2002ボディのカーベキュー2006年12月24日 21時12分09秒

部品をすべて取り外したら、体重は何キロになったんだろう?
いや、2002のほうの体重ですよ。僕自信は体重60キロをキープしております。
全くのカンですが、約1トンの車重が約半分にはなっているのでは・・・?
うぬっ!とボディをもたげようと力を入れると、ぐぐっ・・・と動きますよ(もちろん持ち上げは無理)。それほど軽くなったです。

このボディ、錆とり、下地作り、と進めていく予定ですが、なにしろ錆や穴空き箇所、傷んだところは主にボディの下側のフロアに集中。下に潜って錆び取りすると、腕は疲れる、削りカスは降ってくる、塗った塗装は垂れるわで、かなり苦労することでしょう。時間も限られており(3月に納屋からの移動)、作業時間短縮のために、なるべく楽な作業姿勢がとれるようにしたい・・・。
そういうことで、串刺しの丸焼きよろしくカーベキューなるものを鉄骨で作ってボディをぐるぐる回せてしまう仕組みを作ることにしました。これなら立ったままフロア下やいろいろな箇所をいじくれるし、疲れて嫌になることもない?かな。

で、溶接機を引っ張りだして約三日・・・。できました!
ボディを支えていたウマを外して、無事、鉄骨に支えられ中空に浮いてます(ホッ・・・)。軸を中心にぐるぐる回ってくれるはず?!このまま外にもゴロゴロ移動できるように自在キャスターをつけてあります。

次回からはこのカーベキューの制作過程を紹介したいと思います。