スマートK_エンジン回り止めツール2015年08月08日 17時11分43秒

エンジンのクランクシャフトプーリーのボルトを緩めるため、
スターターの取り付けホールから、フライホイールの回り止めをします。
画像のように19ミリディープソケットがばっちりはまるのですが、この状態でクランクシャフトプーリーを緩めよう力を入れると、このソケットがずれて外れそうになりますので・・・・

回り止めのソケットが動かないようにするスペシャルツール(笑)を自作!
これで動きませんね。
これておもいっきりトルクかけることができます。

しかしまだボルトを緩めるE18ソケット(1/2)が届きません・・・

このボルトは、車の構成部品の中で一番高トルクで締まっているのではないでしょうか。
次にきつくしまってるのは、車輪のハブボルトかな??
どっちにしても普通のハンドツールじゃ、かんたんに緩みませんので、工夫が必要です。
自動車工場などでは、高トルクのインパクトレンチで一発なんでしょうが・・・


6000円で届いたエンジンスタンドも組み立てなくては・・・


フ~  あついので このへんにしときます。

コメント

_ JG54 ― 2015年08月08日 20時38分24秒

ほんとにありそうなスペシャルツール良いですね~
このスペシャルツールを眺めながらのビールもありですな。
当方のオルタネータの交換パーツは届いたのですが電装屋さんに持っていったら
一ヶ月弱待ちだそうです…トホホ

_ T師匠 ― 2015年08月08日 21時04分05秒

暑い中の作業、お疲れ様です。

今日スマートオーナーから情報収集したところ、スマートは加給圧が高く、エンジンへの負担が大きいせいか、ピストン及びシリンダーの磨耗が激しく、10万キロ程度でオイル上がりが発生することがよくあるとのことでした。

_ にしやん ― 2015年08月09日 08時17分18秒

JG54さん、予算が許せば、電装屋にもっていくのが結局一番ですよ。
いろいろテストもしてくれますし、今後、電装屋さんとのつながりもできますしね。
仕上がりは9月ですか・・・その頃はそちらも、けっこう涼しくなってる?

_ にしやん ― 2015年08月09日 08時19分41秒

T師匠ありがとうございます。
買ったときには既に11万キロ走行ですから、OHは必至だったということですね。
なかなか勉強させられますな~・・・。
今日はエンジンバラす予定です。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック