リアフェンダーのプラサフ吹き2007年03月01日 20時31分58秒

さ〜いよいよプラサフ吹き。
サイドシル〜リアフェンダーにかけて吹きます。
地金を脱脂後、プラサフを調合。使い捨て1L容器に700ccぐらい作ります。
これでスプレーパテ仕様が3コートぐらいって感じでしょうか。

ワイダー88のスプレーガン手元圧を0.3Mpaにし、開始!
サイドシルの下、ドアの蝶番のある部分、トランク下のへりギワなどの塗りにくい所から吹き始め、その後、ワイドパターンに調節して平面部に移る。1回目は捨て吹きでうっす〜く吹く。パテの後がうっすらと透けて見えるぐらいに。
フラッシュオフタイム3分。
2回目は1/2重ねの要領で慎重に吹く・・・でも厚く塗りすぎないように。
塗る場所に応じてガン先の楕円パターンの向きを垂直か水平かに切り替えながら吹く。Cピラーにも吹く。ブワ〜〜〜っと白い霧(プラサフのミスト)があたりを漂うが早春の微風で大空に吸い込まれ。シゲマツの防毒マスクの有機ガス吸収缶(CA-104NⅡ)の威力は絶大、全くシンナー臭がしない。
フラッシュオフ。あ、ぽつぽつ雨が降ってきた。でも屋根の下でやってるので安心・・・雨粒の吹き込みが無いように毛布をカーテン代わりに風防として屋根下にかける。

3回目も同様に吹く。表面がヌレ肌になるぐらいまで吹いてみる。上塗りの練習をかねて・・・う〜ん、口径1.3ではちょっと小さいのかな?エア圧が低いのか、ゆっくりガンを動かさないとヌレ肌は難しい。(プラサフが上塗り塗料よりも粘度が濃いのが原因と思います)
ボデーの表面がヌレ肌になると、光を反射するので、表面の凸凹具合がよく見えます。下地のパテの具合のまずさがあらわに・・・ああ〜もっと丁寧に下地作んなきゃ〜〜!!
プラサフ塗装が終わったのは1時間後。画像は吹き終わったところのものです。あ〜つかれた〜〜!