線がしっかりと接触していなければならない。

こうなれば4本ともチェック!デスビキャップも点検!


3,4番は引っ張っても抜けませんでした。しっかりねじ込まれているのでしょう。
1、2番はしっかり接続しなければ・・・

まずはプラグコードの先を少しカット。さびた芯線とはおさらばです。

先の尖ったツールで、芯線をぐりぐりと広げます。

それで、このプラグキャップのココに差込み、ねじ込んでいく。

こんな感じ。

図解。5ミリはねじ込んでいけました。

芯線まわりのシリコンがねじ状突起に食い込み、ちょっとやそっとじゃ、抜けなくなります。。
これでしっかり接触していることでしょう。

「BMW2002のプラグコードは抜けやすい」とよくいわれていましたが、
ちょっと時間があるときに、メンテとしてやってみてはいかがでしょうか?


もちろんプラグのチェック、清掃も。ねじ部分にはスレッドコンパウンドを。

まだ試走はしていませんが、(これで直ればいいが??)
次の一手は、キャブの分解清掃だな・・・

コメント

_ JG54 ― 2015年09月06日 23時08分56秒

こんばんは!私なら抜けた段階で新しいコードを注文しか思いつかないです。
いつもながら流石です!

_ T師匠 ― 2015年09月07日 08時48分27秒

プラグコードの断線は、割と発生しやすいですよねぇ~!

_ にしやん ― 2015年09月10日 23時40分15秒

JG54さん!その後、コードは調子いいですよ!当然、以前よりも火花が協力になった気がしますし、なにより始動がよくなりました!おすすめです!

_ にしやん ― 2015年09月10日 23時41分14秒

T師匠、しばらくマルニさんはメンテしてなかったとはいえ、まさか断線してるとわ・・・でも失火はしてなかったみたいなんだよね~

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック