エンジンから異音がする 4 ねじ穴修正2014年12月27日 17時49分35秒

4番プラグのねじ穴を修正すればいいのですが、ついでにバルブのオイルシールも交換します。
なので、シリンダーヘッドの解体を始めます。


カムシャフトを抜きます。
自作の工具でロッカーアームを持ち上げないと、カムシャフトは抜けません。


次にロッカーシャフト2本を打ちぬきます。木片を入れて、叩いて出します。


外したロッカーアーム関係部品ととシャフト。

このあと、バルブスプリングコンプレッサーでバルブ周りを解体。

いよいよタップでプラグホールの修正。
タップはメカニックのKさんからお借りしたM14の1.25ピッチです。

ねじ山の正常な燃焼室側からおオイルをさしながら慎重に・・・
黒い部位分のタップホルダー(M13,M14タップ用)はストレートで買いました。9.5sqのソケット付。

カジっていた部分に差し掛かると、若干の抵抗がある。

削りカス。

ねじ穴修正完了。
これでちゃんと、プラグも最後までねじ込めて、プラグも燃焼室に頭を出しました。
これであの異音もしないでしょう。。。。

ここからは作業の折り返しになります。
新品のバルブシールをはめ込む、
12ミリソケットを肩にあて、かなづちで軽く叩く。8ミリ分沈める。
はめ込みました。スプリングシート座面からゴムのトップまで高さが19ミリになればよし。
バルブシールですが、ここが劣化すると、燃焼室にオイルが入ってしまう「オイル下がり」を起こします。
エンジン深部の消耗品、たぶん燃焼室に一番近いゴム部品。

もう暗くなってきたので、続きはあす・・・。腰がいてえ・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック