BMW2002クーラー修理履歴2014年06月01日 08時32分25秒

暑い日が多くなってきました。
もう毎年恒例なのですが、友達にお願いし、クーラーガスを補充してきたので、
今年もばっちり冷えるようになりました。

ガス補充の手順については昨年の記事を参考にしていただくとし、
これまでのクーラー関係の履歴を振り返ってみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・
2006年の画像。レストア前の状態。
安く買ったレストアベース車でしたが クーラー関係のパーツがすべて揃っていたのはラッキーでした。

取り外した室内ユニットも問題はなさそう・・・。レストア開始です。

コンプレッサーは古いレシプロタイプ。これは電装屋さんに持ち込んでオーバーホールを頼みました。
シャフトシール、ガスケット、電磁クラッチのベアリング、漏れ試験など。

ガス内の湿気を除去するレシーバードライヤーも手配してもらい・・・

一通りそろいました。R12用のホースはなかなか今では手に入らないそうで・・・

コンプレッサを取り付けるブラケットもさびを取り、必要な溶接をするなど、補修しました。

コンプのなかには潤滑のための専用オイルを規定値入れます。

コンプレッサーのホースはカシメではなくて、ホースバンドで締めるタイプ!
昔はみんなこうだったみたい。(これじゃあガス漏れしても、しゃあない・・・)

無事に取り付け。コンプとスタビライザーバーが干渉しなくてよかった。
赤いコードはコンプの電磁クラッチの配線。

エキマニから近いので、熱対策に耐熱バンド巻きました。 

アルミ製の小さなコンデンサーに塗装。POR-15を塗装。

コンデンサーの取り付け。この背後には、ラジエターがあります。

そしてコンデンサーの前に電動ファンを取り付け。つまりコンデンサーはその名のとおり、気体となった冷媒ガスを冷やして液化させる装置。電動ファンは必須。

レシーバードライヤーもつなぎます。レシーバードライヤーの上にサイトグラスがあります。

室内ユニットのスイッチ類と、エバポレータ、エキスパンションバルブなど。

室内ユニットの取り付け。昔の車はみんなこんなふうに吊り下げ式だった・・・

Yの字型のホースは、エバポについた水分を、車外に放出する排水ドレン。
ちゃんと傾斜をつけないと、うまく放出できない。

レストアを終えて、晴れて、エアコンのガスチャージです。
最初は真空引きから。
道具一式を友人から借り、冷蔵庫のコンプレッサを代用しています。

クーラーがちゃんと効いて、水が出てます。よっしゃ~



ガス補充の手順は複雑です。
適正圧力であることを確認。

めでたし・・・といいたいところですが、
ホースのカシメがホースバンドのためか、やはり毎年ガスがなくなってしまうので、毎年補充・・・。

コンプのバルブのムシを交換しましたが、漏れ止めに効果ありませんでした。
本体側の座面が錆びていてそこから漏れるのかも??

室内ユニットのサーモスイッチが壊れたので新品に交換。

ついでに、コンプが回ったときだけ青色LEDライトがつくようにしました。コンプが停止すれば消えます。
上のライトはブロワーが回っているときにつくLED(クーラースイッチ・ONの表示)。

クーラースイッチをオンにしてコンプが回ったときだけ、自動でエンジン回転数を少し上げるようにする アイドルアップ装置の取り付けも行いました。(国産車部品の流用)。
。右のバキュームソレノイドがスロットルを少しだけ押してくれるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これでまた暑い夏どんと来い!ですが・・・!
 海行くときはやっぱクーラー切って窓全開になりますね!
「夏の思い出」ケツメイシ


MTBのブレーキシュー交換2014年06月07日 19時04分15秒

みっつの乗り物を通勤に使い分けています。
雨や雪ならBMW2002で。
晴れていて帰りの時刻も雨でないならMTBでゴー。
朝は降ってなくても帰りが雨が確実なときや、遅くなるのがわかってるときなどは3輪原付バイクのホンダジャイロアップで。

MTBでは仕事場まで片道8キロ程度、平均時速は18km/h、時間にして30分程度です。
それでも職場に着けば汗がダダ~と出ます。
往復で16キロ程度でそれなりの運動にはなっているのでしょうか・・・。


ということで、今回はMTBのVブレーキシュー交換です。
アマゾンで買ったシュー。  そして新旧比較。とっくに交換時期を過ぎていた・・・

シューの後方に0.8ミリの厚紙を挟んで角度をつけてセットします。

タイヤの上から見てこういう角度をつけるために・・・。

あとはワイヤーの調整と、ブレーキの利き具合を確認。

ついでにフロントも調整。

自転車のプチメンテでした。 梅雨に入りましたが、来週はどれだけ走れるでしょうか。


WAM(輪島オートモビルミーティング)2014年06月08日 07時50分32秒

本日は、石川県は能登半島のど真ん中、能登空港の駐車場で行われている「WAM」を見てきました。
旧車100台、昭和のバイク50台が展示されるそうです。
くわしくはこちら

能登里山海道は快適です。会場まで家から約100km。

AM10到着。能登空港の駐車場の一角で行われていました。

MAZDA767B。NAミドシップのレーシングカーです。

輪島キリコ太鼓も勇ましく!
会場には私の好きな山下達郎のBGMがかかっていました。

こんだこれは~!?

イタリヤのcasalini SULKY  1983年 50ccの三輪車。
サルキー?スルーキー? でも、なんか直線基調が 気に入りました。

う~ん、こういうの、いいかも・・・

極上の一台!61年アルファロメオ ジュリエッタSS  1300cc

こっりゃいいね~~!曲線美のきわみ。

う~ん、やっぱこれもいい!

なんとオートマチック! 渋いな~~~

なにか盛り上がってるぞ!? 発動機愛好会??

古い農業用エンジンが動いていたのでした。
カドタ発動機、 水冷式の津田駒工業株式会社製。
クランクとピストンが丸見えです。 トコトコとカワイイ音がしています。

1時間も見回ったら十分満足しました。
この時間、まだまだ会場にやってくる車も多いですが、少々早いですが会場をあとにします。
ん、フェラーリー308GTSが隣に駐車してあった。

能登のここまできたら、お昼は「夢一輪館」で蕎麦でしょ。
手前はブルーベリー畑。

能登空港からちょっと走ったところにあります。道の駅桜峠のすぐ先に看板あり。

帰り道、氷見の海で釣りを・・・ (薮田漁港)
今夜のオカズ、ゲット~~! キスのシーズンも始まりましたね!
久々に「ブルルン!」のアタリの感触を楽しみました。