クラッチの取り付け2008年02月28日 20時37分08秒

クラッチの取り付けです。
はじめてやるんですが〜 クラッチ盤のセンター出しをしなくてはいけないようです。これをやっておかないと、ミッションと合体する時に絶対ピッタリ嵌まらないとか。
ということで、クラッチアライメントツールなるものを購入。
フライホイールのパイロットベアリングの内径12ミリと、クラッチ板の内径23ミリで合う物があれば何でもよいのですが、そんな都合のいい物はそうそう無い訳でしてサクッと買ってしまった。

まず12ミリの先端をパイロットベアリングに刺す。ピッタリなんでガタも無い。
そこでクラッチ板を通して、アライメントツールの23ミリの部分をはめると、これでクラッチ板がセンターに来る。
この状態で、プレッシャープレートをフライホイールに6本のボルトで締め付け。こうするとクラッチ板はフライホイールに強力に押しつけられるので、クラッチアライメントツールを取り外してもセンターは出たまま、ということですね。
のぞいてみると、ちゃんとセンター出てるね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
にしやんの愛車はBMW「?」←数字4文字で答えてください(スパム対策)

コメント:

トラックバック